北京で太極拳

takeichi3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2017年 08月 26日 ( 1 )

毽子色々。。。

★足毽ワールドカップの広告動画~年々、発展している競技のようです。




★花毽競技トップ選手の≪劉葉婷≫。。。




★中国毽球訓練センターの表演。。。




★北京テレビの長寿番組≪这里是北京≫



北京オリンピック公園には毽子の教室があるようですが。

今回の主役は、北京の毽子高手≪張徳光≫
手に障害を持っていた彼を学校は受け入れてくれず~将来、どうやって暮らしていくかを考えた家人によって唱太鼓の師匠の所に預けられ、努力はしたが、やはり手が問題に~手が使えない分、脚は人並み以上~そんな時、街で踢毽子パフォーマンスをしていた馬唯一に出会い。学ぶことに~二年目に入った頃には既に芸を身につけていた。

西太后に呼ばれて清朝内府で表演をしていた毽子高手の譚俊川は、清朝滅亡後には隆福寺等で飛叉&毽子表演をして暮らしていた。

1995年、ソ連大使館が譚俊川の写真を持って周恩来を訪れ、ロシアへの雑技団公演参加を要請。80歳にななっていた譚俊川。穿いていた靴はボロボロで~その様子を見て眉をひそめた周恩来。
「その靴は換えられないのか?」「換えることはできません」「では~」と、お金を渡し。。

翌日、譚俊川は靴を買いに出かけたが、買ってきたのは古靴。
それを見た周恩来は「国際的活動なのに」と怒ったが、「新しい靴で蹴毽子は無理です」という言葉に、ようやく納得。

足感を大切にする為、平底&布面は履きこなされて柔らかい状態の靴を履くそうです。

花毽子~宮廷、北方、南方等~使用されている鳥の羽、種類が異なるそうです。
by takeichi-3 | 2017-08-26 23:59 | いろいろ | Comments(0)