北京で太極拳

takeichi3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2007年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧

北京の年越し蕎麦。。。


f0007580_2252447.jpg

大晦日でございます。
北京にいるとはいえ、やはり、日本人としてのケジメはキッチリとつけようかと、、、(笑)
持参した、カップ蕎麦を食べ終えたところです。(o^0^o)Ψ

興味半分に、「大晦日」を中国サイトで検索したら、日本のお正月に関する記事ばかりでした。

で、参考までに、、、
新年間近になると、日本の人々は互いに集まって忘年会を催し、酒を酌み交わしながら一年間の苦労をねぎらい、気持ちを新たに新しい年へと向かう準備をします。

新年を迎えるにあたっては、会社や家の掃除を済ませて環境を快適に整えます。
室内には、お正月独特の飾りを施し、門の前には一対の松を置きます。松には長寿と繁栄、純潔という意味があります。それに加え、青竹と紅梅を添えて吉祥を引き寄せます。日本人にとって、松、竹、梅は吉祥の象徴。竹⇒安定。勢いが盛んで正直。紅梅⇒青春の活力。

大晦日の夜になると、家族揃ってテレビの前に集まり、紅白歌合戦を見ます。
開始以来、半世紀を超えるこの番組は、いつのまにか日本の大晦日には欠かせない風俗習慣になっています。午後11時45分になると、皆が揃って“万誼万歳=蛍の光”を歌い、番組は全国各地の神社仏閣の情況を伝えます。

そして、新旧の年が交錯する時、高らかに除夜の鐘が鳴り響きます。

ふむ。そうだったのか、、、(--)!

因みに、日本のサイトからの記事を引用すると、
新年を祝って、家の門口などに飾られる「門松」は、その年の神さまをお招きするための目印で、神さまがお降りになったときに宿られる場所(依代(よりしろ))を表すものでもあります。
もともとは、松・杉・椎(しい)・榊(さかき)といった常緑樹を用いていたようですが、いつからか主として松を用いるようになり、門松と呼ばれるようになりました。

また、後には「松竹立てて門毎に祝う今日こそ楽しけれ」とお正月の歌に歌われているよう、竹と松が主流になってきました。現在の門松は、竹三本を松で囲み、荒縄で結んだ形が一般的ですが、地方によってまちまちな門松が作られています。

長いようで短かった一年。
今年も、太極拳に明け暮れるという幸福な日々を送ることが出来ました。
「叶うことなら、今後もずっと!」とは思いますが、まだ、まだ、先は読めません。

成長を見守ってくださっている皆様。今年もお世話になりました。m( _ _ )m
by takeichi-3 | 2007-12-31 23:15 | 北京体育大学 | Comments(2)

長大(成長)。。。安琥


f0007580_23182380.jpg2007年が終わろうとしています。
今年は、7ヶ月近くを北京で過ごしました。

そして、ここ北京体育大学で一年の間、過酷(笑)な練習をして過ごしていた日本人や中国人の本科生たちとお疲れ忘年会をしました。

20歳前後の青年が一緒なら“焼肉が一番!”

で、“漢掌山”という人気店で、各種肉6皿(日本の1.5~2倍の量はあります)と、ご飯×5、うどん、黄な粉餅、アイスクリームを4人で平らげました。(o^0^o)Ψ

で、で、、、そのうちの日本人本科生が、http://nekozimano.tuzikaze.com/
で、自身のサイトを開設していますので、お時間があったらお出かけ下さい。m( _ _ )m


以前にも紹介した“安琥”のCDの中で、特に好きな歌があったので、、、
接続が悪いかもしれませんが、運が良ければ、、、
http://www.9sky.com/track/456309.htm
http://music.sina.com.cn/yueku/m/331481.html

安琥-长大

f0007580_2334975.jpg是否还记得 借我火柴的日子
时间的烟火 在希望的日记里
写下了一个"爱"字

青春有灰色 却是寂寞的快乐
爱过 哭过 抬头发现
你就在不远处傻傻等我

昨天 今天 明天
却都是为了长大的纪念

不顾一切向前跑 这是我们的跑道
生命绿色前感动 我祈祷 心窗随时准备好 
呼吸这爱的味道 我微笑

让全世界都看见 相爱不会被改变
终点处我们拥抱每一天 超越奔跑的时间
这是长大的纪念 到永远

终点是起点 
我们相同的信念 坚持的誓言
让我们在传奇里 多了勇敢的画面

谁又能改变 时间不变的容颜
爱过 错过 抬头发现
永远只不过是一瞬间

终点是起点
我们长大的纪念


成長

f0007580_23352082.gif煙草の火を借りたあの頃のことを覚えている
希望とも呼べる日記の中で
あの日々は 愛という言葉となって綴られている

青春に悩みはあるけど その寂しさの中には心地良さもある
愛して 泣いて それでも頑張ろうと頭を上げた時
僕の傍で いつでも見守っていてくれる君の存在に気づかされる 

昨日 今日 明日
その全てが成長の記念になるんだ

なりふり構わず前に向かって行く それが僕らの進む道
生きているっていうことに感動出来れば それで充分
呼吸する毎に愛が溢れてきて 微笑が生まれる

この世の全てを見極めよう お互いに変ることなく愛し続けよう
一日が終わるごとに抱きしめ合おう 時間の彼方へと飛び出そう
それこそが 永遠へと繋がる 成長の記念 

終わりは 始まりへと続いていく
僕たちは信念を貫いて生きていこう
自分自身の物語の中で 勇敢であることを誓おう

時間を止めることは出来ないけど
愛して 泣いて それでも頑張ろうと頭を上げた時
永遠さえも一瞬にしか過ぎない と気づかされる

終わりは 始まりへと続いていく
繰り返される日々は 僕たちの成長の記念日
by takeichi-3 | 2007-12-30 23:35 | 中国映画音楽 | Comments(4)

不完整的旋律。。。王力宏


f0007580_22321278.jpg今年の授業も終わり、明日からは三連休。ヌクヌク~な気分ではあるのですが、、、

北京を寒波が襲っています。
その上、大北風&埃注意報。

これ、昨日の写真ですが、こんな感じに砂埃が空気中に舞っていました。
今晩の予想気温は、-9度。
これから新年にかけては、晴れてはいても北風が強くて1月1日の予想気温は1度~-10度。
外出時には、寒さ対策をするようにという警告が出されています。

f0007580_22414787.gifそして、1月4日になると新疆地区から新しい寒気団が南下してくるとか。
寒い日々が続くようです。。^^;


去年の今頃は何をしていたのかなぁ~と思って、ブログを見直していたら、、、
今日は色占いを紹介していて、昨日はコンサートに行っていました~♪

そ~だ、、、音楽でも聴こう!
http://www.youtube.com/watch?v=TL0nUZvEumE&feature=related

王力宏-不完整的旋律

f0007580_2320158.jpg心里有个旋律 不完整的歌曲
你是否听得出来 我多了一拍
最近世界有点奇怪 好象缺了一块

心里那个旋律 未完成的情绪
如果你在倾听 是否打动了你
说实在我也不确定 怎样比较好听
不完整的旋律 没什么结局
却是我真实的声音

不完整的旋律 勇敢地唱给你听
填满你我不完整的感情

想写一个旋律 没修饰的痕迹
一听就立刻明白 我找到了爱
即使别人觉得奇怪 不需要再更改


中途半端な旋律

僕の心の中には 中途半端なままの旋律がある
君には聴き取ることが出来る?
何度リズムをとっても
よくは分からないけど
何かが欠けているような気がする

心の中の旋律は 中途半端な気分
もし君に聞かせたしたら 感動してくれるだろうか
実際のところ どうしたらうまく伝えられるのか
中途半端なままの旋律
尽きることがない
ありのままの僕の気持ち

中途半端なままの旋律
勇気を出して君に聞かせようか
君で満ち溢れている 僕のとりとめのないこの想い

何の飾りもない ストレートな旋律にしよう
f0007580_23261361.gif聴けば直ぐに 僕が愛を見つけたことが分かるような
他の人には不思議な感覚を与えるかもしれないけど
このままの旋律で きっと大丈夫
by takeichi-3 | 2007-12-29 23:38 | 中国映画音楽 | Comments(0)

今日までの収穫。。。


f0007580_22385380.jpg天気予報通りの雪。
明日は、-6度~-2度だそうです。^^;

ブラジルから来ている同学の、
「たくさん降ってほしいなぁ~」という希望は叶わず、お昼過ぎには殆どが消え去り。

雪が止むの前後して吹きだした大風が、多くの枝を散乱させていました。


f0007580_23173690.giff0007580_23173690.gif
一ヶ月余り続いた太極拳の補習は今日で終了。
初日から今日まで特別な事も無く、毎日同じ注意を与えられ続けた日々でした。(笑)

一般的な進歩練習で。
後ろに下がるまで比較的問題は無いのですが、下がりきったところで沈まず浮いてしまう。
⇒息を吸いながら後ろに下がり、息を吐きながら次の動作にと移るつなぎ目で、呼吸を下に沈めていない(丹田に収める)せいで股関節が浮いてきてしまう。
足を寄せる時、軸足側の肩が上がってしまう。
⇒足を寄せる前に、後ろ足の足首、膝、股関節を緩めるのにばかり気をとられて、前足の緩みを忘れている。転身にしても、両足が同時に緩まなければ歪みが生じる。

老師の言葉。
“放松”といっても、筋肉は緊張して(使って)います。
下半身の筋肉が強ければ強いほど支える力が増して、上半身は放松が可能になります。
上半身にしても、筋肉で軸を支えるようにしないと、クニャクニャになってしまいます。
常に、尾闾中間(⇒後ろ脚踵に座ることが可能)を考えて動作を行うように。これが出来ていないと、後ろ足の劲を利用することが出来ませんし、立身中正が保てません。
数多くの練習を重ねて、自分の内側の感覚を研ぎ澄ませる(自分の身体との対話)。

文章にすると、コレだけなのに、たった一ヶ月では改善できないのです。(T_T)...

ま、何はともかく、来年からは気功の補習がスタートします。^^v
by takeichi-3 | 2007-12-28 23:36 | 太極拳 | Comments(0)

2008年運勢占いなど。。。


f0007580_2314925.jpg
今週から使用されるようになった、留学生専用の練習会場。

超、超、冷え込みが厳しかった今日。
予想気温は、-2度~2度。
雪予報が出ている中でも、半袖OK!な暖かさです。

授業のほう。伝統陳式剣も着々と進んでいます。
ま、帰国までには套路を終えることが出来ると思うのですが、深めるには至らないまま帰らざるおえなくなることでしょう。(T_T)...

ちなみに、こんな感じの套路を表演向きに派手目仕上げにしたものを習っています。
http://www.youtube.com/watch?v=iGzD7zCpYmw


f0007580_23372342.giff0007580_23354520.gif慌しい合間を縫って、気分転換に2008年の運勢などを覗いてみました。
下記は、無料占いサイト。
お時間があるようでしたら、お試し下さい。m( _ _ )m

http://special.fortune.yahoo.co.jp/special/unsei_2008/index.html
運勢占い(三人の占い師)

http://member.fortune.msn.co.jp/special/2008/index.aspx
2008年星座占い

http://www.voice-inc.co.jp/aurasoma/reading.html
オーラソーマ(カラー心理診断)
では、では、また~ m( _ _ )m。。。
by takeichi-3 | 2007-12-27 23:40 | 北京体育大学 | Comments(0)

蓮の葉粥。。。


f0007580_22173544.jpgf0007580_23384221.jpg
習いたての習慣用語を、中国新聞のサイトで見つけたので。
“鸟枪换跑=旧い物を新しくする”
取り壊されてしまう胡同が数多くある中、リフォームして住み続ける人もいるようです。

“旧い物”を調べていたら、今では見かけなくなった北京の食べ物という記事を発見。
吊炉焼餅(小麦粉を練った薄円の餅を片面は焙り片面は焼いたもの)や、羊霜腸(羊の血の腸詰)や、荷叶粥(蓮の葉粥)


f0007580_23341278.jpg中でも荷叶粥は、夏になると蓮の花の名所となる北海公園や后海周辺で売られていた食べ物。

暑くて体調がすぐれない時や、高血圧、高脂症に効果アリ。

f0007580_23394413.jpg【作り方】
使うのは、米とモチ米を半々。それに氷砂糖。蓮の葉。
二種類の米を使った粥が出来上がったら、適量の氷砂糖を加えて掻き混ぜ、氷砂糖が溶けたら蓮の葉を適当な大きさに切ってi入れ、葉の緑色がお粥に移ったら葉を取り出して完成。

夏に火照った身体を調整してくれる食べ物だそうです。v(^^)v

あ、今は、真冬だった。。。( _ _ )...
by takeichi-3 | 2007-12-26 23:42 | 北京体育大学 | Comments(2)

北京でクリスマス。。。


f0007580_21463645.gif
タイトルとは裏腹に、
これと言って特別な事はありません。(笑)
f0007580_2147550.gif

いつも通りに授業に参加。
いつも通りに補習を受け。
いつも通りに中国語学習。

あ、いつも通りでないのは、全般的に出席者が激減していたこと。
中国語。友人のクラスは、たった一人だったとか、、、

ある人いわく、「日本人気質ですね。」だそうです。f0007580_21474923.gif


異なる文化と接して、
初めて気づかされる自国の国民性。

f0007580_2355972.gif
隅々まで、
日本人しています。(笑)
by takeichi-3 | 2007-12-25 23:16 | 北京体育大学 | Comments(0)

クリスマスプレゼント。。。


今日はクリスマスイブ。

f0007580_23271133.jpg皆様方には特別なものではないかもしれませんが、今日のディナー(笑)は日本料理になりました。

中国料理に慣れたとはいえ、久し振りの日本料理は美味しかった~☆



f0007580_23295054.giff0007580_23303954.gifつまらないものですが、プレゼントなどを用意させていただきました。
http://online.sccnn.com/html/gif/gifweb/20070412205143.htm
“ウサギ”の巣です。v(^^)v



クリスマスですし、星に関係のある歌など。。。
http://www.youtube.com/watch?v=i7nMZdZ1n88

光良-双子星

f0007580_23412090.jpg天上的星星数不清 最亮的是你
不管有多远我愿意 放弃一切寻找你
我不需要用时间为我证明 
就可以肯定 你的快乐伤心我都能感应
我们就像双子星

我们面对面 挂在天边 在黑夜里连成一条线
你和我之间 只能相连 两颗心 有一样的信念

我们面对面 挂在天边 流星画出一条拋物线
我许的心愿 早已实现 
就是我们永远 陪伴在彼此身边

许的心愿 早已实现
就是我们永远
一起拥有每一天


双子の星

空の星の数がどれほどあるのか 僕には分からないけど
きっと 一番輝いている星が君だ
どんなに遠く離れていても 君を目掛けて一足飛び
きっと 直ぐに見つけ出せるはず
君の喜びも悲しみも 手に取るように分かるのは
僕たち二人が双子星だからかもしれない

いつか僕たちは あの夜空を彩る一筋の輝きになろう
二つの心には お互いだけが分かり合える 願いがある

いつか僕たちは あの夜空で流星のように輝こう
出来るだけ早く実現できることを 僕は心から約束するよ
永遠に空の彼方で寄り添っていられるように

出来るだけ早く実現できることを 僕は心から約束するよ
永遠に寄り添っていられる日々がくるように
by takeichi-3 | 2007-12-24 23:43 | 北京体育大学 | Comments(8)

太極拳体操。。。


f0007580_2145494.jpg
冷え込みの厳しかった今日。
朝早くから、バスで一時間以上もかかる老師のお宅まで、“太極操=太極拳体操”を習いに行ってきました。

武術本来の実戦を重んじている伝統拳人口が減少している中、表演用太極拳とは別の形での発展を遂げていくような予感がする“太極操”。

中国の伝統武術愛好家たちが、大会用の競技套路を見て口にする、「あれは体操だ!」という部分が、より色濃くなって、一人歩きを始めています。


f0007580_23173690.giff0007580_23173690.gif
ま、それは、さておき。。。
呉式の名家“李秉慈老師”が太極拳を教える人たちに講習を行った時の内容でも。

競技用套路の制作に携わったのは、見掛けは難しそうでも、伝統拳に比べると練習を積まなくてもこなせるという利点がある⇒現代人の生活に則している⇒太極拳の発展は、社会とともにあって始めて可能になるのではないでしょうか。

1950年代。太極拳を習うといえば伝統拳。
その後、毛沢東主席の「体育運動を発展させて、国民の体力増加を図ろう。」というスローガンに簡化24式太極拳が応えることによってよって、太極拳=健身という発想が生まれました。

太極拳を習っていると、誰もが姿勢や方向などでの間違いを犯しています。放っておくと、それが癖になってしまうのです。それ故、“学ぶのは簡単でも修復するのは困難”、“一歩一歩、焦らずに確かめながらが重要”となるのです。

生徒に太極拳を教える時には、間違ったことを教えないように。先ずは自分の癖をチェックする。上体、腰、腿など。問題を発見出来なければ解決することも出来ません。

ある年配の人の質問。
「私は、自分では出来なくても、何が正しくて、何が間違っているかは理解しています。」

この問題については議論の必要もありません。
私たちは訓練の中において指導にあたらねばなりません。何度も正しい動作を示し、何度も示唆を与える。これこそが訓練ではないでしょうか。

あなたは、“分かっているけれど、出来ない”と言いますが、“分かっている=動作が完成している”ということになるのです。先に練習があり、理論は後からついてくるもの。沢山練習を積めば、理論も自然に深まっていきます。極めるということは、一歩一歩確かめながら慎重に練習を繰り返すということです。

ある人は、規定の動作を指して、“あんなにも緻密な要求は必要が無い”と言うけれど、円や四角といった明確な区別も知らずに、百人いれば百人の拳が存在してしまうという状態よりも、それぞれの拳式の特徴を早く掴むことが可能になります。
by takeichi-3 | 2007-12-23 23:30 | 太極拳 | Comments(0)

冬至の餃子。。。


今日は冬至。
冬至は24節気の中で、最も早く定められたものです。
一年のうちで一番昼が短い日。陰の極みから陽へと転じていく日。なので、ある意味では新年であるこの日は、吉日とされています。

中国北方地域に所属している北京では、この日に餃子を食べる習慣があります。

f0007580_22252574.jpg
ので、餃子専門店でもある東北料理屋さんに出かけました。この派手な壁紙は、東北独特の模様だそうです。

でも、来客たちを唖然とさせた事実が。
楽しそうにメニューから餃子を選んでいると、
「今日は餃子はありません。」
「今日は冬至だというのに、一体全体どういうこと?ここは餃子専門店でしょう!」
という一悶着の末に、席を立ってしまう人も少なからずいました。

理由は、「コックが休んでいるから。」
ありえない~ ^^;
f0007580_22263430.jpg頬が痛くなるほどに冷え込んだ今日。
冷え切った身体を温めようと、たった二人なのに二種類の鍋。

左は、東北名物の鶏肉と乾燥茸鍋。
左は、大根と牛スネ肉鍋。
f0007580_22575620.jpg

餃子は、お店の配慮で無料提供されたもの。
具は3種類あり、どれも美味でした。


f0007580_2227847.jpg


その中でも、意外だった組み合わせは“胡瓜と卵”
“美味しいけど、何だこれ?!”という食感でした。^^;
by takeichi-3 | 2007-12-22 23:09 | 北京体育大学 | Comments(4)