北京で太極拳

takeichi3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2008年 11月 ( 30 )   > この月の画像一覧

怒られた~.....((((((((((/-_-)/


今日は、陳式の講習会に行ったり~。。。
本当に、久~し振りにチェックを受けたりしたので、、、
「力が抜けていない」、「頭をもっと上に」、「座りが足りない」、「腕は動かさない」などなど、、、
いつもブログに書いている事項の全てを指摘されて帰って来ました.....((((((((((/-_-)/

これも注意されたことですが、、、「発力は短く」だそうです。


f0007580_23545440.jpgこちら、昨日登場した崔仲三老師が楊式56式の攻防を解説している映像があります。
興味がある方は、是非、お出かけ下さい。
http://v.ku6.com/special/index_2058396.html
by takeichi-3 | 2008-11-30 23:42 | 太極拳 | Comments(1)

太極拳の発展性。。。


f0007580_23191241.jpg
今年九月末に、雑誌《中华武術》が北京で催した“中华武术大学堂第三期太極拳名家講堂”。この活動には、陳式、楊式、武式、呉式、孫式、和式の太極拳の六大流派の名家が集中全天講義を行った。その際に新浪からインタビューを受けた楊式第五代伝人崔仲三老師が語った“太極拳と武術の発展”


f0007580_23462849.jpg



新浪体育:
現在の中国では、太極拳は中老年人が公園で行う運動だと思っている人が数多くいます。
青少年たちは、武術よりも筋肉を鍛えることやテコンドーのような実戦に即したものを選ぶ傾向にあり、太極拳を選ぼうとする人はほんの一握りにすぎません。こういった現状をどのように考えていますか?

崔仲三:
青少年は太極拳に対し二つの間違った考え方をしていると思います。
一つは時間の間違い。彼らは自分自身が若いと思っています。
そのせいで、「太極拳は老人になってから始めればいい。」と思いがちです。
そして又、太極拳は老年者のものという発想もあります。これらの観念によって青少年の参加がなくなってしまうと、太極拳が広汎に普及発展する際の障害になります。

オリンピック開会式で2008名の学生たちが行った太極拳集体演技は、人々に深い感銘を与えました。これを見た人々は、きっと、「これが太極拳か。なんて綺麗なんだろう。」という気持ちを抱いた人が数多くいたようです。

今回の“名家講堂”には外省や国外からも多くの人が来てくれました。
参加者の殆んどが、太極拳は中国文化の伝承を担っていると認識できたことでしょう。
これをきっかけに、青年たちは太極拳への不正確だった見方を変えることが出来たのではないでしょうか。太極拳を練習することによって自分自身の身体能力を上げることができると同時に心理状態を穏やかに保つ効果があることを実感できたようです。

今までに何度も語ってきましたが、太極拳の根本は協調です。天と人との合一です。
動作の協調一致を追究⇒上下相随の追及⇒自身が心身ともに自然状態となることを目指す。
太極拳は滞ることなく生涯追求し続けることが可能な運動です。

現在、公園をはじめとした町のあちこちで見かける太極拳の練習方法が全てだと思っている人がいるかもしれませんが、決してそればかりではありません。国外のスポーツクラブの中には太極拳のクラスがあります。それは産業効果をも併せもっています。そのような場所で、青少年たちの関心を集めるような努力をすれば、間違いなく太極拳は発展し続けることが可能となるでしょう。

太極拳は有酸素運動です。その動きは柔和でユッタリ、連貫しています。
これは、人々の心理状態を穏やかにする作用があります。
現在社会を生き抜く人々は忙しいので、色々な場面でストレスを感じています。
誰も皆、運動によってストレス解消が可能だということを知っています。
その中でも、太極拳は心が平静な状態で行える身体鍛練という特異性により、広く人々に受け入れられていくことでしょう。

北京オリンピックの開会式で演じられた武術表演の予行練習風景だそうです。
人数の多さに眩暈がしそう~((((((((^^;

by takeichi-3 | 2008-11-29 23:45 | 太極拳 | Comments(0)

五穀について。。。


f0007580_23461819.jpg中国で知られている五谷雑糧の効果。

元気をつけようとする時、人は一般的に肉を連想しがちですが、私たちが普通に食べている五穀雑粮も捨てがたい効果を持っています。中医には“薬食同源”という言葉があります。五穀には薬性(病気を防ぐ)、経済負担が少ない、副作用がないといった利点があります。

米、又はモチ米:
益气を養う。脾と胃を健やかにする。室内の暖房や空気が乾燥している冬季、朝夕お粥を摂ると口の渇きが治まる。

粟:
脾と胃に作用する。脾と胃の熱を摂る。体力が衰えている時に摂るのが良い。粟粥を煮ている時に浮かんでくる俗称“米油”には栄養が豊富に含まれている⇒“米油は人参湯に値する”

小麦:
脾と腎を養う。精神を安定させる効果がある。不眠症の人は小麦、大米、枣を一緒に煮て粥にすると良い。小麦によってつくられた麸には多くの食物繊維が含まれているので、高脂蛋白血症、糖尿病動脈硬化、老年性便秘、結腸癌などを予防する。

玉米:
脾と潤い。胃、益気効果がある。血液循環を良くする。トウモロコシに含まれるアミノ酸には酸化防止作用があり血管の汚れを払拭してくれる。高血圧防止、冠心病にも積極的に作用する。それ以外にも、利尿作用、低血糖作用があるので糖尿病患者には適した食品。アメリカ人科学者による「、トウモロコシを食べると脳細胞を刺激して記憶力を増強させ、その上、黄体素と玉米黄質が老年に多い眼病である黄色斑性を予防する。」という研究発表がある。

大豆:
脾に作用する。脾と胃の虚弱者は常食すると良い。豆腐を始めとした大豆加工食品があるのが、全てに効果がある。豆腐には寛中益气、清热散血,痰热咳喘、伤风外感、咽喉が腫れている人が食べるのに適している。
by takeichi-3 | 2008-11-28 23:45 | いろいろ | Comments(0)

“葉問=イップ・マン”。。。


f0007580_2346482.jpg

12月19日から中国で劇場公開される映画“葉問=イップ・マン”
http://ent.sina.com.cn/f/m/ipman/index.shtml
その公式予告編です。



武術監督を務めた“洪金宝=サム・ハン・キンボ”説明による詠春拳。


f0007580_23435294.jpg 宗师逸事
叶问个子矮小(约1.63米),但身体非常健壮,尤其前臂异常精壮。叶师是光头,但不完全精光,好像一块天鹅绒。他从 不留胡须,举止斯文大方、潇洒轻盈。会被人当作“当铺里的掌柜先生”或是“私 塾老师”,绝对不会想到是武林宗师。但唯一暴露的,是他走路快得能用“身轻如燕”、“日行千里”来形容,还有他的那双眼睛,又大又圆,精光四射,就像要看穿人,叶师武功高强但不擅言词。邀请他大声演说比请他打一套拳还 难。在人少时,请叶师随便讲几句话是很容易的事,但若要他老人家在大庭广众之下讲几句,他便会感到“口干舌燥”。象一个普通的腼腆的人。叶问宗师虽不喜多言,但生性诙谐善谑。他是世家子弟出身,颇注重仪容清洁,喜穿深色长衫,即使平时也身着深色中式短装。叶问从不喜欢像其他的武师一样“身穿精武装,腰束纱带,脚踏精武靴”的打扮。
叶问一生性情耿直,绝不把功夫当成商品出售,更不厚此薄彼。李小龙早期由熟人介绍到叶问门下学武,后来武功出众,到海外自己发展。后期李小龙成名之后,曾提出以一层楼的代价换叶问全套木人桩谱,遭到叶问婉拒。
有人说,如果不是当年叶问来香港教拳,泳春拳这三个字就不会在香港如此流行,李小龙与梁挺也不会有今天的声望。更不会在短短二十年内有如此多的外国高手改学咏春拳。除了李小龙,叶氏门下明星众多,据说,王家卫、梁朝伟(资料:影片《叶问》背景-宗师叶问逸事 听歌)、周星驰(资料:影片《叶问》背景-宗师叶问逸事)、狄龙等也曾师从叶问儿子学武。
by takeichi-3 | 2008-11-27 23:45 | 太極拳 | Comments(0)

中国各地の武術大会。。。


10月から11月にかけて、中国の各地で武術大会が催されていたようです。

これは11月22日に催された“全国武術套路大会”の伝統器械優勝者による酔剣。



f0007580_23285588.jpg10月29日。“全国農運会” 武芸の高さと強さで観客の眼を奪った重慶代表の対練写真。

女子は雲南代表。

10月17日。楊式太極拳の故郷、“永年県”で開催された“国際太極拳運動会”
8歳の少女が演じる伝統楊式刀が話題になっていました。
f0007580_23354966.jpgf0007580_23524846.jpg

この目で直に見てみたい~と思わせる写真映像ばかりです。
by takeichi-3 | 2008-11-26 23:45 | 太極拳 | Comments(0)

呉京主演“狼牙”&CHAMPION KUNFU


f0007580_2327980.jpg
新しい武術映画発見。“奪標=CHAMPION KUNFU”
ある武術隊を題材にした物語。

ベルリンオリンピックに中国初めて選手団を派遣するに際して、そのデモンストレーションに武術表演をしようと計画。中国国術館館長は選抜試合を開催して参加者を決めることに~

色々な拳式が楽しめそうです。(^^)v
http://www.mtime.com/movie/80324/#menu



f0007580_2328521.jpg
そして、呉京のアクション映画“狼牙”
個人的には、この手の映画は苦手なのですが、、、

初めて監督を務めたとか、、、話題になっています。



今日もまた忙しくて、、、m( _ _ )m
by takeichi-3 | 2008-11-25 23:43 | 中国映画音楽 | Comments(0)

伝統拳の表演会に行ってきました。。。


今日は、以前から顔見知りだった伝統拳老師が主催する「崆峒派」の交流大会に。。。
http://homepage2.nifty.com/koudouha/index.htm

f0007580_23201537.jpgこの崆峒派を日本に広めたのは燕飛霞老師。
中国サイトでの検索ヒットは相当な数になります。

七、八十年代。中国武学界で注目を集めた人物。
16歳の時、第一回全国武術大会(1956年)で優勝。17歳の時、ミャンマー開催の第一回世界武術大会で5種目優勝。当時、5大伝統門派(崆峒、少林、武当、峨嵋、昆倫)の中で最も若い掌派人だった。

中国武術愛好家のブログの中には、「当時は憧れの存在だった」というコメントも見かけました。
f0007580_23232794.jpg
静かな動きの達磨神功に始まり、
徒手だけではなく太極球や梅花扇子、実践剣など、年配者から若者たちまで様々な年齢の会員サンたちが楽しそうに参加表演。

久しぶりの伝統拳を堪能しました。
f0007580_23234690.jpgf0007580_2324990.jpg

会場となった新宿区コズミックセンターと隣あった新宿区スポーツセンター。
かつては、週末ともなると中国からやってきた数多くの老師の教室が主宰されていましたが、、、利用者の多さや使用料、条件の変更などもあって、別会場に移ってしまった教室も少なからずあるようです。

こちらは、以前、よく見かけた老師。

by takeichi-3 | 2008-11-24 23:45 | 太極拳 | Comments(2)

映像で見る詠春。。。


f0007580_23252865.jpg
最近のサム・ハン・キンポ。
「出過ぎです~」というくらいに、活躍しています。

これは、連続テレビドラマ、“咏春”
詠春拳の中興の祖と言われる梁贊とその息子たち、そして彼らを取り巻く人々を描いた話題の長編連続ドラマ。謝霆鋒(ニコラス・ツェー)主演。映画版の主演を務めた元彪(ユン・ピョウ)と監督の洪金寶(サモ・ハン・キンポー)が出演しています。

広東省佛山で医者をする梁贊(ユン・ピョウ)は、情に厚く腕も確かで人々から慕われていた。彼には梁壁(ニコラス・ツェー)、梁春という二人の息子がおり、長男の梁壁は自由奔放な性格で武術好き、しかもその人並みはずれた才能は天性のものだった。友のためならたとえ火の中水の中、どこへでも恐れずに飛び込むというくらい強い正義感の持ち主ゆえに、彼のまわりには遊び仲間が多い。その中には往々にして良からぬ輩もいて、彼らの悪影響を受けているのが玉に瑕だ。一方、二男の梁春は温厚で真面目な性格で、学問も良くできる。だが生来の病弱で武術などはもってのほか、と兄とはまったく違うのタイプだった。
そんな相反する性格の息子を持つ梁贊は、詠春拳の達人でもあった。彼は師から「詠春拳の継承者たる者は、智慧、仁愛、勇気、これらをすべて備えた人物でなければならない」という遺訓を言い渡されていた。二人の息子を見れば、どう考えても武術の素質では梁壁を跡継ぎにすべきだと思うものの、その放蕩息子ぶりはまさに我が身の若い頃を見るようで…。

サイトでは、映像を全編見ることができるようですが、、、(^^;
http://video.sina.com.cn/movie/teleplay/yongchun/index.html
こちらは主題歌。。。



こちらは、ミシェル・ヨー主演の映画“詠春=詠春拳”の中から、私の好きな場面です。


詠春拳(えいしゅんけん、永春拳)
広東省を中心に伝承されていた徒手武術を主とする伝統武術で、少林武術を祖とし、一般的には短橋(腕を短く使い)狭馬(歩幅が狭い)の拳法であるとされている。200年~300年の歴史があると考えられている。拳法を中心技術として刀術と棍術とを含むが、伝承された型を分析すると、むしろ刀術と棍術を基礎として、それを徒手拳法に応用した部分も多く見受けられる。練習に人を象った木の人形(木人樁,もくじんとう)を使用することでも有名である。
by takeichi-3 | 2008-11-23 23:29 | 太極拳 | Comments(4)

本日休業。。。


風邪を引いたのか体調不良です。
ので、本日はお休み。。。m( _ _ )m

中国のR&B、JAZZシンガー“順子=SHUNZA”でもお楽しみ下さい。


11月18日に発売された“SUNRISES”
http://www.yy8844.cn/ting/wvs/nmmoen.shtml
by takeichi-3 | 2008-11-22 23:14 | 中国映画音楽 | Comments(0)

意識と丹田内転。。。


f0007580_23125622.giff0007580_23141057.gif
呼吸による下丹田の内転。
武術的にもですが、「太極拳は身体に良い」となるための要因でもあります。

太極拳は身体の動きと丹田内転が結合した運動です。
大架であっても小架であっても同じ回転運動が要求されています。

昔から言われていることですが、 “以意行気、以気転身⇒意識で気を動かす、気で体を動かす”、“始而意動、即而気動⇒初めに意識が動き、それから気が動く”といった言葉が示すように、太極拳を練習するには意念と呼吸の協調が必要です。

特に“丹田気動“⇒丹田(腹部)神经を脳神経(意識)の指示の下、吸気を利用して内転させる(防御=蓄)⇒丹田からエネルギー(劲)が生じている感覚が脳へと伝達されていく⇒脳神経(意識)はエネルギー(劲)が向かう方向を指示する⇒呼気を利用して攻撃(発)へと転じる⇒協調一致したエネルギー(劲)の運用が出来る。

“内不動、外不動⇒内側が動かなければ、外側は動かない”、 “腰不動、手不発⇒腰が動かなければ、手は動かない”
攻撃に際しては、丹田の内気の震動が一気に外側に伝わっていく。
旋腰転脊も丹田を核としての整体運動をしている。腹部臓器を通り過ぎる時には、これを自然にマッサージしてその機能を高めている。
吸气には身体を松沈させる効果がある。これにより神経系統もリラックスしやすくなる⇒穏やかな状態(禅の境地)で全身を意識支配の下、協調一致した運動をすることができる。

肉体(筋肉)の中に太極拳は存在しない。
意識によっての協調一致⇒太極拳⇒ “一動無有不動,一静無有不静”。
そして、この協調一致運動の核心となるのは、小腹(丹田)が描き続ける円によるエネルギー(劲)⇒“抓住丹田練内功⇒丹田を鍛えて内功を自分のものとする”⇒その円は上下、左右、前後、斜めといったあらゆる方向に描かれる。
by takeichi-3 | 2008-11-21 23:43 | 太極拳理論 | Comments(0)