北京で太極拳

takeichi3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2017年 08月 30日 ( 1 )

左攔雀尾、十字手、收勢の要求

★太極拳套路の収束~左攔雀尾、十字手、收勢時の注意事項など。。。




≪左攔雀尾≫
掤、捋、擠、按の四種の攻撃動作によって構成されている⇒その一つずつを明確に~一つの攻撃動作が完成した後~松股下沈(虚領頂頸~沈肩墜肘~収臀・収腹・提肛)によって次の動作へと繋げていく⇒ 劲が途切れることなく移行できる。
按~重心後移~腕が胸前に引かれてきた時~収臀・収腹~座股⇒縮松(虚)の後に展開(実)。

≪十字手≫
中心軸が転換している~重心移動に伴い膝が曲がり沈む時、臀部が後ろに突き出ないよう注意⇒立身中背を保つ。

≪収勢≫
松肩・墜肘・気下沈。
両手はユックリと両腿の外側に~両手が収まったら~足を寄せる⇒左足を挙げる(吸う)~左足を下す(吐く)⇒帰元(気還丹田)。
by takeichi-3 | 2017-08-30 23:59 | 太極拳理論 | Comments(0)