北京で太極拳

takeichi3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2017年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧

太極拳~三節を整える。。。

f0007580_23312216.jpg北京市内~何処に行っても、この手の自転車を利用している人が走っていました。

30分一元。
スマホで契約。乗り降りは何処でも自由。
学生が多い五道口駅前は、こんな風に賑やか。

バス停に着いたら用済み、みたいな感じで、ポツンと乗り捨てられた自転車も。。。(T_T)
f0007580_23322376.jpgf0007580_23334169.jpg



f0007580_23441965.gif
今回、伝統拳老師に体感させてもらった理論。。。
三節⇒上、中、下
或いは⇒根、中、梢


以一身言之:頭為上節、胸為中節、腿為下節。
以頭面言之:額為上節、鼻為中節,口為下節。
以中身言之:胸為上節、腹為中節、丹田為下節。
以腿言之:胯為根節、膝為中節、足為梢節。
以臂言之:膊為根節、肘為中節、手為梢節。
以手言之:腕為根節、掌為中節、指為梢節。

規定通りに体を整える。。。
地味で根気が必要な作業ですが、太極拳力を得るには一番の近道です。。。(^^)V
by takeichi-3 | 2017-02-28 23:56 | 太極拳理論 | Comments(0)

あ。。。ほっともっと

f0007580_2341168.jpg
「HOTTO MOTTO」って、、、
あの「ほっともっと」???
と思わず近づいてしまったお店。

まぎれもなく、ほか弁を売っていました。
「特級ノリ弁」や「秋刀魚蒲焼幕ノ内」
店内でも定食感覚で食べられるようになっていますが、一般食堂と比較して~安くはないようです。
f0007580_23184055.jpgf0007580_23224722.jpg
f0007580_23425170.jpg

北京へ出発当日、花粉症が酷くなるのを恐れ~
病院に行ったところ、風邪との合併だとか。

そのせいもあってか、今回は食欲減退気味。
次回に挑みたいと思った「トルコ総統定食」

by takeichi-3 | 2017-02-27 23:51 | 北京 | Comments(0)

北京で推手。。。含胸による下沈

f0007580_23323627.jpg
今日も良い天気。
公園に集まる人も大勢で、皆さん元気はつらつ。

毛筆の男性二人。。。
「久しぶりだね」
「ず~っと出るのを控えていたからね」
という会話を交わしていました。
f0007580_23341273.jpgf0007580_23345369.jpg
f0007580_23371175.jpg
宗維潔老師は1月初めから日本で講習~今晩戻り。
ので、事前に~
「推手に興味があるので、老師がいない時は、自力で公園で推手グループを見つけて練習します」
と宣言していて、、、

地壇公園で、熟練している感じのグループを見かけたのですが、気後れしてしまい~結局、伝統拳老師のところへ。。。



「今回は、推手を習いたくて~」
「推手~」
と、軽く手合わせすることに。

単手平円
含胸による下沈劲を運用して、相手の力を化掉。
最近、ようやく沈肩に反応して肋骨が下に移動するようになり、含胸時に体前面の下沈感が出始めたところ~当然ながら、まだまだ不足しているという指摘。

含胸⇒下沈によって気を丹田に沈めている。化劲作用がある。
体前面を空にしている~その反作用で背中に撑力が生じる⇒空の精度が高くなれば掤力量が増す。

体前面の空を重視した站をしながら~肩、肘、手の三点バランスが整った掤劲作り。
要求通りに整うと、強い力で押されても微動だにしない弧が出現~その状態を維持しながら、力を込めて突き出されている老師の両腕を、丹田や足裏の力も加えて上下にズラす練習。

基本になる劲を失わないように~攬雀尾(ポン、リー、ジー、アン)それぞれの動作での肩肘手指の運用などを学ぶにつれ~基本的な運用法を、まだ身につけていない自分を思い知らされ、反省。

公園推手デビュー、少なくとも、今日学んだことが自然に行えるようになってからに~ρ(. . )
by takeichi-3 | 2017-02-26 23:48 | 太極拳 | Comments(0)

北京、上天気。。。

f0007580_17344988.jpg

昨日までは雾霾(wumai=PM2.5)が酷かったようですが、今日は上天気の北京。
公園や名所~景観の良い場所では、婚礼用写真を撮影をする人が見られました。


f0007580_23461446.jpg
暖かい日差しの中、観光客たちの表情も緩み。
前回とは完全に別世界、中心部はどこもかしこも人出が多く~活気づいていました。

「踏青」
⇒春にはピクニック~という習慣がある中国。

≪散歩≫
散歩は価値のある養生保険方法。
特に春。万物が生育していく季節。空気は清新、花が開き、木々は緑に、鳥は囀り~そんな成長エネルギーに満ちた自然の中に身を置くことで、冬季に縮まりがちだった心身が伸びやかになる。

「凧揚げ」
踏青に際して、凧を持参することをお勧め。
凧揚げは、娯楽性&鍛錬性のある養生方法。
凧を揚げている時、人は止まることなく動いている。紐を引いて凧をコントロール⇒手足をフル活動⇒疏通経絡、調和気血、強身健体となる。
目は、凧の動きを追い続けることで、目筋が活発に働き~遠近調節機能増強&疲労も解消する。
by takeichi-3 | 2017-02-25 23:57 | 北京 | Comments(0)

兎児爺。。。

北京空港。。。
北京の伝統手工芸品(非物質文化遺産)になっている兎児爺の姿が。。。

f0007580_2331988.jpg
「兔=月」
本来は中秋期の物だったようです。
月世界で嫦娥と共にいた玉兔。この玉兔が進化~芸術化、人格化,神格化した姿だとか。

明朝末に出現した兔児爺。
清朝建立後、満族の統治者は漢族の月崇拝の伝統を否定せずに継続~より賑やかに。
八国連合軍が北京に攻めて来た時、西太后は逃亡中でも拜月祭兔を行っていたとか。


民間の祭兔。
仰々しい儀式はなく、玉兔を親しみやすい兔児爺の姿に変えて子供たちの玩具にし立てた。
民国時期、支配者が変わっても、祭拜&玩賞兔児爺の風俗は続いた。
by takeichi-3 | 2017-02-24 23:58 | 北京 | Comments(0)

花粉症にはリンゴ酢・・・(--)???

週初めに雪が降ったという北京。まだまだ寒いようです。
微風があるので、空気汚染は56(微良)~明日から、北京。(--)!
f0007580_23124774.jpg


というのに、今まではなかった花粉症の症状が。。。
鼻水タラーリ、皮膚カサカサ、咳、頭痛と~あらゆる症状が出ています。

花粉症患者、以前は少なかった中国ですが、ここ最近では増加傾向。
リンゴ酢が効果的~と言われています。




★希釈して摂取~胃を痛めるので、空腹時には飲まないように。


≪リンゴ酢効果≫
・血中中性脂肪低下、脂肪蓄積の抑制⇒高脂血症、動脈硬化、高血圧、糖尿病、脂肪肝等の予防。
・美容健康⇒抗酸化作用のあるリンゴポリフェノールが活性酸素が減らし、シミ・皺を防ぐ。
・リンゴ酸⇒運動後の疲労回復軽減、筋力アップ。
・食物繊維の一種ペクチン⇒善玉コレステロールや ビフィズス菌の養分⇒腸内環境を改善。
・カリウム⇒浮腫みを取る。塩分を体外に排出。
by takeichi-3 | 2017-02-23 23:56 | いろいろ | Comments(0)

太極拳ウォーミングアップ運動。。。

f0007580_23375824.gif
★丁寧で良い準備運動だな~と。。。




f0007580_23375824.gif
★大変に感じるかもしれませんが、体力に応じて出来る範囲で行うと良いかと。。。




f0007580_23375824.gif
★日々、継続~の成果でしょうか。。。


by takeichi-3 | 2017-02-22 23:52 | 太極拳 | Comments(0)

アライメント(骨格ポジション)。。。

f0007580_23571354.gif
各種スポーツ。。。
筋肉の機能を活かせるアライメント(骨格ポジション)を大切にしています。
太極拳の身法(立身中正)も、松沈柔緩を自然出現させる重要なアライメント。



★バレエ分野、ジャンプを行う為の身体調整~が興味深かったので。。。

☆最も一般的なのは、筋肉の反射(伸張反射)~バネ機能。
筋肉は、伸ばされると(元の長さに戻ろうと)縮む、ゴムのような性質を持っています。
また、一つ一つの筋肉のバネに加え、脚の筋肉が連動(脚全体のアーチ)⇒プリエ(脚を曲げる動作)によって機能します。

筋肉は自分の意思で縮めることは出来ますが、自分の意思で伸ばすことが出来ません。
力んで伸ばそうとするより、自然に~筋肉の反対側にある拮抗筋の感覚と使い方を身に付ける練習の方がバネ性質を発揮しやすくなります。

☆次に、靭帯のバネ。
足首から下には様々な靭帯があり26個の骨を繋いでいます。
中でも弾力性を持つ靭帯はバネとしての機能に貢献しています。
足裏には靭帯と筋肉によって3つのアーチが存在しています。このアーチに重さがかかると、伸ばされる~戻ろうとして縮むという機能が発動されます。この靭帯によるバネも自分の意思で動かせるものではありません。足裏のバネが発揮できるポジションに自分の重さを乗せる~という練習は役にたちます。

☆そして、脊椎。
椎間板という脊椎の骨と骨の間にある23個のクッション。
椎間板は、一つ一つが木の年輪のような形状をしていて、その中心に80%が水分という球があることで、脊柱の屈伸、捻じりを可能に、自身の重さをはね返す弾力性を発揮。

弾力性を発揮させる為には、自身の重さをバランス良く乗せることが大切⇒きちんと椎間板に乗せられたら~弾力性は自然に発揮されます。

身体が持っているバネ機能は、自分の意思の頑張りや筋肉の踏ん張りだけで動かそうとするのとは異なる方向からコントロールしないと発揮不可能です。

★「自分を動かす」から「自分を使う」という発想転換が必要です。
by takeichi-3 | 2017-02-21 23:57 | 太極拳理論 | Comments(0)

春向き~養肝功。。。

f0007580_23571527.jpg
寒かった冬が過ぎて、体内の陽気が成長し始める春。
肝は木性を象し春に属します。
春には木々が芽吹き一気に大きく~自然界のエネルギー(気)と同じように人体のエネルギーも旺盛になり、テンションが上がり過ぎて不調(大過)をもたらし~イライラ、不眠、食欲不振などの症状がでることも。



★肝経(陰)&胆経(陰)を整える効果がある気功体操。。。









f0007580_0767.jpgf0007580_071576.jpg

肝:肝は将軍の官、謀慮を為す⇒身体活動を円滑にして休息を指揮。
胆:中正の官、決断を為す⇒公平中立の立場で、臓腑活動の適否を決断。

★肝の働き
全身の気の運行、精神・情緒の安定、血の貯蔵、筋・目の生理機能を維持する。

疏泄を主る:疏(疏通)、泄(発散・昇発)
全身の気を運行:肝の機能が正常なら、気機はのびやかで気血調和、臓腑器官機能も正常。
精神状態を安定:肝の機能が正常なら、気血のめぐりが順調~感情が安定、ストレスに強くなる。
消化を助ける:脾の運化により営まれる食物の消化吸収~肝は脾を補助(胆汁を分泌・排泄)。
肝は血を蔵す:血液貯蔵器⇒血量調節~安静時・運動時等、人体各部の状況に応じて血液補給。
肝は筋を主る:筋肉活動は肝の血により維持される⇒肝血が十分=筋肉の働きがよくなる。
肝は目に開竅:目の働きは肝血の滋養に頼っている⇒肝経脈は目に上る。
肝の華は爪に:爪と筋肉は肝血の滋養が必要⇒肝血が不足~爪は薄・柔・変形・光沢がなくなる。

※中医学では、筋肉を働きと形の両面から観察しています。
「働き」⇒筋肉は筋とよばれ、肝血によって維持されています。
「形(肉づき)」⇒肌肉~脾の働きにより維持されています。


★胆の働き
胆の主な働きは、胆汁の貯蔵と決断を主る。

胆汁を貯蔵:胆汁は飲食物の消化を助ける⇒この働きが失調~口が苦い、消化不良等の症状が出る。
決断を主る:決断力、勇気と深く関る⇒胆が健全なら、肝と共に正常な判断を下すことができる。
by takeichi-3 | 2017-02-20 23:59 | 気功:五禽戯・八段錦他 | Comments(0)

武当武術。。。

★武当武術スクールの宣伝用動画。。。




★武当山にある国際武術学校の学費(一例)。。。
f0007580_23583061.png


※去年、飛行場がオープンしたので、北京や上海から武当山への移動がラクになっています。


★軽功で有名な陳師行道長も武術館を開いています⇒≪師行功夫館
ちなみに、下記種目取得に必要な学費は~各々、1500元。
滞在期間は、7~15日(生徒の意向)⇒宿舎100元~180元/日、食費50元/日。
※気功コースは、1~3日。。。一項目600元からと手軽です。






★テレビや舞台でのパフォーマンスでも有名な清風子道長が主宰している≪武道功夫院


by takeichi-3 | 2017-02-19 23:59 | 武術各派 | Comments(0)