北京で太極拳

takeichi3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

無花果のタルト、、、


昨日の涼しさは何処へやら、再びの夏です。
f0007580_236469.jpgちょっと仕事が忙しくなりそうな予感に、事前にお茶菓子の調達。

春の筍ご飯。秋の松茸。と季節毎に一度は食べておきたい食べ物がありますが、、、

夏はコレ、“無花果のタルト”
近所のお店の8月限定ケーキ。熟した無花果のとろけるような果肉が最高です~☆

f0007580_2395397.jpg
翡翠、綺麗ですねぇ~☆

清の国力が最大になった時に即位していた乾隆帝(6代目)が、八十八歳を祝う式典用にと製造させた2個のうちの一つ。

2005年8月に上海のオークションでの落札金額は2800万元(4億5千万円弱)。鶉の卵大という最高峰のインペリアルカラー。

原産地ミャンマーでの採掘量の減少に伴い、翡翠の価格は年々上がる一方。
高級翡翠は、ここ数年で50%の値上げが予想されているということから投資の対象として人気が高まっている中で、話題を集めているのが“伝世翡翠”と冠されたこの石です。

中国では古来から
「翡翠には仁、真、勇、正、智の五徳が備わっているので、それを所有していれば自然にその力が身につく」と考えられていたよう。

「家に翡翠があれば万金に勝る」や「金は小富、翡翠は大富」、「金には価格はつけられるが、翡翠には値段はつけられない」という言葉が残っています。
衝撃に対してはダイヤモンドよりも強く、鉱物の中では一番の耐久性を備えているそう。

現在でも、殆どの中国人がお守り代わりに身につけている石です。

さ~て、仕事に戻らねば。( -- )!
by takeichi-3 | 2007-08-19 23:26 | いろいろ | Comments(0)