北京で太極拳

takeichi3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

香港最終日。。。帰国しました。

f0007580_23244517.jpg
香港駅近くの広場に設置されていた、彫刻家≪任哲≫の≪雲端≫と、奥は≪朱銘≫の≪太極≫
出自は上善如水⇒ 水は散ると気(霧)となり、固まると氷となる。至柔時は霧のように存在しているが無きにも等しい~至剛時は、鋭利に尖った氷のように~緩やかで伸びやかな動きは、水の流れのように、止まることなく。。。


上天気だったので、、、7時前にホテルを出て~朝マック。
セットの飲料は、ミルクティー。英国領だった名残で、コーヒーよりも主流?

f0007580_2329672.jpg
それから、再びクイーンズパークへ。
8時過ぎ。人出は、昨日よりかなり多目。

どの経絡を通しているのか~動作を見ているだけで効果が明確で好感の持てる気功。三十分位かけて全身をくまなくほぐすタイプ。

推手グループは不在~太極拳套路を数種通し、参加者に身法をアドバイスして香港活動終了!
f0007580_2332468.jpgf0007580_075774.jpg
f0007580_23355557.jpg
香港最後の食事は、烤肉(焼肉)三種乗せご飯。

香港滞在経費、北京よりは幾分多くなると思っていたものの~実際には二倍以上かかって。。。

コンビニのコーラ等の飲料が日本よりも高かったり~北京で八百円位で買ったTシャツが二千円で売られていたり~物価、想定外の高さでした。


九龍公園で会った≪冷先峰老師≫
後になって思い出したのですが、数年前、武当剣講習参加の際に予習の参考にした動画の老師。


# by takeichi-3 | 2017-07-11 23:55 | いろいろ | Comments(0)

香港で推手。。。

f0007580_22254969.jpg朝、6時過ぎに目覚めたら雨。
今日は、ホテルがある香港島のビクトリアパークで太極拳探索しようと計画していたのに。

8時近くになって遠くに晴れ間が見え始めたのを見て、とりあえず出かけることに。

香港島を東西に走る二階建て路面電車トラム。
二階の最前席に座って~公園近くの銅鑼湾駅まで、通り過ぎる町並みを堪能~♪

f0007580_22273750.jpgf0007580_22282052.jpg

f0007580_22322324.jpg
公園内の気功は平甩功が多く~
太極拳の主流は庶民派。とにかく、体を動かそう~と既に套路練習を始めているグループに混ざって、24式、42式、剣とかを一緒に。。。

このグループを指導していた老師、私の普通話を聴くなり「日本人?」で、私の動きを見るなり「北京式?」。。。凄い眼力。

f0007580_22333259.jpgf0007580_223412100.jpg


f0007580_23574250.gif
練習後、、、
老師に、「推手をしている人たちはいますか?」と尋ねたら、「あっちにいるよ」と~向かった先では男性三人が雑談中。

北京の公園でもそうですが、推手グループの中に女性を見かけるのは希少。
どうやって声をかけたものか~戸惑っているところに、帰路途中の太極拳老師がやって来て、
「そこ、そこの三人」
「あ、あ、少し様子を見てから~(^^;」

三人が推手練習を始めた頃合いを見計らって、声掛け。
「あの、推手を体験してみたいなぁ~と思うのですが、、、」
「基本がないと無理。太極拳とかやってる?」
「あ、はい。結構長く~」
「ん~推手は初心者なんでしょ」
「え~と。推手套路を習った時、基本的な動きは覚えました」
というようなやり取りが続いて~三人の中で一番若い男性が相手をしてくれることに。

四正手~色々と振り回され~基本の有無を試され。
「あ。。。結構出来てる」という言葉があって、ようやく、三人の中の指導的立場の男性が興味を持ってくれたのか相手をしてくれることに。

単手平円を利用して、「随」と「躱≒化」を作り出すために必要な意識(意による身体)の使い方~手首、肘、肩のPENGを保持~手は相手に添って離れない~転しているのは肘~重心移動による腰の回転の基盤になるのが立身中正~爪先の使い方~脊椎が中心線になって、肩は腰と平行に動いている等々~基礎となる知識(使える身法)のあれこれを簡潔に指導してもらえました。

それから、もう一人~今年83歳になるという男性と、散手が加味された四正手。
沈肩墜肘、含胸抜背による化劲。

時間にすると、30分足らずでしたが、、、
套路と推手、散手練習に移行する為には欠かせない訓練~という言葉が実感できた濃い内容。

今回の香港。。。
身法の精度が上がったからか、どの老師からも、過分な実になるアドバイスを受けることが出来ました。ひとえに、北京の老師たちから受けた指導の賜物。。。(T_T)


f0007580_23195373.jpg
練習後。。。
冷たい飲み物を求めて入ったコンビニ。
大量に並んでいたのは日本の飲料。

ん~折角の香港。
街角のお店のマンゴージュースで喉を潤し。
それから、24時間営業していることで有名な食堂の鶏粥と蟹焼売~(o^0^o)Ψ

f0007580_2302084.jpgf0007580_2323873.jpg
# by takeichi-3 | 2017-07-10 23:59 | Comments(0)

九龍公園で太極拳。。。

f0007580_2361573.jpg

午前4時に香港到着。
電車もバスも動いていない時間。ので、他の旅行者と同じようにベンチで一眠り。

6時過ぎに起きて、、、
交通カードを購入して~九龍公園に。

f0007580_2392651.jpgf0007580_23103741.jpg


f0007580_231210100.jpg
広い園内、太極拳をやっていそうな~お姉さんが前を歩いていたので後追い。練習場所到着~まだ、仲間が揃っていなさそうな様子だったので、他のグループを探して公園を一回り。

南拳系の講習をしているところがあったくらいだったので~お姉さんの所に戻って、、、
「一緒に動いても構わない?」と声をかけ参加。

f0007580_23142070.jpgf0007580_23154582.jpg

f0007580_23173884.jpg参加者の動きが一般の公園太極拳よりもしっかりしていると思ったら、≪冷先鋒老師≫指導の班。

練習の合間に老師と話す機会があって、、、
陳家溝十九代伝人~王二平老師に師事~全中で優勝した~多くの知り合いが日本で教えてるとか。

練習後、ホテルチェックインまで時間があったので、黄大仙に行ったり~雲吞麺(エビ、鶏、豚の三種類雲吞乗せ)を食べたりな香港初日。

f0007580_01972.jpgf0007580_2324272.jpg
# by takeichi-3 | 2017-07-09 23:51 | いろいろ | Comments(0)

香港で太極拳。。。

今から一時間後の飛行機で香港へ。。。
七時間後には、多分、此処にいると思います。。。。(#^_^#)




# by takeichi-3 | 2017-07-08 23:56 | いろいろ | Comments(0)

再開。。。太極拳規律追求

f0007580_23173470.jpg
今日は、午後から少しだけ大会観戦。
絨毯に現れる選手たちの一年が終わり、又、新しい一年の始まり。。。
明日から、再び、太極拳規律の精度を上げる練習。頑張りましょ~(^^)v


最近、套路練習の機会を増やしていて~
出先の体育館等で会った人たちに、太極拳用のアライメントをアドバイスする機会が多々あります。
皆さん、即座に、身法が整った時に現れる下松沈などを体感理解してくれていますが、、、
その時に、よく質問されるのが、「身体が自然に反応するようになるまで、どの位かかります?」
f0007580_051981.gif
ん~~~私は、、、
ブログを読み返したら、2006年の5月から毎日のように言われ続け~
今でも、同じ注意を受けることがある。


★北京体育大学留学時に、宗維潔老師からマンツーマンレッスンを受けるようになった初日。。。

今日から始まった個人レッスン。まさしく修行。

基本功(進歩練習)
・全ての動作は必ず“松=緩み”から始まる。
・尾骶骨は絶えず下(提肛により先端は前に)に向ける。
・腰、背中のpeng形(弓)が失われないように~etc...
そのどれ一つとして、老師の満足を得られませんでした。

套路練習(多分、四十二式拳)
・起勢で、腰、背中を使っていない(弓が出現していない)から相手の手を持ち上げられない。
・首も一緒に沈んでしまう(提頂作用が利用できない)から、相手の手を押し下げられない。
・先ず座って(松沈=身法)から転身~なのに半端な座が原因でお尻が出て、pengも潰れる。
・相手を押して行く時、力点が見えない~etc...

実質、1時間40分の授業なのに、動作は2つしか進めなかった~(><)。。。


★その、翌々日。。。

今日は、午前と午後に練習。
“虚霊頂頸”と“立身中正”に重きをおいて、繰り返し練習。
何度も、何度も、諦めることなく、同じ注意を与えてくれる老師。

自分の意思とは拘わりなく、勝手に歪んでしまう肩や腰。
それを、完全な姿勢に少しでも近づくように補正してくれる誠実な教えに感謝。

老師曰く、、、
「太極拳を習い始めた頃、王宗岳の太極拳論も習いました。初めは勿論、理解出来ませんでしたが、練習を重ね続けたある日、突然、身体が納得したのです。王宗岳自身、鍛錬に鍛錬を重ねた人。その人が到達した真理を書いている訳ですから、書面に書かれている字を読んだだけでは、本当の意味での理解は出来ません。だから、絶えず誰かが真理を伝え続ける~はとても重要になります。」
# by takeichi-3 | 2017-07-07 23:59 | 太極拳理論 | Comments(0)