北京で太極拳

takeichi3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2017年 11月 07日 ( 1 )

曦陽掌(希少拳)。。。邢台清河县

中国各地、新しい武術大会の開催が多くなっていますが、、、
11月4日に邢台で行われたという≪中国大運河武術文化連盟第一回武術交流大会≫
北は、北京より~南の杭州に至るまで、六つの省市~五大水系を流れ~その沿線には、廊坊、沧州、衡水、邢台等が点在。。。



邢台、古くから武術が盛んだったことは知っていましたが、どんな拳があるのか。。。

邢台に属する清河县は、水滸伝に登場する英雄武松の故郷。
太極拳、八卦掌等十数種の拳を学ぶ者は数万人。
河清以外での練拳者が少ない≪曦陽掌太平拳(西凉掌、西陽掌という呼び名も)≫。
その由来。。。
①三国西涼人蜀漢五虎上将馬超によって創られた。
②魏文帝時代の少林僧によって創られて。
③安徽豪州清真寺の清真教門拳術。

「少林寺由来」
その源は、少林四大硬掌の一つ。後に、内家功法を融合させて内外兼修な一派を成した。
・功法:蹦抜転換、沾纏粘連、以静制動、四両抜千斤。
・要訣:両手四扇門、全靠胯去打人、抬腿不譲歩、譲歩不譲路、一個胳膊三道弯、不打这边打那边。

社会の変化もあって、習拳者は徐々に減り~失われてしまった套路もあったりで失伝の危機に晒されたが、2007年に非物質文化遺産に登録され~徐々に愛好者が増えている。


★経絡の通りをよくしそうな動きです。。。




★同じ動作なのに、実戦的。。。




f0007580_23583029.gif
伝統拳、実戦&健身、それぞれを兼ね備えています。。。(#^_^#)
by takeichi-3 | 2017-11-07 23:59 | 太極拳・武術動画いろいろ | Comments(0)