北京で太極拳

takeichi3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:太極拳( 448 )

今日は、長拳。。。


長拳の後は、気持ちがイイね。。。と、ベローチェで乾杯~♪
軽く、グレープフルーツを一杯。そして、アイスティー ^^v

今日は、規定長拳B套路の後半二段。これで、先週習った前半二段と繋がるのでしょうか。。。
来週が、楽しみ~☆

家に帰り着き、久し振りの中国語口座のテレビ。
何時の間にか、金子貴俊クンから谷原章介サンに変わっている。
金子クンの頃には、ちょっと、“軽松=リラックス”しながら視聴できたのですが、、、
谷原サン、優秀ですネェ。
エンディングは、“潘○柏”の“不得不愛”、懐かしい・・・北京滞在時、一日に一度は耳にした曲です。


f0007580_2361063.jpg
久し振りの新宿大通り。

8月に行く、添乗員同行バス温泉旅行の申し込みに行って来ました。

行き先は、出羽三山方面。
最上川下り付き~☆


f0007580_2313565.jpg
以前に一度だけ、添乗員同行旅行に参加したことがあります。(行き先は飛騨高山&黒部)
その時は、添乗員遅刻の為、旅行継続希望者は各自で新幹線チケットを購入。自力で名古屋を目指さねばならなくなりました。

2泊3日の夏休み。リタイアした人はゼロでした!


f0007580_23142069.jpg
雨を避けて歩いた地下道は、
ディズニー一色。

ディズニーシー、5周年を迎えるのですか・・・

まだ、行ったことはありません ^^;
by takeichi-3 | 2006-07-24 23:36 | 太極拳 | Comments(0)

朝から太極拳。。。


このところ、旅行ブログと化していましたが、
今日は、朝から“太極拳”。。。基本功をメインとした練習に、午前、午後を費やしました。

たかが基本功。されど基本功。正しい動作を目指さないと、癖になり易いです。

例えば、圧腿。高い処に足をかけているだけでは、股関節のkuaへの効果はありません。まっすぐに上体引き上げ、kuaを落とし、つま先は前に引き寄せる⇒馴染んできたら、後ろ脚と前脚の距離を広げ、上下に弾みをつけながら股関節を前後に押し広げると、より効果的~☆

タントウ功⇒頭を吊り上げ、背中のpeng形を意識する。より後ろの座ることができれば、前に働く力も、より強くなる⇒“いかにして、後ろに向かう力を利用して動くか”は、太極拳の力の基本です。

とか、とか、、、久し振りに、集中した練習が出来ました~☆

f0007580_2224382.jpgf0007580_223189.jpg北京で、思いつくままに、こんな本を買ってしまいました。

“古拳譜系列”。古い套路が書かれています。難解ですが、絵が可愛かったので、、、


※で、今、NHK教育テレビの“玉三郎サマ”の舞台稽古を鑑賞中。軸が綺麗。。。^^v
by takeichi-3 | 2006-07-23 22:12 | 太極拳 | Comments(1)

習慣了!(慣れてきました)

新しい一週間が始まりました。
先週はバランスを崩しっ放しだった、厚い絨毯の上の練習にも慣れてきました。

留学生班、行方不明になっていたという日本人(何処かに日本語を教えに行っていた)とエクアドル人(花粉症で体調を崩していた)の二人の男性が戻って来ました。

6人になった太極拳班。運動量が薄まったような感じ、ちょっと楽です。

套路は、先週に引き続いて“規定楊式”。理解を深めています。
定式に入る時、意識して身体を緩めようとはしない→息を吐けば自然に緩むのだから、呼吸に合わせるように、、、と、何箇所かで注意されました。

練習メニューは、
“柔軟(老師が来るまでの時間、自分たちで行う)→提腿→単式練習(起勢→ショウホウ琵琶→独立→ドン脚→フェン脚→拍脚をその場で各10回ずつ)→基本練習(套路内の動作を一つづ繰り返すのを2往復)→一段ずつ通すのを2往復→套路を全部通す”が理想なのですが、7時半から11時過ぎまでの時間では足りないというのが現状です。

練習が終わると大急ぎで宿舎に戻り、昼食。(今日は、近所の小吃で肉包子と菜包子を買って宿舎で食べました→計1元)

ちょっとの休憩と中国語の復習をしてから、バスで地球村のある五道口へ。
f0007580_22225492.jpg
学校近くのバス停“圓明園”。右の道を行くと、大学の南門につき当たります。

6月末まで、こんな生活が続くのでしょう。。。
by takeichi-3 | 2006-04-10 22:17 | 太極拳 | Comments(2)

太極拳推手

午前中は、7月に東京で開催される全国大会に向けての練習を始める友人たちと、新宿スポーツセンターへ。
不在になってしまう三ヶ月間の基本功をアドバイス。

今日の課題は、力点の力はどこから発せられるのか。

例えば、前に行きたい時⇒踵で蹴りだす力が前脚の股関節に折り込まれると同時に背中は後ろに張り出され、その力が押す力に変化していく。。。

言葉で表現すると上記のようになるのですが、脳を使って身体を支配しようとすると中味の無い動きとなってしまい易いのです。あくまで、頭で考えるのではなく、身体で考える!
昨年の講習会時に宋維潔老師が“感覚を大切に”とおっしゃっていましたが、、、本当に!

推手を習い始めの頃に、よく言われるのが、“力を抜いて”&“肩を拡げて”という言葉。
この言葉を実践すると、一見、掤型が出来ているように見えても、推すと何も無かったり。。。

北京での推手練習、特に推していく時、理解し易すくする為に少量の力を使います。相手の力点となる掤と相対する背中方向に意識的に力を送ります。それにより、受け手は、手に接触している力を背中のどの部分で受け止めたらよいのか、を明確に認識出来るのです。
そして、背中を使う為には首や股関節を駆使しないと⇒立身正中が保たれないと弱いとか、、、徐々に深くなっていけるのです。
先ずは、“背中の掤=腕の掤”

推手は、身体を使ったパズルのようで~難いけれど、とても楽しい~♪
by takeichi-3 | 2006-03-14 23:46 | 太極拳 | Comments(0)

東京大会終了

今日も、何事も無く一日が終わっていきます。

本当に何も無かった! ゜・゜(>_<)゜・゜ 東京大会だったというのに~
バランス技ではないところで、何故か、5回もグラついてしまいました。足首が絶不調。。。

昨晩は、12時半に就寝したのに朝6時半に目覚めてしまい、寝直しするにも目はぱっちり!
そして、7時10分に起床。と同時に、友人たちに“お早うメール”。大会に参加する皆は、即、返信をくれました。fu.fu...皆も緊張していたのでしょう。。。

会場では、他の団体で練習をしている懐かしい顔に出会ったり、北京で知り合った友人がやって来てくれたりと充実していました。本当に、表演以外は、、、

今日、見守ってくれていた人たちがくれた沢山のアドバイスを基に、又、明日から、来年を目指した練習を始めましょう。

とにもかくにも、取りあえずは、解放~♪
今週は、映画に行ったり、富山の母を尋ねたりして過ごそうと思います。
by takeichi-3 | 2006-03-12 23:49 | 太極拳 | Comments(0)

揺らがない。。。

毎月、通販の化粧品会社から情報誌が送られて来ます。
今月号の特集タイトルを見て、ドッキリ!“揺らがない女”だなんて、、、理想だ・ワン~♪

太極拳の表演“套路=コンビネーション”の中には、必ず、バランス技が含まれています。
私の表演種目を例にとると、金鶏独立(片膝を上げて片足立ち)、蹬脚(踵で蹴る)、分脚(つま先で蹴る)、拍脚(甲で蹴る)、bai蓮(外回し蹴り)と盛り沢山。
上げる脚の高さ及びその安定感は、モチロン、審判が下す点数に多大な影響を与えます。
が、緊張感と未熟さが相俟ってプルプルしてしまう私。。。 ^ ^;

数年前の全日本大会での事、私が所属する団体の会長サマの表演を見守っていた会長夫人は、会長サマがバランス技をキメる度に、「良し!」、「良し!」、「良し!」を連発。が、拍脚でグラついた途端、「あ、あのバカ!」と、、、それを隣で聴いていた私は、これが夫婦愛なのね!ス・テ・キ!!!なんて、思ってしまいました。

そんな会長サマが、その緊張感を“長崎は今日も雨だった”の替え歌にして再現しています。
“今度こそは、と上げた脚~♪~中略~~あ・あ・あ・あ~、蹬脚は今日もダメ~だった~♪”

今回、東京大会の打ち上げでは、どんな歌声が響くのでしょうか???
by takeichi-3 | 2006-03-07 22:35 | 太極拳 | Comments(0)

埼玉県武術太極拳交流大会

午前9時に家を出て、埼玉県武術太極拳交流大会を終え、新宿スポーツセンターで東京大会用の練習。午後9時過ぎに帰って来ました。
刻々と、切羽詰ってきております。 ( ^ ^;)

埼玉県の交流大会に参加したのは今回が初めてでしたが、練習の成果が現れた良い表演をしているグループが多いという印象を持ちました。パンフレットによると、1994年(平成4年)の第一回には400名だった参加者が、この第十五回には3,500名になったとか。凄い!!!
http://taikyoku.exblog.jp/にて、写真満載~☆

それにしても、集体の仕上がりって、練習回数に比例しているのです・ネ!回数をこなしているグループの整った演技は、本当に見ていて気持ちがいいものです。

あ、モチロン、個人表演も同じなのですが、、、回数ですよ・ネ、、、

普段、私が通っている太極拳教室の練習会場は小中学校の体育館。なので、3月に入ると卒業前の行事が色々あったりして、会場の確保が難しくなってきます。

気分的に一番熱くなっているこの季節。毎年、毎年、練習場所を捜すのには苦労しています。というより、会場が見つからない日が続きます。

が、泣いても、泣いてもの、あと1週間。。。で、ございます。
by takeichi-3 | 2006-03-05 23:39 | 太極拳 | Comments(2)

理想と現実

今日は、幡ヶ谷で套路練習。
一緒した友人たちは東京大会勝ち残り経験者。かなりナーバスになっていました。
未熟者の私は、一人で元気。失うものがないのって、悲しいかな、、、強いのです。fu.fu..

とはいうものの、明日は、代々木上原で套路練習。明後日は、新宿スポーツセンターで套路練習。日曜日は、埼玉で集体。ナーバスだとは言い難くとも、やはり、追い込まれています・ネ。

東京大会参加にあたり、丁寧に形を出すようにというアドバイスをいただきました。
これは、競技会で表演する為には重大な要素。北京で、気ままに気持ち良さ追求型の太極拳をしていた私にとっては、最も不足している点なのです。

でも、あと一週間しか~、、、ま、来年までに直っていればイイ・か~♪

武術としての太極拳。競技としての太極拳。健康の為の太極拳。。。流派、拳式以外にも分類の要素は多々存在しています。

私が将来的に推し進めていきたいのは、健康太極拳!
競技に要求される“より高く(ドン脚、独立)、より低く(弓歩、下勢)”は、健康太極拳の場合“より高く(弓歩、下勢)、より低く(ドン脚、独立)”、でOK。。。
緊張しながら無理を通すより、リラックスして汗をかく。数多くの人と出会い、楽しい時間を共有する。そして、少しずつ、少しずつ自分の身体に対する理解を深めていけたらイイなぁと、思っています。

が、理想はともかく、一週間後に迫った現実は“競技用太極拳”。。。 (・・)ヾ 
by takeichi-3 | 2006-03-02 22:42 | 太極拳 | Comments(2)

白雲観“道教と太極拳”


北京の白雲観です。
中国道教の総本山でもあります。
日本人観光客の訪れは少ない場所ですが、境内の静けさと趣の深さは格別なものがあります。地下鉄“復興門”から徒歩でも行けますので、是非、是非、一度お出かけ下さい。
(写真は、三清殿)
f0007580_2394090.jpg

ブログには写真があった方が良い!と、多数の方からのご指摘を受けて、今日から挑戦。
してみたのですが、ど~も、不慣れで。。。
バランスが悪かったり~としても、暫くは、我慢して下さいませ。

太極拳と道教には、密接な繋がりがある。。。と言われています。
本来は別々に派生したものが、いつの頃からか太極拳が道教の教えに則した表現をとるようになったという経緯を聞いた事もあります。

老子や荘子関係の書籍を読むと、その教えの中には、確かに太極拳の真髄と共鳴する部分を見出す事が出来ます。昔の武術家の方たちは、身体の鍛錬と並行して精神的な鍛錬の指針としていたのでしょうか?数多くの興味深い言葉と巡り合えます。

特に面白いと思ったのは、“大器晩成”
一般的な解釈だと、“年齢を重ねた後に、ようやく名を成す”とされています。が、私が書籍から読み取ったのは⇒完成が遅くなればなるほど、器は成長を続けられる⇒完成してしまうと、それ以上は大きくなれない(それ以上の知識を収納できる余裕がなくなる)と、いう考えでした。

70歳を越える中国の老師の方々が、「まだ、まだ、」と口にするのは、この思想から来ているのでしょうか。。。

自分で“私は完成した!”と思い込んでしまうと、その時点で、その人の成長は止まってしまうということなのでしょう。。。(“実るほど頭を垂れる稲穂かな”⇒表現こそ違え、同じ戒めを持った言葉のような気がします)

この宇宙でさえも、未だに成長を続けているという噂。
その一部である私自身を、“未完成”ではなく“発展途上”と表現したいものです。
by takeichi-3 | 2006-02-11 23:50 | 太極拳 | Comments(0)

北京で太極拳ver2...北京体育大学で太極拳


40kgの荷物と共に帰って参りました。

北京のホテルを出る時の所持金(中国元)は、130元余り。
ホテルの玄関に立つと、やって来たのは黒塗りの高級車。手際良く荷物を運ぶ運転手さんに「ダメです!私、お金が無いから、こんな高い車には乗れません。普通のタクシーにします!」と、叫んだのですが、「没問題!」の一点張り。「だって、100元しか持ってないんですよ~」と言っても、「充分、充分、」。。。

実際に割高のタクシー(ハイヤー?)だったのですが、空港手前で心優しい運転手サマは料金表示を倒してくれました。高速料込で91元。結果的には100元を渡しましたが、かなりのサービスをしてくれたようです。(普通車なら80元)

航空会社のカウンターで、24kgの荷物は機内預けにして、10kg程の少し大き目の袋は持ち込みにしようと画策。が、服務員からクレームが、、、
「その荷物は、大き過ぎるからダメ!」
「お金が無いから、追加料金は払えません。」と口走りそうになった矢先、
「本当なら、1kgの超過につき100元(千五百円)かかるけど、今回だけは追加料金は免除してあげます。次回からはダメですから気を付けて下さい。」
と懐暖まるお言葉。背中に背負った、6kgは下らない大量のVCD、CDが苦しい。。。

空いている時期で搭乗者も少ない上、パスポートの更新をしてから直ぐの海外旅行だったので、渡航記録上は第一回目の海外旅行に見えたからカモ。。。

北京空港出発、成田到着のいずれも定刻通り。

太極拳用の剣2本も、係員が手にした磁石を惹きつけることもなく無事通関。
新宿駅まではリムジンバス。その後、渋滞の青梅街道をひた走り、ようやく我が家に辿り着きました。

旅の終りは、新しい旅の始まり。
今日より、このブログ本来の目的⇒北京体育大学太極拳班留学へのスタートです。

日本出発の予定は、4月1日前後。
by takeichi-3 | 2006-01-31 17:38 | 太極拳 | Comments(0)