北京で太極拳

takeichi3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

李元霸って。。。

少林寺で武術修行を積んだ王宝強
ドラマ隋唐演義では、200kgの擂鼓瓮金錘二本を軽々と操る怪力「李元霸」を演じています。

晋陽宮金殿において、隋の大将宇文成都と力比べを行い、金獅子を持ち上げたりして実力を発揮、隋煬帝により西府趙王の地位を授与される~という場面です。



で、李元覇って?

古典書籍の「説唐」「興唐伝」「瓦崗英雄」「隋唐演義伝」に登場する架空のキャラクター。
名李玄霸,唐高祖窦皇后第三子。天下第一の好漢、隋唐十八好漢のトップ。伝説では、金翅大鵬鳥の転生と言われ、病鬼のような顔だち、痩せていて、怪力で、向かうところ敵無し。200kgの擂鼓瓮金錘を二本操り、甘泉関に集結した十八反王180万の軍勢に対してわずか一騎で戦い、60万に減らして勝利した猛将として描かれ、隋唐十八好漢の筆頭とされている。騎乗すれば、日のあるうちに一万、夜に八千走ったという。


別の俳優が演じている李玄覇~より以上に怪力。。。(((((/-_-)/
「英雄と呼ばれる者でも半錘で倒れたのに、三錘も躱せたなんて~小僧、大したもんだ」




同じ場面、王宝強は騎馬で戦っています。。。




京劇バージョンもあります。。。


by takeichi-3 | 2018-01-15 23:56 | 中国映画音楽 | Comments(0)