北京で太極拳

takeichi3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2007年 05月 ( 32 )   > この月の画像一覧

今天休息。。。


一身上の都合により、今日は、臨時休業させていただきます。悪しからず、、、m( _ _ )m

f0007580_2216439.jpg

by takeichi-3 | 2007-05-31 22:18 | 北京体育大学 | Comments(0)

気功と太極拳。。。


f0007580_224482.jpg
帰国まで二週間余り。
暇を見つけては、せっせと買出しの日々。

今日は、バスに乗って少し遠出。

2008年北京オリンピックの総合体育館“別称=鳥の巣”も姿を整え始めています。
f0007580_2242526.jpgこの“金の豚サン”は、一緒に長拳をやっている子供たちへのお土産。

前回、他の物をメインにして、これを3個しか買っていかなかったら、大人も子供もコレが欲しいと~“対象年齢は3歳児”(笑)

近所の玩具屋サンに頼んでいた商品がやっと到着~ ^^v


気功学習。今週に入ってから新しい動作。“四十九式経絡動功”が始まりました。
今回、復習したもの新しく習ったものは、凝神調息、凝神引身気功、乾隆導引功、養生保健気功、益気養肺功、易筋経、六字訣、舒心平血功、醒脳~、養生太極剣、養生太極掌。

かなり充実した内容ですが、、、動作はともかく、理論が伴っていません。(笑)
ので、帰国後に自主トレが必要と、決意も新たに沢山の本を仕入れました。

気功と太極拳。。。

先日、相互学習の時、気功班の中国人学生相手に太極拳の身型を元として“站桩=タントウ”の姿勢をチェック。
「私の姿勢は、今、何点くらい?」と中国人学生に質問されて、
「う、う、、、何点と言われても~」
「自分がどれくらい出来ているか知りたいの。」

ん、ん~( -"- )!

「太極拳の発想からすると、○か×しかないのね。100%でなければ出来てるといえないから、例え99.999・・・・であってもダメだし、点数なんてつけられない!」
「???だって、背中が反っているとか真っ直ぐだとかレベルは分かるでしょ?」
「確かに、今、あなたの背中は真っ直ぐだし、首も真っ直ぐ、腰も低くしているけれど、内側で引っ張り合うとか膨張しているという感じはないでしょ?」
「呼吸を意識して、気持ちが穏やかになるのが理想では?」
「太極拳の場合は絶えず対戦者を意識しているから、呼吸調整、気持ちは穏やかにした上で、相手が押してきている、相手を押している、相手が引っ張ってきている、という状況を想定して、身体の各部分に意識を通している。」
「“站桩=タントウ”は気功であっても太極拳であっても違いは無いはず。心が穏やになることが優先されるべきなのに戦いを想定するなんて良いこととは思えない。」
「私が考えている太極拳理想論からいうと、これは戦わない為の鍛錬。戦いを避ける為には相手より強くなることが必要だもの。」
「???」
「例えば推手。手を合わせている二人の内側では相手を倒さなくても勝敗が理解できる。そして、互いに、それを口にも態度にも出さずに挨拶をして別れる。礼儀が存在しているでしょ。」
「でも、でも、気功だったら、元々が平和な気持ちを生まれ出させるものだから、そんなものは最初から必要がないのに、、、」

fu~・・・( _ _ )...
それから暫く、気功初心者マークの私と太極拳初心者マークの学生との会話は平行線のまま。そして、タイムオーバー。

「私は気功を始めたばかりだから、理解が深くない。そして、あなたも太極拳に対しての経験が少ない。だから、先ずは時間を費やしてみましょう。継続していくことによって、いつか自分自身の中から共通点が見つけ出せるかもしれない。」

ま、お互いに、こんなレベルです。
by takeichi-3 | 2007-05-30 23:22 | 北京体育大学 | Comments(0)

尾骶骨との邂逅。。。


f0007580_228549.jpg

暑い日々が続いているせいか、不満を感じていなかったはずの食生活に異変が。。。

日本で食べていた品々が懐かしくて、イタリア料理のランチバイキングにはしったり。

f0007580_2291933.jpg

五道口では有名な日本料理店“一心”の肉豆腐定食を食べたり。

で、で、今、無性に食べたいと思っているのは、美々卯の“しっぽくうどん”にコージーコーナーでも何でもいいから、日本のケーキ~ (#^o^#)Ψ


ま、食べ物はともかく、、、今日の太極拳など。
天気予報が告げる今日の最高気温は32度。そんな陽射しにお構いなく屋外で太極拳の練習。メインは孫式。テーマは尾骶骨。

歩行練習は何故か形意拳。⇒後ろ足首の放松と蹴り出しが分かり易いからというのが理由。
“下半身が放松したのを感じてから蹴りだす”、“下半身が放松したのを感じてから蹴りだす”、“下半身が~”を繰り返していたら、“敛臀=お尻を収める⇒重心が下に落ちていく”がないから腰が歪んでいると・・・( - - )...

ま、いつものことながら(笑)、聞き分けのない生徒に飽きもせず注意を与えてくださる。v^^v

「“尾闾中间=尾骶骨が真ん中”でありさえすれば、これは(実際の私を真似して)あり得ない形でしょ。自分自身で感じなければ!」
んん。。。「“现在我没有感觉=今の私には感覚が無い”」なんて言い切ってしまったり。
「急ぐ必要はないから、一つずつ丁寧に丁寧に自分の身体の状態を確認して~」

それから、それから、何回も何十回も何百回(嘘デ~ス ^^;)も尾骶骨へラブコール。
“今、真ん中にいる?”、“今、真ん中にいる?”、“今、真ん中~”を何度も繰り返す。
でも、でも、どうも実感が湧かない。、( - - )...

そんな最中、尾骶骨がいきなり重くなり、吊り上げている頭に対抗するかのように下へ引っ張る力を発揮して存在をアピール。えっ!えっ!え~っ?!と思ったのはほんの束の間、尾骶骨は再び黙り込んでしまった。

たった一度、たとえ一瞬の出会いであったとしても、その印象は強烈。
今度、再び出会えるのはいつになるのだろう、、、尾骶骨サマ~(@@)***

ま、何はともあれ、回数を重ねるしかないのよね~ρ(. . )
by takeichi-3 | 2007-05-29 23:01 | 北京体育大学 | Comments(6)

北京で中国料理。。。地三鮮


f0007580_230192.jpg
昨日の地球村中国料理で作ったのは、
東北地方の“家常菜=家庭料理”
“地三鮮=ジャガイモ、茄子、ピーマンの炒め物”

茄子は大き目の丸茄子を使いました。

f0007580_2302358.jpg
材料はこんな感じに切ります。

ジャガイモは火の通りに時間がかかるので小さ目。茄子とピーマンは材料の風味や歯ごたえを残すために大き目。

それに、葱、生姜、ニンニクのミジン切り。

f0007580_231375.jpg
まず、低温(120度くらい)の油にジャガイモを入れ、キツネ色になるまで揚げます。取り出し際にピーマンを加え、30秒ほど経ってから全てを取り出します。

それから、茄子を150位の温度でキツネ色になるまで揚げます。

f0007580_2312236.jpg
鍋に少量の油を加え、葱、生姜、ニンニクのミジン切りを加え、香りが立ってきたら醤油、砂糖、塩、水を加えて一煮立ち。
※辛い味が好きな私は、唐辛子系の調味料も加えたかった。

そこに水溶き片栗粉を少し濃目加減になるように加えます。
f0007580_236482.jpg
トロミが均一になってから、揚げておいた材料を加え、素早く、調味料が全体に絡まるように混ぜます。

この料理。初めて北京に来た時に立ち寄った街中の小さな食堂で、中身も分からずに頼んで感動した料理。

f0007580_2314399.jpg
以前から作り方を覚えたかったので、とても嬉しかった~♪

今日の参加者は3人。
老師から、「今日の中では、wushiが作ったものが一番キレイ!」という言葉が貰えた完成品。



以降、地球村料理教室案内の掲示板に採用してくれることになった一枚です。^^v
by takeichi-3 | 2007-05-28 23:30 | 北京で中国料理 | Comments(0)

北京のビアガーデン。。。


f0007580_222237100.jpg
今日も暑い~!!!

犬も居場所を、捜し、捜し、
ようやくたどり着いたのがリヤカーの下。

これは、これで、暑いでしょうに~ ^^;
f0007580_22233081.jpg

で、人間はこんなところで夕涼み。
午後七時過ぎだというのに、まだ明るい。

地球村で知り合った韓国人と日本人+体育大学の中国人同学とで夕食。
f0007580_22252118.jpg
食べ物や飲み物は、チケットを購入して自力で調達しなければなりません。

新鮮なザリガニ(生きてる~^^)炒めや焼きイカもあります。

合計5人の第一回目の買出し品。
f0007580_23221614.jpg
写真は、煮落花生、枝豆、豚足×2、レンコン煮、焼きそば、チャーハン、揚南瓜饅頭、餡子巻き二種。

これに、豚耳、セロリと湯葉炒め、羊肉串、麻辛湯、煮落花生、メインのビールが人数分加わって、
合計1500円ほど。 ^^v
f0007580_2226582.jpg

大人たちがビールで気持ちよくなり始めた頃、伴われてきた子供は退屈の余りワンマンショーで憂さ晴らし~♪

拍手喝采を浴びていました。


地球村で知り合った二人。実は、語言大学で中国語を学ぶ留学生⇒温室育ち。

うち一人は、私よりも高級なクラスで勉強しているはずなのに、初対面のネイティブ(山東人と湖南人)な体育大学の学生が話す中国語の聴き取りに戸惑っていたようで、、、

あ、、、イケナイ~と思いつつも、ささやかな勝利感を抱いてしまいました・・・(^O^)/C□☆


※今日は中国料理の日⇒地三鮮=ジャガイモ、茄子、ピーマンの炒め物を習いました。 
  この作り方は、又、明日紹介します~☆
by takeichi-3 | 2007-05-27 23:13 | 北京体育大学 | Comments(0)

北京、36度。。。


昨日の日中にも、かなり暑いと感じていた北京。
今日、午後2時過ぎに出かけたら、焼け付くように暑い。
ん~(-"-)! “絶っ~対に昨日より暑いぞ!”と思っていたら、36度になっていたそうです。
f0007580_22233634.jpgf0007580_22235978.jpg
f0007580_22242367.jpg

久しぶりに、中关村にあるカルフールに買い物に行ってきました。

入り口からエスカレーターを下ると、かなり広いショッピングモールが続き、その奥が“购买场=売り場”となっています。
f0007580_2224558.jpgその売り場の中でも、一際鮮やかだったのが果物売り場。

ライチ、サクランボ、マンゴー、が旬になっています。それに、ドリアン、マンゴスチン。

自分で選んで購入できるので、皆、かなり真剣な目つきになってますね~☆
f0007580_22251526.jpgf0007580_22254543.jpg

街中の果物屋サン。ライチは“妃子笑=楊貴妃の微笑み”と名付けられていました。(*^^*)
あ、カルフールのサクランボは一斤8元だった。
f0007580_22272699.jpg


※今日、初めてクーラーに手を出しました。
by takeichi-3 | 2007-05-26 22:45 | 北京体育大学 | Comments(2)

沙尘。。。黄砂


f0007580_1039128.jpg
一昨日の夕方、外出から学校付近へ戻ったら遠くの景色がかすんで見える。

“黄砂?”と思ったら、やっぱり。

昨日の新聞にも大きく取り上げられていました。
f0007580_10393423.jpg
23日にモンゴルで発生した黄砂が24日に北京に入りこんできて、25日の正午近くまでその影響があるとか、、、

以前、知り合いの中国人が、「黄砂になると、ネットの接続が出来なくなるのよ。」
と言っていたのを聞いて、“まさか~?!”と思っていたのですが、、、

f0007580_1958213.jpg
まさしく、事実。(笑)

昨晩、10時近く(日本時間11時)、ブログ完成!
送信!しようとしたら“出来ない~!”

念の為、学校外の友人に頼んで仮押さえしてもらったのですが、今朝になっても回復せず。
余儀なく、ネットカフェへやって来ました。

ま、朝食がてらの外出~♪
by takeichi-3 | 2007-05-26 10:54 | 北京体育大学 | Comments(0)

黄砂

黄砂
by takeichi-3 | 2007-05-25 23:03 | Comments(0)

古城琴声。。。北京で映画



f0007580_22445967.jpg
気温は低めでしたが、蒸し暑い一日でした。

ので、練習後の昼食に選んだのはサッパリ味の“涼皮=春雨を太めにした麺”

このところ炎天下の練習が続いていて、お肌が心配。ので、午後からはエステに。

f0007580_22453941.jpg
タップリ2時間のフェイスマッサージ。
相互学習までは僅かな時間しかない。

ので、夕食も食堂。
左のスープは“免費=無料”。お粥スープもあります。

昼夜併せて、8元(130円位)の食事。^^v


DVD屋さんで見かけたこの映画は、“古城琴声”
解説を読む限りはナシ族に伝わる古典音楽を介しての物語。曽祖父と曾孫の物語のはずなのに、パッケージ写真の深刻そうなこと。ま、とりあえず購入して鑑賞してみたのですが、内容は風光明媚な麗江の美しさ満載。曽祖父は国宝にもなっている二胡の名手。その才能を引き継いだ曾孫は、北京の音楽学校に合格。帰郷後、その音色を聞いた祖父は技巧にばかりはしって心が欠けている彼の演奏に愕然として~という、完璧高学年向けの健全な作品。
何で、こんなイメージにしたのか、、、ストーリーには何の関係も無い写真でした。(笑)

で、四代同堂(四世代が同居)の曽祖父が曾孫の北京行きを妨害する場面で、それぞれが言い争いをした時の会話。
f0007580_2344220.jpg
(曾孫が曽祖父に)
北京教授说都好,,,你
(父が曾孫に)
臭小子 有这样说话的吗?
在外边读了几年书
回来说话就可以没大没小
(祖父が父に)
住嘴吧你
这院里有你说话的份吗?
(父が祖父に)
爸我在教育儿子呐
(祖父が父に)
我也在教育儿子
(祖父が祖祖父に)
爸人家外边人都说你
说你不让和江去北京是你有私心
说你想留和江在古集会里面接你的班
(曽祖父が皆に)
你再说一遍 好啊
刚才大家都在说要教育儿子
看起来呀 我也得教育儿子
不错他们说的的确对
和江是我一手培养的
我就是想留他在古乐会接我的班
对纳西古乐
和江比古城里的任何一个轻年人
他都有天分 包括你们在内

(曾孫が曽祖父に)
北京音楽学院の教授の誰もが褒めてくれたのに、曽おじいさんは、、、
(父が息子に)
こいつ 何て口のききかたをするんだ
今まで何を勉強してきたんだ
年長者に向かって、、、礼儀をわきまえろ
(祖父が父に)
お前も口を慎め
(父が祖父に)
口を挟まないでくれ
私は子供に教育をしているんだから
(祖父が父に)
ワシも子供に教育をしているんだ
(祖父が曽祖父に)
父さん近所の人たちが何と言っているか
あなたが和江に北京に行くなと言うのは下心があるからだ
和江を自分の楽団に入れたいからだって
(曽祖父)
もう一度言ってみろ もういい
さっき 皆が子供の教育の為だと言ったが
思うに ワシも子供に教育をする必要があるらしい
確かに 隣近所の人たちが言っていることは正しい
和江は私が手塩にかけて育てた演奏家だ
そう ワシは本当に和江をこの手元に留めておきたい
ナシ族の古典音楽についてなら
和江もこの街の年少者の一人に過ぎない
誰もが天から与えられた才能を持って生まれてきている

ほのぼのとして、とても心温まる映画でした~☆☆☆☆☆

※ 裏にも四枚ほど映画本編の写真があったのですが、主人公の顔もシチュエーションも、
  全っ然違うような~ ^^; ^^; ^^;
  演奏時に表示されるタイトルと曲が全く違う!という有名歌手のCDも時々あります。(笑)
by takeichi-3 | 2007-05-24 23:27 | 中国映画音楽 | Comments(2)

瞳を閉じて。。。北京で太極拳


f0007580_21564674.jpg
日々、緑が濃くなり気温上昇していた北京。
北京体育大学小門の緑、綺麗です~♪

昨日の雨に引き続き、曇り後雨となった今日の午後は気温も低目。

陽射しを気にせずに屋外での練習に励めるから嬉しい~^^v


で、今日の太極拳。
いつもながらの進歩練習から。
足首の緩みに気を遣いながら弓歩歩行をしていたら、「目を閉じて」という指令が、、、
( -- )ok!

では、では、左足前弓歩を作り⇒後ろに下がり⇒左斜め45度に身体を回し⇒脚を~
ウ、ウ・・・寄せられない~ ・。・。・( >_< )・。・。・

目を閉じた練習の凄いところは、自分の身体の内側に意識が集中出来るところ。

脚を寄せる時、軸足方向に腰が歪んでしまうから膝が内側に入り易く不安定になるとか。。。
それから、後ろに下がった時に収めた下腹の力を一旦抜いてしまい、脚を寄せようとする時に改めて下腹に力を入れて足を引き上げようとしても無理⇒収めたままの状態を維持していなければ使えない。

それから、それから、“あ、、、今、首が吊り上がっていない~”とか、とか、、、
自分の動きが見えるのです。\(0人0)/

これって、転身を利用して方向を変えれば畳一枚でも出来る練習。
少し頑張ってみようかな~ ^^v


f0007580_2228012.jpg今日の中国語。
食堂から“特大焼き餃子”を持ち帰ろうと、ザワザワした中で指三本を立てながら、
「三个=3個」、「3块=3塊ね?(だと思った)」、「对=そう」
で、で、支払いになったら、「3块=3元」って、慌てて品物を見たら大量(9個)にある。
あ゛~っ!でも、ま、他に主食を買わなければ、ま、いいか~ ^^;

とは思ったものの、流石に食べ切れませんでした。(#^o^#)Ψ
by takeichi-3 | 2007-05-23 22:44 | 北京体育大学 | Comments(0)