北京で太極拳

takeichi3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2017年 12月 02日 ( 1 )

北京~地壇公園で内功。。。

朝の地壇公園。
練功の様子を楽しみながら歩いていたら~槍の基本、攔、拿、穿を繰り返している高齢女性が。。。
f0007580_2244959.jpg

f0007580_2255063.jpg黙って写真を撮るのも失礼かと、声をかけて~(^^)v
で、一緒になって、槍の基本練習を。。。
合間にお喋り~現在86歳。大柄なご主人の車椅子を押して公園を散歩。その途中で練槍しているそうです。

話しているうちに、私が太極拳が出来ると知って~一緒に套路を通そうということになり、24式&48式を行うことに。

終了後、、、
「本来の太極拳の足運びだけど、こう~体重移動と腰の回転を利用して弧線を描きながら出すの~自然霊活になるでしょ。倒巻肘も同じ。爪先を落としながら動いた時、地面に出来る跡を見て、弧線でしょ~24式が普及し始めた頃の足運びはこうだったの。今みたいに、足を高く上げての出歩じゃなかった」

等々、24式普及開始当時の動きを見せてもらい、24式も演化していることを実感しました。

「あなた、何処から来たの?」
「日本から~」
「あらま、スッピンだし、お洒落もしていないから~てっきり外地(地方)からだと。。。」
「そうですか~ha,ha,ha.....(T_T)」
「今、幾つ?」
「◎◎歳です」
「まだまだ若いんだから、これからね。頑張って~」
な、楽しい一時を過ごして。。。

★この写真を宗維潔老師に送ったら~「高手在民間!」という返事がありました。


本来の目的~伝統拳老師の下で、内功の実践。
前回の含胸を利用した力の運用にはクレーム無し。
今回は、含胸(空胸)に連動して変化する抜背&墜肘の運用~内(胸)側の劲力と外(背)側の劲力が止まることなく連環を続ける~相手の力に沿いながら股関節、肩、肘、手指を変化させて力を化していく~頂頸劲と脚底劲の協調によって生じる劲力の運用~空胸&空腹には実態(感覚)がある等々、身体調整よって生じる力&効果の色々なパターンを一時間ほど、手を合わせながら体感&実践。

「老師、作業が多すぎて頭が疲れました~何を求めなければならないのかは十分に分かりましたので、帰国してからの練習の糧にします。」
と、、、多くの宿題を背負って、公園を後にしました。


練習で消耗した体力を取り戻すには~シャブシャブが一番。。。(o^0^o)Ψ

f0007580_2271984.jpg

by takeichi-3 | 2017-12-02 23:45 | 太極拳理論 | Comments(0)