北京で太極拳

takeichi3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:中国映画音楽( 726 )

週末には中国映画。。。陳凱歌

夢枕莫の「沙門空海唐の国にて鬼と宴す」が原作となっている、陳凱歌監督の話題作「妖猫伝」
中国では年末に、日本では年明けに公開されるようですが、、、
トロント映画祭用に制作された、陳凱歌監督三十年の作品紹介映像。。。




★その中「辺走辺唱=人生は琴の弦のように」があって。。。



昔、三弦琴を演奏し歌う二人の盲目の旅芸人がいた。
老師匠は先代の師の教えを信じていた⇒一生を三弦琴に捧げ、その弦を千本弾き切った時、琴の中に入れた処方箋が効力を表わして目が見えるようになるという教え。

若い弟子とともに村から村へと渡り歩き、あと少しで千本の弦を弾き切れそうになっていた。
黄河瀑布の傍らの麺屋を訪れた後、河を渡って辺境の村に辿り着く。
村人たちにとって師匠は神のような存在であった~一曲の歌で村同士の戦いを鎮め、調和をもたらす力を持っているから~弟子は村の少女に恋をするが、弟子に芸を継がせようとしていた師匠は、2人の仲を心配する。

千本の弦を弾き切るまで一本~となった時、「最後の弦は自分の為に弾く」と言い~丘の上で無心に琴を弾き続ける師匠。最後の弦が切れ~琴の中の処方箋を持ち、薬屋へと向かうが~

師を信じ続けて六十年、この日の為に生きてきた彼は生きる意味を見失ってしまう。
先代の師の墓を叩き割り、黄河の麺屋で酒を浴びるように飲む師匠。
麺屋の主は「人生は舞台に立つのと同じ。いい舞台になるか、酷い舞台になるか~終わるまで分からない」と声をかけるが。。。

恋を育んでいた弟子は、「盲人と結婚させるわけにはいかない」と怒った村人たちに辱めを受け、

盲目のまま村に帰ってきた師匠に驚く弟子~「見えるようになりたいなら、自分の琴を一本一本力をこめて弾け」と言い~歌う喜び、生きる喜びを歌いあげる。

師匠は亡くなり、弟子は旅立つ。師匠からの蝶の凧を背負い、琴を抱いて。。。
by takeichi-3 | 2017-09-08 23:49 | 中国映画音楽 | Comments(0)

新しい???

ドニー・イェン、新作ではアンディ・ラウと初共演。。。




ジェット・リーは、太極禅活動の一環で~北京で子供たちへの太極拳普及を始めたような。




ディアブロパフォーマーやHipHop&KungFuのプロモビデオを作ったり。。。




by takeichi-3 | 2017-09-06 23:58 | 中国映画音楽 | Comments(0)

(--)。。。功夫机器侠之北腿

近未来~外星人と闘う為に南拳をプログラムされたロボットたち。
でも、南拳では力及ばず~北腿の技術を搭載しに功夫隆盛時代に送られたロボット陳虎。。。




★ロボットと同名の俳優≪陳虎≫のアクション以外に何が(?)~な。。。(((((/-_-)/
by takeichi-3 | 2017-08-29 23:47 | 中国映画音楽 | Comments(0)

フランス&中国。。。演奏会

フランスのギタリスト≪Mathias Duplessy≫と、二胡の果敢&馬頭琴の演奏。。。
これらの曲が入ったCD、中国国内で手に入らないか探してみましたが販売されていない様子。
日本では、海外版のみネットで販売されているようです。








by takeichi-3 | 2017-08-21 23:59 | 中国映画音楽 | Comments(0)

映画~「新」「旧」。。。追捕とか

1974年に制作された高倉健主演の≪君よ憤怒の河を渉れ≫
そのリメイク、ジョン・ウー監督の≪追捕≫が、香港で制作され~福山雅治が主演しています。




文化大革命後に初めて上映された外国映画。大人気となった作品。
無実の罪で連行された主人公の東京地方検察庁刑事部検事を演じた高倉健、中華圏での人気は絶大。





★陳虎主演の新作カンフー映画≪功夫机器侠·北腿篇≫
未来感タップリ。。。




★昔は、こんな風に戦っていたのに。。。


by takeichi-3 | 2017-08-18 23:59 | 中国映画音楽 | Comments(0)

今日の映画。。。

f0007580_2339633.gif少し前、蝉の鳴き声が強烈で~一昨日は、赤トンボの群れを見かけ。。。
昨日、今日、夜になるとコオロギの声が響き渡るようになってきています。


★ドイツ映画。。。各地の映画祭で、8っつの賞を受賞している≪命をつなぐバイオリン≫
1941年、ウクライナの町で神童と称賛されているユダヤ人バイオリニストのアブラーシャとピアニストのラリッサ&ドイツ人ハンナ。ドイツの進軍により戦争に巻き込まれる子供たち。。。


≪予告編≫




≪本編=日本語字幕≫


by takeichi-3 | 2017-08-15 23:50 | 中国映画音楽 | Comments(0)

週末には武術映画。。。

f0007580_2349977.gif
ドニ・イェン&金城武主演の≪武侠≫
以前に見たことはあるけど~見始めたら停まりません。。。



日本上映時のタイトルは≪捜査官X≫
あらすじは~こちらで⇒ Wikipedia
by takeichi-3 | 2017-07-29 23:50 | 中国映画音楽 | Comments(0)

果敢。。。二胡

一般人参加番組だと思っていた≪出彩中国人≫
フランスで活躍している二胡奏者≪果敢≫が出演しているのに、ビックリ!!!




★フランスでは文化勲章も受けているほどの知名人。
アフリカ系音楽と。。。




★今年、香港ではハープと≪賽馬≫。。。




★出彩中国人~こんな感じの番組です。。。




by takeichi-3 | 2017-07-23 23:59 | 中国映画音楽 | Comments(0)

週末には、武侠映画ドキュメント。。。

f0007580_095461.gif観客評価の殆どが、星一つ~という最低のカンフー映画≪仙球大戦≫
「CrossOver -アベンジャーズと少林サッカーを合わせ~更に西遊記を加えた」な内容。
な、ラストシーン。。。(((((((/-_-)/





★こちらは、きちんとした内容。。。
CCTV(中国中央テレビ)が製作した≪武侠电影人物志≫
シリーズは全50~最近、その多くがUPされました⇒ You-Tube


★その中の、サモハンキンボ。。。
「子供の頃はハンサムだった~勉強が嫌いで、中国戯劇学院に入った~」とか~



《武侠电影人物志50》情深义重 元奎
《武侠电影人物志49》电影梦想家 陈德森
《武侠电影人物志48》功夫之王 李连杰
《武侠电影人物志47》武舞神魂 胡金铨
《武侠电影人物志46》奇情大侠楚原
《武侠电影人物志45》武侠巨匠 张彻
《武侠电影人物志44》江湖信步 李惠民
《武侠电影人物志43》侠义风云 李仁港
《武侠电影人物志42》无间行者 叶伟信
《武侠电影人物志41》侠之荣光 于荣光
《武侠电影人物志40》走进微观动作世界 江道海
《武侠电影人物志39》武侠元老 唐佳
《武侠电影人物志38》武侠导师 何梦华
《武侠电影人物志37》大器晚成 元华
《武侠电影人物志36》武侠隐者 元彬
《武侠电影人物志35》永远的中国龙 成龙
《武侠电影人物志34》最佳武指 元彪
《武侠电影人物志33》浪漫英雄 吴宇森
《武侠电影人物志32》洪金宝
《武侠电影人物志31》悟道存真 孙沙
《武侠电影人物志30》电影怪侠 何平
《武侠电影人物志29》儒侠 陈嘉上
《武侠电影人物志28》侠武情长 刘家荣
《武侠电影人物志27》忠义行者 熊欣欣
《武侠电影人物志26》非攻兼爱 张之亮
《武侠电影人物志25》马上英侠 麦丽丝
《武侠电影人物志24》义厚情长 刘家辉
《武侠电影人物志23》义出洪拳 刘家良
《武侠电影人物志22》电影追梦人 陈凯歌
《武侠电影人物志21》武侠泰斗 吴思远
《武侠电影人物志20》武侠前辈 李文化
《武侠电影人物志19》全能武者 徐小明
《武侠电影人物志18》武舞侠风 唐季礼
《武侠电影人物志17》标新立异 张子恩
《武侠电影人物志16》文武并举 陈木胜
《武侠电影人物志15》武侠前锋 张华勋
《武侠电影人物志14》功夫影帝 李小龙
《武侠电影人物志13》动作大师 袁和平
《武侠电影人物志12》武学人生 赵长军
《武侠电影人物志11》刘伟强
《武侠电影人物志10》领悟侠义 丁善玺
《武侠电影人物志9》浪漫情怀 冯小刚
《武侠电影人物志8》诗意武者 程小东
《武侠电影人物志7》江湖怪才 徐克
《武侠电影人物志6》剑侠 于承惠
《武侠电影人物志5》侠骨仁心 王晶
《武侠电影人物志4》动作哲学 董玮
《武侠电影人物志3》动作传奇 赵箭
《武侠电影人物志2》禅武合一 张鑫炎
《武侠电影人物志1》武舞神话元奎、
by takeichi-3 | 2017-07-22 23:59 | 中国映画音楽 | Comments(0)

木心。。。从前慢

f0007580_23555243.gif
昨晩10時から、今日の午後6時までブログ運営会社のメンテナンス。
久しぶりに更新ナシとなりました。。。


大好きな≪中国新歌声第二期≫が始まりました。
第一回、話題になったのは、審査員をウルウルさせた浙江省出身19歳の女子大生≪叶炫清≫




同じ浙江省出身の詩人&画家≪木心≫の詩による≪从前慢≫を歌っています。
木心が亡くなった後に見つかったという詩。

創作年代等の詳しい状況が分からず、、、
政策の変化につれ、大きく変わり、失われてしまった生活を懐かしんでいる~烏鎮に戻った際、生家が荒れ放題になっていて、「もう、二度と戻ることは無い」と言った時期なのか~終の棲家として帰郷した時なのか~その解釈は中国人でも様々。。。
状況に興味があって、木心を追ってしまいました。。。(((((^^;

≪从前慢≫
记得早先少年时 大家诚诚恳恳 说一句是一句
清早上火车站 长街黑暗无行人 卖豆浆的小店冒着热气
从前的日色变得慢  车、马、邮件都慢 一生只够爱一个人
从前的锁也好看  钥匙精美有样子 你锁了,人家就懂了

少年だった頃 人々は誠実に暮らし 心から言葉を発していた
早朝の駅 暗い通りに人影は無く 豆乳を売る店の蒸気が上がっていた
以前は 移り変わりはユックリで 車も、馬も、郵便もユックリ 生涯に愛する人は一人
以前への錠は美しく 鍵も精美
あなたは錠を下し 皆は直ぐにそれを理解した


作詞家の≪木心=1927~2011年≫
浙江省烏鎮東柵の富裕家庭出身。14歳の時、上海に求学~故郷を離れる。
南京美術学校で学んでいた時、左翼活動のリーダーとなり、上海市長より除籍&国民党より追われ~台湾に移る。

1949年中華人民共和国成立前に大陸に戻り、美術教師などを務めていたが、文化大革命中に、その言動により三回、収監・労働改造所などの処罰を受けている。
 
1982年に、自費でニューヨークに留学。
アルバイトで生活を維持しながら、絵画と文学の創作に励む。アメリカで話題になっている中国人芸術家がいると注目した台湾の雑誌社により、自作が出版される。

2005年。烏鎮出身で世界的に活躍している芸術家がいる~と知った故郷の要請で帰郷。
2006年になって、ようやく中国大陸で書籍が出版される。
2011年、生涯独身のまま、烏鎮で逝去⇒落葉帰根。


by takeichi-3 | 2017-07-18 23:57 | 中国映画音楽 | Comments(0)