北京で太極拳

takeichi3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

中国太極拳愛好者のコメント。。。


f0007580_2328364.gif

中国のネット内にある太極拳愛好者サイトに寄せられたコメントなど。。。


f0007580_23295285.gif山西太原で太極拳を習えているところはありますか?
どなたか教えてください。
姓名:陶
星期五, 9月17,2004, 09:36:08

南京に《武当趙堡和氏太极拳》を教えてくれる老師はいますか?
姓名:yhj
郵便番号: 210008 連絡先電話: 025-83639698
星期四, 9月16,2004, 14:27:04

f0007580_23302535.gif当方、福建省福州市陳家溝出身。正宗太级拳(教練資格の取得、全国規模の大会で入賞、高齢者向けではない攻防)を学びたい方は連絡を。
姓名:叶先生
星期三, 9月15,2004, 23:54:32

練習の三段階
第一段階:
動作の要領を学ぶ。一つ一つの形を丁寧に学ぶ⇒把握というレベルではなく、動作規格を覚えることが重要なので理解が伴わなくても構わない。この段階は一見簡単そうに思えるけれど、とても大切です。以降の動作の出来不出来がこの時点で形成されてしまうからです。もし学びそこなうと、毎日何百回もの練習をしたとしても太極拳の本質を掴むことができなくなります。
第二段階:
本を深く読み、本質を究めていく段階です。この二つを具体的に説明すると、一つは身体物理、もう一つは協調。まず、套路を滑らかに規定にそった動きになるように訓練する。その動作の過程では、身体其々の位置、力の流れ(筋肉、関節、靭帯の働き)を感じながら鍛錬を続けることで、大脳の指示によらずとも自然な力量と弹性、靭帯等が動いて身型が形成されるようになる⇒人が歩く時に「右足を出して、次は左足~」と指示をしなくてもいいのと同じ、本能レベルとなるように。この段階を通して、下半身の安定、上半身の放松、筋肉の爆発力、骨骼の強化、筋肉、筋、韧带の柔軟性と強度を増強することができます。
第三段階:
第二段階の訓練を基礎として、第三段階では本から離れていきます。今まで身につけてきたことを更に深めるためにヒタスラ練習を積み重ねて体得(自分自身の中に存在する答え)を求め続けます。推手は体得を早めるために欠かせない練習です。
姓名:忽雷架
星期二, 9月14,2004, 11:52:55

北京混元太極武術センターの練習予定
北京混元太極拳訓練センターでは十月三日から五日まで、混元太极尺と太极棒の訓練を行います。(冯志強老師の指導と講習)
混元太極尺と太極棒は混元太極系の器械练习の一つです。これは混元の内功と、缠丝の内功、养生内功が一体となったものです。缠、拧、圈、绞、卷、颤等の组合手法と内气運行内功の修練方法です。その特点は、動作は簡単、内劲も容易に理解できます。升降開合、螺旋缠绕、阴阳のバランス調整によって、任、督二脉の活動を促進させるので、新陳代謝、免疫力が高まります。人体の潜在能力を開発。練習を続ければ修心养性、内功レベルアップ、体力強化が可能です。
スケジュール:
1、 十月三日午前9:00—11:30 午後3:00—5:30
2、 十月四日 同上
3、 十月五日 冯志強老师講習、試験、認定証授与
学費  : 660元/人(含訓練費、太極尺、棒、試験・認定料)
申込日: 十月二日午後1:00—8:00
場所  : 北京東三環中路燕園賓館院内 北京混元太極武術センター
担当者: 冯秀茜 甄国青
ネット申込み: E—mail: hunyuantaiji222@sina.com
電話  : 87719456 FAX:87719456
北京混元太極武術文化センター

二、 混元功、二十四式混元太極拳班
三、 缠丝功、三十二式混元太極炮锤班
四、 放松功、混元太極推手班
五、 冯志強老師每周六午前 9:00-11:00技術指導
姓名 :混元太极< hunyuantaiji222@sina.com>
連絡場所:北京东三环中路燕圆宾馆院内志强武馆
郵便番号: 100022 联系电话: 87719456
星期四, 8月26,2004, 18:22:15

日本でも名を知られている老師の講習が、結構手軽に受講できるようです。(^^)v
by takeichi-3 | 2008-05-16 23:30 | 太極拳 | Comments(1)
Commented by ala中国 at 2008-05-17 21:42 x
こんにちは。
中国総合情報&情報交換サイト【ALA!中国】です。

貴ブログを拝見いたしました。
内容がとても充実していますので、弊サイトのブログ
ディレクトリーに登録させていただきました。
 http://china.alaworld.com/modules.php?name=Blogs
どうぞ、ご確認ください。
もし不都合がありましたら、ご連絡をいただければ、
修正または削除をします。

また、もし差し支えがなければ、貴サイトでも【ALA!中国】
  http://china.alaworld.com
 
をリンクしていただけますか?

よろしくお願いいたします。

*****************************************

ホームページ担当 西山
中国総合情報&情報交換 【ALA!中国】
 http://china.alaworld.com
*****************************************