北京で太極拳

takeichi3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

売芸。。。大道芸

≪売芸≫
黄飛鴻も子供の頃は父と共に広州の街角で武術表演をして生活の糧を得ていたそうですが。
どんな表演だったのか。。。( ' ' )~~~




★新しいタイプの大道芸。。。
CCTV春晩にも出演した有名人が台北の街角で~というタイトルを付けた動画もありました。




★ドイツの大道芸フェスティバル。。。


# by takeichi-3 | 2017-05-09 23:58 | いろいろ | Comments(0)

陳家溝。。。太極拳で発展

★今年が第一回目となる陳家溝太極拳家郷賽が、4月29日~30日に陳家溝で開催。
その開会式の様子など。。。



★太極拳の発展に力を注いでいる陳家溝の様子が分かる~≪温縣武術協会のサイト≫
武術が有益な地場産業(?)になっている感。
少林寺、武当山、陳家溝、峨眉~昨年からは徐州等も活動の幅を広げています。


★1981年当時の陳家溝。。。


# by takeichi-3 | 2017-05-08 23:57 | 武術各派 | Comments(0)

中国武林盟主争覇戦。。。

太極拳家魏雷(7歳の頃から楊式太極拳を学び、雷公太極を創始)が、テレビ番組(体験真功夫)の中で格闘狂人徐暁冬と闘い、接触後数秒で倒され。。。

ほどほどに収まるかと思っていたら、徐暁冬が色々な門派に挑戦をしかけ、、、
国家体育局の「応じないように」という発言があったり~彼に挑もうという武術家が現れたり。
秒殺された雷公、自分が内功を発したら徐を殺してしまっただろうと後述したり、収束の気配なし。


★動画サイトでは、武術キャラを総動員させた武林盟主争覇パロディが各種出現。。。



孫悟空は、三蔵法師に~
「雷公は伝承者じゃないけど、自分は五指山猴拳掌門人で本物。誰が武林盟主に相応しいか」
そして、猪八戒、沙悟浄、哪吒~倚天屠龍記(武当)、周星馳功夫も参戦。。。(((((/-_-)/
「功夫本来強身健体修身養性之道。。。by 三蔵」


★金庸小説の武功は真実。。。





★馬雲が、共に太極禅を主宰しているジェット・リーのツィッターにコメント。。。
「一羽不能加、蠅虫不能落、人不知我、我独知人、英雄所向無敵といった神技は、厳しい鍛錬を積んだ楊露禅や孫禄堂のような高手が手に入れられるもの。そのようになれるのは鳳毛麟角(希少)。ましてや、競技以外で、拳や槍、刀、剣が戦いの主流ではなくなっている現在、あれほどの太極拳大師は何人存在するのだろうか。殆どが太極操や愛好者~世間を賑わしている今回の戦いは、規範が異なる拳での格闘~球技で例えれば、バスケットチームとサッカーチームが戦っているようなもの。戦いという形をとるなら、先ず、ルールを定めなければ。。。”武功当中求勝人”は”武功当中求勝己 ”に及ばない」

徐暁冬。。。
「馬雲のボディガード、それなりの腕前だろうから~倒すのには3分かかるかな」
# by takeichi-3 | 2017-05-07 23:53 | 太極拳 | Comments(0)

尾閭中正。。。簡単説明

f0007580_23535092.gif
超簡潔に、、
尾閭中正の重要性を説明している太極拳内功の文章があったので。

中医では、尾閭はツボの名称=尾閭長強。
太極拳での尾閭は尾骶骨。

哺乳動物の脊椎の形状は大同小異。
大多数の動物は、生まれた後の尾骶骨の方位は母胎にいた時と同じだが、人間は、立ち上がると同時に尾骶骨の方位が変わる⇒尾閭中正は、尾骶骨を胎内にいた時と同じ方位にすることによって、脊柱(大龍)&腰胯(猛虎)が龍虎相匯となる~腰胯の劲が脊椎に流れていく。

楊澄甫によると、「松腰は尾閭中正によって得られる」
上体が前傾していても(楊澄甫の動作は前傾気味、呉式=斜中正)、直立していても(李雅軒、鄭曼青)⇒尾閭中正は保たれている。

人間が自然に立っている時、尾閭中正ではない。
尾閭中正になっていると~膝は緩み曲がる。臀部は下沈(立腰)、松股、収腹、圓裆に。
⇒尾閭中正が完成していれば、膝が爪先より前に出たり内側に入ったりしない=膝を痛めない。


f0007580_0261722.gif「膝が内側に入らないように~」という外見指摘的な注意では処方箋にはなりません。
「尾閭を中正に~」と、規範を遵守することによる内側からの改善が必要です。
# by takeichi-3 | 2017-05-06 23:57 | 太極拳理論 | Comments(1)

パイナップル~効能豊富

f0007580_2347062.jpg
初夏を感じさせる気温。
盛りの花が色鮮やかに、眩し過ぎる光の中に咲いていました。


f0007580_23434889.jpg
イチゴを買いに行ったら、、、
隣に並んでいたパイナップルが198円~♪
モチロン、購入して帰宅。

≪パイナップル≫
平、味甘、微酸、微渋、性微寒⇒冬は控えめに。
果糖、葡萄糖、ビタミンB、C、燐、檸檬酸、
ブロメライン等を含み~下痢止、補脾胃、固元気、益気血、消化、払湿、養顔瘦身等の効果有。

★蛋白質分解酵素ブロメライン。
肉料理に加えると、蛋白質、脂肪を分解して消化促進。
発熱、咳、喉の痛みなど、風邪の症状を緩和する。
抗浮腫、抗炎症、抗血栓、血栓溶解、血液中の接着分子や血管内皮細胞の機能を変化させたり、免疫系細胞とサイトカイン生成の調節・活性化に関係したり種々の生理活性を有している⇒利尿消腫、糖尿病、高血圧、腎炎による水腫を軽減。

★マンガン⇒カルシウム吸収を促進&骨や関節の結合組織強化⇒関節炎、骨粗鬆症予防。

★ビタミンB1⇒新陳代謝をよくすると同時に疲労を取り除く。美容と健康に有益。

★香り⇒止渴開胃~唾液の分泌を促進させ、食欲を増加させる。

★植物繊維⇒便秘予防。

★抗酸化作用による防癌効果も。。。


≪チャーハン≫




≪豚肉炒め≫




≪台湾~パイナップルケーキ≫


# by takeichi-3 | 2017-05-05 23:57 | 北京で中国料理 | Comments(0)