北京で太極拳

takeichi3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

映画鑑賞。。。


日中の忙しさから解放されて、久しぶりに映画でもと。。。
f0007580_22525799.jpg


f0007580_23191485.jpg

借りてきたのは、
“戦場のアリア” と “ホテル・ルワンダ”

仕事疲れの頭で、余り深くも考えずに
何となく選んでしまったのですが、
その内容は、戦争と内紛・・・

なかなか、重い ^^;



“戦場~”は、第一次世界大戦下の1914年。フランス北部で対峙していた、ドイツ、フランス、スコットランド軍の、国によって敵味方となってしまった兵士たちがクリスマスイブに歌われたアリアをきっかけに休戦。互いに交流を深めたという事実に基づいた物語。
この場に居合わせたスコットランドの神父は、この出来事にキリストの奇跡を感じたのに、聖戦を掲げ敵を倒せという教会からは否定され、組織から離れることを決意します。

“ホテル~”は、1994年に起きたルワンダ内紛で、100日に100万人が惨殺された中、1.268人をホテルに匿い救った支配人の物語。これも実話。
“もしも、私だったら~”というような感情を差し込む隙もないくらいに、次から次へと繰り出される衝撃的な場面に圧倒されます。

それぞれに良さのある作品だとは思うのですが、この重い系統を2本たて続けというのは・・・ ^^;

夜も更けているのですが、DVDを返しに行ったついでに借りてきたタイの映画“風の前奏曲”
で気分を爽やかにしてから就寝しようかと~⇒“癒し系”だそう。。。^^v
by takeichi-3 | 2006-11-16 23:36 | いろいろ | Comments(2)
Commented by taira5577 at 2006-11-16 23:42
なんとなく選ぶかー?このふたつを!
ホテルルワンダは見たいなーと思ってた映画なんだ。でも基本コメディしか見れない私にとってはハードルが高くっていつになるやらって感じです。
Commented by takeichi-3 at 2006-11-17 00:30
tairaサマ。。。何となく、じゃなければ選ばないでしょ~ ^^;

“ホテル~”は、かなり骨太。悲劇で終わっていないところに救いもあるし。。。
残酷なシーンも多々あるけれど、目が離せなかった。