北京で太極拳

takeichi3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2010年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧

埼玉テレビ。。。


埼玉に住む人にとっては珍しくないかもしれませんが、、、
TVリモコンが壊れているせいで、チャンネル変更は指押ししていますが、、、
一つ一つ経過していく途中、指が停まってしまったテレ玉(テレビ埼玉)の映像。



視聴者参加型のカラオケ番組のCMらしいですが、、、(((((((^^;

ちなみに。。。
私が住んでいる東京MXテレビのトンデモ番組“5時に夢中”はこちらです。


by takeichi-3 | 2010-02-28 23:48 | いろいろ | Comments(0)

少林功夫大賽。。。伝統拳いっぱい~♪


少林功夫大賽
地躺拳や蟷螂拳、通壁拳~7歳から70年間に及ぶ修行を積んだ76歳になる男性の虎鶴拳など。
伝統表演満載。




最近の表演かと思っていたら、年若い頃の陳思担の酔剣や高佳敏の対練があったり~
なので、かなり前の映像。




春秋刀、双刀。。。全て、レベルの高い表演です。


by takeichi-3 | 2010-02-27 23:17 | 太極拳 | Comments(0)

ドニー・イェン。。。ベストキッド&ジャッキー・チェン


f0007580_22561163.jpg

上海虹橋空港。
コーヒーショップ店頭の無料配布雑誌。。。

ドニー・イェン(甄子丹)のインタビューを交えた記事が載っていました~


香港の監督“王晶曾”によれば、武術映画には十年間に一人の大スターが現れる。
一番目となったスターは李小龍(ブルース・リー)。二番目は成龍(ジャッキー・チェン)、李連傑(ジェット・リー)が現れた。そして、これからの十年に君臨する功夫スターと言えば、ドニー・イェンだと断言できる。

午後9時に現れたドニーイェンは、黒革のジャケットに身を包んで椅子ついたが、、、
腰に傷を負っているせいで長時間座っていると痛みが出始める彼は同じ格好で坐っていられないようようで、始終姿勢を変えながら楽な体勢を探しながらインタビューに応じていた。

「自分が運に恵まれたスターなのかどうか、自分自身でも分からない。そして、これからの十年も同じように演じていけるのかどうかも。もしかしたら明日にでも動けなくなくなって引退ということもありうるかもしれないしね。」

少し疲れた感じで語った彼は、笑いながら付け加えた。
「でも、ま、今の感じでは明日は大丈夫。」

彼は、苦労人でもある。
1984年“笑太極”に出演してから、昨年の「叶問」で人気が出るようになるまで26年もかかっている。“叶問”以前には40本以上に上る映画に出演したが、その評判の大半は「武術動作は素晴らしいが、演技力が無い。」というもの。

“殺破狼”“龍虎門”“導火線”“叶問”の四作品で組んだ叶偉信監督に「細胞の内側から溢れてくる感情をつかむんだ~」とアドバイスを受け続け、“叶問”の演技でようやくその感覚を自分のものとすることができるようになった。

功夫映画の先輩となるジャッキー・チェンはイメージチェンジを図り、ジェット・リーは慈善事業を始めたり、功夫アクションから遠ざかり始めている。

そんな状況の現在、最大の功夫スターといえばドニー・イェンではないだろうか。
新作となる“錦衣衛”以前に公開された三本の主演作“画皮”“叶問”“十月囲城”のチケット売上はいずれも億を超えている。

香港の媒体によると、最新作の「関雲長」の出演料は二千万となり、梁朝偉(トニー・レオン)を超え、ジャッキーやジェット・リーにも劣らないようになっている。

※こんな感じで、ドニー・イェン時代の到来を記していましたが、、、


関係があるようでないような。。。
イメージチェンジを図っているジャッキー・チェンの新作(夏休み公開)
“カンフー・キッド”の予告編。
監督は、ラッシュアワーで共演したウィル・スミス。その子供が主演しているそうです。


by takeichi-3 | 2010-02-26 23:49 | 中国映画音楽 | Comments(0)

m(__)m。。。

f0007580_2343552.jpg

よくは分かりませんが、ホテルのネットと外国製のパソコンの相性が悪いとかで接続できないそうです…(;_;)

雨が降ったり止んだりの上海です。
by takeichi-3 | 2010-02-25 23:43 | Comments(0)

m(__)m。。。

f0007580_23135140.jpg

写真は烏鎮ですが、、、
上海、何故かネットに接続できません…(-_-)/~~~
by takeichi-3 | 2010-02-24 23:13 | Comments(0)

杭州・紹興酒。。。



f0007580_23141311.jpg
紹興市で有名なのは、魯迅と紹興酒。
魯迅故里歴史街区にある学校や住居跡などを見学した後に、醸造元へ。

3年、5年、8年、10年、20年ものを試飲。
時間が経過するごとに味は深くなっています。
10年物で30元。さすが地元。\(^0^)人(^0^)/
f0007580_23151186.jpgf0007580_2315553.jpg
f0007580_23281988.jpg
杭州では六和塔に駆け上り。

景勝地で知られる西湖へ。
夏以外は靄がかかっていることが多いという気候。
その影響、美味しい緑茶が採れるそうですが、、、
この時期としては、天候に恵まれいた今日です。

夕飯時に選んだ地ビール“千島湖ビール”
アルコール度2.3%~水っぽい~
その上、常温~。油断してしまった~(--)。。。

f0007580_2326267.jpgf0007580_232921100.jpg
by takeichi-3 | 2010-02-23 23:40 | いろいろ | Comments(0)

武林広場。。。杭州


杭州着。
ホテルの地図を見たら、“武林広場”という興味を惹かれる場所が近くにあるような。。。
で、行き当たりばったりに出かけてみました。

f0007580_22572291.jpg

f0007580_2353274.jpg
道行く人に尋ねたら~
「☆Φ▽※δ~」と、超広東訛りの北京語。
聞き取れたのは、「ついて来て~」だけ。。。

午後7時過ぎの杭州運河公園の中を抜けて行ったのですが、かなりな暗さです。
f0007580_2319889.jpg
広い通りまで連れて行ってもらい、「☆Φ▽※δ~」と説明してもらったのですが、、、行きつくことはできずに戻ってきました。

後で調べたら、杭州一の繁華街だとか。。。紛らわしいっす~(#-"-#)

f0007580_232625100.jpg
蘇州。
世界遺産の留園。
“何十億円かけて庭園造れども太湖石無ければ庭園にあらず”と言われてる石の中国一とも王さまとも称される名石が施されているのですが~価値が分かりません。(^^;

寒山寺では鐘撞き体験~
f0007580_2333677.jpgf0007580_23333513.jpg


明日は、紹興に。。。現地で飲む紹興酒は美味しいのでしょうか???
by takeichi-3 | 2010-02-22 23:42 | いろいろ | Comments(0)

同里。。。蘇州水郷地帯


f0007580_2351678.jpg
中国が選んだ
「冬季オリンピックの美女たち」の中に、
カーリングの本橋選手の名前が挙がっていました。

確かに、
石を滑らせる前の引き締まった表情は印象的。

f0007580_2320473.jpg
蘇州の朝。
早めに起床して散歩に~

太極拳の練習を見物したかったのですが、、、
気功の人が数人いる位で公園は閑散としていました。
f0007580_23215038.jpg
f0007580_23594369.jpg
今日のメインは、
世界文化遺産に登録されている水郷の街“同里”

以前、北京から水郷地帯を訪れた日本人の知り合いが、
「すごく綺麗で気持ちがイイところ。絶対に一度は行ったほうがイイ。」と力説した地域。
f0007580_23404377.jpg

確かに、
乾燥して埃っぽい北京に比べて居心地のいいこと。

ここで暮らす人たちの雰囲気も、
北京に比べてノンビリとして穏やかな感じ。

f0007580_23444111.jpg
ここ同里の名物“状元蹄”
どんな味か尋ねたところ、「豚足みたいな~」
だそうです。


f0007580_23462121.jpg





これは、今日の夕食。
素面とハスの葉で蒸したモチ米と骨付き肉のおこわ。
by takeichi-3 | 2010-02-21 23:52 | いろいろ | Comments(1)

遠路遥々。。。


f0007580_23104.jpg
一日を費やして蘇州まで辿り着きました。
今日から金曜日まで、杭州・上海を巡ります。


f0007580_23131471.jpg
早速ですが、今日の一品~「松鼠桂魚」
松鼠とはリスのこと。料理名の由来は出来上がった魚が反り返る様がリスの尾のようだと言われています。
また、この料理は身に切り込みを入れ衣をつけて強火で揚げます。揚げたての魚に熱々のあんをかける時にジュ、ジュ、という音がします。この音がリスの鳴声のように聞こえるので、この名がついたとも言われています。
f0007580_231837.jpg

頭や脚入りのせいで、同行のご婦人方が敬遠。
半分近くが残ってしまった鶏料理。

江南地方の味付け、北京料理に比べて淡泊。
明日からが楽しみです。(o^0^o)Ψ
by takeichi-3 | 2010-02-20 23:27 | いろいろ | Comments(1)

太極拳の陰陽について。。。初歩

f0007580_22242084.giff0007580_22243726.gif
太極拳、「正しい姿勢となるためには耳が重要だ」と多くの老師が語っています。試してみると、その言葉が真実だと簡単に理解できます。


●耳听身后多多注意
太極拳の練習時、耳は後方に注意を向ける(聞く)必要があります。
身体前面の状況は目によって見ることができますが、身体後方の状況は感覚を研ぎ澄ませて感じるしかないからです。耳は重要な感覚器官。後方の状況を聞くことができます。
耳の注意を後方に向けると、簡単に虚領頂劲を作ることができます。そして、前後(陰陽)のバランスがとれるようになり、雑念が払えて気持が安定してきます。


太極拳の陰陽についての講義映像。



先ず、陰陽について、、、套路の中でいかにして体現するか。
陰陽は二つの対立する力です。
陽は見ることができますが陰は見ることができません。陽は上で陰は下。陽は前で陰は後ろ。陽は左で陰は右。

だとしたら、
私たちが太極拳を練習するときに上下、前後、左右は全てお互いに協調して対称である必要があります。これが、「太極拳は陰陽が統一している」といえる部分です。

たとえば、楊式の搂膝拗歩。
搂膝拗歩になろうとする時、前(上)の手にばかり注意を払って下の手を考えないと、上下が不対称になってしまいます。下の手に力(意識)が無いという点でも不対称です。バランスがとれていないと=見た時にも美しくありません。

外見が悪い=内劲も通らない⇒全身が協調しない。
ですから、必ず上下、左右、前後の協調一致(=陰陽の協調一致)が大切になります。

※以降、弟子が演じ、その後師匠が間違った動作と正しい動作を見せてくれます。
by takeichi-3 | 2010-02-19 23:36 | 太極拳理論 | Comments(0)