北京で太極拳

takeichi3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

今日までの収穫。。。


f0007580_22385380.jpg天気予報通りの雪。
明日は、-6度~-2度だそうです。^^;

ブラジルから来ている同学の、
「たくさん降ってほしいなぁ~」という希望は叶わず、お昼過ぎには殆どが消え去り。

雪が止むの前後して吹きだした大風が、多くの枝を散乱させていました。


f0007580_23173690.giff0007580_23173690.gif
一ヶ月余り続いた太極拳の補習は今日で終了。
初日から今日まで特別な事も無く、毎日同じ注意を与えられ続けた日々でした。(笑)

一般的な進歩練習で。
後ろに下がるまで比較的問題は無いのですが、下がりきったところで沈まず浮いてしまう。
⇒息を吸いながら後ろに下がり、息を吐きながら次の動作にと移るつなぎ目で、呼吸を下に沈めていない(丹田に収める)せいで股関節が浮いてきてしまう。
足を寄せる時、軸足側の肩が上がってしまう。
⇒足を寄せる前に、後ろ足の足首、膝、股関節を緩めるのにばかり気をとられて、前足の緩みを忘れている。転身にしても、両足が同時に緩まなければ歪みが生じる。

老師の言葉。
“放松”といっても、筋肉は緊張して(使って)います。
下半身の筋肉が強ければ強いほど支える力が増して、上半身は放松が可能になります。
上半身にしても、筋肉で軸を支えるようにしないと、クニャクニャになってしまいます。
常に、尾闾中間(⇒後ろ脚踵に座ることが可能)を考えて動作を行うように。これが出来ていないと、後ろ足の劲を利用することが出来ませんし、立身中正が保てません。
数多くの練習を重ねて、自分の内側の感覚を研ぎ澄ませる(自分の身体との対話)。

文章にすると、コレだけなのに、たった一ヶ月では改善できないのです。(T_T)...

ま、何はともかく、来年からは気功の補習がスタートします。^^v
by takeichi-3 | 2007-12-28 23:36 | 太極拳 | Comments(0)