北京で太極拳

takeichi3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2006年 01月 ( 30 )   > この月の画像一覧

北京で太極拳ver2...北京体育大学で太極拳


40kgの荷物と共に帰って参りました。

北京のホテルを出る時の所持金(中国元)は、130元余り。
ホテルの玄関に立つと、やって来たのは黒塗りの高級車。手際良く荷物を運ぶ運転手さんに「ダメです!私、お金が無いから、こんな高い車には乗れません。普通のタクシーにします!」と、叫んだのですが、「没問題!」の一点張り。「だって、100元しか持ってないんですよ~」と言っても、「充分、充分、」。。。

実際に割高のタクシー(ハイヤー?)だったのですが、空港手前で心優しい運転手サマは料金表示を倒してくれました。高速料込で91元。結果的には100元を渡しましたが、かなりのサービスをしてくれたようです。(普通車なら80元)

航空会社のカウンターで、24kgの荷物は機内預けにして、10kg程の少し大き目の袋は持ち込みにしようと画策。が、服務員からクレームが、、、
「その荷物は、大き過ぎるからダメ!」
「お金が無いから、追加料金は払えません。」と口走りそうになった矢先、
「本当なら、1kgの超過につき100元(千五百円)かかるけど、今回だけは追加料金は免除してあげます。次回からはダメですから気を付けて下さい。」
と懐暖まるお言葉。背中に背負った、6kgは下らない大量のVCD、CDが苦しい。。。

空いている時期で搭乗者も少ない上、パスポートの更新をしてから直ぐの海外旅行だったので、渡航記録上は第一回目の海外旅行に見えたからカモ。。。

北京空港出発、成田到着のいずれも定刻通り。

太極拳用の剣2本も、係員が手にした磁石を惹きつけることもなく無事通関。
新宿駅まではリムジンバス。その後、渋滞の青梅街道をひた走り、ようやく我が家に辿り着きました。

旅の終りは、新しい旅の始まり。
今日より、このブログ本来の目的⇒北京体育大学太極拳班留学へのスタートです。

日本出発の予定は、4月1日前後。
by takeichi-3 | 2006-01-31 17:38 | 太極拳 | Comments(0)

二度目の新年快楽~♪


2006年、二度目の新年を迎えました。

昨晩の北京は大盛況。

王府井や西単等の主だった大通りも、午後6時には殆どが閉門。人通りも少なくなっていました。

午後10時前に久しぶりの湯船~♪身体も芯からホッカホッカ。その後、ウトウトしかけていたら外から聞こえてくる花火の音に起こされて、目は冴え冴え。

移り住んだ王府井外れのホテルの部屋は、地壇公園と景山公園(花火の打ち上げの量が特に多い)に面している11階。周囲には遮る建物は無い。。。

新年間近の午後11時半過ぎからは、間断なく続く音と花火に釘付け。外は、見渡す限りの花火。締め切った窓の向こうから、かすかに漂う硝煙。

“過年=年越し”の瞬間には、時計が無くても分かる程に、夜空は一段と華やか。

今後も“過年=年越し”に花火が許可されるなら、春節の中国は必見です。
最高の瞬間を味わいました。本当に、良かった~!!!

ホテルのベッド。。。ダブルだったのです。
朝、起きて、気づいたのですが、、、真ん中に寝れば良かった。慣れていないせいで、端に寝ていました。習慣って悲しい。。。

12年の時を隔てて響き渡る花火の音~。。。今日の新聞の一面を飾る言葉でした。
by takeichi-3 | 2006-01-29 19:46 | 北京 | Comments(2)

yasumi no oshirase

buji, hotel ni idou shimashita.
ga, internet service ha English nomi.
node, kikoku suru 1 gatsu 31 niti made blog ha yasumi ni shimasu.
deha, deha, mata!
by takeichi-3 | 2006-01-28 21:09 | 北京 | Comments(0)

後遺症


太極拳の練習も、地球村での中国語学習も、本日終了!
明日からは、観光客の生活。目覚ましのいらない朝、憧れの湯船~♪

あの前門での盗難事件以来、何となく気弱な日々を過ごしています。

街に買い物に出かけて値切っている時等、服務員のお姉サンに「中国語がとても上手!、どこで習ったの?」と尋ねられると、「に、日本で、、、だから、まだ、まだ、なんです~」と、反射的に嘘をついてしまいます。

あの日、「留学して中国語を習っていた割には、酷い!」とお巡りサンにケナされて以来、会話への自信が無くなってしまったようです。

午前中、日頃お世話になっている太極拳老師を訪ねて労働人民文化宮へ。

度々、「遊びにいらっしゃい。」と声をかけて頂いているのに、不義理を重ね続けていたので、帰国前のご挨拶に。

短時間ではありましたが、太極拳を練習するにあたって、何を求めていかなければならないか等々を熱く語って頂きました。本当に、今までにも沢山の貴重な言葉を頂いているのに、聞き分けのない生徒で~、本当に申し訳ありません。

少しずつ、少しずつ、前進したいと思います。どうか、私の成長を諦めないでいて下さい。

花火の音が、途切れずに響いている今日の北京。
12年振り、時間、地域限定で爆竹が許可されたそうです。
明日は、もっと、スゴいらしい!
by takeichi-3 | 2006-01-27 23:21 | 北京 | Comments(0)

王府井で


昨日、今年最後の商品を日本に発送。ようやく今年の仕事が終わりました。(中国人の意識では、まだ2005年)⇒荷物搬送を手伝ってくれた平林サマ、本当にありがとうございました。

商品発送後は、平林サンに付き合い、王府井までお茶の買出しに。ここ数年、馬連道(お茶の問屋街)でしか中国茶を購入しなくなっていたので、久しぶりの高級茶店。

大通りに店を構えている“呉裕泰”でお茶を購入。その後、二階の茶楼で一休み。

提供されるお茶は、お茶菓子付で一壷120元~と高価ですが、きちんとした功夫茶。そして茶葉も上質でした。ノンビリ、ユッタリ、、、雰囲気も最高!北京でスタバをするよりは、遥かに、お得!!!

昨日、味わったお茶は、“鳳凰単叢”。ライチに似たフルーティーな香りが特徴の岩茶。

以前は、鉄観音を好んでいた私ですが、ここ暫く岩茶に凝っています。銘柄によって個性がはっきりしているので、とても分かり易くて面白いのです。

お茶でスッキリしてから、王府井図書店にて高倉健サンの“単騎千里を走る”と周傑倫の“頭文字D”を購入。賛否両論が聞こえてくる健サンの映画。どんな感じなのか、楽しみです。

帰宅の地下鉄内、新年の挨拶まわりに使うらしいお菓子を山のように抱えた人が大勢乗車していました。

どこか、日本のお正月直前にも似た懐かしい意雰囲気が漂い始めています。
by takeichi-3 | 2006-01-26 10:47 | 北京 | Comments(0)

未知との遭遇


今日、北京の空はとてもクリア~です。北京に来た頃には、まだ、まだ、暗かった午前7時。今では明るくなり始めの時間です。やはり、明るい方が太極拳も練習し易い~♪

昨日は友人のお供で前門、三里屯方面のシルク屋さんに。今年、3件の結婚式出席を控えているので(親戚関係なので出席者が同じ)、着回しのきくスーツを作る予定だったのです。(大体一万五千円で作れます)

友人夫婦が住んでいるのは、西単近くのマンション。そこからタクシーを拾って出かけるつもりだったのですが、空車が来ないのでバスを利用することに。

バスを待つ間、交通渋滞の中スイスイ走って行くパトカーを見て友人が一言「あれに乗ったら、直ぐなのよね~」。。。この一言が、その後の運命を決定してしまうとは、、、

ようやく到着した超混雑のバスに乗り込み、前門へ。前門の小さな商店で10元の飾りを見ている時に、不審な行動をとる男性が、、、二人の視線は、それに釘付け。それから商品を見極め、支払いという時になって、バッグのファスナーが開いている&財布が無い!(⇒友人の)

バスの中の出来事なのか、それとも店内で?と訝りながら、一先ず友人宅に戻りました。
カード等のチェックをした後に近所の派出所へ。

ここで一悶着。警察官の話している言葉が分からない。私の力不足もありますが、彼の話し方は、巻き舌、早口の北京語、字幕も無し。その彼は、私が語学留学で北京に来ていると知って、「酷すぎる」と、一言。

だって~、学校で習った会話のパターンの中には、盗難遭遇バージョンは在りませんでしたから~⇒私の頭の中に、この状況に対応できる専門用語は搭載されていない!

その後、この酷すぎる語学力のお陰なのか、自力で行かなければならない前門の派出所まで、現場検証がてらパトーカーに乗せて行って貰いました。

(盗難紛失に遭った場合⇒事故発生現場の派出所に届けて書類を作成⇒公安局に出向き提出)

当然の事ながら、パトーカーの威力は最高。左折禁止の道路も、車両通行禁止の大柵欄(前門の有名な通り)もなんのその!掻き分け、掻き分け、進むのです。車一台がやっと、という薄暗い胡同の細い道を瑠璃蔽(有名な観光地)方面へ、クネ、クネ、、、

「お巡りさんの運転って最高!」と、ワクワクしてしまった二人は、悲劇の主人公、のはず。。。

朝錬の時、この体験を、太極拳練習時にオバサンたちに訴えたところ、
「春節の頃は、地方から来た人たちが故郷に帰る為に色々と問題を起こしやすい時期なのよ。だから、私たちでさえ、人込みに行く時にはお金を三分割にしている~」等々の注意を頂きました。

どこの国でも、年の瀬には似たような事件が起こるようです。

PS;前門派出所のお巡りさん達も、皆、とても親切でした。
by takeichi-3 | 2006-01-25 10:51 | 北京 | Comments(0)

冷たい、寒い、、、

このところ、夜10時頃になると、北京滞在延長を悔やみ始める毎日です。

シャワーが、冷たい。。。

宿舎に残っている留学生の数は、5~6人以下。お湯の使用量が減っているせいか、蛇口から出てくるはずの温水は15分以上流しっ放しにして、ようやく、ぬるま湯程度に“変身!”
(ウルトラマンの場合だったら、即刻変身不可能=地球防衛不可。怪獣サンに踏み潰される!ゾっ!)

そして、水がぬるま湯に変身するまでの所要時間は、日々、伸びてきています。

暖房が効いているとはいえ、水シャワーは。。。
こんな温度のシャワーでは、身体は冷えがち。入浴後は、昼間でさえ必要がなくなっているホカロンを貼って寒さを凌いでいます。

“天吶っ~!”湯船なんて、贅沢は言いませんから~熱いお湯を!

今日は友人の旦那サマが、北京ダックをご馳走して下さるそうで、、、
この旦那サマは、とってもイイ方~♪
美味しくて価格的にも手軽なお店に、毎日、連れて行って下さいます。そのうち、機会があったら、北京グルメ情報もお伝えします。

今日も、又、脂肪を蓄えに行って来ま~す♪
by takeichi-3 | 2006-01-24 10:34 | 留学(北京語言大学) | Comments(0)

新しい一週間です


今日の地下鉄は、比較的すいていました。

印象に残った人というと、いかにも出稼ぎらしいお父さんが、20キロ近いお米とダンボールに入った果物を携えて帰郷する姿。きっと、家族が首を長くして待っているのでしょう。

このところ、近所のスーパーで買い物をする人たちも、5キロ入りの小麦粉を大量に買い込んでいたり、、、中国の新年は、確かにすぐそこまでやって来ています。

それにしても、年越しの餃子って、こんなに沢山の量を作るのですね!

今週のスケジュール。
午前7時:太極拳⇒午前9時:ネット⇒午前10時:地球村⇒午後1時:西単の友人宅⇒午後10時:帰宅
という日常になると思います。

地球村の受付は大混雑。大学が休みになってしまった為、中国語学習の場を失った留学生で溢れています。粘って、生徒が少ないクラスを選んだはずだったのですが、開始時には8人⇒10分後には18人になっていました。

会話をする時間は少なくなってしまいますが、听力の練習にはなるので、、、

残り少なくなった北京の日々、ガンバロ~っ!
by takeichi-3 | 2006-01-23 16:38 | 留学(北京語言大学) | Comments(0)

神様、ありがとうございます。


神様は私の願いを聞き届けて下さいました。

昨日の連続テレビドラマ(中国では毎日放映される)、本日、無事に終了したのです。
が、神様へのオーダーが雑だったせいで、下記のような結果になってしまいました。

8時にテレビをつけました。
兄の家庭内暴力と、殺人を知った弟が兄に自首を勧めます。が、兄は、「こんな事になったのも、皆、あいつ(妻)のせいだ~!」と、弟を倒し、妻の逃亡先の深圳へ~。

ここで、1話が終了。時間は9時前。
宿舎の受付から延泊料金の支払いを迫られていたので、学校内の銀行に換金に。

手続きを済ませて帰って来たら、、、“天吶っ~!”既に、兄は死んでいた!白い布をかけられ、担架で運ばれて行く兄の死体。どうして?どうして、こんな姿に~、フェーン。。。

今日も昨日と同じように全4話の放映で、12時に終わる。と、決め込んでいた私が甘かったのです。今日の放映は全2話で、10時に終了。

日本の常識に縛られていると、悲しみに出会う確立が高くなるようです。

昨日の神様へのオーダー、“このドラマが明日で終了しますように”に追加して“結末までの全てを見ることも出来ますように!”と、していなければいけなかったのです・ネ。。。

そういえば、これって、何か、幼い頃に読んだ物語に似ているような?
ある日、漁師が一匹の魚を釣り上げます。釣り上げられた魚は漁師に「私を放してくれたら、望みを叶えてあげます。」そこで、漁師は魚を放ち「立派な家を~」という望みを伝えます。漁師が家に戻ると、そこには見たこともないような立派な家が。が、妻や自分の格好ときたら、貧乏人のまま。

この話は、まだまだ続くのですが、、、

(今日の教訓)
神様は本当に正直者。ですから、願い事をかける時には細心の注意を払わないといけないのです。。。決して、サービスはしてくれません!

これから、昨日、到着した友人宅へ~♪
昨日の成田は大雪。午前発のはずが、大雪のせいで午後7時過ぎに出発。夜中の12時過ぎにやっと宿舎に着いたそうです。

久しぶりの日本食&手料理~ ^^v

※訪問先でこの話をしたところ、友人の旦那サマ曰く「お兄さんは自殺したんだ~」とか、
※そして、ブログ経由で事実を明白にしてくれた平林サマ。。。何か、悔しい~
by takeichi-3 | 2006-01-22 12:16 | 留学(北京語言大学) | Comments(1)

ノ~ンビリ、テレビなど。。。


早朝太極拳の練習を終え、宿舎で肉まんを齧りながら~今日は、何をしようかなぁ、と、、、久しぶりに予定の無い時間を取り戻していました。

取り敢えずテレビでも、と思ったのが間違いの始まり。暇つぶしのつもりで見始めたドラマは、4話分を続けて放映。終わったのは12時近く。

昨日の朝にも見かけたドロドロ系ドラマ。昨日は、“この手のドラマは苦手”と流し見程度だったのですが、今日は、終盤間近となっていく展開にハラハラ、ドキドキ。。。

タイトルは、“不要和陌生人説話=見知らぬ人とは口をきくな”。
途中から見始めたので、間違いがあるかもしれませんが~、
⇒表向き、優秀で優しい医師の夫。とその妻。それに夫の弟である警察官の三人が主人公。実は妻に家庭内暴力を振るっている夫(異常に嫉妬深い為、他の男性と話をしたりしたらタ~イヘン)。挙句には、妻に救いの手を差し伸べようとする男性を殺害。その事実を知っている妻の兄も殺害。夫の暴力によって流産してしまう妻。その後、医師である立場を利用した夫は、自宅にて妻を軟禁状態に。ようやく、夫の手から逃げ出した妻。追い詰められていく夫と、追い詰めていくであろう彼の弟。

今日の放映が終了する頃には、絶対に、最後まで“非看不可=見ない訳にはいかない”!と思いつめてしまっている私。

“天吶っ~!”どうか、明日には終了にして下さい・マセ。。。

午後からは、何事も無く過ぎた留学生活の“お礼参り”を兼ねて、“擁和宮=ラマ教寺院”へ。
(初めて北京に来た時から、毎回必ず訪れている場所なのです)

ついでに、近くにある地壇公園を散策。春節“届会=縁日の大型?”の開催地でもある園内は、一週間後に迫った届会の準備中。あちらこちらが華やかに飾り立てられていました。

行き帰り、3週間ぶりに乗った地下鉄は、旅行ケースやお土産の入ったダンボールを抱えた人々で混雑していました。

この移動は、いつまで続くのでしょうか?
“先下后上=降りる人優先”が崩れ始めている北京です。
by takeichi-3 | 2006-01-21 17:50 | 留学(北京語言大学) | Comments(0)