北京で太極拳

takeichi3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2010年 07月 31日 ( 1 )

手指、足指健脳法。。。


f0007580_2154776.jpg
朝から、富山に住む母の処へ。。。
車が手配出来たので、久し振りに遠出。

富山の繁華街“総曲=そうがわ”で行われていた“入善=名水の地”物産フェア。これも名産になっている巨大な黒部スイカの試食も。
f0007580_22192461.jpg
重さ10kg。胴回り90cm超え~!

f0007580_21571855.jpg

久し振りの外食~希望はイタリア料理。
食後は、娘時代を過ごしたという岩瀬へ向かい。
海水浴客で賑わう海岸や回船問屋街を散歩。

途切れ途切れながら~
遠い記憶が甦ってきているようでした。



f0007580_2215071.giff0007580_2223755.gif
中医の経絡理論によると、足指には五臓六腑に繋がるツボがあると言われています。例えば、第二、三指は腸と胃⇒この指を動かすことによって腸と胃の働きが良くなる~など。。。


足指を動かすのはとても簡単、より効果のある動かし方は。。。
立っても、座っても構いませんが、足は肩幅に、足裏は床にを平らに張り付けるようにして足指で地面を掴む動作を60~90回行うだけ。裸足もしくは柔らかい平底靴が適しています。

朝、昼、晩、回数は多目に行うほうが良いそうです。

中国では、高齢者が掌で二つの球(健身球)を転がしているの光景を見かけることがありますが、この運動は手指はだけではなく大脳をも刺激活性化するすることが可能です。

それ以外にも大脳を刺激すると同時にその活動を高める簡単な保健法があります。

それは、足指の屈伸。 
中医理論によると、手指足も指も陽経と陰経が交錯する部位です。
掌で二つの球を回すという動作が気血の通りを良くするということは一般的に知られていることですが、足指にも同じ効果があるということを知っている人は少ないようです。

それは、どのような要領で行うのでしょうか。
立っていても、座っていても行えます。
両足を肩幅に開き、「足指に力を入れて地面を掴み~力を抜きながら開く~」を60~90回。

これを、毎日何度か行います。
緊張とリラックスを繰り返す⇒気血の通りを良くする⇒大脳の反射と働きを要する。特別に時間を割かなくてもよい動作なので、、、お試しください。


“健身球”操作。。。


by takeichi-3 | 2010-07-31 22:25 | 気功:五禽戯・八段錦他 | Comments(1)