北京で太極拳

takeichi3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2006年 09月 ( 29 )   > この月の画像一覧

中秋節。。。


中国の知り合いから届いた荷物の中から、“月餅”が出てきました。。。
f0007580_2243178.jpgf0007580_22574613.jpg

メーカーの“稲香村”は、北京でよく見かけるスーパーのチェーン。


f0007580_2313459.jpg
餡の種類は、月餅の上に表示されています。

“蓮の実”、“梅の実の燻製”、“木瓜”、“チョコレート”

チョコレート以外は、“中薬”にも使われている素材。身体に良さそ。。。^^;

というか、、、普通の小豆餡が食べたかった~




で、何となく中国語⇒気分は感じ取れるよ~な。。。

“农历=陰暦”八月十五是中秋节。为什么叫中秋节哪?
按照中国的农历,七,八,九三个月是秋季,八月十五在中间,所以叫“中秋节”。
中秋节的夜晚,月亮又大又圆,汉族人把月看做“团圆=一家の者が再び揃う”的象征。因此,中秋节又叫做“团圆节”。

ちなみに、今年の中秋節は10月6日です。
by takeichi-3 | 2006-09-30 23:32 | いろいろ | Comments(0)

指導計画書???


週初めに香り始めた金木犀の花も散ってしまった朝、、、
f0007580_22431156.jpg
ふと、視線を感じて振り返ったら、、、避暑地から戻って来た“トンボ”が張り付いていました
 ^^;
“お帰り~!!!”

さ~て、昨日、依頼のあった太極拳講師。
時間通りに出かけ、参加者の様子を見ながら指導をこなして帰ってくればイイと、お気楽に考えていたのですが、、、

今日、“指導要綱”と“指導計画書(全4回)”を提出するようにという要請がありました
( ^◇^;)
どうしたらいいのやら~、、、

ここ最近、会う機会の多い北京体育大学で太極拳を一緒していた知人は、帰国してから、オリエンタル系インストラクターを目指してスポーツクラブへの売り込みを精力的に繰り返しています。

時には、“コンセプトやプログラムをどうしたらイイのか?”という相談を受けたりして、
「“オリエンタルビューティー”や“美スタイル”といった、女性を惹きつけそうなタイトルとオリジナリティを強調した方がイイね!」と、それなりに有効なアドバイスを思いつくことが出来たのに、、、

自分自身の事となると、脳が固まってしまう。。。
4回開催する~という以上は、徐々に内容を進化させなければイケナイ!?
でも、それを文章にするのって、難しい ( ^◇^;)
by takeichi-3 | 2006-09-29 23:36 | いろいろ | Comments(0)

就職祝い???


知人から、「このところ食べ物の話ばっかり~」と、、、
f0007580_2250213.jpg
言われながら、今日も又、、、食欲に走ってしまいました ^^;

中野にある焼肉屋さんの“カルビ定食”です。
カルビにナムル、キムチ、サンチュ、チャプチュ、チンジャ、ひじき、海苔、スープ&ご飯のセット。
栄養バランスを考えなくてもOKなので、疲れが出始めているなぁ~、と感じる時にはコレが一番!

疲れというより、今日は、就職祝い???みたいな~

短期間のボランティアですが、来月から渋谷区内でお年寄りの方々を相手に太極拳の指導をすることになりました。

自主練も大切ですが、他の人に教えることによって気付かされることも多々あります。
間違っている動作を客観的に見ることにより、それを自分の中に投影して直し方を覚えていけるからです。

それに、気功の数々(ウォーミングアップ、下半身に負担をかけずに椅子に座ったままで出来るストレッチetc・・・)も実践出来ますし、、、楽しみです~☆
by takeichi-3 | 2006-09-28 23:24 | いろいろ | Comments(0)

剣穂。。。


午後7時、代々木八幡へ。
今日から、毎年11月3日前後に代々木公園で開催されている“渋谷区民まつり”のステージで披露する集体練習開始。

32式剣も表演するので、、、気分転換に剣穂を新しくしてみました。

f0007580_2317179.jpg他にはないオリジナルの“剣穂”です。

一体、何故、こんな風になってしまったのか・・・

今回の北京。
時間的に余裕が無かったせいで、いつもなら厳重にチェックしてから購入するものを一束単位(10本)の大人買い。

帰国してから、バラしてみたら金の球がついていないものを発見。

代わりに出来るものはないかと家中を捜し、ようやく見つけたのがこの“スマイリングフェイス”

北京の手芸店でビーズを仕入れた時に、可愛さだけで買ってしまったものですが、意外なお役立ち。。。

強そうには見えないけど、、、
ま、いいか~♪
by takeichi-3 | 2006-09-27 23:37 | いろいろ | Comments(0)

東京の“北京烤鴨”


“北京烤鴨”の有名店“全聚徳”の新宿店。
f0007580_22232475.jpg


f0007580_22244569.jpg
好奇心にかられて、入ってしまいました。

丸ごと烤鴨には手が出せませんでしたが、
烤鴨一巻とランチなら~

久し振りに幸せではありました~☆

でも、、、
ワゴンに乗ってやって来た焼き上がりをコックさんが捌き、そのパリパリした皮を食べ慣れてしまっているこの悲しい舌は、、、

北京を恋しがってしまいました~
( ' ' )***
by takeichi-3 | 2006-09-26 22:51 | いろいろ | Comments(0)

ダブルネーム。。。


軽く衣替えでも、と、、、
f0007580_2364235.jpg
押入れを漁っていたら、こんな靴が出てきました。
何と、アディダスとナイキ(?)のダブルネーム。確か、30元(450円)だったような~・・・

日々暑くなっていく6月。涼しげなデザインな上に、安かったので2足購入したものです。
初めてこの靴を履いて太極拳の練習に出かけた早朝、目ざとい中国のオバさんたちから
“どこで買った?”、“いくらだった?”と質問殺到。

「30元と値段は安いけど、“adidas”~♪」と答えたら、皆が口を揃えて「“假的!”=偽物」と言い出し、大笑いになりました。

それにしても、ありえない組み合わせ・・・ 
あ、、、“下妻物語”では、バッタもんを扱う主人公の父親が「“ベルサッチ”と“USJ”のダブルネーム・・・」とか言っていた \( 0人0 )/


長拳は今日からようやく、“長拳規定B套路”の全套練習に突入。
何とか、何とか、頑張ってみたのですが、、、後半になればなるほど呼吸困難が進むので、脳内酸素も不足。頭がマッシロになり、動作が“プッツン・・・”
固まっている瞬間が多々ありました。 ^^;

「年末までに何とかなっているとイイねぇ~・・・」と、慰めあった“アダルト長拳”チームです。
by takeichi-3 | 2006-09-25 23:41 | いろいろ | Comments(0)

パルムドッグ賞(カンヌ映画祭)???


f0007580_22454529.jpg
今年は、遡上してくる鮭の数が多いとか。。。

スーパーで見かけた魚卵を、塩をまぶして解体。
それから、日本酒をまぶして、、、




f0007580_2247249.jpg

こんな感じに仕上がりました。

漬け込み時間は、30分程度でOK~☆
短時間で食べられます。

市販品とは何処か違う味わい。秋ね~♪



気候も天気も申し分なく良いのだから、“何処か遠くへ行きたい~♪”とは思うのですが、、、
中途半端に忙しく、家を離れることが出来ません。


そんな今日は、“天空の草原のナンサ”というモンゴル映画を見ていました。
モンゴルの大草原で暮らす家族と犬の、フィクションともノンフィクションとも言い難い内容。

言葉も少なく静かに展開していくストーリー。それなのに、退屈さはなく。。。
むしろ心地良く感じられるのは、大地のような愛に満ちたお母さんの存在があるからでしょうか・・・

この映画に出演しているツォーホールという名前の犬、カンヌ映画祭では、“パルムドック賞⇒最優秀犬賞”を取っているそうです ^^v
by takeichi-3 | 2006-09-24 23:10 | いろいろ | Comments(0)

SHINJUKU御苑。。。


f0007580_2205513.jpg
秋を求めて、新宿御苑に行ってみました。

一歩踏み出す毎に、降り積もった枯葉がカサ、カサと音を立て、、、

茂みからは、ポトっ、ポトっと落下する木の実の音。

f0007580_2215063.jpg



街の喧騒からは、10分も離れていないこの空間。

大きく深呼吸をすると、身も心も緊張から解放されて緩んでいくような気がします。

f0007580_2221189.jpg



でも、やはり、新宿は新宿。
木立の中に見え隠れを繰り返す高層ビル。

海外でも、“SHINJUKU”は“シンジュク”のままで通用する街。



深く根を張り、大きく枝を広げた樹木。幹ににもたれているだけで、気が溢れてきます ^^v
f0007580_2229068.jpg

by takeichi-3 | 2006-09-23 22:29 | いろいろ | Comments(2)

読書の秋、食欲の秋、、、


f0007580_22582953.jpg
火曜日から、何だかズ~っと忙しくて、、、

今日になって、ようやくの余裕~♪
ので、こんな本を読んでみました。

息子夫婦を戦争によって失った老人が、孫娘と共に難民となり辿り着いた異国の街。その地で、妻を亡くした男と出会い心を通わせていくという内容です。

お互いが呼びかける相手の国の言語は、それぞれ“こんにちわ”に該当するものだけ。

心に痛みを抱えた者同士。それで充分なのです。

孫娘の名は“サン・デウィ=穏やかな朝”。
異国の地でその名を聞いた男は“サン・デュー=神無し”と受け留め、物語の伏線となります。

本を読み終えたところで、食事の支度。


f0007580_23222291.jpgと言っても、

鶏肉をガラムマサラ、ヨーグルト、レモン汁、オリーブオイル、塩、醤油をベースにしたタレに辛味upのホットペッパーパウダーを加えて漬け込んでいたものを焼いただけ(⇒タンドリーチキン風)。

練習前には、ヤッパリ、“肉”・ネ ^^v

食べ過ぎると、練習がキツくなるとは分かっているのに、、、

肥えてしまいそうな秋です ^^;
by takeichi-3 | 2006-09-22 23:38 | いろいろ | Comments(0)

癒し系。。。


空高く、空気が凛とし始めると・・・ふと、心をも高みに置きたくなります。。。
f0007580_22464587.jpg
そんな今日、私はモーツァルト。。。

この演奏の指揮者である、今は亡き“カール・ベーム⇒ウィーンフィル”は、
「私がレストランで食事をしている時にベートーベンが入って来たら、席から立ち上がり挨拶に向かうだろう。そして、もし、モーツァルトが入って来たら・・・卒倒してしまうだろう。」と言ったとか、、、

“モーツァルトセラピー”や“モーツァルト療法”といった癒しに関わる著書やCDも多数あるようです。
私自身にも、それが納得できるような体験があります。

元々、クラッシクといえば“エリック・サティ”くらいにしか興味が無かったのですが・・・
以前、インドに旅行した後、耳がテレビや流行歌を雑音としか受け取れなくなってしまった事があります。(原因を説明すると、とても長くなるので省略しますが・・・)

その時に、唯一、受け入れることが出来たのがモーツァルト。
それ以来のファンです~♪

今年は、生誕250年。その生涯と音楽を知る機会が多く、楽しんでいます。
by takeichi-3 | 2006-09-21 23:40 | いろいろ | Comments(0)