北京で太極拳

takeichi3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2017年 07月 ( 30 )   > この月の画像一覧

少林寺武術学校運動会。。。

今年で53回になるという、少林寺周辺の武術学校参加の運動会。。。

★表演も色々~その中の板凳(ベンチ)龍。。。。




★今年から、一般参加の武芸大会も開催。。。




★石鎖表演。。。




★二指禅系。。。


by takeichi-3 | 2017-07-31 23:58 | 武術各派 | Comments(0)

中正。。。内側での要

f0007580_22204198.jpg

f0007580_2226208.jpgラベンダーで有名な観光地へ行くバスツァーに参加。
大量のトンボが飛んでいて、カメラを向けるとカメラ目線。
のみならず~頭を触っても逃げないし。。。
仲間のトンボはカメラに停まってくるし~何なんだろう?

こんな体験文も~トンボはどういうわけか非常に好奇心が旺盛で動物の様に侵入者を観察する。こちらが注意を向けると喜んでいるようにも見える。手を伸ばせばその手に留まる。

f0007580_23525668.gif
バスの中では読書。。。
虚領頂頸、尾閭中正による立身中正~内側での調整の仕方に触れている文章を読んでいました。

“中”と“正”で構成されている≪中正≫
正⇒身体の外見が整っている(正)~内側も整備されて(不偏不倚)=気血正=中庸。
※不偏之謂中、不倚之謂庸。

中正の主要ポイント⇒内側で気血中正、気血協調となっている=外形も整っている(中正)。

★中(内側)。。。
尾骶骨と上丹田、上丹田と天目穴(天谷、玄関、祖窍等多くの呼び名がある)が一直線。
⇒両眉・両目の中間より一寸ほど内側と大泉門(赤ちゃんの頃、開いている頭蓋骨部分)が交差する部分~蔵神所と呼ばれる場所があり~これと尾骶骨を繋げる⇒尾閭中正神貫頂、満身軽利頂頭懸⇒気血も正常に通るようになる。

※尾骶骨先端(尾閭)は前に向いていないと、上下一直線とはならない。

上記(一直線)が正しいと、平衡感覚を主る小脳の位置も安定して機能する。
※目線の方向(上下)によって、小脳位置がズレて正しく機能しなくなることがあるので注意。

f0007580_2350274.jpgf0007580_23505438.jpg

★以上は、、、
奇経八脈の、身体の陽経と陰経を束ねるという陽維脈と陰維脈を主体とした整体法。


陽維脈は各陽経を連絡させ、督脈の風府・唖門で交会。

陰維脈は各陰経を連絡させ、任脈の天突・廉泉で交会。
by takeichi-3 | 2017-07-30 23:55 | 太極拳理論 | Comments(0)

週末には武術映画。。。

f0007580_2349977.gif
ドニ・イェン&金城武主演の≪武侠≫
以前に見たことはあるけど~見始めたら停まりません。。。



日本上映時のタイトルは≪捜査官X≫
あらすじは~こちらで⇒ Wikipedia
by takeichi-3 | 2017-07-29 23:50 | 中国映画音楽 | Comments(0)

動作の第一歩。。。虚領頂劲

f0007580_23571164.gif
太極拳の套路を始める時、、、
虚領頂劲が正しく行われていると、開離歩も筋肉の力に拠らず自然に行えるようになります。(^^)v


★以前の文章に加筆~「虚領頂劲」まとめてみました。。。

虚領頂劲は太極拳要領の一つ⇒頭姿勢への要求。
楊派太極拳が十要のトップに挙げ~その後、他の太极拳流派もこれに倣った。
道家の導引養身術⇒虚領頂劲と気沈丹田は同時~修煉者への要求は、「至虚極、守静篤」「導気令和、引体令柔」⇒「虚其心、実其腹」となる。

頂劲とは、頭が頂きとなるように吊るされている状態。
頭頂真直であれば、腹内松浄、気沈丹田、精神貫頂となる。

王宗岳の太極拳論の中では、「虚領頂劲、気沈丹田、不偏不倚」の十二文字によって、太極拳身法の立身中正が述べられている⇒頂劲により、腹部の沈劲&身弓が出現~その結果として得られるのが、立身中正(身法)。

★虚領頂劲(頭の位置)が正しく行われると~武式の「骨肉分離=肉の地滑り感」が得られる。

★曼青によると。。。
放松は、上から下へと一節一節、一塊一塊、丁寧に水が流れ落ちるように松していく。
松頸⇒後部の筋肉は力まず~後ろの壁に触れているように~頸椎は一つ一つ松開。
虚領頂頸が完成したら、下方向へと一節一節ずつ松開⇒肩井が下放松することによって~松開肩(肩甲骨、鎖骨が開く)~松開胸、背、腰、腹、命門、尾閭、会陰、股関節、膝、踵、足、足指~最後に湧泉へと松沈していく⇒全身の関節を松開させて、骨肉分離の状態を作りだす⇒骨に支えられ、肉はぶら下がっている状態。

★楊澄甫の太極拳十要では、"頂劲者(虚領頂劲とは)、頭容(姿)正直、神貫于頂(頭頂へと貫かれていく“意識=劲力”が感じられる)也。不可用力(力んで頭を上にあげるのではない),用力則項強(力むと項が強張る)、気血不能流通(気血の通りが悪くなる)、須有虚灵自然之意(強張りが“虚=無”となれば、自然となる=阻むものがなくなる)、非有虚領頂劲(虚領頂劲でなければ)、則精神不能提起(“力=意識も劲力も”出現しない)也。

虚領頂劲と気沈丹田は、太極拳の要となる要求。上下で互いに影響し合っている⇒整体。

頂頭懸という呼び方もある。
風船のように、スッと上空に向かって伸びている頭部が、上体を吊り上げているような状態⇒身体の隅々を、自由自在に操ることが出来るようになる⇒各経百脈の運行を良くする。

頂劲は、単純に表面的な形だけを指しているのではない。内側では意識を覚醒させている。

太極拳は、“身心双修”、“形神兼備”な功夫⇒“用意識引導動作”な運動。
全て心・意による⇒神経中枢の高度な指揮による身体の運行⇒なので、頭脳を最高位=神(一番上に存在するものの比喩)としている。

虚領頂劲と全身放松は大きく関わりあっている⇒虚領頂劲の完成無くして、放松は生まれない。
頂頭懸であれば、身体は~下方へと放松が生じていく~松腰、松股となる⇒尾閭中間(督脈運行のスイッチ)との結合により、立腰(命門=腎(精)が張り出され)となり督脈を通す⇒脊髄が張り出される(弓、龍の出現)=中枢神経系統の活動を高める。

気沈丹田となるには、先ず虚領頂劲でなければならない。
虚領頂劲は、気沈丹田の必須条件。気沈丹田となる=虚領頂劲となっていることを保証。
by takeichi-3 | 2017-07-28 23:59 | 太極拳理論 | Comments(0)

太極拳の教え方。。。

十年近く前のブログ記事を読みながら。
理論の解釈が浅かったり、説明不足な部分があるのを多々発見。
そんな中で、これは~それなり。。。と思えた、初心者向け太極拳指導法説明。

f0007580_22262636.jpg
移動中、北京で習った規定孫式套路を復習しようと本を読み始~
“アレッ?!”と、、、

タイトルを確認したら、“教え方と学び方”が書かれている本でした。
で、教え方の部分に気付かされるところが多かったので、、、


1)解説
①先ず、その拳式の特徴を解説する。
②動作名称⇒方法と基本的要求⇒要領と気をつけるべき点⇒用法

2)手本
①その日に行う動作をユックリ表演⇒分解しながら口令表演⇒連貫を重視して普通に表演
②左右反対(鏡)となる動作を出来るようにしておくと、生徒の動きを観察しながら動ける。
③生徒の掌握度を鑑みながら何度も繰返す。時には間違った動作を真似して注意を促す。

3)組立て練習
①生徒は、コーチの動きが見える位置に配置する。
②単式練習から始める⇒いくつかの動作を繋げる⇒段ごとの動作をにする⇒全套を通す。
③練習に先立って、練習中に注意を払う点、会得して欲しい点を明確にする。
④間違った動作が身につくと直すのが大変~ので、一つ一つの動作理解がない間は次に進まない。
⑤全套を一通り覚えた後、分段しながら拳式特徴、要求を考えながら全套動作練習~連貫協調、形の正確さ、用法を考え~意識を継続させながら自然に繋げて行える~を目指す。
⑥生徒のレベルが上がってきたら、生徒同士でチェックさせて相互にレベルアップを図る。
⑦練習中に正しい動作が出来た時には、「イイです」とか「正しいです」と声をかけ、生徒自身の正しい動作への感覚を明確なものにさせる。

4)間違いの修正
①動作への認識が深くない生徒に対して、正しい動作を見せながら何度も注意を促す。
②グループレッスンにおいては、同じ間違いをしている人が多い場合は停止させて直す。1~2人だけが間違えている場合は、各々に注意を与える。
by takeichi-3 | 2017-07-27 23:59 | いろいろ | Comments(0)

香港・功夫閣表演。。。

f0007580_23514194.gif
香港九龍公園で行われている≪功夫閣≫のカンフー表演。
通常は、毎週日曜日、午後2時~4時半に雕塑廊で開催しています⇒無料。
7月16日には、香港返還20周年を記念した表演があって。。。
マカオからも武術名家が多数参加したようです。


★蔡李佛龍船槳(櫂)。。。




★南派色々。。。




★2分30秒位から、算盤功夫。。。




★先日の香港行きで出会った、冷先鋒老師の~オリジナル陳式剣も。。。





★10月には、こんな大規模な催しもあるようです。。。

f0007580_23545245.jpg

by takeichi-3 | 2017-07-26 23:56 | いろいろ | Comments(0)

お。お。お~♪♪♪

★YouTube動画の広告~いつもはスキップしてしまうのですが、、、
このコンバースのCM、最後まで見てしまいました。




★中国新歌声2~第二回。。。
参加者で最も好印象だったのは、チョモランマの麓の町で数学教師をしている≪扎西平措≫
予想もつかない曲調の変化に~審査員たちもビックリ。


by takeichi-3 | 2017-07-25 23:58 | いろいろ | Comments(0)

尾閭中正の重要性。。。

f0007580_23483710.jpg

ここ最近の練習、参加者たちの尾閭中正(臀部の収まり)不足が気になって~押し込むことが多々あります。

尾閭中正の収まり(&虚領頂頸時の大椎周辺の後部への張り出しも)が不足していると、松下沈が出来ず~湧泉からの劲が生じない原因にもなります。


★改めて、尾閭中正の重要性など~簡単に。。。

人体に内在する物質運動⇒行気運動。
拳理~身法で述べられているのは、尾閭中正、沈肩墜肘、含胸抜背、気沈丹田、虚実分明等の要領⇒身法理論を体現(得)することにより、太極の構成要素と正しい解釈を掌握することが出来る⇒「必須从身法入手」

※「両肩と両股の平行が保たれている」は、重要なポイント。
※身法は、動作変換の都度行われている。

身法を探求する時、人体上下を繋ぐキーポイントになるのが臀部と尾骶骨による尾閭中正⇒これが不完全だと、各派が協調している「腰似車軸」「立身中正」「支撑八面」は得られない⇒規律の喪失=運・化・発・放などの原動となるものが失われている。

「尾」は、解剖学的には、人体脊椎骨の下端末で、「尾」と呼ばれている部分。
「閭」は、「江河之水滙集在入海口」⇒玉枕関、夹脊関の下にある尾椎を尾閭関として、人体四肢散乱之气を丹田に集める関口としていた⇒尾の後に閭をつけた所以。

近代の武術家、顧留馨は、「太極拳研究」の中で、尾閭中正の練習のコツを述べている。
「尾閭中正は、脊骨の先端を前上(丹田=小腹部)に向けることにより、脊骨の先端・臍・顔中心を垂直線上としている⇒いかなる動作であっても、この規律は崩れない⇒尾閭が正しく収まっている=中正となる⇒身体を動かす時、舵の役目を担っている。

郝少如(武式太極拳)は。。。
臀部が収まっている~脊椎の先端(尾閭)が前上に向いている⇒丹田(小腹)構成の要素。

1993年。国家体委武術研究院の「42式太極拳、剣」の競技規則の中の「臀胯」規定⇒「臀要注意下垂收敛、不可后凸:胯不可左歪右斜」と記載されている。

自然な状態では、人体は臀部が外突している。
“将小腹托起=尾閭中正”であれば、挺縮胸、聳肩抬肘、腰が反る等は改善される。

★尾閭を動かす⇒督脈運行の起点(スィッチ)となる長強穴に作用する。
by takeichi-3 | 2017-07-24 23:57 | 太極拳理論 | Comments(0)

果敢。。。二胡

一般人参加番組だと思っていた≪出彩中国人≫
フランスで活躍している二胡奏者≪果敢≫が出演しているのに、ビックリ!!!




★フランスでは文化勲章も受けているほどの知名人。
アフリカ系音楽と。。。




★今年、香港ではハープと≪賽馬≫。。。




★出彩中国人~こんな感じの番組です。。。




by takeichi-3 | 2017-07-23 23:59 | 中国映画音楽 | Comments(0)

週末には、武侠映画ドキュメント。。。

f0007580_095461.gif観客評価の殆どが、星一つ~という最低のカンフー映画≪仙球大戦≫
「CrossOver -アベンジャーズと少林サッカーを合わせ~更に西遊記を加えた」な内容。
な、ラストシーン。。。(((((((/-_-)/





★こちらは、きちんとした内容。。。
CCTV(中国中央テレビ)が製作した≪武侠电影人物志≫
シリーズは全50~最近、その多くがUPされました⇒ You-Tube


★その中の、サモハンキンボ。。。
「子供の頃はハンサムだった~勉強が嫌いで、中国戯劇学院に入った~」とか~



《武侠电影人物志50》情深义重 元奎
《武侠电影人物志49》电影梦想家 陈德森
《武侠电影人物志48》功夫之王 李连杰
《武侠电影人物志47》武舞神魂 胡金铨
《武侠电影人物志46》奇情大侠楚原
《武侠电影人物志45》武侠巨匠 张彻
《武侠电影人物志44》江湖信步 李惠民
《武侠电影人物志43》侠义风云 李仁港
《武侠电影人物志42》无间行者 叶伟信
《武侠电影人物志41》侠之荣光 于荣光
《武侠电影人物志40》走进微观动作世界 江道海
《武侠电影人物志39》武侠元老 唐佳
《武侠电影人物志38》武侠导师 何梦华
《武侠电影人物志37》大器晚成 元华
《武侠电影人物志36》武侠隐者 元彬
《武侠电影人物志35》永远的中国龙 成龙
《武侠电影人物志34》最佳武指 元彪
《武侠电影人物志33》浪漫英雄 吴宇森
《武侠电影人物志32》洪金宝
《武侠电影人物志31》悟道存真 孙沙
《武侠电影人物志30》电影怪侠 何平
《武侠电影人物志29》儒侠 陈嘉上
《武侠电影人物志28》侠武情长 刘家荣
《武侠电影人物志27》忠义行者 熊欣欣
《武侠电影人物志26》非攻兼爱 张之亮
《武侠电影人物志25》马上英侠 麦丽丝
《武侠电影人物志24》义厚情长 刘家辉
《武侠电影人物志23》义出洪拳 刘家良
《武侠电影人物志22》电影追梦人 陈凯歌
《武侠电影人物志21》武侠泰斗 吴思远
《武侠电影人物志20》武侠前辈 李文化
《武侠电影人物志19》全能武者 徐小明
《武侠电影人物志18》武舞侠风 唐季礼
《武侠电影人物志17》标新立异 张子恩
《武侠电影人物志16》文武并举 陈木胜
《武侠电影人物志15》武侠前锋 张华勋
《武侠电影人物志14》功夫影帝 李小龙
《武侠电影人物志13》动作大师 袁和平
《武侠电影人物志12》武学人生 赵长军
《武侠电影人物志11》刘伟强
《武侠电影人物志10》领悟侠义 丁善玺
《武侠电影人物志9》浪漫情怀 冯小刚
《武侠电影人物志8》诗意武者 程小东
《武侠电影人物志7》江湖怪才 徐克
《武侠电影人物志6》剑侠 于承惠
《武侠电影人物志5》侠骨仁心 王晶
《武侠电影人物志4》动作哲学 董玮
《武侠电影人物志3》动作传奇 赵箭
《武侠电影人物志2》禅武合一 张鑫炎
《武侠电影人物志1》武舞神话元奎、
by takeichi-3 | 2017-07-22 23:59 | 中国映画音楽 | Comments(0)