北京で太極拳

takeichi3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

初心に還る。。。((((((^^;


f0007580_22583054.jpg
ここ数日、厳しい寒さが続いています。
氷点下の外を歩いていていると、かき氷を食べている時のように鼻の奥のほうが痛くなり頭痛がしてきます。

そんな寒さの中、天安門周辺の衛兵サンたちは超厚着していました。

f0007580_23133460.jpg

王府井で一番人気があったツリーと、それを撮影していた人たちです。


f0007580_2314513.jpg


f0007580_23412234.gif今日は朝から太極拳の補習。
ウォーミングアップも兼ねて~という軽い気持ちで、、、
「今日は、余り見てもらう機会がない、二十四式を一通りチェックしてください。」と、、、
「そうね。一人でもできる練習で一番効果があるものと言ったら站桩(タントウ功)かしら~」
「え!?た、確かにそうですが、、、一番辛い~」
「じゃ、じゃ、始めましょ!」
(--)(--)(--)。。。。

こんな風に始まりました。
で、今日のチェックポイント。
開歩⇒頭を上げて(軽軽松松であれば、自然に緩みが生じて左脚が上がってくる)軸足に安定して乗る(親指はしっかり地面を掴む)。左脚を降ろす時には、地面を抑えつけるような意識で行う。

起勢での下按⇒臀の収まりが不足しているせいだ、後ろ(背中、腰)に靠(カオ)が無い。同時に虚領が足りないから下に潰れて見える⇒上下に引っ張り合う力が感じられない。

白鶴亮翅から搂膝拗歩に移行する時⇒身体の全身全霊で相手を打っていかなければならないのに、軸がズレているから使えない⇒後ろに座ったまま、立身中正を保って軸を回転させていないせいで相手にダメージを与えられない。

この時点でギブアップ。
f0007580_23422847.gif全套を見直してもらうという野望は捨てることになりました。
今までの積み重ねを全否定されて帰ってきましたが、満足度100%の練習。
北京に来て良かった! v(^^)v
by takeichi-3 | 2008-12-07 23:46 | 太極拳 | Comments(0)