北京で太極拳

takeichi3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

東京は雪。。。北京からのメール


f0007580_2318090.jpg
節分の今日。東京は一日中、雪。

豆まきが行われるはずの、新井薬師に人影は無くて、、、

f0007580_23495293.gif青梅マラソンも中止になってしまったようです。


f0007580_23125622.giff0007580_23141057.gif
我有问题,您说现在武术对于世界来说,
它可以给世界和人什么呢?
世界、社会、人又需要武术什么呢?

と、中国で武術を学ぶ学生からメールが届きました。

「今、私の中には疑問が生じてきています。中国武術と世界の関係って?武術は、世界と人々に何を与えることができるのか?世界、社会、人、彼らが求めている武術とは?」という質問が書かれていました。

現在の中国。大学を出ただけでは就職先を見つけるのは大変。
まして、専攻が武術となると、更に難しくなるようです。
太極拳人口が多いとはいえ、高齢者たちが公園で行っている健康太極拳の殆どが無料だという現状。武術で身を立てていく方法を模索しなければなりません。

新しい流れが生まれ始めているような気がする中国武術。
中国国内でも高名と称されている老師でさえ、
「武術が以前と同じような要求を続けていくとしたら、武術を学びたいという人は減少せざるおえないでしょう。本物の武術を追求するには長い時間と努力と良い老師が必要になります。けれど、現代人は余りにも忙しいうえに、身近なところに良い老師がいるという確率も少ない。ならば、武術のほうを変化させることによって、武術を残していくという手段もあるのではないか・・・」
と、実践し始めています。

私が師事している老師は、
「今までの武術家は一子相伝ということを重視してきたけれど、世の中が大きく変化していくこれからは、子供が必ずしも親の跡を継いでくれるかどうか分からない。そうなったら、伝統が絶えてしまう。だから、私は誰れ彼の区別なく全てを伝えるようにしてる。」と話していました。

武術発祥の地の変化。それは日本にも波及してくるのでしょうか?
by takeichi-3 | 2008-02-03 23:49 | 太極拳 | Comments(0)