北京で太極拳

takeichi3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

Help。。。“前引き”とか“後引き”って?


f0007580_22222647.jpg昨日の散歩の道すがら、
この写真のお店を始めとして、イタリア料理のお店を六軒も見かけました。

そして、どこも美味しそうな雰囲気。

丁度いい具合にお腹を空かせて帰宅。
気分は、もちろんイタリアン。
f0007580_2222532.jpg
冷蔵庫を漁ったら、
鶏肉、アボガド、椎茸、青シソが少しずつ。

ぺペロンチーノ風味に仕上げたのですが、アボガドが馴染まない。(--)。。。

ので、山葵醤油を加えたら。\(^0^)/~♪
相性抜群でした。


f0007580_22361566.gif
ところで、、、
昨日、今日の練習中、“前引き”、“後引き”という言葉が飛びかい、、、

連盟と関わりのない私には、“うっすら~”としか分からない。


で、色々と調べた、行き着いた文章。

<上歩> ①6割ぐらい体重を前足に移したら、
②胯を緩めて、かかとに体重をのせるようにする。
③さらに、胯を緩めて、回す。
④最後に、少し上に伸ばすようにして、後足を寄せる。
後足は、緩めて、前に送り出すように伸ばす。
つっぱらずに、蹴らずに、柔らかく踏みしめる感じ。

<虚歩 ~軸足の膝を内側に入れない方法~>
①45°右を向く。(体ごと)
②右足に体重を移し、両手を右上で合わせる。(両手首を内側に向ける)
③左足を前に出す。 ☆前足の膝は、かならず緩める!
胯を緩める条件である。退歩で後ろに下がる時も同じ。

<跟歩> ①後足の着地の方法:親指の付け根から着地し、
小指側、踵側に下ろす。 つま先から踵側におろしていると足首を高く
上げなければならない ので、足首が緊張し、後足全体が緊張してしまう。
②後足の裏面を全面着地させ、緩んだ状態で受け皿を作る。
③踵におしりを乗せるような気持ちで、後ろに体重を移動させる。
☆跟歩から前に体重を移す時に荒っぽくすると、その後の全てに影響を 及ぼす。
☆後足を着地する際の足先の方向は、膝の方向性を決めるので慎重に行う。


と、この中には含まれていないのかしら?~ (T_T)...
ので、次に、、、これ、少しは分かり易い?

検定のポイント
検定で前引きがかなり重要視されている。
と言っても2段、3段での話しだけど。

2段では
上歩、踵→つま先つく。 クワ緩め腰が緩み座る。 後足から動く。
ココでのポイントは腰が緩み、座るということ。
座る前に後足から動くと、前引きとされるそう。

3段では
後足で動く時(それまでは2段と同じ)、後足に充分体重を落とし後足で送り出すこと。
ただし、正しく送り出しても前足が半分過ぎた後、引いてしまうとそれは前引きに
なります。これを称して隠れ前引きというらしい。

後引きも同じ要領。
しっかり前足を使いましょう。


あ、あ、、、やはり、難解。(T_T)...
どなたか詳しい方、いらっしゃいますでしょうか???
by takeichi-3 | 2008-03-26 23:20 | 太極拳 | Comments(1)
Commented at 2008-04-03 14:34 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。