北京で太極拳

takeichi3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2016年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧

西紅柿。。。トマト効果!

f0007580_2154503.jpg
「豆皿で食卓を彩ろう」というのがブームらしいので、、、
〆鰯、煮鰯、南瓜煮、トマト、刻み生姜&梅干~夏の食材を盛り付けてみました。(o^0^o)Ψ


f0007580_2221133.jpg今年の春先、近所の八百屋さんが、群馬特産のブリックスナインというフルーツトマトの規格外品を低価格で箱売りしていて~ハマってしまいましたが。。。ある時、ふと、気づいたのです。トマトを食べた後にトレーニングすると、息が上がらない、疲れない。

体力をつけるには心拍数を上げる運動を~というので、週三回はインターバルトレーニング&ランニングをしているのですが、、、

f0007580_2340467.gif
《トマトの価値》

・健胃消食、生津止渴、潤腸肠通便。
リンゴ酸、クエン酸などの有機酸が胃液の分泌を促す。脂肪やタンパク質の消化を促進。胃酸の濃度を高めて、胃腸の働きを良くするので、胃腸疾病の回復を早める。フルーツ酸と食物繊維が消化を助けて、潤腸通便作用=防治便秘。

・清熱解毒。
涼味甘酸、清熱生津、養陰涼血という効果があるので、熱や乾きを緩和⇒上火症状を治療。

・ビタミンB、葉酸、ナイアシン、カリウムがコレステロール減、血液サラサラ、降血圧。
・殆どの心臓疾患 及び 糖尿病のリスクが軽減。
・ベータ・カロテン、ルテインは白内障の予防に、ビタミンAは視力低下の予防に効果あり。

・トマトといえば、「リコピン酸」
リコピンの抗酸化作用はβカロテンのおよそ2倍、ビタミンEのおよそ100倍。
強力な抗酸化作用が活性酸素の過剰発生を抑制し~動脈硬化、高血圧、糖尿病を防ぎます。

活性酸素が発生⇒体内に抗酸化物質が存在しないと体内の至る所が錆び付き⇒血管が錆びると動脈硬化に~細胞内のDNAが錆びると癌に⇒脂溶性のリコピンは、主に細胞膜に存在。

抗酸化作用は、紫外線が原因で増えてしまう活性酸素に対抗することができるので、メラニンの生成を抑えながら美白していくという効果もあります。最近では、リコピンには高いダイエット効果も。

脳の約半分は皮質で出来ています。
皮質は酸化しやすく、活性酸素のダメージを受けやすいため、脳細胞が活性酸素によって酸化すると学習能力や記憶力の低下に~リコピンは活性酸素によるダメージから神経細胞を守り、老化にともなう学習力、記憶力の低下を防ぎます

更に、骨の骨密度を高める働きが確認されていて⇒骨粗鬆症を予防。

「トマトが赤くなると、医者が青くなる」の所以です。。。(#^_^#)


★中華風トマトと茄子の炒め物。
味付けは、塩、砂糖、醤油などを好みで。。。




中国のトマト料理
by takeichi-3 | 2016-07-31 23:52 | いろいろ | Comments(0)

2016年全中国武術套路錦標賽。。。男子器械

6月に行われた全中国武術套路錦標賽。。。

★棍術の「孫培原」は相変わらず。。。(#^_^#)




ですが、、、
★刀術は、江蘇省の「呉照華」。。。




★剣術&槍術は、天津武術隊の「蘇保成」。。。






★蘇保成~余り記憶にない名前でしたが、2010年の全中国伝統拳では通臂拳で一位の実力派。




★南拳は、人気も実力もトップの「王地」。。。




★太極剣は、常連の「陳州理」。。。


by takeichi-3 | 2016-07-30 23:46 | 武術大会動画 | Comments(0)

オリンピックまで~一週間。。。

f0007580_23474498.gif

オリンピックに向けて制作されたCMなど。。。

★イギリスBBC。。。




★ブラジル出身のロナウジージョと登場。。。




★ユナイテッド航空。。。




★Countdown to Rio 2016。。。


by takeichi-3 | 2016-07-29 23:49 | いろいろ | Comments(0)

気貼脊背の健康効果。。。

f0007580_23364862.gif
武術太極拳と健康太極拳。。。
身体への要求は共通だと感じるようになっている今日この頃。
その根源になるのは、気貼脊背(立身中正)
で、、、脊柱と健康について。。。

f0007580_2331406.jpg

背中のマッサージで重要な筋肉は、背骨の両脇にある脊柱起立筋。名前の通り、背骨を立たせている筋肉。 背骨を立たせる=体を支えています。

背中が凝る=脊柱起立筋肉のどこか~血行が悪くなり、柔軟性が減少しているサイン⇒放っておくと、背骨が歪み~内臓の働きを悪くします。

で、重要なのは、脊柱起立筋を柔軟にしておくこと。

太極拳のユックリ&柔らかな動作は、経絡を整えて気血の通りを良くする効果があるので、健康と長寿に役立ちます。

太極拳は腰の促しによる全身運動。。。
中医理論によると、人体は、气、血、経絡、骨、髓及び臓腑によって組成されています。
五臓⇒心、肝、肺、脾、腎。
六腑⇒大腸、小腸、膀胱、胃、胆、三焦。
これらの臓器は経絡によって結合されていて~経絡はツボを経過~ツボに送られる気血の調整によって、病気を治療するだけではなく、本来の生命体質を改善することもでます。

腰が主宰するという要求がある太極拳。
腰脊が動き出すと、身体の各部分も動き出す~「一動無有不動」
呼吸と連動させて脊柱をリズミカルに伸縮、緊張、弛緩~ツボのマッサージになる⇒命門の両側にある両腎も刺激されています。

臓腑のツボは、脊柱周囲に分布していて~太極拳の腰脊を意識して動く⇒脊柱を動かすことにより督脉が巡る=マッサージ&鍛錬になる⇒多くの内臓疾患は、脊柱をマッサージ、針を打つ~などによる治療を行っています。

脊柱の中には骨髓が収容されていて~骨髓の中には神経細胞体が~脳(司令部)へと繋がっていて、運動や感覚にも大きく関わっています。

太極拳の気沈丹田,尾閭中正は腰椎を活動させる。
含胸抜背、気貼脊背は脊発力の要素~胸椎も活動させる。
虚領頂頸、竪項神貫頂、頸椎を活動させる。
そして、命門は、蒸気機関車の先頭車両のように、脊椎と四肢を運動させている⇒直接、背部や骨髄神経につながっている。

脊柱が動く過程で、任督二脈&五臓六腑のツボを刺激~マッサージしていると同時に、脊髄神経の鍛錬にもなっている。任督二脈への気血の通りが良くなると、五臓六腑も自然と健壮に⇒骨、関節、筋肉群を同時に鍛錬することが可能です。

f0007580_23375934.jpg

by takeichi-3 | 2016-07-28 23:43 | 太極拳理論 | Comments(0)

ヨーロッパ。。。武術の演化

f0007580_2355191.gif武術(マーシャルアーツ)なら、何でもOK!
という感じのフェスティバルみたいです。。。




★中国武術系。。。




★ボディ空手。。。




★ブラジルのカポエイラ。。。




★フランスのバトン。。。棍とは異なるようです。




★クメール(カンボジア)のボッカタオ。。。




f0007580_23543713.gif
その他、、、
フィリピンのカリ、東南アジアのシラット、日本の剣術等~様々な表演があったようです。
by takeichi-3 | 2016-07-27 23:55 | 武術各派 | Comments(0)

気貼脊背の実現。。。重複してますが(^^;

二年おきに開催されている、「東盟武術節」は「以武会友」を目的に、世界各国から集まった武術愛好家たちによる競技大会と武術研究講座が設けられていて~そこに参加していた宗維潔老師が、受講者たちと一緒に二十四式を通す姿。。。



定式から、次の定式に移る時の「后座」。。。スポーツウェアを着ているので分かり易いです。
「后座(立身中正)は瞬時に完成させて~后背靠を出現させて~重心の移動。。。」
と、いつも指摘されている言葉に納得!

「虚領頂頸、沈肩墜肘、含胸抜背による下沈&湧泉からの上昇(収腹)によって丹田集中する劲と丹田(中心)から四肢へ拡散していく劲(虚領頂頸をサポート)が、ほぼ同時に発生している」
という、今回の北京行きより、宗老師に要求されるようになった課題の模索に役立ちます。。。


f0007580_23343061.gif
しつこく。。。気貼脊背。
太極拳身法の実践により出現させる。。。
身法=秩序に則った身体の活動法⇒身体各部が組織されて動く⇒含胸&拔背等。
各種身法、それぞれに役割があり~目的は、節節貫穿、不頂不丢(八面支撑)。

太極拳は、身法を追及しながら行わなければならない。
含胸、抜背、裹裆、护肫、提顶、吊裆、松肩、沈肘、腾挪、閃戦、尾閭正中、気沈丹田、虚実分清等~十三条があるが、初心者は、先ず八法を。。。

含胸、拔背、松肩、垂肘、提頂、吊裆、气沈丹田、護肫等の実現⇒内形と外形の統一⇒精、気、神が型の中に存在しているという知覚が得られる。

★含胸
要点は、左右両胸(鎖骨の下、2~3寸辺りの外部)が含になる~肋骨も含まれ下沈⇒心臓が含まれる(心含)のは間違い。

★拔背
大椎が上外に引き上げられている⇒大椎抜高となると、脊椎が放開~肌肉が放松して下沈する感覚が生じる⇒身法が正しく行われているかどうか自身で判断できる⇒感覚が生じない=正しく行われていない。

★以上の二つは、松肩墜肘のサポートにより行われる。
松肩により、肋骨の後部、肩甲骨が下挿(肩井を要に、下に沈みながら、扇のように外前へ開く=含胸抜背が出現)~「外動引導内気」の動きが感じられる⇒外形運動と内気運動の統一⇒気貼背。

★身体の後ろ(背)を軽視してはならない。
松肩墜肘は、背部の関節を松開させる~それに呼応して実現した含胸、抜背が内気を両腕へと通し、手指にもPENGが生じる⇒内気は、腕の内側を通るように。

★腰(両腎区域)と尾骨
腰と尾は、いつでも中間にあるように⇒站立している時~意識は身前身後、左右、斜めの八方向に放つ⇒自身はその中心に立っている⇒手がどのように動いても腰と尾は中央に~四肢の後ろ盾となっている=腰と尾(尾骶骨は下挿=収腹・提肛により先端が前向きに)は堅となっている。

★手腕が自然に上がらない=手指に八面支撑(節節貫穿)が伝わっていないから。
手を活かすには、腰、尾の働きが重要⇒上下相随一致⇒根座好、不能手掌倒伏(手指は軟弱とはならない=劲が通る)
by takeichi-3 | 2016-07-26 23:59 | 太極拳理論 | Comments(0)

真元混合一気功。。。

f0007580_23554966.gif武当九式吐納養生法を、劉理航宗師が演化させた養生功法~
「真元混合一気功」

脊椎、肩、腕を旋転させることでマッサージ。
動作は難しくないのに、多くの効果が得られる養生功法です。


指導しているのは「劉理航宗師」。。。
101歳まで矍鑠としていて~積極的に、自身が伝承した功夫を後輩たちに伝えていたそうです。

動画は、十堰の街(武当山の入り口ともいえる、十堰駅がある街)での講習風景。
学習者に分かり易いように動いています。



1980年代初め、文化大革命が成功した中国では大規模な武術発掘整理作業が行われるようになりました。革命中、旧悪とされていた武術。信道、信仏も廃れて~武当山や少林寺では、武功の高い道士や僧侶たちは民間へと下山流散していたので、高超な武功伝承者を見つけ出すのは難しく~「武当無拳」と言われてもいました。

幸いなことに、早くに武当山を離れて民間に隠棲していた高名道士たちを探し出すことが出来~厳しい冬を余儀なく過ごしていた中国武術は、ようやく春を迎えることになります。

1983年、上海の武術教授「蔡龍雲」が、武当純陽門弟子たちの演拳を見て。。。
「この拳は、太極拳のようで太極拳ではない。八卦掌のようで八卦掌ではない。形意拳のようで形意拳ではないが、内家拳の特徴を備えている」
と、関心を持ち、湖北省の武術発掘整理組織に調査を促し~劉理航に出会い、その拳術、内功、剣道、養生術などを《湖北 武術史》に記載。全国武術発掘整理に大きな貢献を果たした。

道門の純陽武功の失伝を恐れた劉理航宗師は、積極的に門外の人たちにも武当武功を伝えた。
by takeichi-3 | 2016-07-25 23:57 | 気功:五禽戯・八段錦他 | Comments(0)

\(^^)人(^^)人(^^)/。。。

★「奥特曼=ウルトラマン」も敵わない武術館。。。
オンラインゲームの宣伝~のようです。




★You-Tubeから~今日の「あなたへのおすすめ」、これでした。。。
以前にも紹介したことのある、中国各地を回っている80歳を超える武術パフォーマー。。。




★前半の動き~中国武術愛好家たちから賛否両論のある「太極拳真功夫速成法!換桩」系。。。
熟練者でなければ、膝や腰を痛める~と危惧する意見が大半を占めています。


by takeichi-3 | 2016-07-24 23:58 | いろいろ | Comments(0)

丁傑老師陳式講習会。。。宮崎で太極拳

恒例になっている、「丁傑老師」の宮崎での講習会が今年も開催されます。
★主催者ブログ⇒ 真面目なんだ太極拳 



・日時:10月29日(土)、30日(日)
・場所:宮崎市佐土原武道館
・内容:(予定)
    29日 陳式太極剣
    30日 基礎から学ぶ陳式規定套路五十六式

・詳細については下記までお問い合わせください。
 info@taiji.sunnyday.jp


★古い、陳家溝の映像。。。


by takeichi-3 | 2016-07-23 23:56 | 太極拳講習 | Comments(1)

松にも色々。。。筋膜、骨膜リリース

f0007580_23545536.gif
太極拳~正しい松が行われると、筋(骨)膜リリース効果もあります。
中正(松)は、「三順⇒体順、劲順、気順」⇒心身のストレスを解除。
肢体の各器官(五臓六腑)、肌肉、筋膜、関節などを緩弛、舒展、伸長により、自然(力みのない)力で体を支え保ちます。


「筋膜リリース=筋膜はがし」
筋膜とは筋肉や骨・臓器などを包んでいる膜。私たちの身体に欠かせない組織なのですが、固まりやすいのが難点。筋膜が固まることによって、肩こりや腰痛を引き起こす~関節の可動域が広がってケガをしにくくなったり、疲労回復が遅くなったり~します。

この固まってしまった筋膜、太極拳の節節貫穿によってほぐすことが出来ます。

★節節貫穿(筋骨ストレッチ)の基礎となるのは松。
松には限りが無く~レベルがあって~それぞれのレベルに応じて要求も変わっていく。
学び始めた人たちには、「緊張しない」「力を入れない」というような、力を抜く放松を要求。

練習時間を重ね、動作規格に慣れてきたら、「不要用力」ではなく「松開」を要求。
松開⇒関節の松開⇒脊椎、肩、肘、手、股、膝、足首などの関節を意識的に引き伸ばす⇒自覚なく動き易い部分をコントロールする手段でもある⇒関節をコントロールできるようになると、実戦時の弱点を克服できるとともに攻撃力も増す⇒相手に手首を掴まれた時、手首を捨てて(松松放開)~肘で反撃。。。

初心者への「松」を始めとして~
「松柔」「松沈」「松活」「松霊」「松空」等、限りないレベルが存在している。

全身が松=「松透」
一生を尽くしても追及しきれない松の存在が、太極拳を興味の尽きない物にしている。
by takeichi-3 | 2016-07-22 23:58 | 太極拳理論 | Comments(0)