北京で太極拳

takeichi3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

梅日和。。。


梅雨明け以降、流石に暑い日が続いています。

f0007580_2355922.jpgあ、、、
梅を干すにはこれほど適した陽射しはないじゃありませんか!

という訳で、梅干の最終仕上。

明日も同じくらいに暑くなってくれれば完成だ。\(^O^)/~♪



昨日の太極拳練習は自主トレ。

何気なく他の人の動作を見ていて、思わず、
「もう少し頭を使ったほうがいいと思う。」と、、、で、お返事は、
「あ、ゴメン!私、そっちのほう、ちょっと弱いから~(笑)」と、、、って、違~っう!!! ^^;

“虚领顶颈”という言葉は知っていて、頭は上に吊り上げなければならないということも知っているのに、実際に使い方を知らない。

取り合えず、一番分かり易い“下勢”の動作で実験。
先ず、弓歩になりながら「頭を上げる」を意識(頭頂の髪を掴んで軽く引っ張ってあげると、意識しやすい)させて、弓歩から下に沈みこむ時には、より強く頭を上にする意識をもつことによって軸を完成させることが出来るので、股関節も緩むし、踵にも座りやすくなり、後ろ足の蹴り出しで簡単に前足への重心移動が可能になるはずなんだけど、、、

“穿”しようとする前の手を意識しすぎる余り、目線が手を追いかけてしまうせいで頭が俯きがちになっている。

太極拳って、“頭が使えている!”と実感することも大切です。 v^^v
by takeichi-3 | 2007-08-04 23:42 | 太極拳 | Comments(4)
Commented by tsuki at 2007-08-06 12:56 x
“下勢” 苦手ですが、理解できました。下にさがろうと、前に手を
運ぼうとするあまり、“虚领顶颈”忘れてました。ちょっと突っ込みがち・ちょっと肩があがりすぎといつも注意をうけていました。
用法の頭の使い方と意識でのあたまの使いかた・いろいろあるんですねぇー。
Commented by のっち。 at 2007-08-06 18:09 x
わたしもできなかったので、この手順でやってみました。
今まではどうしても沈み込めなかったのですが、もうちょっとでできるようになるかも・・・!と、希望が持てそうです。そうか~頭で「軸」をつくるんですねえ。
Commented by takeichi-3 at 2007-08-07 08:59
tsuki&のっちサマ。。。下勢、下に沈み、手を前に出して決まった後に、も一度、更に股関節を緩ませると爪先は自然に開き、弓歩への移行が、よりラクになります。^^v
Commented by のっち。 at 2007-08-08 09:47 x
上に伸びる力と、下に沈む力が互いに引きあってひとつの動作ができる・・・っていうことでいいのかな?しかし「下勢で股関節を緩ませる」のがまだできないので、精進します。