北京で太極拳

takeichi3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

太極拳とヨガの共通項、、、伸筋抜骨

f0007580_0203016.giff0007580_0204951.gif

インドのヨガと中国武術の伸筋抜骨には共通点が多いという、
中国医学の文章が、、、


≪ヨガ≫という言葉は、
相応⇒複数の事柄が親しく和合していたり、統一されていたりすること。という意味を持っている。

ヨガには四つの段階がある。
①身ヨガ=全身、姿勢を整える。
正しい姿勢を通して全身の経絡気血を通り易く整備する⇒人体の健康維持、改善。

②気ヨガ=呼吸調整によって身体を整える。
経絡の滞りを改善。全身に気を行き渡らせ健康状態を保つ。

③声ヨガ=声の震動を利用。
多くの発声法を利用して内臓を振動させてマッサージ。身体を調整する。

④心ヨガ=人の心と宇宙万物を相応させる。
この段階については、易経にも述べられている。
実際の動きはないが、互いに交流している状態。天地と精神が往来する状態は、庄子も著述している。
心の研ぎ澄ましが一定のレベルに達する=本来の状態(自然)を取り戻す⇒天地・自然と相応を始める。

武術の伸筋抜骨は、ヨガの①と②に似ている。
四肢のストレッチにより身体の経絡を開く。
伸縮と呼吸を合わせることで効果を高めている⇒姿勢が正しくないと逆効果となることもあるので、注意が必要。

正しい伸筋抜骨は、6条の陰経絡(手三陰、足三陰)の通りをよくする。
(虚領頂颈~尾闾中間により作られた正しい立身中正は、背骨を伸筋抜骨しています)
一般的に、陽経は通り易く、陰経は塞がり易いと言われている。
圧腿(ヤートイ⇒足のストレッチ)には陰経を開く効果が有り。

伸筋抜骨の代表的な動き⇒易筋経など。。。いかがでしょう。(#^_^#)


by takeichi-3 | 2011-06-17 23:36 | 太極拳理論 | Comments(0)