北京で太極拳

takeichi3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2011年 06月 ( 29 )   > この月の画像一覧

ドニー・イェン。。。関雲長

中国では既にDVDが発売になっている“関雲長”の全編が、再びyou-tubeに登場。
週末にでもお楽しみください。




アクションが多いパート。




by takeichi-3 | 2011-06-30 23:31 | 中国映画音楽 | Comments(0)

自然に優しい太極拳。。。

趙文卓(チウ・マンチェク)による自然保護キャンペーン。
「自分で自分を守れなくて、どうして生き残れるんだ?とはいえ~動物たちは~」




威海で接する機会があった邱慧芳老師。
自選難度~が採用された最初の大会で優勝した、新ルールの先駆者。



“表演は動作を大きく~”と思っていましたが、、、
この5月に耳にしたアドバイスは、手腕などの位置は太極拳の規律遵守。
基本、手首は肩の高さ。独立での前の手の指先は鼻の高さ。雲手の指先は眉を越えない~。
撇身捶、大きく打っていくとはいえ拳は頭を越えない~とか。腰を回して、肩⇒肱⇒手~とか。
太極拳の規格と規律と風格~まだまだ理解不足が多くあることを実感させられました。

今年の全中国套路大会の優勝者。難易動作、初回に比べて進化(?)しています。


by takeichi-3 | 2011-06-29 23:49 | 太極拳 | Comments(1)

健康八卦掌。。。

台湾の映像ですが、八卦掌の回転(捻り)を利用して≪易筋=筋骨の改造⇒身体を健康に≫と、、、



现代、多くの人たちが武術を通しての健康運動を始めています。
遠くない将来、武術は体育運動種目としての形式が整ってくることでしょう。

長年八卦拳を教えている陳林建一は、自分なりに≪易经≫を解釈、形意拳と八卦掌を改造して、身体強化の套路を考え出しました。

八卦掌は、こんな風に、くるくる軸を回します。三百六十度回り~瞬時に戻します。
足も、こんな風に前や後ろへと~素早く変化します。
本来、形意拳と八卦掌には≪易经≫の要素が取り込まれているので、学習を積むと捻じり効果で経絡の通りが良くなり身体を強化することができます。
by takeichi-3 | 2011-06-28 23:54 | 気功:五禽戯・八段錦他 | Comments(0)

≪武侠≫最終予告片。。。

7月1日の中国共産党成立90周年行事が落ち着いた7月4日から公開になる≪武侠≫
中国大陸版の最終予告片。

武侠予告片の中、金城武が「劉金喜、あなたは一体どんな人なんだ?」と、その秘密に迫ります。
村で静かに暮らす劉金喜と殺人犯唐龍~現在と過去、二つの顔を持つ男にはどんな秘密があるのか?
唐龍を探し求める登場人物たちとの関係は?
ある新聞は、ストーリー展開を「羅生門のような語り口~」と称しています。



7月28日からの公開になる香港版の予告片。
字幕の中国語も微妙に異なります。


by takeichi-3 | 2011-06-27 23:47 | 中国映画音楽 | Comments(1)

インドな中国。。。

f0007580_23271052.jpg

太極拳動作の特徴
⇒静、定、慢、均、柔、圓、松、整の説明を読みながら~

参考になりそうな動画を探していたのですが、、、
横道に逸れてしまいました。


「taiji quan」で検索したら「tai ji quong」という微妙なタイトルが。
気になる~(--)。。。

武当山(多分)の映像。なのにインド音楽~(-"-)。。。
何が悲しいって、見続けるうちに違和感が消え
音楽と協調一致している~と、大受け~&体力のある人には場所をとらない基本功になりそう~なんて。




再びの≪武侠≫
発表された主題曲MVの中に新しい映像が。。。
登場する人物たちは、どんな風に繋がっているのか~本当に面白そうな映画です。


by takeichi-3 | 2011-06-26 23:41 | 武術各派 | Comments(1)

王羽~≪武侠≫。。。(((((((((/-_-)/

かつてのアクション俳優、「王羽」が、武侠でドニー・イェンの父親役を演じていますが、、、
半端じゃない存在感。怖いです。。。((((((((((/-_-)/



この役は難しい役柄。
出番は少なく。。。たったの二場面だけではあっても、とても重要な役。
回りの人間に、いつも言っていたんだ。
「実力のある俳優で、、、出現したと同時に強烈な凄味を与えられる。アクションが出来て、個性があって、気迫があって、恐れを感じさせるような~」

ある時、渓仲文が、、、
「監督は、≪独臂刀≫が好きだと言ってましたよね。何故、あなたとドニー世代が映画を見ていた頃に活躍していた王羽に当たらないのですか?」

実際に、私は子供の頃から王羽のファンだった。
記憶に残っているのは、父親が連れて行ってくれた≪独臂刀≫

王羽には、間違いなく覇気がある。
加えて言うなら、独臂刀で演じた役柄の気概が今も残っている。

彼の承諾は早かった。夢が叶ったような気がした。

「私は監督が誰かを尋ねた。陳可辛という答えに、何の戸惑いも無く出演を決めた。」

王羽は、十数年演じていなかったので、私たちは皆心配していた。
二場面目は、主人公が家に帰りテーブルを囲んで食事をするシーン。ここでの芝居はとても難しい。腕を切られて帰って来た息子を見て、実は心を痛めているのに。。。子供の言葉を待っている。

「父さんには関係の無いことだ。」という息子に。。。
「どうしたっていうんだ!どうしたって!」

「兄貴(大哥=年上の男性に対しての親しみを込めた呼び方)、凄い演技だね。」
「これでイイか?」
「凄く良かったよ。」
「ホっとした。。。まだまだじゃないかと心配したよ。」

あのシーンでは、誰もが王羽の演技に震えていた。
あの一言で決まり。未完だったこの役柄が確かなものになったことを、カメラを覗きこみながら確信した。

アクション映画で大切なのは気迫。
ドニーの動作は信頼していた。きっとかつての王羽のような動きをしてくれると。

この場面の芝居は本当に大変だった。この後に気持ちが通じ合わず父子は戦うことになる。
私は数十年来功夫を手放すことはなかった。基本的に、毎朝一時間半は練習している。私の体力は三十、四十歳の頃と大差ないと思う。

あのシーンは大変だった。監督が要求するのは気合いの入った動き、、、外は大雷雨。
私とドニーは、室内で争った後に外へ~雨が降っている上、場所は狭い。アクションは気迫が漲って。当然、見応えのある場面になった。


ドニー・イェン、も陳可辛監督も絶賛していた王羽が主演した映画≪独臂刀≫




素顔の王羽。。。


by takeichi-3 | 2011-06-25 23:41 | 中国映画音楽 | Comments(0)

カンヌ広告大賞。。。

f0007580_23233313.jpg
暑い日が続いておりますが、、、
周囲の人たち、クーラーを控えているようです。

f0007580_23243835.jpg去年は、5月からクーラー漬けになっていた私ですが、昼間の暑さを耐えると~夕方になってからの気温低下を敏感に感じられるので、夜もよく眠れます。

韓国冷麺。
スープを凍らせてシャーベット状にしたものが乗っていました。


JR九州新幹線全線開業のCMが、カンヌ国際広告賞で金賞&銀賞を受賞したとか、、、

他にはどんなCMが???


「SAVE THE ERTH」




こちらは昨年のグランプリ。




単純に~好みです。。。(#^_^#)


by takeichi-3 | 2011-06-24 23:56 | いろいろ | Comments(0)

富春山居図。。。

最近、北京の故宮博物館から台北故宮博物館に搬入された黄公望の代表作≪富春山居≫の前部分。
本来は一副の6mもある山水画。それが、いつしか二分され、台湾と中国に~

今週に入ってから、この絵を題材とした映画の撮影も始まったそうです。



中国清朝の始め、江蘇省宜興の宦官の家。この家の老人呉洪裕が臨終に際して家人が集まり最後の言葉を待っている時、呉洪裕の眼が枕元の宝箱に注がれたのを見て直ぐに理解した家人は、彼の前に画を広げると~その眼の端には涙が滲んだ。その後、最後の力を振り絞って「焼け」と一言、息を引き取った。

家人たちはこの言葉に驚いたが、敢えて反対を唱える者はいなかった。
衆人が見守る中、画は火にくべられて。正に火が移ろうかという時に甥が飛び出して、火の中から画を取り出したが、間に穴があいてしまい一大一小に分断されてしまった。

この画を描いた黄公望は、王蒙、倪瓒、呉鎮と合わせた元四画家のトップ。
1269年の生まれ。子供の頃から画が好きだった。
中年期に陥れられて入獄。出獄後に杭州にうつり50歳過ぎから山水画を習い始めた。大器晩成の彼が有名になったのは70歳を過ぎてから。富春山居图の制作に全生命を注ぎ、書き上げると間もなく86歳で逝去。

富春山居图は、生前に親交が厚かった無用和尚に贈っていた。このことから後部は「無用師巻」と呼ばれる。

この画が世に出ると共に、文人たちは競って手に入れようとした。
何人もの手を経ながら、明代の有名な画家沈周の手へと渡った。沈周は、何度も何度も繰り返し眺めては模写していた。ある時、この画に名のある人の題字が欠けいることを残念に思い、題字を書いてくれる人を求めて画をあちこちに運んでいる途中で失ってしまった。

傍が驚くほどに大声を上げて泣いた彼は、記憶を頼りに模写版を書きあげた。
この画には、自身の号(石田)を冠して、≪石田富春山居≫とした。

その後、民間に流伝していったこの画は、500年後の1996年。北京のオークションで北京故宮博物館が880万元の値で買い取った。

沈周が失った富春山居は、長い間行方不明となっていたが、明代の画家薫其昌が所有。自身の名を収蔵者として記している。晩年になって、呉洪裕の祖父に売却した。

現存する黄公望の画は10幅余り。
1745年、コレクション好きな乾隆帝が富春山居を手に入れたが、、、その後間もなく、別の富春山居に出会うことになる。先に買った物と良く似ている。。。仔細に調べた結果、先に購入した物が本物と判断した。

その後の100年余り誰も皇帝の鑑定を疑わなかったが、清朝が滅びてから、ある学者が異議を唱えた。
後に購入した画には焼け焦げや修復の痕跡があり、歴史的な記述と符合している。皇帝により本物とされた画は、子明巻と呼ばれた中国明代末の文人臨拳の手によるもの。

清朝が滅んだ後、北京故宮博物館に収蔵された富春山居图。1948年に国民党政府によって台湾に運ばれた。

前部分(剰山图巻)は、清代にコレクターの間を転々とし、抗日時には画家呉湖帆の手に。それ後、浙江省の画科沙孟海の手に渡り、新中国成立間もなく浙江省博物館に寄贈された。

この6月11日から、台北故宮博物館に並んで展示される。
by takeichi-3 | 2011-06-23 23:53 | いろいろ | Comments(0)

中国雑技。。。

7月1日。中国共産党創立90周年を迎えます。
それを記念した中国雑技コンテスト。
金奨は、中国雑技団有限会社《攬夢擎天:揺摆高拐》、北京雑技団《妙舞:炫竹》、浙江曲芸雑技総合团有限会社《墨荷;蹬攬傘》、大連雑技団《蹬伞》

雑技の名称と、技が結びつかない。。。(--)???

現在、世界各地のサーカス団で活躍する中国人の割合は多くなっているとか。
精鋭の演技を集めた映像。




カナダのサーカス表演団員57名(十カ国)中37名が中国からやって来ている。

中国雑技は三千年前の古戦場に最初の痕跡が発見された。
狩りや自衛の為の武技が娯楽や遊戯へと姿を変えたものである。中国で最初の出し物は≪飛去来器⇒ブーメランのような道具を使う≫

正式に団という形での表演になったのは、公元前秦代。民間に伝わっていた≪角抵戯=角力≫が、宮廷入りして、貴族たちを喜ばせた。

漢代になって空前の発展を遂げ、内容も種類も充実。技術も格段に上がった。

雑技の郷と呼ばれている呉橋。
1500年前の古墓の壁画に、雑技表演の様子が描かれている。
土地が痩せていて収穫が少なかった呉橋の人々は、芸を売って稼ぐしかなかった。



by takeichi-3 | 2011-06-21 23:27 | いろいろ | Comments(0)

牛乳功夫。。。

中国美術学院の生徒が作った動画。。。発想が面白いなぁ~と。
中国で販売されている牛乳パッケージには袋タイプも一般的。賞味期限も長く冷蔵庫不要、格安です。

「ご主人は僕を飲んでくれないだろなぁ~。何かいい方法はないかなぁ~」
と、、、涙顔の袋タイプが考えたのは~パックに変身!
これを見たパックが袋に攻撃を始めます。



「蒙牛」と「伊利」、どちらも中国では大手。
「袋タイプの方が賞味期限も長いしストローもついていないから、所有者が選ぶのは飲み易いパック入り。」
という導入なのかと思っていましたが、、、

勝者となったのは、どこからともなく現れた二社以外の製品。。。(--)???
あ。。。制作された2008年は、牛乳にメラミン混入問題があった年。
蒙牛、伊利ともに問題企業~中国式ブラックユーモア(黒色幽默)でした。。。(((((((((((/-_-)/
by takeichi-3 | 2011-06-20 23:19 | いろいろ | Comments(0)