北京で太極拳

takeichi3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2017年 04月 ( 25 )   > この月の画像一覧

6月開催。。。北京で太極拳

久しぶりに、、、「北京で太極拳(現地集合)」開催します。
f0007580_23302238.gif★募集人数:十人前後。
★練習場所:北京市海淀区内体育館⇒航空券&ホテル等サポートします。
★開催期間:6月2日(金)~4日(日)⇒一日四時間。練習後はフリー。
⇒伝統拳老師体験希望者はオプションで追加可能&途中参加や延長なども可能。
★講習内容:熟知した套路を~身法(理論)重視で内側(劲)から動く。
★詳細問合:beijing-taiji@hotmail.co.jp
by takeichi-3 | 2017-04-30 19:57 | 太極拳 | Comments(0)

上海より帰国。。。

f0007580_2347252.jpg通勤者に混ざって、ホテル近くのお店で朝食。
一般的な朝食は、お粥かワンタン。

街中で食べる最後の食事になるかもしれないので、まだ食べていなかった水餃子に。

f0007580_23474649.jpg注文を受けてから身も皮も手作り~待ち時間が長くなる分、美味。皮が厚くて~焼売と同じく主食だと納得させられます。

f0007580_23504631.jpg

食後は、バスを乗り継いで本屋巡り。

人民広場近くのデパートが立ち並ぶ繁華街。
地方からの中国人観光客が多くいて、、、
記念撮影の一番人気地点が此処。
プロの写真屋さんも出動していました。

f0007580_2353855.jpg福建が近いからか、、、
北京では余り見かけたことがない、曾乃梁老師&曾衛紅老師父娘の書籍類があって~昨年、曾乃梁老師の弟子になった知人の為に、曾衛紅老師の二十四式挂図を購入。

ちなみに、全国区的に見かけるのは邱慧芳老師
難易動作太極拳の第一回世界チャンピオン。太極拳秘境を始めとした武術系のレポーターで活躍して人気に~初心者向け太極拳や養生系書籍を多く出しています。

by takeichi-3 | 2017-04-24 23:59 | いろいろ | Comments(0)

上海。。。いろいろ

f0007580_23433912.jpg
朝の公園、鳥を連れての談笑は何処も同じ。

これは、初めて~
「双手合十后背」しながら散歩する男性。
元々はヨガのポーズ。肩、胸、腕の柔軟性を高めて、リンパや血流をよくして老廃物を排出~新陳代謝の高い体に。又、肩甲骨の内側にある脂肪を燃やす褐色脂肪細胞が活発に働くようになるのでダイエット効果も。

f0007580_23444292.jpgf0007580_23452211.jpg

f0007580_23474847.jpg

上海観光では欠かせない、外灘。
観光地点を外れた場所では、普通に魚を獲っている人たちがいて。。。

中には、網を使っている人もいて~
一回で20匹前後、家族の食卓を賄える量を獲っていました。

f0007580_23491026.jpgf0007580_23504026.jpg

f0007580_23524939.jpg
今日の人民公園。
入口付近から、ず~っと、ず~っと傘が並び。
何だろうと近づいてみたら、結婚相手探し活動。
開いた傘の上には、生年月日、身長、学歴、職業などを記した紙が貼られていました。

太極拳は~伝統楊式と伝統陳式のクラスを見かましたが、どちらも好み(?)ではなく、規定拳を音楽に合わせながら次々グループに参加。一汗流して帰ってきました。

f0007580_23595029.jpgf0007580_0252856.jpg

f0007580_748253.jpg
今日の昼食。
動いた後、東坡肉を食べたい~とお腹を空かせて歩きながらレストランを探していた通り沿い、湯気をたて並んでいた焼売に誘惑され~

小さめのオニギリ位ある大きさ。中味は、味付けされた豚肉と椎茸が入ったおこわ。二個で5元。
おかずではなく、完璧に主食です。。。
(o^0^o)Ψ

f0007580_7543455.jpgf0007580_7261843.jpg
by takeichi-3 | 2017-04-23 23:56 | 北京 | Comments(0)

上海で太極拳。。。

朝。。。とりあえず、太極拳!
と、早めに出かけることに。

f0007580_23215419.jpgホテル近くの公園。歩道橋の上から太極拳する人発見。32式拳~次の42式拳も参加~皆さん自由に手足を動かしている感じ。

ここは、ほどほどにして~伝統楊式の風格で、24式、32式拳、42式拳~を通しているグループに参加。使用している音楽の編集は前グループと同じ。私的には、かなり早すぎる印象。

この公園。サイの彫刻が目立っていました。

f0007580_2326950.jpgf0007580_23211474.jpg


ウォーミングアップも完了。
もう少し本格的な太極拳を~人民広場に行くか、中山公園に行くか。。。


f0007580_23392649.jpgで、中山公園に~
太極拳グループ、意外と少なくて。
形意拳グループが三体式をしているのを見かけ、
久しぶりに形意拳~とも思ったのですが、とりあえず公園内を一周してから。。。

良い感じの、参考になるウォーミングアップをしている太極拳グループ発見。拳式は陳式老架
「参加可能?」と尋ねたら「一回目は大丈夫だけど、次からは有料」という返事。

f0007580_0183135.jpgf0007580_23475137.jpg

f0007580_2356392.jpg明後日の帰国=次は無い~
のに、参加了解してもらえました。
指導内容は陳式老架。初めての37式、一週間滞在なら習いたい~気持ちよく動ける楽しい套路。
。。。ρ(. . )

練習後は、上海風牛肉麺の昼食。
始めはレタスの香り~時間の経過とともに、味付牛肉、酸隠元、炒め落花生の味と香りがスープに移って、変化が楽しめる麺。
by takeichi-3 | 2017-04-23 00:30 | Comments(0)

養生太極拳&上海な~一日。。。

今日は、気功&太極拳のミックスクラス。いわば、養生太極拳~みたいな感じ。

f0007580_0152968.jpg参加者たちの身法、かなり精度が上がってきたので、大きな三節(上体、下肢、腕)それぞれの主要となるツボを意識~個々に変化させ~それを繋げて動く~を実施。肩井(下沈)に湧泉(汲み上げる)を協調~手腕に伝わる力(劲)の質の違いを、起勢(提手&下按)で体感。

体感。。。レベルアップに欠かせない要素です。



f0007580_0165483.jpg
ま、、、午前中は、そんな感じで。
ただ今、上海しています。。。

空港からホテルまで~地下鉄利用初めて。
要領が分からず、迷いながらようやく到着。
(#^_^#)v
by takeichi-3 | 2017-04-21 23:59 | いろいろ | Comments(0)

サーカス。サーカス。。。

f0007580_23515930.gifちょっと気になっていた、シルクドソレイユのWUSHU。。。
武術というよりはトリッキング~パフォーマンスとしては楽しい!




★オーディション用のビデオらしいです。。。




★雑技や武術~多くの中国人パフォーマーが参加しています。。。




★モンテカルロサーカス。。。


by takeichi-3 | 2017-04-20 23:54 | いろいろ | Comments(0)

養生必養腎~毎日、毎日。。。

f0007580_2302070.gif
最近、気温が不安定なせいか。。。
周囲に疲れが溜まっている知り合いが多くて。
黄帝内経にも記載されている「養生必養腎」に効果のある動作等。

私たちにとって重要な器官である腎臓。
中医では、「腎気足、百病除」と。
左側の腎は陽。右側の腎は陰。
左腎⇒六腑(胆、胃、大腸、小腸、膀胱、三焦)の効能に関わっている。
右腎⇒五臓(心、肝、脾、肺、腎)の運行に関わっている。
腎は、五臓六腑を温め、潤し、養い、励起している。

疾病の根源の多くは内臓疾患によるので、補腎より始めることで予防できる⇒肝病先調腎、腎病先調肺、肺病先調脾、脾病先調心、心病先調肝。

腎は元気の源。元精は生命の原動力。
「腎虚」という言葉に対して、身体に良くないという印象を持っているはず。

腎虚は生命力が減弱した状態~病に罹り易くなる。
「腎生精、精生髓,髓壮骨、髓通脳、脳為髓海」
腎の働きが悪くなると髓空、髓空は骨軟、骨軟は腰膝酸麻、歯脱落、椎間盘突出、関節炎、頸椎神経痛、眩暈、耳鳴り、健忘、反応が鈍くなる、精力下降、抜け毛、皴が多くなるなどの症状が現れる。腎が、そのような状態にならない為には、どうしたらよいか。

★腎兪をマッサージ。
両手を拳(掌心には虚空)にして、腎兪に付ける。膝関節を軽く屈伸させて~その弾みを利用してマッサージ⇒両手が自主的に動かされるというより、身体の上下動に随って動く程度~腰部が微熱を帯びたら終了。




★その他、、、
≪いつでも、どこでも~費用をかけずに養腎≫


f0007580_22435028.png
★腰眼マッサージ。
「腰為腎之府」両手で36回擦る



f0007580_22565225.jpg
★太溪マッサージ。
太渓ツボは、足裏の湧泉から湧き出たエネルギーが渓流となって注ぐ場所というような意味合いのツボ⇒腎臓機能を高めるツボ。



★耳殻をマッサージ⇒養顔、精神爽快にも。
朝晩、前から後ろに49回、後ろから前に49回マッサージ。


★耳を上下に引っ張る⇒頭痛、鎮静、清脳、明眼、養腎。
親指(外側)と人差指(内側)で耳を挟み、抓るように、捏ねるように、上方向に引っ張る~下方向に(耳朶を)引っ張る~を耳が暖まるまで。
by takeichi-3 | 2017-04-19 23:53 | 気功:五禽戯・八段錦他 | Comments(0)

武術健身。。。中国最初の武術雑誌

1981年創刊、中国で初めての武術雑誌≪武術健身≫
※表紙趙長軍の鷹爪拳と張小燕の蛇拳。。。(#^_^#)


f0007580_23375068.jpg1979年、広西省南寧で第一回全国武術観摩会が開催され~全国に武術熱が広まった。1980年に二回目となる大会が山西太原で開催された時には、200人以上の選手が、南拳北腿、各種器械など517項目を表演。会場は観客で賑わった。

武術熱は映画少林寺によるという人もいるが、映画が公開された1982年以前に、既に人々の武術への関心は高まり、書籍を求める人が増えていた。

老拳師や出版関係者たちは、伝統武術を広く伝播する為、習武健身の資料とする為、新中国成立以降、初めての武術系雑誌を創刊~以降、最高時の発行部数は198万冊にまで達した。


★武術系の内容は捜索できませんでしたが、健身系~馬礼堂老師が担当したようです。



《馬礼堂》
1903~1989年
河北省河間县馬户の農民家庭の生まれ。
7歳で父を亡くしたが、血筋に中医もいたことから、それなりの知識を学んでいたはず。

幼い頃より、少林潭腿、華拳を学び、13歳からは張兆東より形意拳と八卦拳を。
1931年、張兆東の紹介により郭雲深に拝師。その後、河北大学武術教授&河北省武术館館長の劉為祥より形意拳を。その外、太極拳名家劉采臣より太極拳を。南北大侠杜心武より推手を学ぶ。

華北大学教育系に入学。華北武術研究会を組織。孫禄堂、尚雲祥、劉采臣、恒寿山、許禹生、張策、郭樹棠等の武術名家を講師として招聘。共に武術を研究した。

抗日戦争&解放戦争で活躍。
解放後は、万寿山高干療養所で働き、全国工商連中医顧問などを務めた。
中医と気功を併せ、当時のトップたちを治療して称賛される一方、誰れ彼れの区別なく一般の人たちにも精心施治していた。


by takeichi-3 | 2017-04-18 23:58 | いろいろ | Comments(0)

カンフー系???

≪胡戈≫。。。中国の映像制作者。
ギャクの効いたCM等を多く作っていたのですが、最近は見かけることが少なくなって。。。
今日、久しぶりに~眼鏡チェーンのカンフー系CMを見つけました。
「お前は一体、何者なんだ。眼鏡を外して顔を見せろ」
「俺は、眼鏡を外したことは無い!」
※ロケ現場。北京の中心部から郊外まで~あちこち移動。かなり贅沢。。。




アメリカ人アニメータのカンフー系作品。。。Way of the Mantis


by takeichi-3 | 2017-04-17 23:57 | 中国映画音楽 | Comments(0)

養狼終成患。。。平野美宇

北京~新聞のトップには、≪昨最高温31.1℃≫
その下方には、≪日本17岁乒乓小将亚锦赛女单夺冠≫と、平野美宇優勝の記事が載っています。

f0007580_23352129.jpg≪中国女乒“养狼”终成患≫
という表現をしている媒体も多くみられます。

以下。。。
2000年生まれの日本卓球チームの選手平野美宇は無錫で17歳の誕生日を迎えた。4月14日は彼女の誕生日。価値のある格別なプレゼントを受け取った。

丁寧、朱雨玲、陳夢といった中国トップの選手を破ってアジア選手権女子シングルで優勝。

「無敵を誇っていた中国チーム。年若な日本の女の子がトップ選手の敵となるなんて~」
と、中国チーム主将は率直な感想を述べた。

f0007580_7391011.jpg
世界ランキング一位の丁寧が淘汰されて、平野選手の技術が抜きんでていることに気付かされた。

非常に速くて変化に飛んだ軌跡~
今後、それを抑制できるような研究をしなければ。
≪中国元素促平野美宇迅速成長≫
平野美宇が成長していく過程で、日本で彼女に指導していた中国人選手がいる。河北の劉≪劉潔≫、2015年からは≪王鋭≫に~また、去年はモンゴルの鄂爾多斯チームで訓練を受けながら試合に参加。その合間に中国語も学習。一般会話での交流も出来るようになっている。

「平野美宇の学習態度は非常に真面目~それが、快速進歩の原因だろう」
と、中国人コーチが語っている。

長きに亘って、卓球の国際的発展の為に多くの国にコーチを派遣。技術協力してきた中国。
「中国チームが負けた時、ようやくニュースになる」と豪語するほど勝ち続けていたのに、、、
≪养狼终成患≫の時代がやって来た。

・養狼⇒ライバルを育てる。
・成患⇒災いや心配の種となる。

当面は、≪日本小狼≫という呼び名が飛び交うかもしれません。。。
by takeichi-3 | 2017-04-17 07:42 | いろいろ | Comments(0)