北京で太極拳

takeichi3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2017年 03月 28日 ( 1 )

中国のバイプレイヤー。。。羅京民≪全能囧爸≫

「王峰(ロック系のベテラン)も真っ青~」と評価されている、、、
去年公開された映画≪全能囧爸≫のラスト⇒素人参加番組に出演するシーン。
27歳になる聾唖の息子の将来を慮って、奔走する下町の父親が主人公。



汪峰が作詞作曲した≪光明≫
歌詞のアバウトな意味は、、、
霜が降り始めた秋の終わりに故郷を後に~厳しい世間へと足を踏み入れ~前途には様々な壁が立ちはだかって~足が砕かれてしまうかもしれないが~未来は夢の翼を与えてくれる~失敗や苦痛で満身創痍となっても~遥か向こうには光明があると固く信じて。。。

で、主役の≪羅(罗)京民≫
どこかで見たことがある~と思ったら、、、
四年ほど前に、感動的なショートフィルムを見つけて~紹介していました。。。

大学教授の七十歳を祝うパーティで給仕を務める青年。
家出同然に飛び出した、貧しい山村の学校で教師を務めている父親も七十歳に。。。




≪罗京民≫
1956年生まれ。陕西西出身。
2006年に、テレビドラマ≪士兵突撃≫で、主人公(王宝強)の非道な父親役を演じて評判になるまでは、あまり名前を知られていなかった、西安を中心に活躍していたバイプレーヤー。
f0007580_04947.gif
今までに出演した作品数は3000以上。
最近になって、ようやく主役として起用されるように~光明の中を歩み始めています。

★映画≪≪全能囧爸≫≫全編。。。
決して裕福ではない、胡同で暮らす人々の様子が描かれています。
by takeichi-3 | 2017-03-28 23:58 | 中国映画音楽 | Comments(0)