北京で太極拳

takeichi3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

魚対水説。。。魚が水に言った


f0007580_23444355.gifこのところ、中国でよく見かける文章です。
出自は、ネット主宰の作文コンテスト(題目:情歌)での優秀作品らしいのですが。。。

あ。。。このパンダ。
何の関係もないのですが、可愛かったので。。。 ^^;


鱼对水说:你看不见我的眼泪,因为我在水中
水对鱼说:我能感觉到你的眼泪,因为你在我心里我不是鱼,你也不是水,你能看见我寂寞的眼泪吗?

鱼对水说:我永远不会离开你,因为离开你,我无法生存
水对鱼说:我知道,可是如果你的心不在呢?我不是鱼,你也不是水,我不离开你是因为我爱你可是,你的心里有我吗?

鱼对水说:我很寂寞,因为我只能待在水中
水对鱼说:我知道,因为我的心里装着你的寂寞我不是鱼,你也不是水,我寂寞是因为我思念你可是,远方的你能感受到吗?

鱼对水说:如果没有鱼,那水里还会剩下什么?
水对鱼说:如果没有你,那又怎么会有我?我不是鱼,你也不是水。没有你的爱,我依然会好好的活可是,好好的活并不代表我可以把你忘记

鱼对水说:一辈子不能出去看看外面的世界,是我最大的遗憾
水对鱼说:一辈子不能打消你的念头,是我最大的失败我不是鱼,你也不是水。现在的我只想要一个一辈子的承诺可是,你负担的起吗?

鱼对水说:在你的一生中,我是第几条鱼?
水对鱼说:你不是在水中的第一条鱼,但却是在我心中的第一条我不是鱼,你也不是水。我们都不是彼此生命中的第一个可是,你知道吗,你却是我第一个想嫁的人

鱼对水说:你相信一见钟情吗?
水对鱼说:当我意识到你是鱼的那一刻,就知道你会游到我的心里我不是鱼,你也不是水,我以为我对你的爱不会长久,因为那是一见钟情可是,我错了,感情如酒,越封越浓越长久

翻訳しながら思いついたのですが、この応募要綱。
もしかしたら、“魚が水に言った”と“水が魚に言った”&“僕は魚じゃないし、君は水じゃない”がワンセットになった文章を作るものだったのかもしれません。(--)。。。

ま、とにかく、、、

魚が水に:私が水の中にいるから、あなたには私の涙が見えない。
水が魚に:君の涙は感じているよ。だって君は僕の心の中にいるのだから。
僕は魚じゃないし、君は水じゃないけど。僕が流す寂しい涙が君には見えるかい?

魚が水に:私は永遠にあなたから離れたりしない。あなたを無くしたら私は生きていけないもの。
水が魚に:知っているよ。でも、もし君の気持ちが変わってしまったら。
僕は魚じゃないし、君は水じゃないけど。僕は君を愛しているから離れたりしないよ。君の心の中に僕はいるのだろうか?

魚が水に:私はとても寂しい。だってただ水の中で待っているだけだから。
水が魚に:知っているよ。だって僕の心の中には寂しい君がいるから。
僕は魚じゃない。君は水じゃないけど。僕が寂しいのは君を思うから。遠い君にこの気持ちが伝わるだろうか?

魚が水に:もし魚がいなければ、水の中には何が残るのかしら?
水が魚に:もし君がいなければ、僕も存在しなくなってしまう。
僕は魚じゃないし、君は水じゃないけど。

魚が水に:外の世界を見ずに終わってしまうのは、一生の悔いだわ。
水が魚に:君のその思いを消せなかったのは、僕の一生で一番の失敗だ。
僕は魚じゃないし、君は水じゃないけど。今の僕は、ただ、君の快い承諾が欲しい。それは、君にとって、負担になるのだろうか?

魚が水に:あなたの人生の中で、私は何匹目の魚?
水が魚に:君はこの水の中で初めての魚じゃない。けれど、僕の心の中にまで入ってきた魚は君だけ。
僕は魚じゃないし、君は水じゃないけど。僕たちは互いに初めての出会いじゃない。けれど、僕が初めて一緒になりたいと思った人。
 
魚が水に:あなたは、一瞬の出会いを信じるの?
水が魚に:僕が君を魚だって意識したあの時、僕の心に入り込んでくるって直感した。
僕は魚じゃないし、君は水じゃないけど。君との愛は長くは続かないと思っていた。だって、一瞬の出会いだったから。でも、僕の間違い。君への思いは酒と同じように、時間が経つほどに熟成されていく。
by takeichi-3 | 2008-03-12 23:46 | いろいろ | Comments(0)