北京で太極拳

takeichi3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

搬欄捶、如封似閉、十字手、収勢。。。by宗維潔老師

f0007580_23411098.gif
以前の記事に添えた動画~削除されたり、アドレス変更等で表示されなくなったものを修復整理する合間に、師匠の24式鑑賞。
この内容~手を添え、劲を聴かせて貰いながら学んだ日々を思い出しました。




先ずは、動作を見てください。
この動作の中に出てくる手型⇒拳。
今までに出てきた手型の殆どは掌。鉤手については、既に説明しました。
拳は4本の指を折って、人差指・中指を親指で抑えますが、きつくは握りません。かといって、空間ができるほど緩くもありません⇒自然で、空間が無い。

楊式太極拳の動作の特徴は緩やかではありますが、本質的には攻防が備わっていますす。
拳に空間があったら、相手を打てません。

≪動作路線≫
「搬欄捶」
閃通背から後ろに座り(後ろ脚を放松)~同時に転腰、転体。
右手は放松~下に向かいながら拳に変る~左手は上がり~左右の手は弧線を描きながら上下に移動。
右足踵を軸に爪先を入れ、重心を左足に戻し~左右の手が合・右足が寄り~拳が翻り・腰を回し・右足を出す。
左手は掌下向き~右手は甲が外側~左手は体の左横に~目線は前にいる相手を見る。
松腰・立身を確認~転腰(腰を回す力)により手を導く~右拳は内旋・左手は左横から互いに棚を維持しながら、弧を描きながら~左足が前に出た時に、右手は右腰横、左手は相手の腕を遮り~松沈してから後ろ足蹴り出し・右手を打ち出す。

打っていく時、前足落脚~拳の位置は高すぎないように(胸or腹)~左手は右手の内側に付ける。
左手は右手前腕の下側に差し込んで~右拳はゆっくりとほどく。
外側に張り出し(棚)ながら引いてくる・左足爪先を上げる~この時、力が萎えないように。
爪先を下しながら前に~手と背中の関係に注意⇒前推・后(背)靠~前後に張る力のバランスが取れていることで立身中正が保てます。

これは、閃通背でも同じです。
ある人は、こんな風に体が歪んだり~首が曲がっています。これは現れやすい問題です。
ここで、中正=股は松沈~次の動作に移る時、重心を上げない(抑える)~両手は「合」の力で~「搬」の時に分かれる⇒これは、腰を回す力で分かれていきます~左右の股関節を平行にして転腰。

これに気を付けていないと、歪みが生じます。
「搬」は化解です。打ってきた相手の腕を防ぎ、後に回転によって払っています。
「欄」⇒立身中正に注意~足を出した時にも立身中正~「捶」の肩に注意。

「如封似閉」
重心を後ろに移す~ある人は、こんな風に後ろに反ってしまいますが、胯(クワ)を沈めることで防げます~腹前から、弧線を描きながら前に推す。

「十字手」
手放松(萎えとは異なる)~右手を外に開き・左足は踵を軸に爪先を内側に入れる(爪先正面)。
重心が右足に移るにしたがって、踵を軸に右足爪先を開く。
手の角度は平らでもなく、真っ直ぐでもなく。
右足の爪先を入れる時、合わせる手は両足の中間に~手が交差=十字手。

重心が左足に到る時、両手はゆっくり下に向かい~上に。
重心が左足に移った時、腰が外側に張り出したりしないように注意⇒胯(クワ)が松沈。

太極拳を始めたばかりの人の多くは、脚力が不足しているせいで腰が歪んだり、お尻が出たり、腰が反ったり~という問題が出やすいですが、身型は正しく保つように心掛けてください。

重心が左足に移ったら、ゆっくり~左足(軸足)が伸び~十字手の高さは顔が隠れない=幾分下方。
両手を内旋させながら、張り出すように前に~こんな風に、内旋させながら下ろさない。

前に手を出す力は、背中の靠の力が作用しています。
お腹を突き出さない・立腰。
肩・肘・手は、下方向に弧を描いています⇒真っ直ぐではありません。
目線は前方向に=自分の精神(意識)が萎えないように。
肩肘と放松しながら下ろします。左右の手は外旋して、太腿の外側に置きます。
重心は平らなまま、左足を寄せます⇒こんな風にユラユラするのはダメです。

左右の足幅は開立歩と同じ。
寄せる時に、右足(軸足)が何もせずに突っ立っていると、体はこんな風になってしまいます。
右足には変化があります⇒少し松沈(膝には少し、自然な曲がりが生じます)してから、左足の踵を上げて~足が寄ったら爪先から着地、踏みつけるように踵を落とします。

身体が斜めにならないようにするには、右足の松沈が必要です。
これは起勢の時でも同じ。右足を少し松沈してから足を開きます。


≪要点・用法≫
「閃通背から搬欄捶」
転身~右手は下に~両手の合は、腰の“合”による。
相手が打ってきたのを防いで搬開~左手は欄(遮る)~真っ直ぐに打ってきた相手の腕を横にズラし(方向を変える)~捶=攻撃(腹もしくは胸を打つ)
搬欄捶の動きは、名称通りです。

「如封似閉」
この動作は双峰貫耳と似ています。相手の両腕を開くことで力を化解~攻撃。
相手の両腕は開かれている⇒身体の全面はガラ空き~なので、胸でも腹でも打っていけます~開いてから攻撃。

「十字手」
両手を合わせた時には棚(張り出す力)があります。
背中に注意。手と一緒になって前傾してしまうと棚が失われてしまいます⇒相手に容易く引き込まれてしまいます⇒前後、左右のバランスによる棚を考えてください。

「収勢」
手を下ろす時の用法は、下採でも下按でも構いませんが棚があります。
起勢も同じ⇒手には上棚があります。
by takeichi-3 | 2018-02-12 23:41 | 24式太極拳説明 | Comments(0)