北京で太極拳

takeichi3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2008年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧

今日の色々。。。


f0007580_23162611.jpg
宿泊先のホテルの部屋はバルコニー付き。
だからといって、景色が良いわけではありません。

下に見えるのはレストラン。
朝から生ピアノの演奏をしています。
f0007580_23171072.jpg

メニューは中国&西洋料理。
今朝はこんな感じ。かなりな充実。

食後は、色々と仕入れに駈けずり回っていましたが、雪害の影響は大きく、どこに行っても品不足という感じでした。
f0007580_23305762.jpg

午後。気分は、
「人事は尽くした~」というか、「まな板の上の鯉」という心境。
f0007580_23312660.jpg


こんな時には、「苦しい時の神頼み~」
旧い街並みを通り抜けながら、白雲観(道教の総本山)まで。
f0007580_23411379.jpg
此処まで来たなら~と、足を延ばして馬蓮道までお茶の買い出し。

新しいお店の発掘がしたくなり、鉄羅漢を求めて、百は超えるお茶屋サンがある茶城内を訪ね歩いたのですが、なかなか見つからず。
f0007580_23421172.jpg

何とか捜しあてた岩茶専門店で、10種類ほどの岩茶を試飲させてもらいました~♪

午後6時過ぎ、ホテルに帰って、

f0007580_23533231.gifようやく、
昼食を食べていないことに気づきました。
by takeichi-3 | 2008-02-29 23:53 | 北京 | Comments(0)

2月28日。。。

f0007580_23173771.jpg

ホテルの前は北京駅。

早朝から、実にたくさんの人たちが、大きな荷物を抱えて行き来をしていました。
f0007580_23175563.jpg

駅前のスーパー。

店頭に並ぶ商品は、王府井で辺りでも売られているお菓子や北京ダックが、お土産用として山積み。

f0007580_23182047.jpg
朝、食事をおえてから体育大学周辺に。

地下鉄を城鉄(12号線)に乗り換えたホームで、初めて時刻表を目にしました。

運行時間は曖昧だけど、それなりの体面は保っています。
(^^)v
f0007580_2319482.jpg

ここは、体育大学研究生の宿舎。
4人の女子学生が暮らしています。

ちなみに、大学生の場合は6人部屋。
by takeichi-3 | 2008-02-28 23:33 | 北京 | Comments(0)

北京です。。。


f0007580_23315672.jpg

“中国功夫之星”という、
明日の李小龍や成龍を目指すコンテストビデオを見ながら、無事、北京に到着。


f0007580_23322859.jpg



午後10時過ぎだというのに、以前とは比べ物にならないくらいに明るい~\(0人0)/


f0007580_23325230.jpg


旅行会社手配の運転手さんの技術が高かったお陰で、高速スイスイ、30分程度でホテルに到着。

部屋は~、
f0007580_23454097.gif浴室丸見えです。


あ、前回の音楽“光良=記得我愛你”はコレです。
http://www.youtube.com/watch?v=iqlJ_CFAlEw
by takeichi-3 | 2008-02-27 23:42 | いろいろ | Comments(2)

成田空港で、、、光良(記得我愛你)


f0007580_17293572.gif飛行機の出発まで一時間ほど。

ま、音楽でも。。。http://www.youtube.com/watch?v=iqlJ_CFAlEw
忙しい時に、お手軽な“光良”
写真は、春節に里帰りした時のものだそうです。



記得我愛你

f0007580_17233825.jpg恋人们等星星老 我爱你天荒地老
能不能停在这一秒 多希望爱不乱跑

爱一生中不多不少 会有一次不得了
其实没有人比我知道 你就是我的不能不要
记得我爱你好不好 记得心最暖的拥抱

如果有一天 你过的糟糕 当你悲伤记得有我靠
有些爱最后才明了 有些爱一生遇不到
不管谁最后陪着你到老 记得有我

曾爱你这么牢 不变的心跳
如果黑夜太 我陪你日夜颠倒
爱一场该付出多少 因为你我不计较
人一生能浪漫几秒 抱着你我就知道

其实我不怕你走掉 如果已拥有这么多美好
有些爱最后才明了 有些人走了找不到
不管谁最后陪着你到老 记得有我

曾爱你这么牢 不变的心跳


f0007580_1731743.gifこの愛を忘れないで

恋人たちのだれもが 永遠を願うように
君への この思いは地の果てまでも続いてる
できるなら いまこの時を 留めておきたい
本当に 君だけを愛している

この愛がいつまで続くか 時が経たなければ分からない
永遠じゃなくなることもあるかもしれない
でもね 誰よりも僕が知っていることがある
君は僕にとっては なくてはならない人

僕が君を愛しているってことを忘れないで 
心まで包み込んでいる抱擁も
もしいつか 君についていないことがあって
悲しくなった時には 僕を頼っていいんだよ

この愛がいつまで続くか 時が経たなければ分からない
永遠じゃなくなることもあるかもしれない

人生の最後に 君が誰の傍らに寄り添っていようと
変わらない気持ちで愛し続けている
僕がいることを 忘れないで

不安な夜を過ごしている時には
僕が君を陽射しの下へ連れて行ってあげよう
愛ってどれだけを与えらることかもしれない

ある一瞬に 突然 気づかされる感情がある
例えば 君を抱きしめた時
僕は 君を失うことの怖さを知ったんだ
こんなにも素晴らしすぎるときめきを

この愛がいつまで続くか 時が経たなければ分からない
永遠じゃなくなることもあるかもしれない

君が人生の最後に 誰の傍らに寄り添っていようと
f0007580_17313247.gif君を変わらない気持ちで愛し続けている
僕がいることを 忘れないで
by takeichi-3 | 2008-02-27 17:34 | 中国映画音楽 | Comments(0)

緊急事態。。。


f0007580_233471.jpg
明日から暫く不在となるので、
冷蔵庫捜索隊出動。

要は、残り物をくまなく使って料理を作ったというだけなのですが、いつもより品数が豊富になりました。(o^0^o)Ψ

茹で落花生は、五香粉と紹興酒で中国風に仕立ててあります。
f0007580_2374646.jpg
そうこうしているうち、
現在来日中の老師に北京体育大学で太極拳を習っていた知人から、無農薬&手作り(?)の“はるみミカン(⇒清見とポンカンを掛け合わせた品種)”が到着。

初めて食べる、はるみミカン。
房の囲りの皮はとても柔らく、外側の皮を剥くだけでOK!
美味です!!!


で、老師にも是非味わってもらおうと、“はるみミカン”と“茹で落花生”を持って練習に向かったのですが。。。

夕方、帰宅して北京から届いたメールにビックリ!
2月22日から操業開始をしているはずの工場。工員さんたちは南方人。
この冬の雪害の影響で、列車が動かないので帰って来ていないとか、、、
停電の影響で電話も繋がらないそう。

大混乱しております。( _ _ )...
by takeichi-3 | 2008-02-26 23:29 | いろいろ | Comments(0)

北京に。。。


f0007580_2331131.jpg

明後日から6日間ほど、北京に行くことになりました。




f0007580_23312787.jpg



こなさなければならない仕事はいっぱい。
ので、太極拳を学んでいる時間はとれそうもありませんが、、、


f0007580_2331419.jpg


オフシーズンの今、
通常利用している飛行機代金で、ホテル付きフリーツァーが可能です。

久し振りの湯船付きホテル。嬉しい~♪
by takeichi-3 | 2008-02-25 23:47 | いろいろ | Comments(8)

カンフーレディー。。。懐かしい


f0007580_23262458.jpg
友人からのメールに、
1980年に“開け!ポンキッキ”の中で歌われていた“カンフーレディ”の映像アドレスが、、、

http://jp.youtube.com/watch?v=Zo-tpI-BQRk

f0007580_23283068.jpg大きく胸に吸う息は 静かに空へ返すべし
ピカリッと光る稲妻に 一陣の風吹き抜ける
舞えよ竜巻カンフーちゃん 海に生まれたドラゴンよ

一二三四(イーアルサンスー) 
五六七八(ウーリョウチーパー)
健康第一(チェンカンティイー) 
気分爽快(チーフェンシャンクヮイ)

呼べよ嵐よカンフーちゃん 海に生まれたドラゴンよ
大きく胸に吸う息は 静かに空へ返すべし
何を夢見るカンフーちゃん 花のように美しい

一二三四(イーアルサンスー) 
五六七八(ウーリョウチーパー)
東南西北(トンナンシャーペイ) 
春夏秋冬(ツェンシャオチョオトン)
青椒肉絲(チンヂャオロースー) 
営養充足(インヤンツォンツー)
交通安全(チャオトンアンチュエ) 
用火小心(ヨンホアシャオシン)
一二三四(イーアルサンスー) 
五六七八(ウーリョウチーパー)
麻婆豆腐(マーボウトーフー) 
十全十美(スーチェンスーメイ)
兄弟姐妹(ションリーシーメイ) 
七転八起(チーツェンパーチー)

※無理矢理四文字熟語(?)の発音は、広東語なのかなぁ~???
※表演しているオジさんは、松田隆智サンだそうです。
f0007580_23544442.jpg
この曲が流行った頃には、まさか自分が武術を始め、表演写真が「武王」や「武術」といった雑誌に載るとは思っていませんでした。

というか、スポーツ嫌いだったし~ ^^;

ついでに、
“気持ちは分かるんだけど~”というような映像も見つけてしまいました。

http://jp.youtube.com/watch?v=bw1P-TVnJg8&feature=related
by takeichi-3 | 2008-02-24 23:38 | 太極拳 | Comments(8)

糖分礼賛。。。


f0007580_22472687.jpg昨晩は、午後9時過ぎにチョコレートパフェを食べてしまいました。(^^)v

そして、
話題のキャンデーも買いました。v(^^)v

最近見たCMに、
「頭には甘いものが必要!」というものがありましたが、、、
f0007580_22483040.jpgf0007580_22542037.jpg

糖分が少ないと脳の働きが悪くなり、仕事の能率や勉強の能力が下がってしまいます。
脳が蓄えることが可能な糖分は少な目。すぐに使い切ってしまいます。そのため常に糖分を補給しなければなりません。

糖分は筋トレにも重要な栄養素です。
糖分は、体を動かす運動のエネルギーになります。糖分が不足した状態で筋トレを行うと、体内のタンパク質を糖分に変えて代用してしまいます。ですから、逆に筋肉が痩せてしまう事になります。 トレーニング前には、糖分を摂取するように心がけましょう。

甘いものを食べた後の脳波は、脳がリラックスした状態になっています。
何故なら、気持ちを寛がせたり、ストレス解消に役立つ“「エンドルフィン”ホルモンを分泌させる効果があるからです。そして、安眠促進作用もあるので、寝る前に砂糖入ミルクを飲むと熟睡できます。

甘いものが老化防止に役立つという説もあります。
アルツハイマー型痴呆症患者が甘いものを好む傾向にあるのは、脳へのブドウ糖供給不足を補おうと、体が自然に欲するからだと考えられています。脳の唯一のエネルギー源であるブドウ糖の不足が続くと、老人性痴呆症になったりする危険性があるといわれています。

けれど、実は、
調味料としての砂糖を指して糖分と限定するなら、必要はありません。
脳の栄養となる糖分、正確にはブドウ糖だからです。
ブドウ糖に分解される糖分とは、一般にいう炭水化物(糖質・でんぷん質)を指しているので、砂糖から取らなくても、お米・パン等を普通に食べているだけで問題はありません。


f0007580_23141630.jpg

とは言っても、
甘いモノの誘惑には勝てませんネ。


f0007580_2302347.gif
by takeichi-3 | 2008-02-22 23:05 | いろいろ | Comments(2)

…(((((・_・;)。。。講習会最後

f0007580_23344016.jpg

23時間近だというのに、まだ埼玉にいます。

呉式最後の講習会。
一時間ほど、老師を囲んだお茶会など~(*^.^*)

特別な話はなかったけど…
老師の言葉でも…

「先生に教わった通りを、なぞって動いているだけでは上達しません。
その動作にはどんな攻防があるのか?その為には、どのように身体を使ったらよいのか?
それを考えた練習をしなければ、レベルアップは不可能です。
楊式、呉式~は、先生の模倣から抜け出すことによって生まれたのです。」

楊露禅に、
「天に誓って、私の技術の全てを、一つとして隠さずお前に伝えた。」
と言われた全佑は、師に応えて呉式の基礎を築いたし…

大らかな気持ちがないと、武術は発展しないのかもしれない。(. . )。。。
by takeichi-3 | 2008-02-21 23:34 | 太極拳 | Comments(0)

ホワイトデー。。。準備開始!


f0007580_22582858.jpg
夜からの練習の帰りは、午後10時前。

3月14日のホワイトデーまでには間があるというのに、帰り道にある、行列のできる“飴屋サン”は残業中。

まだ食べたことがないので、今度挑戦してみようかと思います。

因みに、ホワイトデー。
“全国飴菓子工業協同組合”の発案により1980年にスタートした習慣だそうです。
日本に影響を受けた韓国でも、この習慣が広まりつつあるそうです。

日本以外の国のバレンタインデー。
一般的には男女が互いのチョコレートや花をプレゼントする日だとか。

中国人が日本のバレンタインデーを解説した文章がありました。

日本のバレンタインデーには欧米各国とは一味違ったものあります。この日、日本ではチョコレートは欠かすことができないものです。

日本にこの習慣を持ち込んだのは、神戸のモロゾフ。1936年のことです。
宣伝開始第一回目のバレンタインデーに売れたチョコレートの数は3塊。

その後、1958年にメリーチョコも参戦。
この時に、新宿伊勢丹が呼応して、「バレンタインには女性から男性にチョコレートを送ろう。」というキャンペーンを開始。“女性が、片思いの相手に恋を打ち明けるチャンスの日”というイメージが作られました。

当時は、まだ、男尊女卑の傾向が強かった時代。恥ずかしくて直接告白出来ない気持ちをチョコレートが代弁してくれるというこのスタイルは、またたく間に受け入れられました。

f0007580_23484934.gif本来は西欧で始まった習慣ですが、現在では、日本固有(チョコレートを贈る)の習慣が主流(中国、韓国)になっています。
by takeichi-3 | 2008-02-20 23:49 | いろいろ | Comments(2)