北京で太極拳

takeichi3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2009年 06月 ( 28 )   > この月の画像一覧

尾閭中正。。。

f0007580_22192354.jpg
微妙に雨がポツポツ~でしたが、、、
久し振りの夜屋外練習、無事に終了しました。

帰り道。いけないとは知りながら、、、
“半額!”という誘惑に負けてしまいました。

ま、明日も練習の予定があるから、イイかしら。(#^_^#)

f0007580_22242084.giff0007580_22243726.gif
今回、北京で習った拳式は、陳式、陳式短棍、八卦掌、武式。
“普段の練習(総合拳、24式)に役立つのかしら~?と懸念していましたが、“太極拳の精華”と呼ばれる武式。かなり役立ちました。

呉河清(禹襄)が、習得した楊式、陳式(小架)を基に、王宗岳の太極拳論を研究実践しながら編み出された武式。

上半身への要求
提頂(=虚領頂劲)、含胸抜背、沈(松)肩が完成されることによって、吸気は自然に下丹田に落ちていき、それと同時に股関節は圓裆を形成し尾閭は自然に収まり(=尾閭中間=立腰)立身中正が完成する⇒気沈丹田の完成。

身法を学ぶにあたっては、なによりも尾閭中間を大切にしています。転身も尾閭によって行われるべきだと。
鳥や魚は方向転換に尾を利用しているし、、、( ' ' )~~~
有名な合気道家も金魚を見続けて動きを活かしたというし、、、( ' ' )~~~

上半身の要求(立身中正)が満たされさえすれば、下半身は自然に放松。重心は踵に自然に落ちていき、落ち切ると反動から自然に蹴り出しが生じる。

それぞれの要求が結合されて一つの身法になり得るのであって、その一つでも欠けてしまうと意味が無い動き(劲力が無い動き)になってしまう。

という武式の基本。全ての拳式(内家拳)に役立ちます。
by takeichi-3 | 2009-06-30 23:38 | 太極拳理論 | Comments(0)

あ。急がし、、、長途伴侶(劉徳華=Andy lau)


f0007580_22591028.jpg
成田に着いた時には、既に空腹気味。
その後、“何を食べようかな~”と乗り継ぎの車窓からキョロキョロと外を見回していたのに~下りた場所の一番近くにあったのはパン屋。

一食目は、“コロッケパン”になりました。
f0007580_22594774.jpg

友人が送ってくれた鯵の干物が届いたのでコシヒカリを購入。
納豆、生卵~と、朝ご飯みたいな夕ご飯。

さ。。。明日から、又、いつも通り。
月曜日、長拳練習からスタート。
飛べるかしら。(--;)?????


f0007580_0462771.jpg長い不在。
今日一日、流石に忙しく過ごしていました。

合間に、劉徳華(andy Lau)のアルバム“Love Hope”を。。。
広東語が苦手(北京語に比べて滑らかさが無いような~)なのですが、メロディーが綺麗なので違和感が全くありません。

香港の飲料メーカーのCM(烏龍茶)に使われている、≪長途伴侶≫
歌詞は、人と人とのつながりを、時間をかけて熟成醗酵される中国茶に例えています。
中国の茶処“福建省”の客家で撮影されたようですが、、、行って見たい~




by takeichi-3 | 2009-06-28 23:27 | 中国映画音楽 | Comments(0)

武式規定46式。。。


f0007580_224574.jpg
東京。暑いです。。。(((((^^;
北京で、6月の観測史上最高気温(39.6度~場所によっては42度)という暑さを経験したせいで、“あの日よりはマシ~”と思ってしまいましたが、、、

今年最高の気温だったそうです。
f0007580_2252583.jpgf0007580_2255035.jpg


6月8日からの三週間は、武式規定46式を習ってきました。
歩幅も動作も比較的小さめの前半。
「これは疲れなくてイイカモ~」と油断していたら、後半のバランス技がキツイこと。
※示範は、太極操の邱慧芳老師⇒北京理工大学太極拳講師。



伝統系だと、こんな感じになります。
聞くところによると個性が認められている(?)らしく、
小柄な老師が並外れて大柄な生徒に、
「お前以上に大きな敵など滅多にいないのに、肘を突き上げるようにして掌根を力点にするという方法では意味がない。」
と、身型の変化を求めた~という話が残っています。

by takeichi-3 | 2009-06-27 22:40 | 太極拳 | Comments(0)

真夏の卒業式。。。


f0007580_19245484.jpg
昼間近。真夏の日差しの中で練習をしていたら学生たちの歓声が~。昨日が卒業式と思っていましたが今日でした。(^^;

散打の練習をしている向こうでは集合写真を。
保護者たちも我が子の晴れ姿を写してしました。

留学生宿舎の前もまた、華やか。
※K山クン。卒業しました。\(^O^)/
f0007580_19255513.jpgf0007580_19264871.jpg

f0007580_1934373.jpg
明日は最後の練習。
昨年の昨年の12月から、北京&日本で大半の日々顔を合わせていた老師ともお別れ。

慣れ親しんだ学校東南側にある、屋台が並び縁日のようになっている風景ともお別れ。

後ろ髪を引かれる思いです。(T_T)...

f0007580_19355486.jpgf0007580_19362649.jpg
by takeichi-3 | 2009-06-25 19:43 | 北京体育大学 | Comments(0)

北京、37度。。。


f0007580_19161563.jpg午後2時。
タクシーのラジオから流れるニュース。。。
「現在の気温は37度。」
おぁ~。。。(後日、40度だったと~)

下車すると、
ドライヤーから吹き出してくるような熱い風が。。。

通りを歩く人の数も僅かです。(^^;

f0007580_19202525.jpg
朝から、それなりに暑かったのですが、、、
今日は、研究生(大学院?)の卒業式。

そこかしこで記念撮影。
羽織っている黒い上着が暑そうでした。

※ゴルフ班の姿、初めて見ました。

f0007580_1925344.jpgf0007580_19262289.jpg
by takeichi-3 | 2009-06-24 19:28 | 北京体育大学 | Comments(1)

熱いです。。。


f0007580_1836306.jpg
35度超えが予想されている今週。
今朝の天気予報によると、明日の最高気温は38度とか。

6月にしては気温が低い日々が続いていて助かっていたのですが、最後の最後に~(T_T)。。。
f0007580_18411873.jpg

とはいえ、さすがに体育大学。
「暑さなんて、撥ね返せ~!」とでもいうように、

校内に飾りつけらている幟には、
“毎日半時間の運動(ジョギング)が快適な生活と生涯の健康につながる~”と。


f0007580_18461940.jpg

不定期で、時には昼下がりに行われていた補習授業も、ここ暫くは午前11時から。場所も、木陰が多くて風通しの良い場所に変更。

同じ時間、同じ場所。
私たち以外に、やってくる顔ぶれも同じ。
キツツキの親子に喜鹊(xi que)

あ。。。こんな生活も、あと三日~。。。
f0007580_18491862.jpgf0007580_1851425.jpg
by takeichi-3 | 2009-06-23 19:08 | 北京体育大学 | Comments(0)

北京体育大学で太極拳。。。


f0007580_21585264.jpg
昨日の日中、ネットカフェのクーラーの風が当たる席に長時間いたせいか、気温が急上昇した今日の練習の辛かったこと。

基本功も、套路練習も筋肉痛にさいなまれていました。疲労感も強く、再びの南瓜粥。
f0007580_21594957.jpg
夕方。
宿舎前のあちこちにバトミントンをする学生の姿が。 

少し前まで行われていた早朝活動のエアロビクスが夕方のバトミントンに変わったのでしょうか。(--)。。。


f0007580_2239322.jpgf0007580_22394672.jpg
通常、北京体育大学太極拳班の老師は黄康輝老師が担当しているのですが、6月7日より一か月の海外出張。

その間の代行は宗維潔老師。


これは、滅多にないチャンス~☆
と、昨日やってきた知り合いの目的。

で、、、
ここで改めて判明した、北京体育大学の留学生班参加学費など。
一学期(半年)⇒10,000元、一か月⇒3,000元、一週間⇒750元
上記以外に、個人レッスンやグループレッスンも可能です。

で、宿舎費。留学生事務所を通すと、
一学期以上⇒60元(S)、80元(T)
上記以外⇒150(S)、180元(T)

隣に併設されている“体育大学賓館”
通常⇒160元(T)
閑散期⇒120元(T)

※ちなみに、賓館を通した部屋には、湯沸かし、タオル、シーツ交換、掃除つきです。
※予約不可。当日直接受付に行って、空いていればOK!(笑)

機会があったらご利用ください。m( _ _ )m
by takeichi-3 | 2009-06-22 22:43 | 北京体育大学 | Comments(0)

失礼しました~民間(伝統拳)老師②


f0007580_19411842.giff0007580_19414334.gif
昨日、老師から紹介された老師のことを調べるにつれ、
半端ではない人物だと~(^^;


f0007580_19425570.jpg王世祥(京城隠士)
河北省三河县生まれの78歳

1945年。通臂拳大師張策老師(北京)の弟子だった王殿元老師に五年間五行通臂拳を習う。

1951年。形意・八卦大師駱興武老師の下で十年近く修行。苦練の後、全てを伝授される。その後、それに甘んじることなく会得したことを基本に手法の変化と攻防を研究し続けた。

駱老師は死の間際に独立(自分の派を作る)することを許した。

自分なりの基礎を築いてからは、武术界の友人たちと技を磨きながら実証を繰り返した。その過程で、相手を傷つけそうな場面に出くわすと、手を止めるので自身が傷つくこともあった。

「誰かと組み合うのは自身の拳を検証すると同時に相手の長所を学ぶ為。勝ち負けにこだわると心のバランスが崩れるし、勝敗は武術界の団結に悪影響を与える。“天下武術一家”。各家それぞれ表れが異なっても、到達する場所は同じ。どの流派も優れている。本物か偽物かは手を合わせてみれば直ぐに分かる。」と、、、

老師は武術の伝統性を大切にしている⇒実践的武術

老師が主張しているのは、
「武術の発展は、伝統の基礎があってこそ。その歴史を顧みても拳が改変したということはない。生徒が老師の技術を全て習得した後、それを研鑽し続ければより優れたものになる。そして、時には、先人が思いも及ばなかった技法を編み出すことになる。」

老師の指導方法は開放的。指導を希望する人には誰彼の区別なく指導する。
「門内、門外の区別はしないのですか?」という質問に。

老師は笑いながら、
「私にはこれといった特別な能力はない。ただ功夫と経験があるだけ。それは、誰でも功夫を心掛けていれば手に入るもの。私がどんなに教えても練習しなければモノにはならない。あなたち(生徒)には分からないかもしれないが、誰にでも教えているとはいえ、教え始めてから暫くは生徒を試している。そのうち、私の目に適った者にのみに指導を与えている。通常は、習い始めてから三年は基本練習。その間に、武術を本当に愛しているか、良い素質(性格)を持っているか、我慢強く練習を続けていけるかを見極める。三年を過ぎた頃が本当の入門期。それからが本当の指導の始まりになる。」

老師の武侠談、
ある日の夕飯後。宣武芸園内で練習していると二人の中年男性がやって来た。
「バトミントンをやるから場所をあけろ。」と、、、
老師は二人に理を諭したが従わず、酒気を帯びていた二人は老師に向かい手や足を出してきた。自身は手や足を出さずに身をかわすだけ。二人はその服にすら触れることもできず息が上がり、最後にラケットを投げつけてきた。が、これも軽くかわしてしまった。
そうこうするうちに人垣ができ、誰かが警察を呼び事なきを得たが。。。

後から、この様子を伝え聞いた弟子たちが、
「この二人を見つけ出して懲らしめなけらば。」と言うと、
「やっつけようと思ったら、ちょっと手を出すだけで簡単に終わっていたよ。彼らは普通の人(武術家ではない)。私に怪我をさせることもできない。武術家が手を出すとなると大怪我だけでは済まないこともあるからね。練武術は自分を助ける(養う)ものでなければ。悪い運用をしてしまうと、今まで積み上げてきたものを台無しにしてしまう。」

老師がいつも生徒に言っていること、
「あなたたちの武術は私が伝授したもの。それに対して、私には責任がある。もし、あなたたちの武術が悪いことに使われたとしたら、その責任は私にある。“手を出すのは最終手段”。本当にどうしようもなくなった時に、やむなく使うもの。私にとって、相手を倒すのはとても簡単。けれど、尊敬や愛を得られるのは、高尚な人格があってこそ。」

長くなりましたが、
時とともに少なくなっている中国民間武術伝承者。
昨日は、その技術に圧倒されましたが~、

そろそろ方向転換を図ろうと思っていた北京滞在時のスケジュール。
次回がいつになるかは分かりませんが、今後の方向を示されたような気がしました。

f0007580_19445359.gifそんな民間老師に憧れている友人たちが北京やってきます。
そろそろ迎えに行かなければ~(――)!

で、宣武園の芸は芸術ではなく武術のことだそうです。芸術家が集まる場所ではなく、武術家が集まる場所でした。m( _ _ )m
by takeichi-3 | 2009-06-21 19:57 | 太極拳 | Comments(0)

民間老師。。


f0007580_22241688.jpg
今日は朝から老師の老師のところへ。

民間太極拳は屋外練習。
たずねた場所は、地下鉄“長椿街”の南辺、徒歩10分位のところにある“宣武芸園”
f0007580_22251878.jpg

中心部とはいえ、槐柏樹(エンジュ)街呼ばれる、街路樹が心地よい影を作っている一角。

古くは芸人たちが集まっていた場所なので、このような名前が付けられたそうで、北京巡りのお薦めの一つに挙げられています。
f0007580_22261762.jpg

1983年に江南風の緑地公園に改修され、内部には、静雅園、文静榭、鳴婵亭、蓮花噴池、芙蓉橋などの十景以外にも多くの見どころが~。

でも、でも、今回は武術学習が目的だったので参観はしていません。次回にはゆっくりと歩いてこようと思います。

f0007580_23124385.jpgちなみに、訪問した老師の名前は王老師。
名声が高い老師ではないけれど、どの武術家もその技術の高さには一目置いているという老師。(by宗維潔老師)

退職生活を送っている今。
毎日午前8時から、この公園で形意拳と八卦掌を教えているそうです。

生徒たちは、自分自身で基本功を繰り返し、老師の指示で先輩から動作を学び。ある程度こなれてから老師の前で披露。アドバイスをもらうという練習が普通。

今日はお客様扱いだった私たち。
実践攻防をいくつか教えていただきましたが、、、

接近(相手と密着している場合⇒パン、リ、ジー、アンのジーの状態)の発気を習う時、相手の腕にただ接しているだけけでは効果が発揮できない⇒前腕の接点で相手の筋肉を感じて(貼りつく⇒吸)から後ろの掌根で押すのがコツ。

これって、按摩の基本的要求。
中国医学って、有意思!!!

短期間の北京滞在。
でも「民間武術を味わいたい~」という方、是非、是非、お訪ねください。

by takeichi-3 | 2009-06-20 23:26 | 太極拳 | Comments(0)

小休止。。。あと、一週間


f0007580_2204416.jpg
スッキリしない日が続いていましたが、夕方近くには快晴。

川べりには釣りを楽しむ人が、、、
釣竿って、魚がかかるまでは下に置いているものだと、初めて知りました。

f0007580_2240351.gif全部で十勢になる≪新易筋経≫。ようやく終了。
従来のものから、難しい動作や負担になる動作を取り除いた、体に優しく筋骨を鍛えられる内容。

動作と講義の比率は、1:4
太極拳班で習い始めた武式や、以前に覚えたその他の内家拳と身体の使い方や動作の要求が共通する部分が多く、その動き(形)が何故養生効果を発揮することができるのか~を老師が丁寧に教えてくださったので、ケアセンターなどで健康太極拳を教える時のコンビネーション作りに役立ちそうです。

f0007580_22415845.gif明日。
太極拳老師が、80歳になるという民間八卦掌老師のところに連れて行ってくれるとか、
余すところ一週間になった北京生活。まだまだ収穫がありそうです。(^^)。。。

f0007580_22431614.jpg

最近、こんな車を見かけました~☆



f0007580_2392476.jpg





“兔斯基”クン。
人気に衰えはないようです。
by takeichi-3 | 2009-06-19 23:12 | 北京体育大学 | Comments(1)