北京で太極拳

takeichi3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2015年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧

十三勢。。。

太極拳十三勢の動画をさがしていたのですが、、、
中心線(鼻)と手の関係が良いなぁ~と見入ってしまった武当山十三式。。。流石、鐘雲龍道長。。。




台湾の大会種目には十三勢があります。。。


by takeichi-3 | 2015-09-30 23:57 | 太極拳理論 | Comments(0)

詠春拳で健康に。。。手指健康法

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

by takeichi-3 | 2015-09-30 00:30 | 気功:五禽戯・八段錦他

カンフーアクション名場面。。。

カンフー映画マニアが編集したと思えるアクション名場面の数々。。。
f0007580_23552914.gif


「蠍子王」。。。銭嘉楽の蠍拳




呉京。。。「太極拳」




昨日紹介した梁賛が主人公の「敗家仔」




洪金宝&元彪。。。




ジャッキー・チェン。。。「酔拳」


by takeichi-3 | 2015-09-28 23:56 | 中国映画音楽 | Comments(0)

詠春拳一万人表演。。。広東省鶴山:梁賛

f0007580_23253173.jpg

f0007580_23275186.jpg先週中頃に金木犀の香りが漂い始めたと思ったら、あっという間に満開。

雑木林を歩いていたら、そこかしこから~ポトッ、ポトッと木の実が落ちる音。まだ青いドングリがいっぱい。

スダジイ、ツブラジイ、マテバシイ等はアクが少なく~煎って食べられるそうです。
栄養価の高いドングリ。18%が脂肪、6%が蛋白質、68%が炭水化物、ビタミンA、C、アミノ酸を含みます。


9月25日に、広東省鶴山で行われた詠春拳一万人表演。。。



鶴山は、葉問の師爺「梁賛(詠春拳王、仏山賛先生)」家先祖の地。

梁賛の父親は仏山の筷子街で賛生堂(中医&整骨)を営んでいた。
幼い頃から武術が好きだった梁賛は、色々な老師より学んでいたが~18歲の時に紅船子弟の梁二娣より南少林拳&六点半棍法を学び~後に、梁二娣の推薦により黄華宝の門下となる。黃華宝も古労人。


1870年から1890年にかけて賛生堂で拳を教えていたが、メインとなる家業よりの収入があったので、收徒は少なく~自身が学んだ拳を研究整理~詠春の名を広めることに貢献した⇒人々から一代祖師と称されるようになった。

武医館の経営は師兄の李華と行っていたが、李華が亡き後は継ぐ者がなくなり(息子が二人いたが、共に仏山を離れていて継ぐ意思をもたなかった)、弟子の陳華順(初めは李順が指導していたが、後に梁賛も指導:葉問の師匠)に譲って引退。鶴山に戻って、子供たちを相手に教拳した。


by takeichi-3 | 2015-09-27 23:57 | いろいろ | Comments(0)

棚劲を維持する。。。

f0007580_23402426.gif
太極拳八法(棚捋挤按採挒肘靠)の最初に記されている「棚」は、太極拳八法の根。
棚劲は、残り7劲の全てに融合されている⇒内側に棚劲が無ければ、力が正しく発揮できない⇒棚劲が失われていない=太極真功。


f0007580_23413225.jpg推手では、、、
「接手為棚、無棚則空」
「化中有棚、無棚則失」
「挤按中有棚、無棚則軟」
いかなる時にも失われてはならないものとされている。

棚劲を形成するには身法が正しくなければならない。
五弓(上体、両腕、両脚)が形成されている=虚霊頂頚、含胸抜背、
松腰、沈肩墜肘、気沈丹田=立身中正。

・身弓⇒背中と腰の弓、脊椎と尾骶骨によって作られる弓。
・両腕の弓⇒手腕と鎖骨によって作られる弓。
・両足の弓⇒膝が弓。股関節と足の付け根が弓。


台湾の中国中薬大学の太極拳八法練習風景。。。動画は按から~採挒肘靠と続きます。
中華武術名家講堂~張全亮班(呉式)で学んだ八法套路の構成と似ています。


by takeichi-3 | 2015-09-26 23:51 | 太極拳理論 | Comments(0)

中国夢想秀。。。武術チャンピオンノの夢を叶える

f0007580_2352016.gif2008年全中国武術大会太極拳で優勝した王振宇(現什刹海武術学校インストラクター)が中心となって、大学生たちと構成した王振宇武术团。

今年初め、ジャッキー・チェンが審査員を務めていた≪我看你有劇≫では北京武術隊メンバーと参加していましたが、今回は、新しい仲間たちと≪中国夢想秀≫~参加者の夢を叶える番組。



団員たちは全て、子供の頃に政府から選ばれて武術専業の日々を過ごしていた全中国チャンピオンのタイトル保持者。武術大会で知り合い~武術は、拳式、流派などが多種多用なので一人で表現するのは難しいので、グループを構成。

パフォーマンスでは傘を使った表演をしたけれど、参加者一人一人に得意技がある。

司「番組に応募した理由は?」
「現役&引退した武術選手たちでステージを創りたい~という夢を実現させたくて」
司「興業的に採算が取れるのか?」
「映画などを参考に、伝奇や歴史に登場する英雄を主人公とした内容の真功夫を見せる舞台に~武術選手たちは、引退もしくは卒業後の就業が難しいので、自分たちの技術を生かす手段を創りたい~武術がモノになるには長い訓練が必要。十数年~二十数年の訓練を続けて~結局はコーチになったりしているけれども、満足のいく仕事という訳ではない。自分たちが培ってきた技術を生かしたステージを~」

司「さっきの表演だけど~映像関係の見方は?」
映「イイとは思うけど、全てが武術で構成されていて~全ステージがあんな感じで身体は保つのか?」
司「最初から最後まで武打。。。観客はどうだろう?」
映「音楽とか芝居の要素は?」
「あります」
司「たとえば~ロックとかの激しい演奏で武術の動作なんて可能か~」

★歌いながら、長拳表演~(#^_^#)

参加者のうち三名は、武術コーチ、映画出演などを職としていて~学生時代は、教科書を開くよりも訓練⇒学業成績が劣っているので、職探しが難しい。

司「武術、音楽、芝居で構成された舞台を創るにしても~君たちには芝居の経験が無い。真功夫はあるけれど~」

舞台監督の意見。。。
「自分が関わっている舞台にも武術俳優がいるので、仕事を探すというのなら力になる。舞台で稼ぐにしても、興業的に成功しているのは三分の一」

「舞台の世界で、武術運動員の一番のライバルとなるのはダンサー。真功夫ではないけれども、その動きは華やかで見栄えがあって~表現力を学んできた彼らの動きは君たちよりも勝っている~舞台で食べていこうと思うなら続けることだ。続けていけば成功する」

で、、、
観客たちの投票によって、舞台を実現する援助が得られるかどうかが決まるという番組です。。。(^^)v
by takeichi-3 | 2015-09-25 23:52 | 中国映画音楽 | Comments(0)

映画の中の中国料理。。。

映画をテーマにした料理の作り方を要領よく紹介している動画。。。

≪一代宗師≫をテーマにしている、モチ米、スペアリブ、サツマイモの蒸し物。。。
モチ米は水に、スペアリブは調味料と一緒に一晩漬け込んで~サツマイモ、豚肉、モチ米の順に重ねて50分間蒸して完成~絶対に美味しいです。。。(o^0^o)Ψ




≪恋人たちの食卓≫の中に出てくる中華風魚のスープ。
北京のレストランで何回か食べたことがあって、「作り方は?」と気になっていた料理。
意外と簡単そう。。。(o^0^o)Ψ


by takeichi-3 | 2015-09-24 23:56 | 北京で中国料理 | Comments(0)

どうして~SHAOLIN

天然水系のコマーシャルですが、どうして少林僧が出てる必要があるのか~が「???」。。。


by takeichi-3 | 2015-09-23 23:58 | いろいろ | Comments(0)

木村武之&ブルー・スリー

ブルースリーの友人でもある弟子の木村武之が譲り受けていたブルースリーの功夫覚書が、イギリスのオークションで取引されたというニュースが伝わっていますが、、、




木村武之(ターキー・木村)って?




おまけ。。。


by takeichi-3 | 2015-09-22 23:57 | いろいろ | Comments(0)

遠方へ〜帰れない(T_T)

f0007580_23504892.jpg
シルバーウィークですし~ちょっと遠出。。。F8BF.gifF8C0.gifF8BF.gifF8C0.gifF8BF.gifF8C0.gif
通常は、片道三、四時間の行程が6時間超。
予定では、午後7時過ぎには戻れるはずだったのに、
渋滞の影響で、日が変わろうとしているのに未だに帰宅出来ず。

f0007580_0365931.jpg

連休のお出かけ、要注意。。。
F8BF.gifF8C0.gifF8BF.gifF8C0.gifF8BF.gifF8C0.gifF8BF.gifF8C0.gifF8BF.gifF8C0.gif

目的のお蕎麦は、
十分堪能出来ました。。。
水質とお蕎麦の味は正比例~
(o^0^o)Ψ



中国の~多分、携帯電話関係のCM。。。≪最高の出前≫
中国でチェーン展開している、日本だと~吉野家とか松屋みたいな感じの食堂≪成都小吃≫の店員。
有りえない遠距離出前!!!


by takeichi-3 | 2015-09-21 23:50 | Comments(0)