北京で太極拳

takeichi3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:気功:五禽戯・八段錦他( 157 )

甩手(シュワイショウ)。。。

f0007580_23451529.gif
台湾では生活に密着していて、どこでも「甩手」
という印象がありましたが、、、

中国ネットによると。。。
甩手は香港より伝わった、古代の「達磨易筋経」による強身運動。
ちょっとお試し~では効果は得られない⇒堅持するのが重要。

※手のブラブラ~方向や高さなど様々ですが、基本的知識など。


★要領
両脚は肩幅に開いて自然に立つ。
目線は前方向。心静。

両腕は同時に前後同じ方向に甩。
後ろ方向に向かう時には少し力を加え~前方向に向かう時には力は使わない⇒反動を利用。
腕が前に向かう時には、重心は爪先寄りに。腕が後ろに向かう時には、重心は踵寄りに。
※脚部関節も腕の動きに自然に応じた弾力により微屈伸。

手部には人体各臓器に影響を与えるツボがあるので、甩手運動により各ツボが刺激されて、臓腑機能を調整する⇒手三陰経:手太陰肺経、手少陰心経、手厥陰心包経の気血循環を促す=経絡の通りをよくする⇒心肺の健康に有益。

足裏にある湧泉&足部にある臓器投影区もマッサージ。
湧泉ツボは足少陰経が始まる処~足部の重心移動に注意して行えば、臓腑機能を強化&免疫機能を高めるので、疾病の予防&回復が可能。

肩関節と腰腿関節の活動&手腕の振動⇒筋骨と関節を活性化させる。

二、三百回から始めて~最終的には一千から二千回以上⇒三十分位行う。
※五十、百回から始めて~徐々に数を増やし、六百から千回にという主張もあります。

★注意事項
動作は軽松。速度は毎分60回前後。
手は、軽く握ったり、開いたりをリズミカルに繰返す⇒血液を心臓に送り戻すポンプ効果。
空気が新鮮な緑樹の下で行うのが理想的。
室内で行う時には、動きに合う音楽を流したりテレビを見ながら⇒倦怠を感じないように。

★甩手の療法効果は、少なくとも三カ月以上堅持しなければ得られない。

★甩手十六訣。。。
上宜虚、下宜実、頭宜懸、口宜随、胸宜絮、背宜抜、腰宜軸、腕宜揺、肘宜沈、腕宜重、手宜划(劃=漕)、腹宜質、胯宜松、肛宜提、跟宜穏、趾宜抓。
※「宜=~であるように」
by takeichi-3 | 2017-03-18 23:52 | 気功:五禽戯・八段錦他 | Comments(0)

導引養生太極操。。。張広徳老師

導引養生功系列でも早い時期の套路なのか~動作要求や効果などの資料が見つかりませんが、、、
中高年用に創られた養生体操です。
太極拳の身法を守りながら~関節を意識しながら(抜骨伸筋)~動くと、身体がスッキリします。



導引養生功の創編者「張広徳老師」について。。。
1932年生まれ。幼い頃より練武。
1955年に北京体育学院(現北京体育大学)に入学。張文広老師より武術を学ぶ。
1974年に癌になり~ほどなく血液の病も発症。
アレルギー体質の為、投薬が出来ず、既往症の高血圧、心臓病、肝炎等の症状も現れるようになり、生命の危機に~苦しみながら研鑽を重ね、武術の基礎の上に、中医の経絡学、陰陽五行説と气血理論を基本とした、強身健体、慢性疾病の予防を目的とした養生功法を創編⇒武術運動の新発展⇒自身の病を治療するだけに止まらず、世界各地に普及していった。


張広徳老師の恩師「張文広老師」。。。査拳の名手。


by takeichi-3 | 2017-03-05 23:55 | 気功:五禽戯・八段錦他 | Comments(0)

春向き~養肝功。。。

f0007580_23571527.jpg
寒かった冬が過ぎて、体内の陽気が成長し始める春。
肝は木性を象し春に属します。
春には木々が芽吹き一気に大きく~自然界のエネルギー(気)と同じように人体のエネルギーも旺盛になり、テンションが上がり過ぎて不調(大過)をもたらし~イライラ、不眠、食欲不振などの症状がでることも。



★肝経(陰)&胆経(陰)を整える効果がある気功体操。。。









f0007580_0767.jpgf0007580_071576.jpg

肝:肝は将軍の官、謀慮を為す⇒身体活動を円滑にして休息を指揮。
胆:中正の官、決断を為す⇒公平中立の立場で、臓腑活動の適否を決断。

★肝の働き
全身の気の運行、精神・情緒の安定、血の貯蔵、筋・目の生理機能を維持する。

疏泄を主る:疏(疏通)、泄(発散・昇発)
全身の気を運行:肝の機能が正常なら、気機はのびやかで気血調和、臓腑器官機能も正常。
精神状態を安定:肝の機能が正常なら、気血のめぐりが順調~感情が安定、ストレスに強くなる。
消化を助ける:脾の運化により営まれる食物の消化吸収~肝は脾を補助(胆汁を分泌・排泄)。
肝は血を蔵す:血液貯蔵器⇒血量調節~安静時・運動時等、人体各部の状況に応じて血液補給。
肝は筋を主る:筋肉活動は肝の血により維持される⇒肝血が十分=筋肉の働きがよくなる。
肝は目に開竅:目の働きは肝血の滋養に頼っている⇒肝経脈は目に上る。
肝の華は爪に:爪と筋肉は肝血の滋養が必要⇒肝血が不足~爪は薄・柔・変形・光沢がなくなる。

※中医学では、筋肉を働きと形の両面から観察しています。
「働き」⇒筋肉は筋とよばれ、肝血によって維持されています。
「形(肉づき)」⇒肌肉~脾の働きにより維持されています。


★胆の働き
胆の主な働きは、胆汁の貯蔵と決断を主る。

胆汁を貯蔵:胆汁は飲食物の消化を助ける⇒この働きが失調~口が苦い、消化不良等の症状が出る。
決断を主る:決断力、勇気と深く関る⇒胆が健全なら、肝と共に正常な判断を下すことができる。
by takeichi-3 | 2017-02-20 23:59 | 気功:五禽戯・八段錦他 | Comments(0)

目で見る~脊椎&諸器官との関係

今日は。。。
練習時に、こんな図を持ち込んでみました。
立身中正(虚領頂頸~尾閭中心)&腰の旋転⇒脊椎骨関節マッサージ⇒諸器官のバランスを調整~♪

f0007580_23343488.jpg

by takeichi-3 | 2017-02-07 23:55 | 気功:五禽戯・八段錦他 | Comments(0)

少林易筋洗髄経。。。

f0007580_23483750.gif
椅子に座っている時間が長かったせいか~背中が固まってしまい。。。
座ったままで効果のある動きはないかと捜した映像。
短時間で、頭も体もスッキリしました~(^^)v


易筋経と洗髓経は、少林寺に伝わる中国古代の導引術。
改編改善が加えられながら現在に至る、仏道両家の内功&肉体鍛錬養生の要。
筋・骨・膜のストレッチを利用した鍛錬による肉体改造(=易)。
⇒一年易気、二年易血,三年易精,四年易脈、五年易髓、六年易骨,七年易筋、八年易発、九年易形
その効果から、武侠小説の中では神功秘籍扱い~登場人物たちが取得争いを繰り広げています。



★練習要領。
・緊張と弛緩を繰り返す。
・深呼吸で行う。

★効果。
・筋肉&関節を活動させるので、日常生活での動きが大きく滑らかになる。
・筋肉や筋膜が柔らかくなることで気血の通りが良くなる。
・筋肉繊維が増加して体力がつく。
・捻じりや引っ張りによる関節ストレッチ⇒頸椎腰椎等の損傷を防ぐ。

※肩周り筋骨ストレッチ⇒頭部への気血の流れを良くするので、目・耳・脳機能を養生~(^^)v
by takeichi-3 | 2017-02-03 23:59 | 気功:五禽戯・八段錦他 | Comments(0)

練習の疲れを取る~ツボマッサージ。。。

f0007580_23503532.gif

練功の疲れを軽減するのに役立つというツボマッサージ。
整理運動代わりに、お試し下さい。。。m( _ _ )m


①肩井穴~右掌で左肩井穴を、左掌で右肩井穴を36回ずつ叩く。
②足三里穴~両手の掌根で36回叩く。
③足裏の湧泉穴~右掌で左足裏を36回、左掌で右足裏を36回ずつ叩く。
④両手を後ろに回し~合谷を背中にあて~腎兪穴(命門の両脇)から腰眼穴を上下に81回擦る。


f0007580_23483328.jpgf0007580_23484776.png



★腎の働き。。。
・水分調整。
・老廃物の排泄、血圧調整、血液造成、体液量・イオンバランスの調整、骨を作る。
・腎は、生命活動を司る精を貯蔵する臓器。精(エネルギー)を五臓六腑に供給。
・また、全身の成長発育を調整して運動脳力、粘り強さや根気を生み出す。
・腎気は随を生み脳を養う⇒脳は思考を生み、視力、聴力を司る。
by takeichi-3 | 2017-01-08 23:54 | 気功:五禽戯・八段錦他 | Comments(0)

八卦五行気功。。。

f0007580_23283276.gif
台湾の国術家《蘇昱彰》による《八卦五行気功》講座。
動作によって、何故、五臓を養う作用が生じるのかが明確⇒応用できる~♪


★蘇昱彰
1940年、台湾台南県東山生まれ。
七歳の時、山東省莱陽よりやって来た武術名師「張德奎」より螳螂拳、迷踪、軽功等を学ぶ。
十九歳より、八歩螳螂拳名師「衛笑堂」より八歩螳螂拳、呉氏太極拳を学び~併せ「李元智」より秘踪拳及八極拳を~後に、螳螂拳宗师「李昆山」からも七星螳螂拳、梅花螳螂拳、地功、兵器等を学び~最終的に、台湾最高級武術大師、総統府衛兵総教官「劉雲樵」を師として各拳の研鑽を続けた。


★金、肺臓。。。




★水、腎臓。。。




★木、肝臓。。。




★火、心臓。。。




★土、脾・胃。。。


by takeichi-3 | 2017-01-06 23:47 | 気功:五禽戯・八段錦他 | Comments(0)

大地回春太極養生功。。。馬長勲

f0007580_23433751.gif
突然ですが。。。
喪中でもあり~明日より、お正月過ぎまでブログ休みます。


馬長勲老師による「大地回春太極養生功」
場所も取らず、動作も簡単。
太極拳内功の鍛錬もにもなるので、休暇期間にお試し下さい。。。(^^)/~~



予備
精神放松,自然站立,両眼平視前方。左脚向左缓缓迈出,両脚間は肩同寛。自然呼吸。

1)太極起勢
要領:全身放松、頭脳要空。両腕を挙げる時、身体は少し前倾、両腕を下げる時、膝を曲げる。

2)大地回春
要領:身体の中心から外へと展げる~腕を伸ばしきったら、意気により下へ。
効果:平血平心。

3)獅子揉球
要領:上肢の運動路線は重要ではない⇒腰の揉動が重要。
効果:強脾健胃。利心肺健康。

4)野馬分鬣
要領:分清開合虚実。
効果:寛胸舒肺。中焦通暢。

5)白鶴亮翅
要領:立身時、舒展胸背。
功效:強腰健腎、治療腰背酸痛。

6)金鶏独立
要領:分清虚実、バランスがとれるように気を配る。全身放松。
効果:鍛錬坐骨神経。治療肩痛腿痛及消化不良。

7)転腰雲手
要領:胸腰背頸をバランスよく転動させる。上下相随。円滑完整。目線は遠処。
効果:肩・腕・胯・膝・踵・足全面の鍛錬。

8)倒巻双肱
要領:大開大合。動作は舒展。膝を捻じらない。松胯。船に乗って~波の起伏に随うように。
効果:利臓腑。利肝胆。

9)海底捞月
要領:立ち上がった時、膝を伸ばす。
効果:通経活絡。強健腿部&膝部。

10)太極收勢
要領:身体放松。頭脳空静。自然に。
効果:性命双修。益于養生。
by takeichi-3 | 2016-12-28 23:51 | 気功:五禽戯・八段錦他 | Comments(0)

健身気功の分類。。。

f0007580_22123077.jpg
f0007580_6574878.jpg
北京の景観点。故宮の北東~「空気汚染極級」
正午だというのに~まるで、墨絵の世界。
修正は全くしていません。。。(((((^^;



f0007580_22201918.jpg
そそくさと用事を済ませて~食事はホテルで。
トレーの右下のオレンジ色の塊は、明日が冬至だからか、揚げカボチャ団子~(o^0^o)Ψ

昨日は、老師&ご主人も一緒。。。
「内容豊富なバイキング、これで25元は安い」
と喜んでいました。


f0007580_22575849.jpg
で、早めに部屋に引きこもって~こんな本を。

質問:健身気功功法の分類は?

回答:
気功功法形式~流派は数多くありますが、基本的には調身、調息、調心を主要要素としています。
この三者を協調一致させ、自然に行うことで、強身健体、養生健康回復が得られます。


その訓練方法と主要目的は流派によって異なりますが、大きく三つに分類されます。
1)体を動かすことを主とする⇒体のストレッチは導引となり、老化を予防する。
2)呼吸吐納を主とする⇒呼吸によって気血の通りがよくなり(行気)、延寿が得られる。
3)心理を調節。

健身気功の易筋経、五禽戯、八段錦は、肢体運動による導引を主としている導引類に属する功法。
六字訣は、呼吸運動を強調している呼吸吐納類の功法です。
by takeichi-3 | 2016-12-20 23:49 | 気功:五禽戯・八段錦他 | Comments(0)

運指健脳功。。。

大脳皮質で運動のコントロールに関与している領域⇒運動野。
この運動野を刺激(働かせる)ことによって脳の衰えを防ぐ効果が得られる指体操気功。
≪運指健脳功≫




f0007580_031727.jpg

by takeichi-3 | 2016-12-12 23:57 | 気功:五禽戯・八段錦他 | Comments(0)