北京で太極拳

takeichi3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

モンゴル音楽。。。馬頭琴


このところ、モンゴル音楽にはまっています。
“归来的马=帰って来た馬”
http://bbs.366tian.net/thread-780307-1-10.html
モンゴル音楽には欠かせない“馬頭琴”で演奏されるこの名曲には故事があります。


f0007580_23171645.giff0007580_23175791.gif
“馬頭琴”の由来を語っているこの物語は、日本に渡り、児童文学
“スーホの白い馬”となりました。


スーホの白い馬
ある夕方。貧しい羊飼いの若者スーホが放牧から帰る途中、主のない白い子馬が彷徨っているのを見つけました。スーホは、子馬が狼の餌食になりはしないかと心配して家に連れ帰ることにしました。子馬はスーホの庇護のもとで大きく逞しく育ち、その全身は雪のように真っ白で、人々の目を奪う美しさでした。

ある年、王様は、一番乗馬の上手い男を王女の婿に迎えようと競馬を催します。近所に住む仲間に促されて参加したスーホは優勝してしまいます。けれど、スーホを一目見た王様は、(勝利者がこんなに貧しい、ただの牧人とは。話しにもならん!)と考え、スーホに向い、
「お前に三つの金貨をやるから、その馬を置いていけ!」と言い放ちます。

その言葉に憤ったスーホは、
「私は競馬に参加するためにやって来たのです。馬を売る為に来たのではありません。」と言い返しました。

恥をかかされた王様は声を荒げて、
「その馬は、きっと、私の馬の群れから迷子になったものに違いない。お前みたいな貧しい者がこんなに上等な馬を手に入れられるはずがない。」と、スーホから馬を取り上げてしまいました。

白馬を手に入れた王様は大喜び。
ある日、白馬に乗ってみようと思いつきました。王様がまさに腰掛けようとした瞬間、白馬は王様を地面に振り落とし、スーホの元へと駆け出して行きました。地面に叩きつけれた王様は、
「あの馬を捕まえろ、捕まえられなければ射殺してしまえ!」と大声で叫びました。

長い距離を追った末に、捕まえることが出来ないと諦めた追っ手たちは一斉に矢を放ちます。白馬は全身に傷を負いながらもスーホが待っている家を目指しました。ようやく帰りついた家。スーホに見守られながら、白馬は息絶えました。

それから数日たったある日、スーホの夢に白馬が現れました。夢の中、スーホは白馬が戻って来てくれたことをとても喜びました。そんなスーホに向って、白馬は静かに、
「愛するご主人様、私もあなたと別れたくない。でも、行かなければなりません。あなたの寂しさを癒す為に、どうか私の身体を使って琴を作って下さい。」と告げました。

夢から覚めたスーホは、白馬の言葉に従い、後ろ脚で柱を、頭骨で胴体を、シッポで弓を、最後に琴の柱の頭に白馬の頭を彫り込み、毎日、傍らにおいて過ごしました。

モンゴル。。。
http://www.haoting.com/htmusic/146665ht.htm
http://www.cococ.com/play/141204.html
これは、“黒鴨子”の≪天堂=天国≫という曲です。
f0007580_2328411.gifあ、、、癒される~ ^^;
蓝蓝的天空 清清的湖水哎耶
绿绿的草原 这是我的家哎耶
奔驰的骏马 洁白的羊群哎耶
还有你姑娘 这是我的家哎耶
我爱你我的家 我的家我的天堂
我爱你我的家 我的家我的天堂

真っ青な空に 澄み渡る湖水
緑が広がる草原 それが私の家
駆け抜けていく馬 純白の羊たち
そして君がいる これこそが我家
愛しい君 我が家よ 私の家 私の天国よ
愛しい君 我が家よ 私の家 私の天国よ
by takeichi-3 | 2008-01-30 23:36 | 中国映画音楽 | Comments(0)