北京で太極拳

takeichi3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

落叶归根。。。故郷へ帰る


f0007580_1842766.jpg


f0007580_1843364.jpg“落叶归根=落葉帰根⇒落ちた葉は土となり根に戻る=異郷を流離う人もいずれは故郷に帰る”

主演は“笑星”と呼ばれている趙本山。
「中国の喜劇映画か~」と購入を控えていたのですが、ベルリン映画祭でパノラマ賞をとったという噂を聞き見てみようかな~と、、、(#^_^#)

打工(田舎から都会に働きに来ている)仲間が急死。その死体を背負って故郷まで運んで行く、という中国版ロードムービー。

一見荒唐無稽そうに思えるこの物語。
実際に起きた出来事がベースになっているそうです。

f0007580_19372835.jpg
監督は、「こころの湯」や「胡同のひまわり」の“張楊”。

冒頭。打工の友人同士が食堂で飲んでいるシーンから始まります。この時の趙本山の演技が抜群。

f0007580_1938190.jpg
日本の俳優に例えると西田敏行タイプ。

その後、色々な人々に出会い拘わり合っていく様子は、
フーテンの寅さん的な雰囲気。

f0007580_22525072.jpg

莫大な資金を投入した絢爛豪華な映像ではないけれど、笑いと感動のバランスがとれたとても良い作品。


f0007580_2259119.jpg

出演している俳優たちの演技力も高く、ここ最近の映画の中では一番と思える作品でした。


f0007580_232263.jpg
f0007580_2333276.jpg


“映画の中で主人公が歌っていた歌”

我想要有个家 一个不需要多大的地方
在我疲倦的时候 我会想到它

我想要有个家 一个不需要华丽的地方
在我受惊吓的时候 我才不会害怕

谁不会想有家
可是就有人没有它
脸上含着眼泪只能自己轻轻擦

私に 帰る家があったらと思う
そんなに大きな家じゃなくてもいいから
疲れきっている時に 帰って行きたくなるような

私に 帰る家があったらと思う
そんなに豪華な家じゃなくてもいいから
辛いことがあった時に それを忘れさせてくれるような

帰る場所が要らないなんて人はいないはずなのに
それを手に入れることが出来ない人たちは
涙が溢れ出てきた時には
一人ぼっちで拭うしかないんだ
by takeichi-3 | 2007-06-10 18:44 | 中国映画音楽 | Comments(0)