北京で太極拳

takeichi3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2016年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧

明日から四月。。。

f0007580_2337353.jpg

冷え込んでいたので、開花が遅れましたが、
ようやく、花見~♪

とはいえ、年度末。
仕事の行き帰りに通り過ぎただけの桜。。。
パタパタした一日でした。


世界フィギュア~ショートプログラム。。。
各国の解説者たち、羽生結弦の演技を本当に楽しみにしているようです。
中国の解説者、、、
「彼にライバルなんている?~いるとしたら、氷上の貴公子~自分自身」




《I can do that!》
ポケモンの Super Bowl spot。。。


by takeichi-3 | 2016-03-31 23:57 | いろいろ | Comments(0)

推手。。。高壮飛老師

高壮飛老師がロシアからの太極拳愛好者に推手を指導しているところ。
言葉が通じない相手に、細かく細かく力の伝達などを指導しています。
太極拳の劲力、上級者の力を听いて~その力の伝達を研究しながら上達していくのが理想です。




高壮飛(1938年:北京生まれ)
王培生老師の入室弟子となり~師爺に当たる楊禹廷老師にも長く学んだ。
雑誌「精武」や「武林」、「呉式太極拳研究会内刊」「当方人体文化研究」等で多くの太極拳論文を発表。

若水との共著「千思百問太極拳」は、太極拳理論と実践を問答形式で紹介している。

太極拳以外、中医、医学生理、運動生理、現代生物力学、中国哲理和経絡学を研究し、練と養を結合させている。
by takeichi-3 | 2016-03-30 23:59 | 太極拳・武術動画いろいろ | Comments(0)

少林寺塔溝武術学校。。。ドキュメンタリー

1987年の設立当時には2~3名しか生徒がいなかった少林寺塔溝武術学校。
現在では、生徒と教師合わせて35,000人いるそうです。。。

9歳になる職業隊に選ばれている少女を中心に、ここで暮らす子供たちを追ったドキュメントのフルバージョン。。。



貧しい農村の子供たち。。。
両親は都会に出稼ぎに~子供は連れていけないからという理由で預けられた子供も多いそうです。
by takeichi-3 | 2016-03-29 23:59 | 武術各派 | Comments(0)

少林气功内劲一指禅。。。ウォーミングアップ

南京中医薬大学養生康復教研室気功研究所の解余宏博士の江蘇省­第二中医院での講習内容。
博士と受講者との動きの違いによって~正しい動作(中正、腰の回転、重心移動等)が明確です。
★上体の中正が維持されていないと、効果は半減します。。。



★揺膀子—揺丹:腕を回す回数は20回ずつ。
功用:打開“気門”⇒極泉穴、章門穴、京門穴。関節の動きをよくする。手三陰、手三陽の経絡を通す。肩こり防止。

★摩肩—摩丹田
功用:六大関節の運動を促す⇒六関=肩、肘、腕、胯、膝、踝。気血流の通りをよくする。関節の痺れや痛みを改善。内練五臓⇒内五行=肝、心、脾、肺、腎。腰、各大関節を転動させて内臓をマッサージ。腹部の膨満、食欲不振、便秘、消化不良などに効く。

★猫洗顔—転丹田
効果:内臓マッサージ。丹田を回して猫洗顔となり~帯脈を活動させる。肩周炎、脊椎病、腰の痛みを予防。

★鹰爪恨天無環—圧丹田
※高血圧及び内臓下垂患者は行わないように。
功用:内五行の鍛錬。上下肢筋肉の相対力によって腹筋を収縮~深吸気と快速呼気によって隔膜を運動させる。肺活量を大きく~胸筋、背筋、肘二頭筋、腹筋などを使うので、皮下脂肪の減少になる。慢性気管支炎などの呼吸器疾患を予防。

★野馬奔槽—提丹田
※高血者は行わないように。
功用:吐故納新の速度を速める。胃下垂、腎下垂等に有効。

★扁担—拉丹田
功用:頸椎、腰椎等を捻じる⇒督脉、任脉、带脉の通りをよくする。
脊柱の動きを良くする。バランス感覚を増加。喉頭炎、脊椎病、腰椎病、骨質の良化。。。
腕を広げて胸を開く&両足の屈伸は上下肢筋肉の弾力性を高め、血圧を低下させる⇒高血圧、肩周炎、肺気腫等の疾患に作用する。

★搓草绳—搓丹田
功用:これは“吐纳功”⇒手三陰と大腸腑に作用。細、匀、深、長な呼吸により清気を取り込む⇒“調息功”。肺の効能を高める。血液の酸素含有量を高める。大脳と各臓腑に酸素を運ぶ。脳部の淤血现象を防ぐ。神経系統の機能をよくする⇒オフィスで長時間俯いて働いている人に適した動き。

★烏牛摆頭—曲丹田
※高血圧、心臓病者は行わないように。
功用:大きく左右に曲げる⇒腰腹、背部、脊柱、肌肉人体の鍛錬強化。任脉を強化。「腰為腎之府」「腎主腰腿」⇒外健腰腿、内固肝腎之功。

★磨豆腐——磨丹田
功用:带脉を起動させる。肝の陰陽バランスを整える。「外気内收」「内気外放」するための基礎となる鍛錬。この動作だけをを反復練習しても良い⇒長く続ければ続けるほど益がもたらされる。
by takeichi-3 | 2016-03-29 00:00 | 気功:五禽戯・八段錦他 | Comments(0)

陳凱歌ショートフィルム。。。百花深処

陳凱歌が2002年に制作したショートフィルム「百花深処」
北京オリンピックに向けて、多くの古い建物が取り壊されていった頃の物語。
古い文化によって形成されていた古い世界は、進歩という車輪に押しつぶされ~新しい文化へと。
映画好きな中国人なら、誰もが知っている作品のようです。

タイトルの「百花深処」は、現在も護国寺近辺に残る有名な胡同の名前。



主人公の馮(瘋=正気ではない)先生は、21世紀になるというのに、赤帽&運動服という70、80年代のいでたち⇒旧時代を象徴~時代の変化を受け入れることが出来ない存在。

引っ越し作業をしている運転手に向かって、「引っ越しを頼みたいんだが」と声をかける馮先生。「金を払ってくれるなら、何でもやるよ!」と、、、

北京に生まれ育ったというのに、車を家へと導いていく時、様相が変わった北京にとまどい、迷子になり~「此処は何処なんだ?」と口にする。

運転手が淡々と、、、
「あんたが言った蓮花大道だけど~今じゃ、北京っ子のほうが北京を知らないようだな」

車窓の向こうには雨後の竹の子のように、高いビルが次々と建てられていて~かつての北京は、新しい物欲世界に包囲されてしまったかのようで、、、

辿り着いた百花深処胡同一帯は更地になっていて、一本の槐の樹が残っているだけ。

「ここだ、ここ~ここが胡同の門で~うちの門~部屋はここで~さ、さ、荷物を運んでくれ」と言われた運送会社の作業員たちは「無駄足だったな」と呆れて帰って行くが~ボスから電話が入り、今までにも他の運転手が馮(瘋)先生に拘わったことがあり~「報酬は貰ったのか?」と~

「まだ何も運んでいないのに~」
「運ぶって、何を?言ってくれれば、その通りにするよ」
大きな物を運ぶ真似をする作業員~
「何を運んでいるんだ?」
「タンス」
「うちにはタンスは無いが」
「じゃ、じゃ、これは何?」
「金魚鉢」
花瓶を運ぼうとする作業員には~「花瓶はそんな場所には無い~」等々。。。
跡地で見つけた風鈴の一部分。。。

花瓶が壊れ~「花瓶を壊してしまったから」とお金を受け取らなかった作業員。

「あ。あ。溝がある」という馮先生が叫ぶや否や、車輪が地面にめり込んで車は停止。
土を掘ると~風鈴の本体が。。。

★かつて、北京の胡同~各家の軒には風鈴が吊り下げられていたそうです。
by takeichi-3 | 2016-03-27 23:59 | 中国映画音楽 | Comments(0)

サモハン・キンポー。。。今後のアクションスター

芸歴50年となるサモハン・キンポー。。。
ブルース・リーとの思い出。。。



洪金宝は、ブルース・リーを崇拝していた、、、
《五雷轟頂》を撮影していた時、アメリカから帰ってきたブルース・リーがロケ地を訪れた。
当時、ブルース・リーの腕が良いのは言うまでもないと思っていた。

彼と対面して、「大した腕前なんだって!」って感服して言ったんだけど~彼は私が腕試しをしたいと勘違いしたらしくて、「君は、どんなんだ」って~で、どうしたか~直ぐに腕試しを始めたんだが、私が足を上げきらないうちに彼の脚が顔前にきて停まった~もの凄く早い動きだった⇒「敵不動我不動、敵要動我先動」を見せられた。

「まぁまぁだろう?」と言われて~どうな言葉を返したらいいのか。。。
で、「私は、本当にあなたを崇拝している。腕試しをしたかった訳ではない」と伝えた。

ブルース・リーは、本当に武術を愛していた。
以来、よく撮影現場に現れて~武術について語った~「武器はどう?」「手はどう?」~いつも、この手の話をしていた。彼は、本当によく武術を研究していた。


★新聞に掲載されていた、洪金宝と呉京が語る「今後、出現する功夫新星」
※内容、少し異なりますが、動画バージョンもありますので、、、



子供の頃、洪金宝は母方の祖父と暮らしていた。
かなりな腕白で~家族によって戯曲院に入れられた。契約書にサインして祖父は帰って行った。師父がひどく殴るので、三日後には家に帰りたくなってしまった。

金宝は9歳。ジャッキーチェンは7歳だった。皆、幼かった。
14歳の時にカンフーで稼ぐようになり、香港映画の世界で数十年。
「私はスターではない。いつまでも、ただの役者でいたい。役者と呼ばれるうちは余り稼げない。スターと呼ばれるようになって初めて稼げるようになる。だから、子供にはスターになるように言っている」

呉京、、、満族正黄旗(皇帝の親兵)の家に生まれ、6歳から習武を始めた。
代々習武していた家庭に育った。どの世代にも武状元合格者がいて~小さな頃、父に連れられて練武を開始。「頭脑簡単四肢発達=大男は頭が悪い」というのは間違っている。私は学業成績も良かった。

子供の頃、学武の時に洪金宝大哥の映画を見て~動作を真似て鼻を折ったりした。その彼が、今でも映画で活躍している~とても感動的だ。同じく64歳になった時、自分も武行でいられたら最高だ。

香港のアクション映画は全世界に風靡したが~現在、技術が進んで、ハリウッド映画を始めて降りて、いとも簡単に綺麗なアクション片を撮影していて、本来の中国アクション映画は行き詰まり始めている。そして、功夫を身につけているアクションスターが出現しにくくなっている。かつての香港アクション映画が築いた「夢的公園」は失われてしまった⇒練功を積んで武侠映画に出演~スターになるという夢。練功なんて必要が無くなってしまった。姿形、声が良いほうが優先されているのが現実。功夫に励む多くの子供たちの機会が無くなってきている。

★新星として期待されている。。。
袁暁超(全中国、アジア大会、北京五輪武術優勝等~)。
ジャッキー・チェンが率いる新七小福。
by takeichi-3 | 2016-03-26 23:59 | 中国映画音楽 | Comments(0)

サモハン・キンポー。。。武行の道

自身が主演&監督した新作「我的特工爺爺」を前に、、、
サモハン・キンポー&七小福のメンバー「元華」「元庭」が語る武行。。。

《補足》
初期の香港映画の中、武術を演じる俳優は「龍虎武師」と呼ばれていたが、後に「武術演員」「武行」と呼ばれるようになった⇒武術訓練を受けた、アクションに携わる映画人。



私は、劇曲(京・昆劇)の出身。
龍虎武師を経て、アクション映画を撮影してきた。拳脚(拳打脚踢=武術)の中で、いつの間にか人生の大半を過ごしていた。

武術魂は、今でも存在している。カメラの前でもそれ以外でも、一つ一つの動作に習武者の気風が失われないよう~維持し続けてきた。

始まりは7人での舞台表演⇒七小福という名になった。

小さい頃、病気になったからって師匠には言えなかった。もし、病気だと言ったら、師匠から二倍の練習を命じられた⇒汗をかけば、すぐに良くなるから。。。

倒立~一時間が経つと、顔は赤く浮腫んで、目の玉が飛び出ているような感覚になった。

弟弟子が間違えると、先ず兄弟子を探し出して叩いた~体中に藤の鞭で打たれた無数の筋が。。。

厳しい師匠からは優秀な弟子が生まれる~だから、私が師兄弟に教える時には厳しく指導した。

そして、七小福が形成された。

私は14歳の時には武行を始めていた。
1日~2日撮影して戻ってくると、直ぐに数人の師兄弟たちに映画でのカンフーを教えた。

ユン・ピョウもジャッキー・チェンも金宝が連れてきた。

私たちを連れて撮影に参加させた。スタントをやったり、アクションをやったり。

五階から落ちる~八階から落ちる。。。

当時は、科学的な技術なんてなかった~全部、自分たちの体でこなしたんだ。

金宝は、後空翻(バク転)でテーブルの上に落ちて壊すアクションを要求した~振り向いて位置を確認するのはダメだという~結果、テーブルの半分が壊れる程度。そしたら~映りがよくない、粉々に壊さなければ~と、新しいテーブルを運ばせた。

今に至るまで、香港のアクション映画は一流。多くのアクション指導者や監督がいる。彼らは全世界に影響を与えている。

七小福は、私たちの信念になっている~「吃苦耐労=困苦を厭わない」

今では、疲れるから監督を務めたいとは思わないが、この「我的特工爺爺」には惹きつけられるものがあって~やってみた。


★アンディ・ラウの娘を演じている少女と主題歌を歌っていますが、、、かなり上手!




★共演しているアンディ・ラウによる主題歌。。。


by takeichi-3 | 2016-03-25 23:54 | 偉人たち | Comments(0)

絵画をアニメに。。。

ゴッホの人生を、自身の作品や手紙などを基にその人生をアニメ化した映画の予告編。。。






ムンクの「叫び」を加工したアニメ。。。




超大作。。。台北故宮博物院にある「清明上河図」
清明節(日本のお盆みたいな~)にお墓参りに行く行程が描かれています。
当時の生活が覗える貴重な資料になっているそうです。



清明上河図には多数の版本が伝えられており、故宮にも八点が収蔵されている。
中でも「清院本清明上河図」が最も有名⇒清代の宮廷画家、陳枚、孫祜、金昆、戴洪及び程志道の五人によって完成された⇒縦35.6cm、横1152.8cmの大作。
by takeichi-3 | 2016-03-24 23:56 | 中国映画音楽 | Comments(0)

南京。。。87歳の拳師

1929年3月生まれ。今年87歳になる南京の「王祺老師」。
中国ネット上~最近になって多くの動画がUPされています。。。

毎朝、習慣になっている練拳。。。



1953年、南京熊猫電子グループで高級エンジニアたちを指導~定年で退職するまで働いた。ロシア語、日本語に精通している。

子供の頃から武術が好きだった王祺~瀋陽で少林拳等の拳法を学び、1947年に北京大学で学ぶため北京に来た後、王という名の師匠に一般的な武術を学んでいたが、ある時、「小王、私が教えられるのはここまでだ。受け入れてくれるかどうかは縁分だろうが、良い老師がいる」と教えられたのが、有名な武術家梅花拳大師の「韓其昌」。

若く、余裕が無かった王祺は、50個の卵を持参して弟子入りを乞い~その善良な人柄と武術に対する愛を認めれられて弟子入りが許された。

韓其昌に学び始めてから本物の武術を知ったと言う王祺。
人々から「沱南侠」と呼ばれていた韓其昌は、形意拳単刀の達人「李存義」の弟子。又、梅花拳第十六代伝承者。梅花拳には千年以上の歴史がある。

梅花拳は、百本近くの杭の上で練功~初心者は五勢から学ぶ~
※以下~実践&指導の映像をお楽しみください。。。(((((((/-_-)/

《補足》
南京で就職してからも、北京へ出張する機会があれば韓其昌老師の元を訪れ、拳理や拳法の教えを乞い~南京に戻ってから練習~を数十年来続けた。

自身の練習以外、武術を愛する青年たちに梅花桩、形意拳、八卦掌などを指導している。
現在、南京、深圳などに多くの弟子がいる。

王祺老師が、いつも口にしているのは。。。
「韓老師は拳だけではなく、武術の精神と人に対する道理なども教えてくれた。私たちは、それを継承発展させていかなければならない。この善きものを途絶えさせてはならない」
by takeichi-3 | 2016-03-23 23:59 | 偉人たち | Comments(0)

ジャッキー・チェン新作。。。カンフーヨガ

f0007580_23544527.jpg
f0007580_055869.gif練習帰りの夜空~咲き始めた桜と満月~♪
今週末辺りが、見ごろになるのではないかと。。。


インドとの友好を強めている中国。
昨年は、天壇公園で大掛かりな「太極拳&ヨガの表演」交流会が開催されたりしてましたが、、、
映画でも、「大唐玄奘」「功夫ヨガ」「大鬧天竺」の三作の交流制作が進んでいます。

「功夫ヨガ」は、ジャッキー・チェン主演。
昨年の9月末から、北京~西安~ドバイ~アイスランド~インドなどで撮影が進んでいて、、、
中国武術とインドヨガを題材とした作品⇒学校で教鞭をとる考古学者(ジャッキー)が、歴史の中で語られている“神秘の宝石”を探して冒険する物語。

監督は、スタンリー・トン(唐季礼)。。。
ポリス・ストーリー3、プロジェクトS、レッド・ブロンクス、ファイナル・プロジェクト、THE MYTH/神話など。。。

インドに到着したジャッキー・チェン&映画の報道。。。インド版。




この映画でジャッキーとアクションを繰り広げるというインド人俳優。。。




共演は、歌手デビューした後に俳優となった香港の若手「李治廷」やEXOの「張芸興LAY」など&韓国のベテラン黄政民(ファン・ジョンミン)も出演しています。。。




★公開は、、、2017年1月だそうです。((((((^^;
★「大鬧天竺」は、王宝強主演のアクションコメディ。
★「大唐玄奘」は、既に予告編が公開されています。


by takeichi-3 | 2016-03-22 23:57 | 中国映画音楽 | Comments(0)