北京で太極拳

takeichi3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

記憶捜索。。。


http://www.yansite.jp:8080/-_-http://takeichi3.exblog.jp(大阪弁でもど~ぞ)
http://www.yansite.jp:8080/hakata/-_-http://takeichi3.exblog.jp(博多弁でも~)


キッカケは、「邂逅の森」(熊谷達也著)を読んだ友人からのメール。
“森への畏敬、プロ意識、夫婦愛と自己犠牲”と並んでいた読後感の言葉に触発され、記憶の奥から一つの映画が浮かび上がってきたのですが、、、

うろ覚えにしていたタイトル“約束の大地”で検索しても該当ナシ。
主演俳優は、“依頼人”にも少し顔を出していたはず⇒脇役だったせいか、見つからず。

では、“アメリカ 黒人 俳優 南アフリカ”でようやく作品名を発見。
正しい作品名は、“輝きの大地”

f0007580_2333641.jpgf0007580_234285.jpg


主役を演じたのは、“ジェームズ・アール・ジョーンズ”
脇役や声優(ダース・ベイダーとか)として、数多くの作品に名を連ねています。

舞台となるのは1946年のアパルトヘイト全盛の南アフリカ。
都会へ出たまま消息が途絶えた息子を持つ黒人牧師と、反アパルトヘイト運動を推進している息子を持つ白人の農場主。

その二人の息子たちが、片や殺人犯、片や被害者という形となってから知り合って~、という少し重めの物語。

殺人者となった我が子の裁判の為にヨハネスブルグへと向かう神父。
アフリカの奥地で貧しい人々に囲まれながら神に仕える生活を送る彼には余分なお金もなく、、、

そんな時、貧しい暮らしの中で内職をしながら蓄えた僅かなお金を差し出す時の妻との会話。
「これは、お前がようやく蓄えた金じゃないか。。。」
「*******」⇒あ~っ!!!とても感動的な言葉だったのに、忘れてしまった~ ^^;

神父の息子は、結局死刑になってしまうのですが、、、救いのある結末になっていました。

※「*****」の部分は、後日、解明します。 m( _ _ )m
by takeichi-3 | 2007-01-03 23:01 | いろいろ | Comments(2)
Commented by 会長 at 2007-01-04 00:56 x
あけましておめでとうございます。

今年の太極拳は8日から始まります。
直ぐに2月の交流会のたの練習を始めます。
昨年は入賞しましたが今年はどうでしょうか?

今年も宜しくお願い致します。
Commented by takeichi-3 at 2007-01-04 09:17
会長サマ。。。ある意味、私の太極拳も1月8日スタートとなります。
年末年始、かなり自由奔放に食べていたので少し不安ですが、 ^^;

2月の交流大会、観戦出来ず残念です。
でも、昨年の入賞と一年間の鍛錬があれば大丈夫!

頻繁にブログチェック(笑)に伺いますので、実況をお願いします ^^v