北京で太極拳

takeichi3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

猿とか~色々。。。

f0007580_23482072.jpg
f0007580_23423323.jpg

地獄谷野猿公苑、猿たちの入浴風景を改めて。

出かける前の天気予報、、、
今日は雪~だったのですが、綺麗な青空。。。
松代の象山神社では、初詣客にお屠蘇がふるまわれていました。都心では見かけない姿です。

f0007580_23424693.jpgf0007580_2343033.jpg


★野猿公苑~開苑まで。。。by Wiki
戦後の林業により、サルが食料にしていた奥山の木々が切り倒され、サルは生息地を無くし、山から地獄谷付近まで下りて来るようになった。ところが、山を下りたサルの頭数が多すぎて食料が足らず、更に下流の湯田中温泉付近のリンゴ畑(田畑)が被害を受けた。地元民は林野庁にサルを駆除する許可を願い、サルが有害獣と認められ、50頭の射殺許可が出たところ、初代の苑長となる原荘悟は、猿と人間との共生を目指して、リンゴ畑から離れた上流(現在の後楽館の付近)にてサルを餌付けし、餌が足りれば畑の被害はないとの発想から、サルの駆除に反対し行動を起こした。サルを駆除せずにリンゴ農家の被害を減らすため、3年がかりで警戒心の強いサルの群れを手なずけ、1964年に開苑。

1964年の開苑当時、好奇心旺盛な仔ザルが付近の旅館「後楽館」の人間用露天風呂に入浴。それを大人のサルが真似をしたのが始まり。後に衛生面から「猿専用の露天風呂」が整備された。2012年末現在、50頭から60頭ほどのサルが12月から3月の間に入浴。サルが温泉に入るのは、体を清潔にするなど水浴びの意味ではなく、雪が降るほどの寒さをしのぐためのものと考えられている。事実、暖かくなるとサル達は温泉に入らなくなってくるという。入浴するのはメスと子猿がほとんどだとされ、風呂に入るオスザルはほとんどいない。理由は、雄猿は群れを守るためにすぐに行動できる態勢をとっているからと、毛が濡れて自身の体が小さく見えるのを嫌うから、だと考えられている。


★Got Talentで評判になったパフォーマンス。。。




★中国の大晦日テレビ番組での雑技表演。。。


# by takeichi-3 | 2018-01-02 23:57 | いろいろ | Comments(0)

本年も宜しくお願い致します。。。m(_ _)m

f0007580_2357916.jpg

新年、明けましておめでとうございます。
本年も宜しくお願い致します。。。m( _ _ )m

今日は、スノーモンキーを見に、地獄谷野猿公苑まで。。。
凍った雪の山道を登ること30分近く〜猿は可愛かったけど、危険な道行。
観光客の大半は外国人。海外ではドキュメンタリー番組も作られるほど人気があるようです。


# by takeichi-3 | 2018-01-01 23:57 | Comments(0)

太極拳〜2017年の収穫。。。

f0007580_2332817.jpg
今年の大晦日は、門前町で除夜の鐘を聞きながら過ごしたいと。。。
長野、善光寺近くに滞在しています。


2017年初頭に掲げていた太極拳への取り組み〜を、成長(?)した分、加筆してみました。
(#^_^#)


★2017年〜身法を磨いて精度を上げていく⇒「整」。。。

《太極之本・立身中正》
太極拳練習時には「正」が守られていなければならない。
身型が正であれば、気も又、正⇒精度が上がると、身型より身法(劲)が生じる。
気の正は、精神をクリアにして意識を各部に行きわたらせることが出来る⇒虚領頂頚より始まる。

練拳時には、静態&身体中正(虚領頂頚〜尾閭中正)保持が重要。
動作を行っている時には身法を優先遵守しながら⇒身型を整えれば、動(法)は自然に生じる。
立身不正だと、劲力が生じない&重心移動(圓転変化・陰陽・虚実の変化)が闊達にならない。
「正」は太極拳の基本要求⇒身体外形要正、内気運行要正、意念要正。


★「中正」のキーポイントとなるのは、「頭頂上懸」「尾閭中正」
・頭頂上懸⇒精神がクリア、身体は自然に展開〜縮こまることがない。
・尾閭中正⇒尾閭中正神貫頂、満身軽利頂頭懸⇒尾閭が正となる(提肛)と頭頂上懸により⇒上下貫通、精神提起⇒神貫頂。

尾閭は脊柱の最末端部分。
尾閭中正によって、脊柱を下方向に歪みなく垂らすことができる⇒中正保持の要⇒収腹、収臀、松腰、松股、開股(圓股)、命門を開く(立腰)。

尾閭部分は生理的に僅かに外側に湾曲しているので、その末端を内側に向ける≒提肛⇒長強穴(肛門にある督脈の起点)を引き上げる。


★「沈肩墜肘」「含胸抜背」も立身中正の要素である。
身法(胴体部分への要求)は、開歩から収勢まで呼吸と共に繰り返されている。
含胸抜背⇒横隔膜&肋骨降下により、呼吸は、動作と協調した拳勢呼吸となる。
手腕、脚部は、身法により運用されている⇒沈肩墜肘、含胸抜背は、掤劲・化劲を出現させる重要素。

身法によって生み出された力(劲)の手と足の運用規律(基本〜方向や用法)⇒十三勢(手法・足法)⇒「胸懐太極、手按八卦、足踏五行」⇒この運用状態が書道と同じ~と例えられている。


な。。。収穫が得られた今年でした。

今より、善光寺へ〜大晦日から元旦にかけての二年参りに出かけます。。。
皆様、良いお年をお迎え下さい。。。m( _ _ )m
# by takeichi-3 | 2017-12-31 23:03 | Comments(0)

劉家良。。。剛極柔生、柔極剛生

f0007580_054141.gif
「剛極柔生、柔極剛」
⇒極めると、外家拳も内家拳も区別がなくなるという意味で使われていますが~
洪家系世家の動きを見ていて~その言葉を思い出していました。
「より速く動くには⇒柔でなければ」


★黄鴻飛の武術を受け継いでいる劉家良の肩の動き~太極拳の抜背による肩甲骨と同じような開き方をしています。




≪劉家良≫
著名な香港の俳優、監督、武術指導。
1934年広東広州で武術家の家に生まれ。9歳の時より、父に随いて武術を学び始める。父親の劉湛は、黄飛鴻の入室弟子林世栄の弟子。黄氏武術を受け継いでいる。

父と共に映画界に入り。 初期には、エキストラ、武術指導、スタントなどをこなしていた。
1950年に≪関東小侠大戦女镖師≫に出演した後、関德興主演の“黄飛鴻”など数十部の映画に出演。1963年、≪南龍北鳳≫で武術指導を担当。1965年に長城映画会社が製作した≪雲海玉弓縁≫で名を上げ、、、ショー・ブラザーズ(邵氏公司)に武術監督として招かれ、多くの武術映画製作に携わった。


★五郎八卦棍の指導⇒棍の先端は大きく振り回さない~梅花のようにとか。。。




★ジャッキー・チェンと。。。




★ジェット・リーとも。。。


# by takeichi-3 | 2017-12-30 23:58 | 中国映画音楽 | Comments(0)

2017年全中国武術套路錦標賽(集体)

★2017年全中国武術套路錦標賽集体一位。。。福建チーム。
※背景の映像、武術表演向けデザインが多種販売されているようです。




★ちなみに、、、一般太極拳愛好者の集体表演。




# by takeichi-3 | 2017-12-29 23:57 | 武術大会動画 | Comments(0)