北京で太極拳

takeichi3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2017年 05月 28日 ( 1 )

端午節。。。

f0007580_051750.jpg

中国では、2008年より祝日(旧暦の5月5日)となっている端午節。
⇒失落のうちに亡くなった、楚の詩人、政治家でもあった屈原に由来。
今年は5月30日。今日より三連休~中華圏各地で行われている龍船競争が話題になっています。


★龍船と聞くと思い出す、広州の龍船動画。。。
2010年11月に広州で開催されたアジア競技大会向け。
河川が多く、各々の村には船で往き交っていた~という地域の特徴等も紹介している丁寧な映像。




★王族の家庭に生まれた屈原。
学識豊かで政治的見識にも富んでいたので、早くより楚の懐王の信任を受けて左徒(補佐官)として手腕を発揮していたが、これを妬む重臣の讒言により王より遠ざけられるようになり。

婚姻による同盟を結ぼうという秦王からの誘いを謀略だと見破り、王を諫めようにも受け入れられず~秦に赴いた懐王は捕らわれの身となり、楚の都は秦に侵略され~絶望した屈原は、大石を抱いて川へと身を投げた。

※屈原の欝々とした心境が分かる「離騒」⇒ ある意味、遺書のような~暗いです。。。ρ(. . )

その日が、旧暦の5月5日~龍船競争は、屈原の霊を祭る行事。
屈原の死を悲しんだ国民達は、屈源の死体が魚に食べられてしまわないよう、小船の上から太鼓を叩いて魚を脅しながら供物を投げ入れて弔った~が、川に捧げた供物は、屈原のもとに届く前に悪い龍に盗まれてしまう。そこで、龍が苦手にしている楝樹の葉に餅米を包み、邪気を払う五色の糸で縛って(=粽)から川へ流すようにした。


★こちらは貴州。。。
過去に遭遇した自然災害が再度起こらないよう、「風調雨順=四季の流れが穏やかに」を祈願。
風を支配する虎も、雨を支配する龍と共に飾られているそうです。


by takeichi-3 | 2017-05-28 23:58 | いろいろ | Comments(0)