北京で太極拳

takeichi3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2017年 06月 02日 ( 1 )

北京で太極拳。。。以実送虚

練習終わりの疲れは、こんな感じ~でも、充実!

f0007580_23342169.jpg
いの一番に進歩練習。
老師からの要求は~「以実送虚」
重心移動は、実の足から虚の足へと送り出されなければならない⇒立身中正による松沈が原動力となっている⇒立身中正が完成している=弓背、弓腰も出現⇒後ろに下がる時、背中の靠が使える。

経過動作で抱球を作る時、上の腕は棚、捋、挒等異なる方向の力の組み合わせにより力は強力に。

新しい知識を得ると同時に、ここ最近、自分が課題にして習慣化に励んでいた三合&身法から生じる勁の運用法に間違いがないことも確信でき、ホッとしています。

少しの間違いであっても、妥協をせずに細かく指摘~問題が生じた原因も太極拳理論に則って説明してもらえるので、指導時にも役に立つ~と、参加者が絶賛していました。。。(#^_^#)


f0007580_23504810.jpg

練習後は、馬連道までお茶の買い出し。。。
前門でお土産の買い出し。。。
等々、北京観光も十分に堪能しています。
by takeichi-3 | 2017-06-02 23:57 | 太極拳理論 | Comments(0)