北京で太極拳

takeichi3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2017年 07月 02日 ( 1 )

初心者講習。。。

以前、超初心者向けに講習する機会があった時の様子。。。
参加されていたのは、年配の方ばかり。いずれも「初めて~」ということ。
さ~て、、、不慣れな動作のせいか、椅子に座って、「見るだけいいです。」と言う方も。

じゃ、じゃ、と、、、
「初めは、椅子に座ってストレッチでもしましょう。」と、、、

f0007580_23323585.jpg
浅く腰かけ、踵をついて爪先は天井に向けるようにして膝裏を伸ばす。安定したら膝の少し上に手を置き上半身を曲げながら押す。
f0007580_23331772.jpg
両手で膝を抱える
⇒呼吸に合わせて(吸気で引きよせ、呼気でリラックス)行う
⇒股関節のリラックスと折畳みを意識すると、太極拳にも有効。
f0007580_2334476.jpg
身体を捩じる
⇒姿勢は真っ直ぐに。
出来る人は背もたれと反対側の手で背もたれを掴み負荷を加える。
f0007580_23351667.jpg
背もたれを持ち、胸を突き出す。
⇒呼吸に合わせる(吸気で突き出し、呼気でリラックス)

それから、「肩凝りがひどい」という人が多かったので、

①左右の腕を肩の高さで真横に真っ直ぐに伸ばして、肩甲骨を中心に前後に回す。
②掌を胸前で開き、左右の肘が背中で合うように後に引いてくる。
⇒吸気で引く⇒引ききった時(=吸いきった時)一瞬緊張させ、呼気と同時に緩み前に押し出す。

どちらも、肩甲骨を動かす(背中側では中央に集まるように)を意識して行うことで血行が良くなる⇒肩凝り解消に効果がある。

といった準備運動の後に、太極拳の基本功と要求など。。。

①頭を上げて~大椎を後ろにひくようにして~姿勢真っ直ぐ⇒脊柱を下に伸ばすように。
②肛門を引き上げ~収臀、収腹~命門を外に張り出す(督脈~先天)効果説明。
③目線は平らよりも微かに上⇒目を一層開く感じ~「頭を上に」の手助けになる。
④肩は放松して沈ませる⇒肩が沈むと肘が墜ちる⇒腕を真っ直ぐ伸ばした状態で沈肩を行うと明確。
③抱球は正中線意識(強度の違い確認)⇒小さなボールではなく、大きなボールを抱えている。
⑥基本、手首は肩の高さを越えない。
⑦過程動作でも股関節は左右平行~肩(肩隅)とは上下で一致している⇒背骨の垂直を維持。
by takeichi-3 | 2017-07-02 23:53 | 太極拳 | Comments(0)