北京で太極拳

takeichi3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

武当十二段錦。。。王泰科道長

≪武当十二段錦≫
強めのストレッチが効いて気持ちイイ~と感じられた功法です。
若い道士の動画もありますが、この老道士と一緒に動いたほうが心地良いと思ったら、、、
≪王泰科道長≫⇒著名な道医でした。




1943年河南省南召县鹿鳴山の医師の家に生まれ、幼い頃から父より医薬などの指導を受け、共に診療を行う。1983年、武当山にて脱世俗。

★功法の特点
剛柔相済、舒展筋肌、活動骨節、気血流通、肢体軽松灵便。
頸椎、肩周炎、腰・椎間板、骨質増生有予防&治療作用。
オフィス勤務者の運動不足解消、身体(筋肉)が固まっていることが原因で起きる痛みや慢性疲労を解消する

1)両手托天理三焦
叩手反掌向上托、極力抜節骨間活
眼観手背吸引気、閉気転動左右啄
落臂画弧如抱球、吸清呼濁気沈疴。

2)左右開弓似射雕
引气行臂出労宮、曲膝下蹲馬歩同
左右変換眼看手、一伸一縮似拉弓
收腿抱球呼濁気、吸気填海力量増

3)調理脾胃須単挙
展臂拡胸兼深吸、右手撑天左撑地
起下落上眼看手、起右落左眼右視
落臂画弧如抱球、配合呼吸是功基

4)五労七傷向後瞧
気下崑崙帰海底、展臀拡胸掌朝天
平視望遠転後瞧、二遍向下作変換
三遍垂掌臂伸直、抱球還原亦同前

5)揺頭摆尾去心火
展臂拡胸手按膝、捕歩伏身摇頭尾
左右転側眼望天、一腿伸直一腿曲
起身收腿如抱球、深吸深呼去熱疾

6)前後七点百病消
展臂拡胸掌後翻、正立労宮観腰眼
凸胸仰面頭下垂、起身前俯腰下弯
前后七遍去百疾、收式畳手気帰元

7)攢拳怒目増気力
展臂收掌成馬歩、努目閉気慢衝拳
收勢還原填補気、下勢馬歩猛擞拳
起身展臀如抱球,引気帰田作還原

8)両手攀足固腎腰
掌心煨腿腰下弯、百会朝地臀朝天
弯下呼気起身吸、双手攀足気呼完
手煨内側随身起、気入湧泉帰丹田

9)採光引気注丹田
展臂拡胸掌朝天、手托日月向上端
日月合明照崑崙、手背相对掌挿天
点足抜節手外旋、採光引気降丹田

10)海底捞針分両边
虚歩托掌身前弯、起身展臂身後顛
起落划弧手抄地、左边作了換右辺
俯呼起吸後顛閉、收腿正立作還原

11)起落閃臂練耳目
展臀拡胸掌朝天、右転左手搭右肩
下蹲左転出左足、左攔右推眼看前
起身上歩換右腿、右攔左推作変換

12)弓歩軽雲上九天
展臂拡胸掌朝天、反掌向後対腰眼
虚歩変弓脚扒地、蹬腿拉筋身不弯
虚勢換歩足外旋、不出脚跟出脚尖
# by takeichi-3 | 2017-04-09 23:52 | 気功:五禽戯・八段錦他 | Comments(0)

回族(イスラム)武術。。。

★回族(イスラム)の武術、力強くてイイなぁ~と。。。



回民はどうして愛武なのか。
回族が崇拝しているイスラム教の開祖≪穆罕默德=モハメッド≫が武術に長けていたことから、回族たちの間に広く伝わっていた。モハメッドは、剣に優れていたハリード将軍に「アラーの剣」という呼び名を与えている。

今でも、厳格にムスリムの教えを守っている回族。団結力も強い。
中央亜細亜から移動してきた祖先たちは練武によって自衛~中国各地に散らばって行った。
元朝には≪探馬赤軍≫として貢献したが、、、後の統治者によって圧迫を受け~尚武、任侠、民族の団結を大切にするようになった。

結果、回族の武術活動は発展。
今でも、朝晩の礼拝の後、寺院では練武の習慣がある。

回族武術の拳種は多く、査拳、黒虎査拳、弾腿、華拳、洪拳、炮拳、八極拳、心意六合拳、回回十八肘、黄鷹架拳、六角式、廿四式、老架拳等。その中、十路査拳(正拳、副拳各十路)、三路腿拳、十趟弾腿、回回十八肘、湯瓶七式拳,通臂劈挂拳は≪回回拳=回族独有の拳≫




★回族拳の基本功≪湯瓶拳≫は、口伝によって伝わってきた外伝禁止の功夫。
経絡を刺激、通りをよくする~が考慮された動き。その養生効果が注目され始めています。




★筋トレ法。。。



※石鎖、砂袋、太極球~かつては、太極拳でも活用されていた鍛錬方法。。。by 呉文瀚(武式)
# by takeichi-3 | 2017-04-08 23:56 | 武術各派 | Comments(0)

ジャッキー・チェン。。。63歳

f0007580_23384411.gif

今日は、ジャッキー・チェン63回目の誕生日。



f0007580_23271128.jpg
フランス大使館のコックをしていた父親。
経済状態は悪くは無かったのだが、武侠映画が好きで、落ち着きがなく~勉強嫌いな幼児だったジャッキー。やむなく、父親は尖沙咀の京劇大師≪于占元≫の元へ彼を送った。後に、オーストラリアでの仕事を見つけた父母は、彼を一人香港に残して旅立った。

≪七小福たちの回顧≫
師匠は、「清炒虾を食べたいなら練功に励め!」と言っていたけど、特に食べたいと思わなかった自分が練習しなくても構わなかったと思う?七小福たちの生活は、練功と鞭で打たれる毎日。ここに入る時、「言う事を聞かない時には、打たれ死んでも無怨」と書かれた書類にサインしているからね。

やって来て二日目、「初めが肝心だから」という理由だけで十回も鞭で打たれた。
師匠とは養子のような間柄だったジャッキーは、贔屓していると思われないように、皆の倍打たれていた。そのお陰で、彼は一番の人気者になれたんだ(笑)。

今でいう、児童虐待的な訓練だった。
ジャッキーは、毎晩泣いていたと語っている。元秋が家に帰った時、母親が彼女の身体に残った傷を見て泣き止まなかったと。

毎日、7時に起きて、8時に朝食~9時から、ストレッチ、一時間の倒立、型などの基本を12時まで~昼食後は午後2時から夕食まで~夕食後は歌の練習~夜9時に就寝という日々。
一人前になった弟子たちは、「師匠のお陰で、功夫は訓練の積み重ねによって得られるという事を身をもって理解した⇒“台上一分鐘、台下十年功”」と語っている。

舞台収入は一日70元程度。
それで、百人近い劇団員の食事等を賄うんだから~師匠も苦労していた。

映画が普及隆盛していくにつれて戯曲の人気は衰え、劇院の収入も減少。
多くの映画関係者が劇院に武術をこなせる子役を探しに来て、子供たちは端役やスタント要員として駆り出されたが、観客の印象に残るような役柄は与えてもらえなかった。そんな中、ジャッキーは、一つ一つの役を丁寧に、怪我をしても愚痴をこぼさず一生懸命にこなした。その姿を見た監督が彼に機会を与えた。

オランダで≪Who am I≫を撮影している時、師匠の訃報を受け取ったジャッキーは、撮影を停止して葬儀に出席。その後、オランダに戻って撮影した21階から滑り降りるシーン。
「師匠を記念して飛び降りた」


# by takeichi-3 | 2017-04-07 23:53 | 中国映画音楽 | Comments(0)

Onlineで学ぶ。。。太極禅

陳式太極拳第十一代十九世伝承者≪王西安≫の長男≪王占海≫
父と共に、ジェット・リーの太極禅文化国際発展公司の技術面を補佐している。



※王西安~共に四大金剛と称される陳小旺、陳正雷、朱天才と同じ陳照奎(父は陳発科)より学拳。


★Online Academy 太極禅による用法色々。。。

≪Cai 採≫




≪Lu 捋≫




≪Kao 靠≫




★この訓練~屈国鋒老師(現北京師範大学武術班副主任)が日本に留学している時に学びました。


# by takeichi-3 | 2017-04-06 23:59 | 武術各派 | Comments(0)

上海故事。。。≪武術≫

≪上海故事≫というテレビ番組の中の≪武術≫。。。
近代以降の上海武術界で活躍した名家たちの貴重な映像が多く見られます。



近代以降、上海に雲集した各地の武術高手たちが、各自の拳を伝え~上海の武術のレベルを高めた。

農歴7月27日に朱家角で行わる江南船拳表演。土賊や水賊から身を守る為、練武が行われていた。

馬永貞は査拳、弾腿を。
外国人レスラーを倒した霍元甲は迷踪拳~後に創立した精武会では、多くの武術家が教拳。

1919年には、中華武術会が設立。上海の民間武術は徐々に組織化されていった。
霍元甲に次いで、王子平、佟忠義、呉鑑泉、蔡龍雲等の武術大家が、一人、また一人とやってきた。

王子平は査拳。

中原大侠と呼ばれていた王効栄も査拳に長けていた。
子だくさんで、家族を養う為に大餅や油条を売りながら、早朝4時か5時には公園に来て教拳。
生活は貧しくとも尚武徳があったので、人を傷つけることはなかった。地回りにショバ代を要求された時には、縁台を持ち出して、それを素手で真っ二つに~その功夫に慄いて地回りは逃げて行った。
上海が諸外国に占拠されていた時、王子平に選抜されてロシア人レスラーと戦い勝利。
※試合に際して、王子平は、自身の摔跤の技術の一切を王効栄に伝授していた。

★今日は、夕方近くまでネットが使えず難儀~夜は長拳練習~ここまでが限界。。。((((((/-_-)/

あ。。。
六十年代、上海体育宮主任の顧留馨により上海各派の武術家が集められ~毎週土曜日に武術表演を開催。上海武術の百花が競い合って老若男女を問わず観客を楽しませた~映像もあります。
# by takeichi-3 | 2017-04-05 23:56 | 太極拳・武術動画いろいろ | Comments(0)