北京で太極拳

takeichi3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2005年 12月 ( 28 )   > この月の画像一覧

大晦日

今日の午前中、雪が降りました。
少しでしたが、うっすらとした雪景色が広がっています。天気予報によると、1月3日も雪だそうです。

今日の授業、旅行に出ている同学がかなりいたせいか、参加者は9名。
この位の人数の方が、生徒に活気が出てくるようです。老師も余裕があるせいか、自由に質問をする時間を与えてくれます。

午後から明日にかけて、久しぶりに予定がありません。(早朝の太極拳はありますが!)
とにかく、ダラダラとしていたいです。
紅白歌合戦をバックに手紙を書いたり、本を読んだりして過ごそうと思います。
あと~、試験に備えての資料作りもしておかないと。
勉強の方は、既に半分を終えています。最後の三日間は、試験や“結束=終了”式に費やされてしまうので、余すところ二週間の授業しかありません。

昨日の地球村、珍しい事に、日本人女性が3人+韓国人小学生という編成でした。(北京の何処であっても、圧倒的に多い外国人は韓国人なのです。)
「一人ずつ、“愛情故事=愛情物語”を話しなさい。」と言う老師の言葉に、以前見た映画の中の親子の愛情を語ったら、老師は顔をしかめていました。「私が話せと言ったのは、“愛情物語”」という言葉に、日本人は、???でした。私たちの「親子、ペットetc...愛情にも色々な形があるのでは~」という訴えに、「“愛情故事”=“恋愛ストーリー”!」だそうです。同じ国同士だと同じ“観法=見方”になってしまうのですね。韓国人が参加していたら、彼女たちの意見も聞けたでしょうに、残念です。

これから宿舎に帰り、ドアの外に“福”の字(モチロン上下逆にして)貼ろうと思います。

皆様、良いお年をお迎え下さい m( _ _ )m
by takeichi-3 | 2005-12-31 14:12 | 留学(北京語言大学) | Comments(0)

年末、、、ネ

毎朝、6時(日本時間では7時)からのNHKニュースを見ながら朝食を済ませ、身支度もしています。
昨日の7時半頃、「八重山の生き物」のニュース、、、かと思ったら、ハイビジョン番組でした。???だったのですが、日本では既に新年準備期間になっていたのですね。
中国では陰暦の1月1日にあたる春節(今年は1月29日?)を重視しているので、お正月間近という雰囲気は、余り感じられません。
だって、明日は大晦日だというのに授業も太極拳の練習もありますから~
1月1日~3日はお休みになるそうです。

今のところ、この三連休に何をするかは決めていません。地球村が月曜日から始まるとしたら、丸一日空くのは元旦だけです。
朝起きて、お雑煮が食べたくなったら北京飯店の日本料理屋にでも行こうか、ナ。。。

昨日の昼食は同学たちと一緒でした。その時に、“年越しカラオケ”の算段をしていたようです。が、カラオケは余り好きではないので。。。
太極拳老師にも、さりげなく「1月1日は何をする?」とか聞かれているのですが、ノンビリしていたい気持ちも大なので、「同学とどこかに~」と誤魔化しています。

今日は、地球村の同学、老師と夕飯を一緒に食べる予定です。
地球村にはまだ3日しか参加していませんが、少人数のせいか、語言のクラスよりもイ感じデス。
あ、平均年齢が高いせいも、ある。。。^^v
by takeichi-3 | 2005-12-30 14:02 | 留学(北京語言大学) | Comments(0)

発音は難しい。。。

昨日の夕方、更新をしようとここ1楼にやって来たら、午後5時に閉めるとの案内が貼ってありました。ので、お休みになりました。

一昨日から地球村で午後3時から始まる“説漢語”を受講し始しました。
前回の留学時、この本の26課位までを終わらせていたので、進み具合がその辺になっているクラスを選びました。
このクラスは生徒数が比較的(4~5人)少人数です。そして、そのお陰なのか和気藹々とした雰囲気の中で授業を受けることが出来ます。
同級生の中には、冬休みを利用して短期留学している(母親同伴)韓国人小学生がいます。夏にはシンガポールに英語留学もしていたとか。。。ヤンチャではありますが、この子がこのクラスでは一番聡明です。でも、教科書の内容が青年向けに作られているせいか、昨日から今日にかけての恋愛や結婚の話題には退屈しきっていました。明日からは、又、元気がになるでしょう。

このところ、私の2声の発音に対して、語言の老師達が頻繁に注意を与えてくれます。。2声を出す最初の音が高すぎるので、もっと低くしなければいけないようです。が、緊張が薄れてくると、ついつい元の音に戻ってしまいます。
そんな状態の時、少人数のクラスの利点でしょうか、、、地球村では、より以上のキメ細かな注意をしてくれます。3週間後には、変声(?)できるのでしょうか?

昨日、ブログで知り合った平林さんと昼食を共にしました。簡潔に紹介すると中医獣医を勉強する為に、北京に来ている女性です。来年9月からは人民大学に入学する予定だそうです。
前向きな態度がとても素敵な人です。誘いをかけて、地球村での同級生にしてしまいました。

私も、ガンバろ~!!!
by takeichi-3 | 2005-12-29 15:19 | 留学(北京語言大学) | Comments(0)

私のお部屋

太極功夫扇②、“学完了=習い終わりました”。金曜日、月曜日と老師がお休みだったので、今日、一気に最後まで行ってしまいました。
音楽に合わせて、皆と同じようなスピードで動けるでしょうか?fu.fu.fu...

今朝、太極拳練習に出かける時、部屋のドアを閉めても廊下の灯りは無反応。暗い中、階段を下って行きました。

中国の廊下や階段にある灯りは、音に反応して点灯するようになっています。
夜遅目に帰った時など、大げさに一歩踏み出すと、“ピカっ!”と敏感に反応してくれます。この“ピカっ!”がまるで、「お帰りなさい~」と言ってくれているようで、とても嬉しく感じます。

灯りを語ったついでに、私が住んでいる宿舎の8楼について紹介します。
ここは、改築が進む語言大学の中で、少なくなりつつある古い宿舎のうちの一つです。
特に、8楼は全ての部屋が“単人房間=一人部屋”。
広さは16畳位。南側にあるドアを入って、左側は“衛生間=トイレ、シャワー、洗面台”です。右側には箪笥、机、冷蔵庫(上にはテレビ)が並んでいます。
部屋の北側には大きな出窓があります。その両サイドには本棚が。ベッドはその下にあります。

不満があるといえば、“衛生間”でしょうか。
シャワーと便座が近いので、シャワーを浴びる度に、便座も又、ビショ濡れになってしまいます。(シャワーカーテンはありません)ので、トイレはいつもピカピカです。

基本的に、掃除とシーツの取替えは服務員がやってくれます。

凄くキレイ!という感じではありませんが、それなりに清潔で居心地はイイ方です。

明日のお昼はブログで知り合った、B班に在籍する“日本的年軽女人”と食べる予定です。
楽しみ~♪
by takeichi-3 | 2005-12-27 20:05 | 留学(北京語言大学) | Comments(0)

遅刻~!

今朝、目が覚めたら。。。7時半!

目覚しはセットしたはずなのに、鳴らなかったよ~な⇒気付いたら、外は既に明るい。慌てて時間を確認したら。。。この時間でした。
かなりな勢いで身支度を整え、いざ!という時になって眼鏡が無いっ!授業開始に間に合うギリギリまで粘って捜したのですが、見つかりません。校内を走り、階段を5階まで駆け上り、教室のドアの前に立ったのとチャイムが鳴ったのが同時でした。
息も整わないうちに、授業開始。閲読の宿題である文章読上げ。しっかり、一番最初にやらされてしましました。息苦しかった~
んな訳で、授業中は黒板の字が見えない為、ひたすら感だけを頼りに老師の質問をかわしていました。が、意外なことに、集中力がいつも以上だったせいか、“非常好”でした。

宿舎に戻って捜しなおしたら、直ぐ、テレビと机の間にあるのを発見しました。

今日のお昼は、日本人同学の白井さんと“水煮牛肉”を食べました。大好きな料理なのですが、量が多くて一人で食べきれる自信が無い為、普段はなかなか注文しないのです。とても辛くて辛くて、でもその辛さが病みつきになる料理です。ご飯がとっても進みます。
同学の白井さんにとって、今回は始めての北京。この5週間が終わった翌1月19日には上海の工場へ向かい、本格的な海外駐在の生活が始まるそうです。北京烤鴨もまだ食べていないそうなので、今度、中国人の友人“江サン”と三人で食べに行こうと思っています。

今日から地球村(語学院)の“説漢語か口語上⇒教科書の名前”のクラスに参加するつもりだったのですが、王老師との打ち合わせが4時からになってしまったので、明日からにしようと思います。

先週末から暖かい日が続いています。夜、ホカロンを貼らなくてもイイので、助かります。
実は、在庫が心配になってきているのです。では、では、
by takeichi-3 | 2005-12-26 19:04 | 留学(北京語言大学) | Comments(0)

懐かしい映画

週末、太極拳三昧の予定は変更になり、食事とショッピングのガイドになってしまいました。

とりあえず、北京ダック、羊シャブシャブ、炸炸面、餃子、砂鍋と、主だったものは食べました。殆どゴチになっていました。。。(^^)v~♪

金曜日は馬連道にお茶の買出し。馬連道は、北京西駅近くにあるお茶問屋街。粘り強い交渉が出来る人なら、王府井とかに出店しているお茶屋さんの4~5割以下の金額で購入可能です。
その上、全て試飲させてくれます。今回は、「鉄羅漢⇒岩茶」「単叢鳳凰⇒岩茶」「碧風漂雪⇒ジャスミン茶」「ライチ紅茶」「柚碧茶」を買って来ました。大量に購入すれば、サービスでかなり高いお茶も味わうことが出来ます。ノンビリゆっくりと値段交渉をしたり雑談をしたりしていると、あっという間に3時間位が過ぎてしまいます。

今日は、西単図書大廈(北京最大の書店)へ。
先ず、3階の音像世界でVCDとCDを購入。
これといって購入するつもりは無かったのですが、“背起爸爸上学=父を背負って進学”というタイトルを見た瞬間、思わず手を伸ばしてしまいました。新しい映画ではありませんが、去年の留学時、授業の一環としての中国映画鑑賞の時に見たものです。実話を元に製作したものだそうですが、上映中、皆、涙と鼻水を流しっ放しという種類の映画でした。大地の子の一心爸爸が出演した“変面王”と同じ位に泣きました。

あらすじは、貧しい農村地帯で育った優秀な男の子とその家族の話です。
母親が亡くなったのを機に、弟の為に勉学を諦め家事をこなす姉。何としても彼を大学へと進学させたい父親。この三人が主要な登場人物です。
彼が小学生の頃、学校へ通うには、川を渡る必要がありました。ある大雨の翌日、増水した川を同級の女の子と一緒に渡ります。その時、女の子は川に流され死んでしまいます。
その日を境に、川を渡るのが怖くて彼は学校をサボり続けてしまいます。ある日、父親の知るところとなり、父親は川辺まで彼を引きずって行きます。父親に叩かれても泣くばかりで川を渡れない彼。そして、父親は彼を背負って川を渡るのです。
その後、国家主催の学生化学コンテストで優勝した彼。弟を進学させる為のお金を工面しようと無理をしている父親を見兼ね、嫁ぐことによって得た結納金を提供する姉。無理がたたって、身体を壊してしまい職を失ってしまう父親。
彼の師範大学への進学が可能となった時、父親は、身体が不自由になった自分が彼の負担にならない様、全ての財産を売却した上で村長に無料施設への入院手続きを依頼します。村長からその話を聞かされた彼は、地元での仕事を探します。が、彼の決意を聞いた父親は、進学するように説得するのです。が、少年も又、聞き入れません。
その夜、少年が目覚めると寝床にいたはずの父親の姿が見えません。慌てて探し出すと、何と、自殺しようとして井戸の中に飛び込んでいたのです。が、水も無く、なんとか無事でした。
井戸の底に降りて行った彼は、父親を担ぎ上げようとするのですが、「もし、おまえが進学しないなら、私はここで死ぬ!」と譲りません。そして、彼は、進学することを了承します。

彼が進学する日は、又、父親が施設に入る日でもありました。
二人一緒に川の前に辿り着いた時、身体の不自由な父親は無論、一人で川を渡れるはずもありません。そこで、今度は、彼が父親を背負って川を渡るのです。

この場面がそのまま、この映画のタイトルになっているのですが、、、

さて、昨日の北京青年報。又もや、張芸謀監督が登場していました。
事情はよく分からないのですが、現在、彼と陳凱歌(“無極”を監督)との対決が話題となっているようです。
どちらが、より多くの観客を集められるのか、、、という疑問に答えて、
「観客動員数において、“単騎千里を走る”は“無極”にかなわないだろう、なぜなら、向こうは娯楽映画で、こちらは芸術作品だから、、、」と張芸謀は明言していました。

“彼らは知り合いではあるけれども、付き合いは無い”という表現も記されていました。

人間関係って、、、どこでも同じ、難しいぃ~
by takeichi-3 | 2005-12-25 19:04 | 留学(北京語言大学) | Comments(0)

周末快楽!

今日はこれから北京飯店に向かいます。昨日、到着した友人と1時に待ち合わせ。。。既に、遅れています。
 ※西単への道は混雑を極め、一時間半もかかってしまいました&若者だらけでした。
 
今週末はクリスマス~♪
同学たちはボーリングに行って、その後は晩会だそうです。
羨ましいなぁ、と少し後ろ髪を引かれながら「“対不起、我不能参加=ゴメンナサイ、行けません”と断るしかありませんでした。

今週末の私のスケジュール⇒遥遥日本からやって来た友人と、午前中は太極拳、午後からは買い物と美食の予定です。
友人は、この時期、ご主人を放り出してでもやって来てくれました。
女同士、気兼ねなく思う存分、楽しみたいと思っています。

明日、ブログはお休み。。。皆様、良い週末をお過ごし下さい~♪
by takeichi-3 | 2005-12-23 13:20 | 留学(北京語言大学) | Comments(0)

“城市=街中”へお出かけ

今日は西単まで“坐公共汽車=バスに乗って”買出しに。地下鉄も利用出来るのですが、乗換えが二回もある上に高いのです。(バスは2~3元⇒空調の有無により変わります、地下鉄は5元。)

早朝の太極拳練習。私が来る直前、皆は太極功夫扇②を習い終わったばかりでした。
ので、毎朝、最初に4~5回は套路を繰り返しています。習ったことが無い私は、皆の真中でウロウロ、キョロキョロ。。。そして、火曜日の朝。見るに見兼ねた王老師が「一日に一段ずつ教えます。全部で六段あるけど、そのうちの二段は同じだから合計5回で覚えなさい!」と、言って下さいました。( + + )ゞ
一回毎に与えられた時間は10分位。この間に一段を覚えなければいけないし、覚えた途端に「皆の中に入ってやってみなさい!」というスパルタ教育。今日までに何とか三段までは覚えたのですが、五段(四段は二段の繰り返し)は南拳、陳式の速い動作が続く為、ソロソロ限界。。。北京図書大厦に、本を求めて行きました。
“順便=ついでに”友人から頼まれていた太極拳のVCDや本、周傑倫の“頭文字D”という曲が入ったCDも購入して来ました。周傑倫についての詳しい知識は無かったのですが、テレビの音楽番組によると彼の最新アルバムの中の数曲がべストテン入りしています。

大学には午後五時過ぎに戻って来ました。往きは40分位で行けたのですが、渋滞が始まった帰りには1時間以上もかかってしまいました。
半端な時間だったのですが、とりあえず食堂へ。早目の利用者は少な目なので、比較的テーブルの汚れも目立ちません。
夕飯のメニューは、“丸子砂鍋=肉団子、白菜、春雨の土鍋”これに米飯がついて6元(90円)。一品の量が多いのでお腹は超充実!

今日の同学は17名。韓国人が一人減りました。

今晩、日本から友人がやって来ます。週末は一緒に太極拳三昧~♪
by takeichi-3 | 2005-12-22 19:42 | 留学(北京語言大学) | Comments(0)

リベンジ“中国の肉まん”

肉まんへの想い断ち難く、気が付くと、足は食堂へと向かっていました。

見渡すと、ガラスケースの向こうに、まるで私が来るのを待っていたかのように並ぶ中華まんの姿。
おずおず近寄り、伏目がちに
「あの~、中味は何ですか?」と問いかける私に、「肉!」と叩きつけられた一言。

嬉しさにはやる気持ちを抑えながら、「“好、帯走両個=お持ち帰りで二個”」
嗚呼、これでやっと、憧れ続けていた肉まんが私のモノになる。その喜びが誰に理解出来るでしょうか?

ようやく私だけのモノとなった肉まんを胸に、宿舎へ。
受付で鍵を受け取り、息を弾ませながら大急ぎで駆け上る階段。部屋のドアを閉めるのももどかしく、一口カプリ、、、あぁ~!
これこそが肉まん!豚肉と白菜の調和がなんとも言えず・美味。。。
身も心も幸福感に包まれていきます。カプリ、カプリ、慈しみながら、愛しみながら一つ目を食べ終わり、満たされ切った気持ちのままにジャスミン茶を淹れると、何ということでしょう!
(日曜日午後八時から朝日テレビで放映しているビフォアアフターの感じで読んで下さい)
馥郁たる香りが部屋中に広がり始めました。

そして、二個目の肉まんサン、どうか私に、至福の時を今一度、、、
カプリ!○△×※~“人参じゃんッ!”

何故?一口だけ齧られた肉まん(違う!)を前に、暫し黙考、、、
「“両個肉包子=肉まんを二つ”」と肉まんの部分を強調していなかった。。。から?

最近、買物の時などに、「キチンと並んで!」と中国の店員サンに注意されることが多くなって、ちょっと中国人に近づいてきたな~と、自負していた私。
まだ、まだ、甘い!

今日の北京の冷え込みは凄かったデス。太極拳の練習をしていても、身体はなかなか暖まらず、寒さのせいで頬には痛みが走り続けていました。
昼になっても気温は上がらず、風も出てきて、冷え~、冷え~でした。

今日の同学は18名。
昨日、換班するだろうと予測していたオーストラリア人は残り、ロシア人がいなくなりました。
今週いっぱい、この異動は続くでしょう。。。

听力課は比較的簡単~♪
by takeichi-3 | 2005-12-21 20:43 | 留学(北京語言大学) | Comments(0)

中国の肉まん

早朝は太極拳、、、身体がホカホカしてきた頃に、教室へ向かいます。

今日の同学は、総勢19人に。韓国、ロシア、オーストラリアの新しい学生がやって来ました。そのうちの一人に、“你的水平非常好、D班、E班也可以=あなたのレベルはとても高いので、D班、E班でも大丈夫!”と閲読の老師がアドバイスしていたので、明日の朝は18名になっているかもしれません。(関係ないけど、超美人でした。)

昨日の昼食は同学と一緒したので、少し食べ過ぎ傾向。ので、夕食には食堂で肉まんとチマキを購入。これにインスタントスープと果物があれば充分!
宿舎に戻って、冷めない内に食べた方が美味しいからと、お湯を沸かしながら肉まんをパクリ!○△×※~中から人参がどっさり。。。うわぁ~、人参まんだ!確認して買わなかった私がいけない・ノ~~以前、中味が雪菜(高菜に似た漬物)とか春雨&キクラゲのモノは食べた事があるけど、人参だけの肉まん(違う!)があったなんて、感動(というより、衝撃が正しいカモ~)してしまいました。
さて、お湯も沸いたので、スープを作って気分転換。肉チマキに挑戦!パクリ!○△×※~甘~い!中味はアンコでした。オハギと同じようなものですが、頭と舌が既に肉チマキモードになっていたので、、、美味しくはありましたが、何か、とても悲しかった。。。

明日、初めての听力課があります。一番苦手な授業なので、ちょっと心配してます。。。
by takeichi-3 | 2005-12-20 18:40 | 留学(北京語言大学) | Comments(0)