北京で太極拳

takeichi3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:武術各派( 162 )

回族(イスラム)武術。。。

★回族(イスラム)の武術、力強くてイイなぁ~と。。。



回民はどうして愛武なのか。
回族が崇拝しているイスラム教の開祖≪穆罕默德=モハメッド≫が武術に長けていたことから、回族たちの間に広く伝わっていた。モハメッドは、剣に優れていたハリード将軍に「アラーの剣」という呼び名を与えている。

今でも、厳格にムスリムの教えを守っている回族。団結力も強い。
中央亜細亜から移動してきた祖先たちは練武によって自衛~中国各地に散らばって行った。
元朝には≪探馬赤軍≫として貢献したが、、、後の統治者によって圧迫を受け~尚武、任侠、民族の団結を大切にするようになった。

結果、回族の武術活動は発展。
今でも、朝晩の礼拝の後、寺院では練武の習慣がある。

回族武術の拳種は多く、査拳、黒虎査拳、弾腿、華拳、洪拳、炮拳、八極拳、心意六合拳、回回十八肘、黄鷹架拳、六角式、廿四式、老架拳等。その中、十路査拳(正拳、副拳各十路)、三路腿拳、十趟弾腿、回回十八肘、湯瓶七式拳,通臂劈挂拳は≪回回拳=回族独有の拳≫




★回族拳の基本功≪湯瓶拳≫は、口伝によって伝わってきた外伝禁止の功夫。
経絡を刺激、通りをよくする~が考慮された動き。その養生効果が注目され始めています。




★筋トレ法。。。



※石鎖、砂袋、太極球~かつては、太極拳でも活用されていた鍛錬方法。。。by 呉文瀚(武式)
by takeichi-3 | 2017-04-08 23:56 | 武術各派 | Comments(0)

Onlineで学ぶ。。。太極禅

陳式太極拳第十一代十九世伝承者≪王西安≫の長男≪王占海≫
父と共に、ジェット・リーの太極禅文化国際発展公司の技術面を補佐している。



※王西安~共に四大金剛と称される陳小旺、陳正雷、朱天才と同じ陳照奎(父は陳発科)より学拳。


★Online Academy 太極禅による用法色々。。。

≪Cai 採≫




≪Lu 捋≫




≪Kao 靠≫




★この訓練~屈国鋒老師(現北京師範大学武術班副主任)が日本に留学している時に学びました。


by takeichi-3 | 2017-04-06 23:59 | 武術各派 | Comments(0)

玉門太極拳。。。

呼吸のリズムで、無理なく内側から自分を観察(コントロール)しながら、全身を協調一致させて動いている様子が伝わる心地よい動きだなぁ~と思った≪玉門太極拳内功九勢≫




≪武当玉門游龍太極拳≫
清末民初に玉家拳伝人玉恒宝(俗家道人)が武当道人李道長より学んだ、歴代の道家に伝承されてきた秘技。張三豊原伝太極十三勢の支派であったが、伝承者たちがそれぞれの体験より工夫(補充)を加え~独特な風格を備えるようになった。

広東梅岭一带に伝承されていたが、玉氏家族の多くが広西に移動するにつれて、広西へと伝承していった⇒三代支流:広西環江、広西忻城泗涝、広西来賓市橋巩下馬王村。

劲力は剛柔相済、綿里蔵針、勢有章法、形有意境、動態優美、力感伝神、風格独具。
内煉丹田外練五弓、拳功一体、注重健身養生&実戦。
精熟后八劲飽満、弹抖爆発、劲烈剛猛、撃人可穿透人筋骨傷及五臓。
その風格は、陰陽相融,身舒神安,大練如龍纏、小練如蛇行、静練如蠕動、快練如雷霆。

強身健体。
内練外養な功夫である太極拳は、身体を健康な状態にするのに非常に有利。
玉門太極拳は脊椎を調整、各骨節間の蠕動鍛錬と四肢各節の揉旋運動によって全身筋肉を柔韧舒長(しなやかに伸ばし)~気血の通りをよくしているので、練習を続けるにつれて強腰固腎、清心安神、收斂精気,外強筋骨、内壮神勇,健康腑臓、生命旺盛、増強体質、祓病延年の効果が得られる。
by takeichi-3 | 2017-03-22 23:58 | 武術各派 | Comments(0)

台北で氣功~②。。。

f0007580_234627.jpg
本格的な雨降り~再び、氣功にお邪魔させて頂きました。
前回は、肩隅⇒肘⇒手首を緩沈松(節節貫穿)させながら労宮を地に押し付けるという動作を30分以上繰り返しましたが~実感できた効果⇒体全体の関節をマッサージ&調整しているのか~就寝時、仰向けに横たわったまま~体勢を変えることなく朝まで熟睡できるようになっています。

この手腕ブラブラな動き、普通に街中でもよく見かけます。
商店の奥で店主さんがブラブラ~街角で会話を交わしながらブラブラ~養生が日常化している感じ。

ステージ右側、鄭子太極拳を行っていた男性。
太極拳の前には一時間近くかけて、甩腰、甩手等で緩沈松な(意識の通し易い)身体に整えてから練功開始~今まで不可解だった鄭子太極拳の動き、少し納得できるようになりました。





f0007580_23483570.jpg
遠出は控えて、台北駅西側の問屋街を散策。
台湾の古い建物が並ぶ町並みとしても有名です。

漢方薬を販売している店舗の数は多く。
現地の人ばかりではなく、ロシア人とか~多くの外国人が買い物していました。欧米系の人たちも漢方を愛用しているのでしょうか?

f0007580_23505647.jpgf0007580_2352219.jpg
by takeichi-3 | 2017-03-16 23:58 | 武術各派 | Comments(0)

MANTISな一日。。。蟷螂拳

流伝三百年。中国山東省四大拳の一つ「蟷螂拳」

f0007580_0522553.jpg明末清初、山東栖霞人の反清派王郎(元名は于七)が創始者。
豊かな家に生まれた愛武な性格~少林寺で習武の後、拳友を訪ねては腕試し。

ある時、韓通との試合に負け、落ち込んで木の下で休んでいた時に草叢にいた螳螂の様子を観察。その手腕の使い方に閃いて、多くの蟷螂を捕獲しては闘わせて手腕の動きを研究~その後、練習時に猿に衣を盗まれ、猿を追ううちに、その足取りに閃いて歩法を研究~その他、自分の拳の欠点を補う為、太極拳、通背拳、狸拳等の長所も取り入れた。




★ドニー・イェン少年の蟷螂拳。。。




★ジェット・リーの蟷螂拳。。。




★于海老師の蟷螂拳。。。映画「少林寺」&表演






★その他、スクリーン上の蟷螂拳色々。。。







★1957年に制作された、巨大カマキリ映画。
蟷螂拳動画を検索していたら~引っかかりました。。。((((((/-_-)/


by takeichi-3 | 2017-03-08 23:59 | 武術各派 | Comments(0)

武当武術。。。

★武当武術スクールの宣伝用動画。。。




★武当山にある国際武術学校の学費(一例)。。。
f0007580_23583061.png


※去年、飛行場がオープンしたので、北京や上海から武当山への移動がラクになっています。


★軽功で有名な陳師行道長も武術館を開いています⇒≪師行功夫館
ちなみに、下記種目取得に必要な学費は~各々、1500元。
滞在期間は、7~15日(生徒の意向)⇒宿舎100元~180元/日、食費50元/日。
※気功コースは、1~3日。。。一項目600元からと手軽です。






★テレビや舞台でのパフォーマンスでも有名な清風子道長が主宰している≪武道功夫院


by takeichi-3 | 2017-02-19 23:59 | 武術各派 | Comments(0)

楊班侯。。。鍛錬用架子

f0007580_23533028.gif
先日紹介した楊式第四代伝承者≪賈治祥≫。
大架、中架、小架、快架、提腿架、炮錘、撩挎八卦掌、短打、散手、推手、大捋、太極内功、刀、剣、槍、杆等~楊班侯の身体鍛錬法を次世代に伝え残しています。

≪提腿架≫
腿功&桩功となる套路。
片方の足を収める⇒膝を肋骨まで上げる⇒軸足を曲げて~仆歩⇒尾閭中正、含胸抜背を維持~前のめりや、後ろに反らない。




≪大架子(低勢)≫




百年以上も前、楊露禅は自身の功夫を、長男の楊鳳侯、次男の楊班侯と三男の楊健侯に伝えた。
その後、最も流伝して広まったのは、楊健侯とその息子の楊澄甫が定めた養生的要素を備えた拳架。
現在、楊班侯による小架や楊鳳侯(早逝)の拳架は殆ど見かけることがない。

楊班侯に関する書籍は、「太極拳九訣八十一式注解」があるのみだが、1958年に発行されたこの書籍を見つけ出すのは難しい。

楊鳳侯の書籍は一冊も無く、その名が著されている文章もごく僅か。
楊振鋒による「楊氏太極拳剣刀」の中、
“楊氏太極拳は、太極拳の中の一つの流派。第一代宗師楊露禅と其の子楊班侯、楊健侯、其の孫少侯、澄甫の三代により創り出された”⇒楊鳳侯は出現しない。

早逝した楊鳳侯は、父親の楊露禅から長男としての希望を託され~厳しく太極拳を仕込まれた。
当時の拳架には、まだ、陳式太極拳が色濃く残っていた。拳を継ぐ者としての苦練~技撃実戦が伴う練習は、後の北京宮廷に伝わった拳とは様相が異なっていた⇒原始の拳は「楊氏太極拳」、健康運動要素が含まれてからは「楊式太極拳」というような区別がされている。

この「架子低=姿勢が低い」な動きは、楊鳳侯、楊班侯が行っていた太極拳。
まるで、地にへばりつくような~楼膝拗歩、搬攔錘、倒攆猴、单鞭下勢等~臀部は地に貼りついている⇒形意拳の龍型歩の様に~馬歩は四平馬、虚歩、弓歩も極力低い。

歩法は虚実分明、転換清晰。両腿転換時は実であり虚であり~脚を出す時、虚実は必ず分清⇒左腿(右腿)が実=重心は100%、右腿(左腿)が虚=重心は0⇒これで、立身中正穏健&“迈補如猫行”となる。

転身時、頭は上に。脚根が軸。前脚裏は微かに地面を擦る~浮いていてはならない。

歩幅は大きく⇒大歩幅によって圓裆開胯となる。活腰緊背,強腿健足,力由脊発,歩穏如山。
強度が高いので、高齢者には向かない訓練方法。一般でも長期の練習に耐えられる人は少ないが、姿勢が低い沈身動作が多いので、内気が沈入丹田となる。
by takeichi-3 | 2017-02-04 23:54 | 武術各派 | Comments(0)

楊班侯小架。。。

楊式太極拳第四代伝承者≪賈治祥≫による、楊班侯小架。
本当に小さい動き。。。(#^_^#)



≪楊班侯≫
楊露禅だけではなく武禹襄からも学武した後~十七歳より父をサポート。
北京では、楊家に挑んで来る武術家たちを悉く打ち負かし~楊無敵を全国区にした楊班侯。
その技術を永年で伝承した李万成の門徒が、賈治祥(1918~2009)。

≪李万成≫
第三代伝承者の中では、最重要人物という評価もある。
幼少期に父を亡くした李万成。母親は彼を連れて隣家の班侯家に家政婦として入り、万成を養った。
そんな環境もあって、万成は班侯が狩りに出る時には一緒に出かけたりするなど、接触の機会が多く、子供のように可愛がられ~功夫を伝承された。班侯は悟性のある彼のことを褒めていたという。
班侯に挑んで来る者があると、「この者を倒してからにしろ」と言っていたとか。。。
班侯逝去までその傍らで暮らし、離れることはなかった。
班侯家の門前で茶館を開いて授拳。当時、永年一帯の太極拳学習者の殆どが生徒だったという。
by takeichi-3 | 2017-02-02 23:59 | 武術各派 | Comments(0)

舞台芸術~舞踏&武術。。。

f0007580_23434251.jpg
2017年1月18日に正式成立された国家武術套路集訓隊の表演が話題になっていた春晩ですが。


2006設立~武術&舞踏で活躍の場を広げてきた中華龍韵功夫団のパフォーマンスも。




京劇の世家出身。
太極拳、八卦掌、ストリートダンスを融合したパフォーマンスで注目され始めている「裘继戎」




世界的に活躍している舞踏家「楊麗萍」の作品「十面埋伏」でも振付に協力しているそうです。




あ。これも~ジャッキ・チェンのボリウッドダンス。。。(#^_^#)


by takeichi-3 | 2017-01-28 23:54 | 武術各派 | Comments(0)

八極系。。。劉連俊

河北省滄州武術ドキュメンタリーが面白くて~劈挂拳・六合拳等を色々検索。。。

で、八歳の時から習武。。。
八極拳、連環拳、迷踪拳、劈挂拳、迷踪拳、12路華山拳、麒麟拳、酔八仙、銬枷拳、連環拳、綿掌、日月乾坤圈、方开画戟、天罡錘、大斧、乞丐棍等を身に着けた高手≪劉連俊≫の動きなど。。。

★八極拳対練。。。




★より激しいタイプ。。。




★麒麟拳。。。




★麒麟槍。。。




★苗刀。。。


by takeichi-3 | 2016-11-21 23:57 | 武術各派 | Comments(0)