北京で太極拳

takeichi3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2017年 08月 01日 ( 1 )

生姜と脾胃~夏の養生。。。

f0007580_2394180.jpg
今季、既に三回目となる刻み生姜作り。

北京中医薬大学・曲黎敏授の夏季養生動画を見ていたら~
「夏の生姜は~昇発陽気」だそうで。。。

夏の朝に生姜を食べるのは保健養生的効果に適している。
生姜は陽明経の陽気を宣発させる。早朝は気血が陽明胃経に注がれる時、この時に生姜を食べると胃気を活発にさせ~消化促進⇒生姜は「性辛温」なので、血液循環速度が速まり、脳への血の巡りがよくなり~頭を活発にさせる。


夏。高い気温&多くの汗をかくので~冷たい飲み物で解暑去熱してしまいがちですが、冷飲料を摂りすぎると陽虚(冷え)を嫌う脾を痛め~胃にも影響が出る(脾胃空虚)⇒寒涼敗胃、陽気不能内收。

夏の養生は、消耗した血肉にエネルギーを送る「脾」(胃腸)の養生が大切⇒脾は、後天精の本。
貝原益軒によると、「夏は、陰気が腹中に隠れているので消化が遅い。ので、食べ過ぎ飲み過ぎは避けるように。暖かい物を食べ胃腸を温め、冷水は飲まないように。虚弱な人は、下痢に注意~四季のうち、夏は最も養生すべき季節」

生姜の入った常温の飲料なら、胃の陽気を保護(陽気内守)出来る。、
夏に生姜を摂取する長所⇒開胃健脾。

≪生姜~注意事項≫
夜の生姜は控えめに⇒夜は陽が陰へと移行していく時。人は安静に~休息の準備を始めなけらばならない。夜に生姜を摂ると、陽気を高ぶらせてしまうので安眠の妨げになる。

秋の生姜は控えめに⇒乾燥期に入って肺が傷つきやすい時期に辛辣な生姜は、身体から水分を奪うので、乾燥が強まり肺を痛める。

一度に多くを摂らないように⇒辛味が、腎蔵の働き=排泄~の過程で腎臓を刺激⇒口が渇いて喉が痛んだり、便秘等の上火症状の原因になる。

高血圧の人は、摂り過ぎに注意。


★中華圏では、酢漬け生姜が主流のようです。




★脾の生理。。。
・ 運化を主る
「脾」は飲食物を消化吸収して全身に運搬しているということを意味しています。
「脾」の機能が正常であれば、「気」「血」「津液」を生成して、体の隅々まで栄養を行き渡らせることが出来るのです。逆にその失調は軟便や食欲不振、倦怠感などの症状を引き起こすことになります。

・血を統す
「脾」は「血」の流出を防ぐ、ということを意味しています。
「脾」が「血」を統血するというメカニズムは「気」の「固摂」機能に関係します。「固摂」とは漏れを防ぐ力であり、その作用を持つ「気」を作り出す主要な器官である「脾」が「血」の統率に重要な役割を担うことになるのです。「脾不統血」という言葉があり、これは脾の力が衰えたことにより引き起こされる出血症状を指します。

・昇提を主る
臓器や器官の位置を維持する働きを持つことを示しています。
いわゆる上に上げる力がないと重力に逆らえず、各臓器は下方に落ちてしまいます。そうならないためには「昇提」の力が必要であり、足りない場合には内臓下垂などの症状を引き起こしてしまいます。

・口に開竅する
「脾」は口や唇と関係が深く、またその異常が表れる場所とされます。
よって「脾」のバランスが崩れると、口に粘り気が出たり、周辺に炎症を起こすこととなります。

脾胃は気血が生まれる源「後天の本」とされます。
先天的な要素である「先天の本」を有する腎と対比され、生命活動の維持に欠かせない重要な器官です。胃腸が悪かったり食生活が不規則だと体調が悪化することは自明の理。このことを中医学も理論的に示しているのです。
by takeichi-3 | 2017-08-01 23:55 | 気功:五禽戯・八段錦他 | Comments(0)