北京で太極拳

takeichi3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

(再)太極拳の孤。。。

f0007580_00490080.gif

最近の練習、中丹田と下丹田をコントロールさせて背中に「弧(弓)→気貼脊背」を作り出すと、生じた棚劲により相手との接点に伝わる力の質や強度が変わる~を体感しています→攻撃者は、自分の力が化解された後に柔劲によって自身が抵抗することも出来ずに崩される~という太極拳劲の実践を楽しんでいます。


「弧(弓)」の効果を改めて。。。

強度だけでなく、養生健身効果も得られるようです。


f0007580_011069.jpg






亀の甲羅。。。

大きな圧力に耐えられる構造になっています⇒甲羅が高く丸い(弓、孤)になっているので、上から圧力がかかってもその圧力(力)が分散され、耐えられるのです。


凸曲面は外からの力を曲面で受けて~均一に拡散することが出来ます。凸曲面と相対する形は凹曲面。凹曲面は気力を集中させます。


人体は、内部にある骨格によって支えられています。


皮膚は体液が滲み出ないように体表を覆っています。外側を凸曲面とすると~皮膚と筋肉が動き、それにつれて体液も凸曲面に沿って流動拡散(循環)するようになります⇒皮膚の表面近くを流れているリンパ液。皮膚に軽く刺激を与えるだけでリンパ液の循環を促進することができます⇒使える水分は静脈へ、汚れた水分はリンパ管へ⇒静脈へは流れやすいのですが、リンパ管の入口にはドアが付いていて開けないと入れません~そのドアを開けてくれるのが皮膚や筋肉の動きです。


太極拳運動、外部は全て凸曲面~内部は凹曲面⇒外部で相手の力を拡散~内部では気力を集中。沈肩墜肘は、手腕により弓(弧)が形成されている状態。含胸抜背も、上体を同様の形にしている。


松腰松膝の目的は弓(弧)の形成。

両脚(股間、膝、足首、土踏まず)の形状を弓(弧)にすることによって、身体は堅固になります。


身体から「角」を取り除くことによって、「連綿不断、一气呵成」も実現できます。


筋肉が柔らかい=ポンプ機能が増す⇒体液の循環機能を高めるには筋肉の緩めが必要です。


リンパとは、白い血液とも呼ばれる体液のこと~血液のポンプ役は心臓ですが、リンパにはポンプ役がありません。周りの筋肉の動きによってリンパ管の中のリンパ液が押し出されて動くのです。リンパ管が集まっているジョイント部分のリンパ節⇒鎖骨、脇の下、肘、膝の後ろ。皮膚に軽く刺激を与えるだけでリンパ液の循環を促進することができます⇒使える水分は静脈へ、汚れた水分はリンパ管へ⇒静脈へは流れやすいのですが、リンパ管の入口にはドアが付いていて開けないと入れません~そのドアを開けてくれるのが皮膚や筋肉の動きです。<br>           

              


# by takeichi-3 | 2018-10-15 14:40 | Comments(0)

我就是演員。。。「公車(バス)上的曹操」

★良い演技。たった十分余りでも面白く~その後が気になってしまいます。

◎今週の「我就是演員」のうちの「公車(バス)上的曹操」もそんな作品。
バスの中、曹操の衣装を着ている男(何老師)。
「カッコいい~一緒の写真を撮ってもイイ?」と女性に声を掛けられ~「いいよ。でも条件がある。先ず、台詞を言わせてくれ~」。。。というシーンから始まります。

何故、台詞にこだわるのか?




※雑に内容を。。。(((((/-_-)/
テーマパークで行われている三国演義、曹操の台詞を語っている何老師の妻から電話‘「今日は無理だ」

芝居の改善点を色々と語る何老師に、「経営改善の為に芝居は止めることになったから、入場者たちと一緒に写真を撮る仕事を~今より気楽だし~契約書にサインを」と話して立ち去る男性職員。

残った女性職員に、「観光客と一緒に写真を撮らなければってことか?」「何老師の演技は良かったわ~プロだったの?」「市民劇団で、観客は二百~三百も入っていたし、ファンもいたけど~解散したんだ」「何老師、とにかく、これにサインして。報酬もUPしてる。でね、新しい演目はコレ」「それ、何?」「二次元キャラのコスプレ」「俺も着なきゃいけないのか?」「ええ!」「台詞はあるのか?」「台詞なんて必要ないわ。観光客と一緒に写真を撮るだけでいいの」「俺は役者だ。台詞がなければ」「何老師、契約書にサインして。協力していきましょ」「君は役者というものを理解していない。衣装を着ているだけでは役者とは言えない~三国演義に関して言えば、三国志を何遍もよんだり色々と研究した~~~曹操の原型は妻の叔父がモデル~それを妻の前でやったら、よく似てると笑って~」と語っているところに妻がやって来て~「誰が笑ったって?テーマパークの舞台じゃなくて、こんな所で何を演じているの?」「芝居は直ぐに始まるから、何処かで待っていろ」「え。芝居って?芝居は無くなったわ」「私たち、今日手続きするって言ってたのに」

「奥さんですよね。お願いですから、この契約書にサインするように言ってください」「お給料が上がるの?どうしてサインしないの。お金は大事じゃないの」「台詞が無いんだ」「~~~さっさと行きましょ!」「何処に?」「民政局に」「別の日にしよう」「今日じゃなきゃダメ」「じゃ、着替えて、メイクも落として~」「そのままでいいわ。5時には閉まってしまう」「こんな格好では行けない」「芝居が好きなんじゃないの?何処でだって演じられるでしょ~演じ続ければいいのよ」

民政局に着いたものの、既に就業終了。
「あなたの、かつての演劇仲間たちはとっくに他の道を選んでうまくやっているのに、どうして、あなたは~」「堅持してるから」「堅持って、何を」「夢」「夢を堅持するって~夫として、父親としての務めは?子供よりも夢が大事?あなたに二万元渡してどうなった?この衣装や小道具に使ってしまって~見栄っ張りなだけだって、子供が言ってるわ~贅沢をしたいわけじゃない。けど厳しいの~人から笑われたくない」

「俺は、お前が俺の芝居を見るのが好きだと思っていた」「当時は私も好きだったわ。でも、いつまでもあの頃のままではいられない」

「明日の9時に、又、此処で」
「子供が言った通りかもしれない。誰かに注目して貰いたいんだ。観光客たちと撮影する~離婚はしなくて済むか」「既に四十歳になったあなたが、役者の他に何が出来るというの?」


# by takeichi-3 | 2018-10-14 23:59 | 中国映画音楽 | Comments(0)

台上一分鐘、台下十年功。。。雑技修業

中国の諺~「台上一分鐘、台下十年功=たった一分の舞台でも、苦行は十年」

上海雑技団付属学校で柔術の訓練を受けている「蔡勇」
7歳の時に体操を始め8歳の時から雑技~苦練な日々。休暇に家に帰ると太って戻ってくる。ほんの少しの体重の変化でも技をこなせなくなるし危険。自己コントロールが出来ていない。休暇後に予定されていた練習日に帰って来なかった~こともあって聾唖の両親が呼ばれ、協力出来ないなら退団~等を乗り越えて舞台に。その演技を見て気付いたのですが、9月21日に紹介した、モンテカルロ国際サーカースフェスティバルで受賞した青年の子供時代でした。。。(T_T)




全4シリーズ。お時間があったら残りの三篇もお楽しみください。。。(T_T)








# by takeichi-3 | 2018-10-13 23:51 | いろいろ | Comments(0)

東京五輪音頭とか。。。

マレーシアの黃明志が作った、「東京盆踊り2020」
アクセス4千万超え、コメント3万超え~!!!





かつての東京五輪音頭は三波春夫&1964年当時の東京。。。




で、2020年版の東京五輪音頭。今のところ、公式に発表されているのはコレ。。。




新種目。。。











# by takeichi-3 | 2018-10-12 23:54 | 中国映画音楽 | Comments(0)

太極拳身法。。。丹田呼吸の為の

f0007580_00490080.gif

太極拳の呼吸について質問された今日。。。
丹田呼吸は身法によって誘導されている⇒故意(直接)に丹田に吸気を送り込むのではなく、虚領頂頸~沈肩墜肘~含胸抜背(中丹田内含)~立腰~提肛(収腹/下丹田内含)という太極拳規律が横隔膜を連動⇒気沈丹田となることで丹田による劲の運用が可能に~と思い始めているこの頃。


初心者向き身法形成のアドバイスになるとよいのですが。。。
虚領頂頸(提頂/頭を上げる⇒ポジションは老師毎によって、左右玉枕・風池・天柱等と様々ですが~各部を引き上げる意識)の後、左右肩井~左右腎兪~左右環跳へと意識を下降⇒左右を均一に下げることで立如秤準(立身中正)を保てる⇒回数をこなすにつれて松肩松腰が自然になります。

気沈丹田となるには収腹(腸腰筋)による圓裆形成も必要⇒収腹は、湧泉(土踏まず)を足の甲方向に引き上げる~とも連動しています(肩井と湧泉が呼応)。

・玉枕と腎兪は足太陽膀胱経⇒目~後頭部~背中~脚の後部を通って~足へと到る経絡。
・風池・肩井・環跳は足少陽胆経⇒頭部~肩~肋骨~脚の外側~足指へと到る経絡。

※道を整備する(姿勢を整える)ことで自然に繋がっていく⇒正しく行えると、体感あり。
※頭の位置(姿勢)が悪いと、虚領頂頸~肩井から腎兪へ下降していく劲は体感できない。

★松と身法の関係。。。
・松は、太極拳劲を出現させるための道具の一つであって最終目的ではない。
・太極拳の要求は全身松放。虚領頂劲、沈肩墜肘、松腰松股は松となる為に必要な基本要求。
・虚領頂劲と全身放松はの関りは大きく⇒虚領頂劲の完成無くして放松は生まれない。
・頂頭懸であれば、身体は~下方へと放松が生じていく~松腰、松股となる。
・気沈丹田となるには先ず虚領頂劲。 虚領頂劲は、気沈丹田の必須条件。
・松であれば到位(上肢下肢ともに正しい位置)となる。
・松は、立身中正が正しく行われた時に自然に生じる。

で左右の歪みを指摘されたら、立身中正を利用して定式の修正が出来るはず。。。
「手揮琵琶」「単鞭」「野馬分鬣」「搂膝拗歩」等の定式站を利用して、身体の偏り(肩や腰、股関節の歪み)の糾正を。

頭を引き上げ(項が、衣服の襟に沿うような位置で)⇒左右の肩井から左右の腎兪へと意識を落とす⇒背骨を真っ直ぐでは、垂直ではあっても左右の肩&股関節の平行が保てるとは限らないので~背骨の両側を通すことによって平行が維持できる⇒沈肩墜肘も左右の腕の形が異なっている時でも、内劲は左右対称に走っている。


定式で、正しい形を作るのに必要な要素が把握できるようになったら、それを経過動作でも維持⇒一動作、一動作の繋ぎは立身中正(中=松)を作り直す⇒立身中正は下沈も出現させているので、脚の蹴り出しの原動力となる。

★立身中正が保たれていれば~立腰、圓裆、股放松の形成&膝が内側に入るのを防ぎます。


# by takeichi-3 | 2018-10-11 23:58 | 太極拳理論 | Comments(1)