北京で太極拳

takeichi3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

聖書ダイエット。。。


ベティ・ブープ。叶姉妹以上に素晴らしい体形ですね~♪
何となく、“聖書ダイエット”なんて言葉を見つけてしまいました。^^;

f0007580_22455554.jpgf0007580_2246761.jpg

“モーゼは太っていなかった”

“神の望むボディ”

“キリストは何を食べたか”

というようなタイトルの本が出版されているそうです。

「キリストは一体どんなものを食べたか?」と、自問自答しながら推し進めるタイプのダイエットらしいです。

研究者によると、、、
キリストは食べ物に対して苦言を呈することはなかった。
キリスト教徒が食べ物を崇拝するのは、それが神から与えられた物であるから。

イエスの時代の地中海沿岸では麦パンと豆(レンズ豆、そら豆)、ガラリヤ湖の魚、蜂蜜、たくさんの果物(ブドウ)、水、赤ワイン。肉は特別な場合、おそらく一ヶ月に一度、食ベる程度。
食べなかったものは、豚、ウサギ、鱗の無い魚、蟹、海老。

それらの食物(イエスが食べていた)は、脂肪酸が少なく体脂肪の燃焼を促す。
だから、古と同じものを食べることによってダイエットが可能になる。
そして、禁止されていた食物の摂取は極力控え目にしたほうが良い。

このダイエットも又、一過性のものなのでしょうか???


あ、関係があるようでないような、、、聖書の中でも有名は話題。
イエスは目を上げて、大ぜいの人の群れがご自分のほうに来るのを見て、ピリポに言われた。「どこからパンを買って来て、この人々に食べさせようか。」もっとも、イエスは、ピリポをためしてこう言われたのであった。イエスは、ご自分では、しようとしていることを知っておられたからである。ピリポはイエスに答えた。「めいめいが少しずつ取るにしても、二百デナリのパンでは足りません。」 弟子のひとりシモン・ペテロの兄弟アンデレがイエスに言った。「ここに少年が大麦のパンを五つと小さい魚を二匹持っています。しかし、こんなに大ぜいの人々では、それが何になりましょう。」イエスは言われた。「人々をすわらせなさい。」その場所には草が多かった。そこで男たちはすわった。その数はおよそ五千人であった。そこで、イエスはパンを取り、感謝をささげてから、すわっている人々に分けてやられた。また、小さい魚も同じようにして、彼らにほしいだけ分けられた。そして、彼らが十分食べたとき、弟子たちに言われた。「余ったパン切れを、一つもむだに捨てないように集めなさい。」彼らは集めてみた。すると、大麦のパン五つから出て来たパン切れを、人々が食べたうえ、なお余ったもので十二のかごがいっぱいになった。

というような奇跡が描かれていますが!??
by takeichi-3 | 2007-07-26 23:45 | いろいろ | Comments(2)
Commented by taira5577 at 2007-07-27 22:37
この話ねー。私は単なるおとぎ話だってずっと思ってたけど、なんかの比喩なんだろうなあと最近思う。聖書は、食べ物の描写が好きで読んでたなあ。
Commented by takeichi-3 at 2007-07-28 00:04
tairaサマ。。。ルカの福音書ね。
この話、多分、漁師上がりの弟子(魚が2匹)が二人と普通の弟子(麦パン5個)が5人それにイエス(ワイン)がいて、説法が終わった時に帰依した人がコレだけいた~じゃないかと思うのだけれど。

あ、、、今度の月曜日。増えるのは自分自身ね~(^^)Ψ☆☆☆