北京で太極拳

takeichi3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2007年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧

ハロウィーン。。。優しい悪魔


f0007580_22174471.jpg
出先の商店街で。
道行く人たちが、思わず見てしまう装いの子供たちが、、、

ハロウィン。
いつの間にか、日本定着???
( -_-)***

f0007580_22274164.jpg
「ジャック・オ・ランタン」
なぜこのちょうちんに“ジャック”という人の名前がつくようになったのか。

諸説ありますが、
その昔、アイルランドに、ジャックという酒好きでケチで乱暴な男がいました。

あるハロウィーンの夜。
いつものように飲んだくれていると、悪魔がやってきました。
この夜はこの世とあの世の境が消えてしまうので、多くの化け物たちが人間に取り付こうとしてやってくるのです。

悪魔は「お前の魂を~」と言ってジャックの魂を手に入れようとしました。魂をとられたくなかったジャックは、悪魔に「いいだろう。魂をあげよう。でもその前に酒を一杯奢ってくれ。」と、

“一杯くらなら~”と思った悪魔は、お酒を買うコインに変身。
途端に、ジャックは悪魔を財布の中に閉じ込めてしまいました。財布の口が固く閉ざされている為に、そこから出られなくなってしまった悪魔に、「出して欲しければ、この先10年は俺の魂をとらないと約束しろ」と、、、

10年後。ジャックがハロウィーンの夜道を歩いていると、またあの悪魔と出会いました。

「今度こそお前の魂をもらうぞ!」と言う悪魔に、
「わかった。でもその前にあの林檎の木の実を一つとってくれないか?」と、

悪魔は、「それくらいなら~」と木に登りました。
途端に、ジャックは幹に十字架を刻みつけ~、十字架が怖い悪魔は降りることができません。

「降ろして欲しければ取引きだ!」と、
ジャックは、「自分の魂を絶対にとらないこと」を約束させました。

その後、ジャックは年をとって死にました。
天国に行こうとしたジャックですが、生前の行いが悪かった為に天国には入れません。
仕方なく地獄へ行くと、門前に立っていたのはあの悪魔。

「地獄へ入れてくれ。」と頼むと、「約束したじゃないか。お前の魂は取らないって。」と、入れてくれません。「一体、俺は、どこへ行けばいいんだ?」と悪魔に尋ねると、「元いた所へ~」と。

来た道をトボトボと戻り始めたジャックですが、真っ暗で、道がわかりません。
「俺に灯りをくれないか。」と悪魔に頼み、貰った地獄の火をカブの中に入れて提灯を作り、この世とあの世を 彷徨うようになりました。

f0007580_8182785.jpg
この提灯。
アメリカに伝わってから、カブがカボチャに変身したそうです。

にしても、、、悪魔サマ。
人が良過ぎます。(*^.^*)
by takeichi-3 | 2007-10-31 23:17 | いろいろ | Comments(0)

最好的未来。。。劉若英


f0007580_23195919.jpg
台湾で俳優、歌手として活躍している“劉若英”

今年は、“生日快楽=誕生日おめでとう”という話題に出演していました。

で、、、いつもは、キロロの中国語版を歌っているという彼女の“最好的未来⇒童梦圆という児童基金の公共宣伝用の曲”が可愛いかったので、、、

http://www.yymp3.com/Play/9529/121235.htm上記で試聴できます。


“最好的未来”

f0007580_0413062.jpg每种色彩 都因该盛开 别让阳光背后只剩 下黑白
每一个人 都有权利期待 爱放在手心 跟我来
这是最好的未来 
我们用爱 铸造完美现在
千万溪流汇聚成大海 每朵浪花一样澎湃

每个梦想 都值得灌溉 眼泪变成雨水就能落下来
每个孩子 都应该被宠爱 他们是我们的未来
这是最好的未来
我们用爱铸造完美现在 千万溪流汇聚成 大海
每朵浪花一样澎湃 
这是最好的未来
不分你我彼此相亲相爱 千山万水证明这关怀
幸福永远与爱同在 

每个梦想 都值得灌溉
眼泪变成雨水就能 落下来 
每个孩子 都应该被宠爱 他们是我们 的未来

同一天空底下 相关怀
这就是 最好的未来


“より良き未来のために”

全ての人は だれもが色とりどりに輝いていなければ
陽の光に背いて 色を失うなんてことはしないで
人はだれでも より良い未来を待ち望んでいる
掌に愛を握りしめて 皆んなで目指していこう
素晴らしい未来へ
私たちは 愛によって現在を素敵なものにしていこう
千万の流れが注ぎ込んで 大きな海になるように
一つ一つの波が 混ざり合って大きな力となるように

一つ一つの夢で この世の中を満たしていこう
流れ落ちる涙は 心の糧へと変えていこう
全ての子供たちは 愛によって育まれますように
彼らは 私たちの希望そのものなのです
素晴らしい未来へ
私たちは 愛によって現在を素敵なものにしていこう
千万の流れが注ぎ込んで 大きな海になるように
一つ一つの波が 混ざり合って大きな力となるように
素晴らしい未来へ
だれかれの区別なく 信じ合い思いやることができれば
愛が溢れ 幸福は永遠のものになる
それは 遥か昔から 誰もが知っていること

一つ一つの夢で この世界を満たしていこう
流れ落ちる涙は 心の糧へと変えていこう
全ての子供たちは 愛によって育まれますように
彼らは 私たちの希望そのものなのです

この広い空の下 全ての人が互いを思いやれること
それこそが素晴らしい未来
by takeichi-3 | 2007-10-30 23:55 | 中国映画音楽 | Comments(0)

オタクって???。。。ついでの少林足球


f0007580_23173690.giff0007580_23173690.gif
太極拳をやっている人って、
何かしら、コダワリを持っている人の比率が多いような気がする今日この頃です。

例えば、埼玉大会に参加した太極拳仲間からのメール、、、
マンガ本で「バガボンド」ってご存知ですか?私の愛読書なんです。
その中に「殺し合いの螺旋から俺は降りる」ってセリフがあるんですけど、
私は、「戦いの螺旋に足を踏み入れてしまった」となりきってます。
バガボンドの好きなセリフで、
「とらわれるな、一枚の葉にとらわれては一本の木が見えず、
一本の木にとらわれては、森が見えず、とらわれるな、全体を見よ」
これって、どんな事にもあてはまりますよね。
あと、「拳児」もオススメです。
そこで好きなセリフ「必要な段階に到った時、師は目の前に現れる」天の導き・・・
マンガオタクでは、ないです。決して!!
でも、ご関心がございましたら、いつでもご用命を。
全巻ご用意してありますので、いつでもお貸しします(^^)

それから、、、
私の知る限り5本以上の太極拳剣を所有しているのに、アチコチのカタログをチェックして、
「こんなのを見つけたら、買ってきて~」とか、、、(実際は6本だとクレームメールが、、、)
「宮本武蔵は、吉川英治で読まなくては!高校生の時に3回読みました。(^^)v」
という、「決して、オタクではない!」と言い切る変形武術好きもいます。

ノーマルな太極拳愛好家の私には、理解できない種族です。(^^;

f0007580_22204283.jpg
あ、、、関係があるようで、ないような~
本物の少林僧たちがサッカーの試合をしている写真を見つけました。

それにしても、何故、少林寺で武術修行が???

f0007580_2221939.jpg少林寺は登封県の北西にある少室山の北峰に位置しています。鄭州、开封、洛阳からの汽車は門前に到着します。

少林寺は北魏太和20年に創建。
名前の由来は「少室山」裾野の樹林地帯にあることから⇒「少林」となりました。

f0007580_22215218.jpg禅宗の発祥の地でもあります。
ので、別称として「少林禅寺」、「大少寺」

文献によると、北魏太和19年に印度僧の跋陀が洛阳にやって来て、人里離れた奥山を求めて嵩山に住まいを定めました。孝文帝からの崇愛もあったようです。

f0007580_915116.jpg
北魏正光から孝昌年代になると、印度から達磨大師がやって来て、経典の講釈と実践が主流だったそれまでの中国仏教に対し、言葉を介さずに仏心を直接相手の心の中に伝える方法としての禅とともに、修行に耐えられる肉体の鍛錬法としての印度武術を広めて少林寺を盛り立てていきました。

“面壁九年”伝説の現場があるのは此処です。^^

コレ、中国武術や空手のルーツといわれている印度武術のサイトです。http://heartland.geocities.jp/india_martial_arts/
by takeichi-3 | 2007-10-29 23:23 | 太極拳 | Comments(8)

埼玉県武術太極拳大会。。。


f0007580_22325880.jpg
台風が過ぎ去り、キレイな青空が広がりました。
気持ち良さも手伝って、埼玉県武術太極拳大会観戦に行くことに。

参加するわけでもないのに、往きのJR埼京線内ではビタミン補給。
f0007580_22351831.jpg
午後からの競技開始にはかなり余裕のある時間に到着してしまったので、近所の公園で休憩。

柿の実が色づき、ススキの穂も伸びていました。

天気予報によると、明日は26度の夏日になるそう。とはいえ、秋デスね。
f0007580_2233418.jpg

会場となっている蕨市市民体育館。

気温も高目だった今日。
外で昼食をとっている人がかなりいました。
f0007580_22335953.jpg
全4コートある会場のアチコチで、見知った顔が次々と表演していきます。

一年かけた練習の成果が、客観的評価を受けるのに要する時間は4~6分。

時には、結果が思いを裏切ることも~
f0007580_2234331.jpg
表演者とは異なる緊張感を体感し終わったら、急にお腹が、、、

お気に入りの中華料理屋サンは休憩中。
ので、駅近くのラーメン屋さんで遅めの昼食となりました。

さ~て、明日からも又、いつもと変らぬ練習の日々を過ごしていくことにしましょう。( - - )!
by takeichi-3 | 2007-10-28 23:31 | 太極拳 | Comments(3)

台風20号。。。ひきこもりの週末


f0007580_2250309.gif
台風20号の影響で朝からの雨。

小降りになったら出かけようと思っていたのですが、雨も風も強くなるばかり、、、

一日中、引きこもっていました。
f0007580_23141973.jpg
とはいえ、これといった台風対策をしていたわけではなかったので、食事には冷蔵庫の残り物を利用。

友人から貰った牛タンシチューの残りを利用。
茸と茄子を加えてオムレツにかけてみました~
(0^o^0)Ψ
f0007580_23144883.jpg

昨晩も、やはり雨。
ここ9年間では最大の満月が見られるはずだったのに。

昨日の月と地球の距離は35.7万km。最も離れている時と比べて5万kmも近づいていたそうです。

この写真は上海で撮られたもの。
本当に“最圓最大”です。
by takeichi-3 | 2007-10-27 23:21 | いろいろ | Comments(0)

中国岩茶。。。大紅袍


f0007580_2333135.jpgサントリーから、“大紅袍”が販売されるとか。
中国茶の中でも特に薬効があるといわれている岩茶。その岩茶の中でも最高峰とされているのが、この“大紅袍”です。

50~60年代の混乱期。解放軍の戦士が守ったという樹齢300年以上の茶樹があります。
f0007580_2319199.jpg母樹とされているのは3~4本(諸説あり⇒一億元の保険がかけられている)。その年間生産量は、800gくらい。

ので、一般市場に出回ることはありません。
1998年に、かろうじて15gが売りに出された時の落札価格は、およそ250万円だったとか。

f0007580_23382012.jpgこれは、収穫儀式の模様。
赤いマントを身にまとい、お経をあげます。

通常、私たちが手に入れることが出来る“大紅袍”は、2代目、3代目~、、、

そんな“大紅袍”、母樹保護のために2006年5月から採摘を停めているそうです。


数多くの種類がある中国茶。それぞれに楽しい伝説が残されています。

“大紅袍”
昔、武夷山に一人の善良な老婆が住んでいました。ある時、仙人が彼女に与えた杖を岩につきたてると、たちまち茶の樹に変りました。


“乌龙茶”
武夷山の茶処“星村”に、とても貧しい茶農家がありました。
一方では茶を栽培し、一方では雌鳥を飼って卵を売る日々。

ある時、雌鳥が鳴いたので、てっきり卵を産んだと思った農民が鶏のところに行っても卵は見当たりません。“おかしいなぁ~?誰かが盗んだのかなぁ~?”と思ってはみたのですが、純朴な山里のこと、そんなことをする人はいるはずもなく、、、

で、草むらに潜んで窺っていると、蛇がやって来て卵を飲みこんでいました。
“う~ん。。。”と思いをめぐらせて、卵にそっくりな石を見つけてきて鶏の巣に置きました。

翌日、再びやって来た蛇は、その石を飲み込み七転八倒。苦しみながら逃げていきました。
でも、その翌日には、又、何事も無かったようにやってきたのです。

“なんとも不思議な。。。”
と、又、同じように卵に似た石を置き、、、七転八倒する蛇の後を追いかけると、一本の樹に向かいその葉を食べ始めたのです。

石をも溶かしてしまうという、消化力アピールの伝説でした。m( _ _ )m
by takeichi-3 | 2007-10-26 23:47 | いろいろ | Comments(0)

大久保、、、


f0007580_22584885.jpg今日は、屋根のある場所で練習したくて。
新宿区の施設内にある武道場へ⇒3時間400円
八卦掌や居合いの練習をする人たちも集まって来ていました。
f0007580_2303456.jpg
練習は、呉式をメインに孫式など、、、

最寄駅は、JR新大久保。
新大久保といえば、韓国村と呼ばれるほどに韓国料理屋サンが犇いているところ。

練習をおえて、老舗でもある“オムニ食堂”に。
f0007580_231135.jpg
有名店ではありますが、初めて。

ランチタイムは終了したばかり。(T_T)...
では、では、とメニューから選んだのは、無難な“石焼ビビンバ”

下の写真は付き出しです。
f0007580_2311952.jpg
焼肉以外の韓国料理に馴染んだのは北京で。
中国語学院地球村で知り合った韓国人の同級生から、水蛸やサザエや鍋料理の美味しさを教えてもらいました。

実は、石焼ビビンバを日本で食べるのは初めて。
焦げ具合といい、味付けといい、最高でした~☆☆☆


今日も又、幸福な一日を過ごしてしまいました。(0^o^0)paku!
by takeichi-3 | 2007-10-25 23:26 | いろいろ | Comments(0)

今日も一日。。。


f0007580_238792.jpg

朝、カーテンの向こうに映っていた影。。。

こわごわと覗き込んだら、
超大型の“ツマグロアゲハ”が留まっていました。

f0007580_2342577.jpg今日も天気が良かったので、散歩に。
お昼間近の公園。お弁当持参の人がベンチに近づいたのと時を同じくして舞い降りてきた鳩。

何故か、人間のほうが、「いやぁ~!」と、逃げていきました。

都会では、鳩は嫌われ者になっています。
f0007580_2384888.jpg
そのまま、近所を散歩。
いつの間にか、ナチュラルローソンが、、、http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%CA%A5%C1%A5%E5%A5%E9%A5%EB%A5%ED%A1%BC%A5%BD%A5%F3
このサイトで、コンビニの歴史(?)とかを紹介しています。
f0007580_2391777.jpg

夕方近く、新宿経由で太極拳の練習に。

途中、小腹が空いたので、
オニギリと味噌汁でエネルギー補給。
f0007580_2393468.jpgで、これは、練習後。
カウンターだけのお蕎麦屋サンで、何故かラーメン。煮玉子が大好きなので、トッピングには“イカ天麩羅”と“たまご”

運ばれてきたものを見て、“ぎょっ!”
そうか、お蕎麦屋サンの“たまご”って、生卵だった。 (T_T)...

ロッキーにはなれそうもない私です、、、(- -)!
by takeichi-3 | 2007-10-24 23:39 | いろいろ | Comments(2)

お喋りな夜。。。

f0007580_2345110.jpg

一か月半ぶりに、仲の良い友人とイタリア料理を食べながらお喋り…
留学中の出来事や、これからの事~などなど、、、

夜も更けたというのに止まりません~m(_ _)m

あ、このスパゲティは、梅&タラコ&生イカ。他には、アボガド&モッツァレラ~(0^O^0)Ψ
by takeichi-3 | 2007-10-23 23:04 | Comments(0)

秋、のどかな一日。。。


f0007580_2361871.jpg
お昼過ぎの陽射しを浴びて、、、

室温が上がってきたので、
窓を開けたら、青く澄んだ秋空の向こうには飛行船がユ~ッタリ。


f0007580_2363820.jpg


やはり、秋は気持ちがイイ~♪

近所の庭では、
萩の花が盛りを迎えていました。

f0007580_2365753.jpg

こんなに気持ちの良い日には、やっぱり、練習に行こう!

近所の公園へと向かう道。商店街にある沖縄料理店の前では猫が日向ぼっこ。

f0007580_2371189.jpg


いつもより人出が多かった公園。

ベンチで寛いでいたカップルの姿が、余りにも仲が良さそうだったので~

呉式の基本功を~と思ったのですが、、、

楊式だと、「あれは、太極拳。」と、直ぐに理解してもらえるのですが、呉式だと奇異な目を向けられてしまいます。 ^^;
by takeichi-3 | 2007-10-22 23:27 | いろいろ | Comments(2)